心理学

心理学から観る映画9:人との距離が与える快・不快は何が原因?

  • follow us in feedly
  • RSS
映画『ライ麦畑の反逆児 ひとりぼっちのサリンジャー』ニコラス・ホルト

新型コロナウィルス感染症対策で、“社会的距離”という言葉を耳にすることが多くなりました。感染症対策で使われている意味合いでは、感染を防ぐための物理的な距離が強調されていますが、人との距離が私達の感情や生活にどんな影響を与えるのか考えてみます。

人との距離に影響する要因はたくさんある

対人距離について考える時、まずパーソナルスペースという言葉が思い浮かびます。R.ギフォード(2015)では、「パーソナルスペースは、人間の体のまわりをとりまく見えない境界を持つ他人に侵入されたくない領域のことである」というロバート・ソマーがかつて提唱したパーソナルスペースの単純な定義を取り上げつつ、パーソナルスペースは「状況に応じて伸び縮みする」「個人のものではなく対人的なものである」ということや、「この定義は距離を強調しすぎており、接近方向や視線といった、密接な関係を持つはずの社会的な相互関係が除外されている」「この定義はパーソナルスペースが二者択一現象(侵入されているか否か)であることを示唆しているが、侵入はある境界を境に感じられるというよりも、もっと段階的に感じられるものである」と指摘しています。

つまり、「私のパーソナルスペースは(自分を中心として)半径50cmです」といったように固定されたものではなく、さまざまな要因がパーソナルスペースに影響を与えているということであり、「ここが境目です!」という明確な距離があるわけではないと解釈できるでしょう。

さらにパーソナルスペースに影響を与える主な要因として、下記が挙げられています。

  • 個人的な影響:性別、年齢、パーソナリティ(人格、性格)、心理的障害と暴力、身体障害など
  • 社会的な影響:魅力、恐れと安全、協力と競争、力と地位
  • 物理的な影響:屋外か屋内か、周囲にいる人が何をしているかなど
  • 文化・民族・宗教・法律による違い

こういったさまざまな要因が働くなかで、パーソナルスペースは変容すると考えられていますが、快、不快、安心感、危機感などが関係していることがわかります。

そして外出自粛になっている今、友達や同僚と会えないという状況はどんな影響をもたらしているのでしょうか。堀洋ほか(2009)では、“近接性”について、「一般に近所に住んでいたり、席が近かったり、近くにいることが好感度を高める原因になる。(中略)この近接性の効果はつきあいはじめのころに特にみられる。(中略)この近接性の効果は単純接触効果によってある程度説明がつく。単純接触効果とは単に接触する回数が多ければ、それだけ好感をもつという心理的効果である」と記されています。

意地悪な見方をすれば、遠距離恋愛の途中で身近な人に心移りをしてしまうのには、こういった要因が働いてしまっているのかも知れませんね。例えば『デッドエンドの思い出』では、韓国に住む主人公は結婚間近でしたが、彼氏が日本で働くことになり遠距離恋愛をすることになります。でも、彼氏は日本で彼女を作ってしまいます。皆が皆そうなるわけではありませんが、環境が変わったばかりの心細い状況では、近接性の効果が余計に働いてしまうのかも知れません。

でも、接触の種類がどう影響するのかは判断が難しいところです。不器用な男子が恋に目覚める姿を描いた『風俗行ったら人生変わったwww』では、ネット上で繋がった友情が主人公を支えていますよね。オンライン上での友達のほうが仲良くなれるという人もこのご時世多いと思いますが、必ずしも物理的距離のお話だけではないとも考えられます。外出自粛で学校や会社の人との交流が減っていることで、多少心理的距離が開いている可能性は否めませんが、工夫のしようはありそうですね。

新型コロナウィルス感染症が流行する今、人との距離はいつもと変わってしまっていますが、前向きに考えると、応用力を付けられる時なのかも知れません。ニュースでは、いろいろと工夫しながら人々が交流されている様子が流れていますが、こういう時こそ人との繋がりの大切さを実感させられます。改めて人との距離について考えるこの機会を使って、人間関係構築力が磨ければ良いですね。

<参考・引用文献>
R.ギフォード/監訳:羽生和紀・槙 究・村松陸雄(2015)「環境心理学(上)ー原理と実践ー」北大路書房
堀洋道・吉田富二雄・松井豊・宮本聡介ほか(2009)「新編 社会心理学〔改訂版〕」福村出版

『ライ麦畑の反逆児 ひとりぼっちのサリンジャー』
Amazonプライムビデオにて配信中(レンタル、セルもあり)
ブルーレイ&DVDレンタル&発売中

REVIEW/デート向き映画判定/キッズ&ティーン向き映画判定

デリケートな性格で孤独を好んだサリンジャーは、人里離れたところでひっそりと過ごしていましたが、彼のパーソナルスペースは相当広かったのではと思います。一応家族は一緒に住んでいましたが、彼のこの感覚に合わせられる人はなかなかいないと思います。サリンジャーの苦悩も物語の中で語られていますが、奥さんも相当辛かったはず。

ライ麦畑の反逆児 ひとりぼっちのサリンジャー(字幕版)

© 2016 REBEL MOVIE, LLC. ALL RIGHTS RESERVED.

『デッドエンドの思い出』
Amazonプライムビデオにて配信中(レンタル、セルもあり)
ブルーレイ&DVDレンタル&発売中

REVIEW/デート向き映画判定/キッズ&ティーン向き映画判定

失恋したことで、主人公と人との距離が一瞬グンと開いてしまったようでいて、彼を追いかけてやってきた日本での出会いで変わっていく姿に元気をもらえます。

デッドエンドの思い出

『風俗行ったら人生変わったwww』
Amazonプライムビデオにて配信中(レンタル、セルもあり)
ブルーレイ&DVDレンタル&発売中

REVIEW/デート向き映画判定/キッズ&ティーン向き映画判定

2カ月間誰ともしゃべることがないという経験すらある主人公が、自分を変えたいと動き出します。突破口が突飛ではありますが、ピュアな彼をオンライン上での友達が応援し、遂には…。

風俗行ったら人生変わったwww

TEXT by Myson(武内三穂・認定心理士)

  • follow us in feedly
  • RSS

新着記事

2023年の洋画人気作はどんな因子で構成される?因子分析をやってみた!【映画研究】映画人心解剖18

今回は、2023年洋画ベストの投票で得たデータをもとに、因子分析を行いました。どんな因子構造になったのでしょうか。

映画『違国日記』新垣結衣/早瀬憩 違国日記【レビュー】

累計発行部数180万部を超える、ヤマシタトモコの人気コミック 「違国日記」を原作とした本作は…

映画『ナイトスイム』ケリー・コンドン ナイトスイム【レビュー】

難病の発症を機に引退した元メジャーリーガーのレイ(ワイアット・ラッセル)は、心機一転、新しい家を探し…

映画『ライド・オン』ジャッキー・チェン ライド・オン【レビュー】

ジャッキー・チェン50周年&70歳の記念となる本作は、スタントマンが主人公の物語…

映画『52ヘルツのクジラたち』杉咲花 杉咲花【プロフィールと出演作一覧】

1997年10月2日東京都生まれ。2016年『湯を沸かすほどの熱い愛』で…

映画『ルックバック』 アニメ映画まとめ2024年5月27日号

近日公開or配信予定(一部公開or配信中の作品も含む)のアニメ映画をまとめて紹介…

映画『わたくしどもは。』小松菜奈/松田龍平 わたくしどもは。【レビュー】

本作の設定やあらすじをまったく知らずに観ると、あるキャラクターと…

映画『アンダー・ユア・ベッド』SABU監督インタビュー 『アンダー・ユア・ベッド』SABU監督インタビュー

今回は『アンダー・ユア・ベッド』で韓国デビューを飾ったSABU監督にお話を伺いました。海外作品へ挑戦する理由、画作りについて、オリジナル作品へのこだわりなど、赤裸々に語っていただきました。

映画『アクアマン/失われた王国』ぬいぐるみ 『アクアマン/失われた王国』オリジナルアクアマンぬいぐるみ(グリーン) 2名様プレゼント

映画『ウォンカとチョコレート工場のはじまり』Tシャツ 2名様ご招待

映画『チャレンジャーズ』ゼンデイヤ チャレンジャーズ【レビュー】

REVIEWゼンデイヤ主演、ルカ・グァダニーノ監督作というくらいの情報だけで鑑賞し始めて、…

部活・イベント

  1. 【ARUARU海ドラDiner】サムライデザート(カップデザート)
  2. 【ARUARU海ドラDiner】トーキョー女子映画部 × Mixalive TOKYO × SHIDAX
  3. 【ARUARU海ドラDiner】サポーター集会:パンチボール(パーティサイズ)
  4. 【ARUARU海ドラDiner】プレオープン
  5. 「ARUARU海ドラDiner」202303トークゲスト集合

本サイト内の広告について

本サイトにはアフィリエイト広告バナーやリンクが含まれます。

おすすめ記事

映画『デューン 砂の惑星PART2』ティモシー・シャラメ 映画好きが推すイイ俳優ランキング【海外10代、20代編】

今回は、海外10代、20代(1995年から2014年生まれ)のイイ俳優の中から、昨今活躍が目覚ましい方を編集部の独断で50名選抜し、正式部員の皆さんに投票していただきました。

映画『MIRRORLIAR FILMS Season5』横浜流星 映画好きが推すイイ俳優ランキング【国内20代編】

今回は、国内で活躍する20代(1995年から2004年生まれ)のイイ俳優の中から、昨今活躍が目覚ましい方を編集部の独断で70名選抜し、正式部員の皆さんに投票していただきました。

映画『ウォンカとチョコレート工場のはじまり』ティモシー・シャラメ 映画好きが選んだ2023洋画ベスト

正式部員の皆さんに2023年の洋画ベストを選んでいただきました。どの作品が2023年の洋画ベストに輝いたのでしょうか?

REVIEW

  1. 映画『違国日記』新垣結衣/早瀬憩
  2. 映画『ナイトスイム』ケリー・コンドン
  3. 映画『ライド・オン』ジャッキー・チェン
  4. 映画『わたくしどもは。』小松菜奈/松田龍平
  5. 映画『チャレンジャーズ』ゼンデイヤ

PRESENT

  1. 映画『アクアマン/失われた王国』ぬいぐるみ
  2. 中国ドラマ『玉骨遥』QUOカード
  3. 韓国ドラマ『7 人の脱出』オム・ギジュン/ファン・ジョンウム/イ・ジュン/イ・ユビ
PAGE TOP