REVIEW

ビリーブ 未来への大逆転

  • follow us in feedly
  • RSS
映画『ビリーブ 未来への大逆転』フェリシティ・ジョーンズ/アーミー・ハマー

核家族で、子育てをしながら名門ハーバード法科大学院に通い、同時に夫の看病をするだけでなく、同じ大学院に通う夫の分も代わりに授業を受けて、夫が回復したら夫の就職先に合わせて引っ越し。それに伴い、ハーバードからコロンビア大学法科大学院に移籍し、主席で卒業、弁護士資格も取得して…って、この主人公ルースは本当にスーパーウーマンです。「そんな人いるの?」って思っちゃいますが、これは実話で、ルースの実の甥が脚本化したとのことです。舞台は女性進出がまだまだ進んでいない1970年代で、こんなに優秀な彼女でも女性というだけで弁護士として就職先が決まりません。そんな彼女は一旦別の進路を辿りますが、性差別に関わる裁判に関わったことで、法の道、女性が活躍する道を切り拓いていきます。詳細は映画を観て頂くとして、彼女の諦めない精神と行動力に本当に勇気をもらえるし、合わせて彼女の夫マーティも素晴らし過ぎるんです。もし夫がこういう人でなかったら、ルースはもっと苦労しただろうし、もっといろいろと諦めていたと思うのですが、ルースの夢を応援すべく夫が支える姿が本当に素敵なんですよね。だからぜひこの映画は男性にも観て欲しい!おまけにアーミー・ハマーが演じているからなお惚れちゃう(笑)。さらに、ルースと娘の関係性にも胸を打たれます。娘からしてお母さんってお手本でもあり、反面教師でもあり、そんな複雑だけど、愛に満ちた関係が、リアルに描かれていて、性差別に戦う女性の話に留まらず、人間ドラマとして心に残る作品になっています。そして、もちろん法廷シーンも大きな見どころなのですが、法律、表現の巧みな解釈が観ていて爽快で、ウィットに富んだセリフが魅力的です。ちなみにルースさん御本人は80代後半(1933年3月15日生まれ)でもまだ現役の最高裁判事を務めていらっしゃるとのこと。後に続く女性のために戦い、社会の考え方を変化させるきっかけを作ってくれた彼女が法律の現場にいるのは心強いですね。

デート向き映画判定
映画『ビリーブ 未来への大逆転』フェリシティ・ジョーンズ/アーミー・ハマー/ケイリー・スピーニー

これはぜひぜひカップルで観て欲しいと思いますが、日本男子が観るとどんな反応を示すのかは気になるところ。結婚、出産で、いろいろなことを諦めたり、夫を優先するか妻を優先するかと二者択一になった時に、日本ではまだ男性の状況に女性が合わせるカップルが多いと思います。2人が納得の上でだったらもちろん全然問題ないとは思いますが、主人公ルースの躍進を観ていると、「私もやれるだけのことをやりたい!何も諦めたくない!」という気持ちが強くなるはずなので、そういう理解を得るきっかけに、結婚を考えている相手や、既婚の方は旦那さんを誘って観てみるのもありでしょう。

キッズ&ティーン向き映画判定
映画『ビリーブ 未来への大逆転』フェリシティ・ジョーンズ

何から何まで背負って頑張るお母さん、それを支えるお父さんという目線で観ると、普段はわからないような大人の苦労が感じ取れるかも知れません。法律のお話が出てくるので、キッズにはまだ内容が難しい部分もありますが、中学生以上ならついていけると思います。夢を諦めずに貫く主人公の姿は、男女問わず勇気をもらえるし、何より実話ということで説得力もあるので、ぜひ観てください。

映画『ビリーブ 未来への大逆転』フェリシティ・ジョーンズ/アーミー・ハマー

2019年3月22日より全国公開
ギャガ
公式サイト

© 2018 STORYTELLER DISTRIBUTION CO., LLC.

TEXT by Myson

関連記事

  • follow us in feedly
  • RSS

新着記事

映画『チャイルド・プレイ』 チャイルド・プレイ

“チャイルド・プレイ”シリーズ第1作目は1988年に公開されたとのことで、始まってからもう30年も経ったんですね。本作は大ヒットホラー『IT/イット “それ”が見えたら、終わり。』の製作陣を迎え、新しい設定で…

映画『エクソシスト』 ワーナー・ブラザースが贈る新しいホラー体験【ワーナー ホラーエンターテイメント】が発足!

ワーナー・ブラザース映画が、ホラー作品をより多くの方に楽しんでもらいたいという思いから、このたび【ワーナー ホラーエンターテイメント】を立ち上げました! さらに公式Twitterアカウント<ワーナーホラー部>も始動。

映画『ニューヨーク 最高の訳あり物件』ハルク・ビルギナー ハルク・ビルギナー

1954年トルコ、イズミル生まれ。アンカラで自らの劇場を設立し、後にイスタンブールにも劇場を開く。トルコの国民的俳優で、カンヌ国際映画祭でパルム・ドールを受賞した…

映画『シンク・オア・スイム イチかバチか俺たちの夢』マチュー・アマルリック/ギョーム・カネ/ブノワ・ポールヴールド/ジャン=ユーグ・アングラード シンク・オア・スイム イチかバチか俺たちの夢

本作は、俳優としても活躍するジル・ルルーシュが監督と脚本(共同脚本:アメッド・アミディ、ジュリアン・ランブロスキーニ)を務め、マチュー・アマルリック、ギョーム・カネといった、フランスの人気実力派俳優が出演しています。個人的に…

映画『今日も嫌がらせ弁当』佐藤寛太 佐藤寛太(さとう かんた)

1996年6月16日生まれ、福岡県出身。2015年に「劇団EXILE」に加入し、俳優活動を開始。大ヒット映画“HiGH&LOW”シリーズ(2016~17年)のテッツ役で人気を博す。その後…

映画『Diner ダイナー』藤原竜也 藤原竜也(ふじわら たつや)

1982年5月15日、埼玉県生まれ。1997年、15歳のときに蜷川幸雄演出の舞台「身毒丸」のオーディションでグランプリを獲得し…

映画『五億円のじんせい』望月歩 五億円のじんせい

親の願う人生を子どもが背負うとはどういうことかというテーマを、すごくわかりやすい喩えで描いています。親が子に何かを願うのは…

おすすめ記事

イメージ写真:映画館 映画館で映画を観る最大の理由とは?&映画好き女子が伝えたい映画館への要望!

映画館についてのアンケート特集最終回!今回は、劇場公開してどのタイミングで観るのが好きか、映画館で映画を観たいと思う時、1番きっかけになることについて結果を発表。最後に、映画ファンの皆さんから映画館へ、熱いメッセージをたくさん載せています。

映画館【kino cinéma立川髙島屋S.C.館】 座席は毎回予約する?映画好き女子行きつけの映画館とは?

映画館についてのアンケート第3弾!今回は、劇場で映画鑑賞をする際に事前に座席予約をするのか、行きつけの映画館はあるのかについて結果発表。さらに、6月28日にオープンの【kino cinéma立川髙島屋S.C.館】についての情報も掲載!

【劇場で映画観賞をする一番の価値は?映画好き女子が一番重要視するポイント】 劇場で映画観賞をする一番の価値は?映画好き女子が一番重要視するポイント

映画館アンケート特集第2弾!今回は劇場で映画鑑賞をする際に、満足度に影響する要素&映画館のサービスで力を入れて欲しいことについての結果を発表。

【グランドシネマサンシャイン】外観 現在の劇場鑑賞料金、映画好き女子はどう感じている?

6月に一部の劇場で料金の値上げが行われたことにちなんで、今回は映画館についてのアンケートを実施!その第1弾として劇場鑑賞料金についての結果を発表します。また、7月に池袋にオープンする【グランドシネマサンシャイン】の情報も掲載!

映画”PARASITE(英題)”カンヌ国際映画祭 映画好き女子が映画賞・映画祭で気にするポイント!

カンヌ国際映画祭の時期にちなんだアンケート特集第3弾!今回は、映画好き女子が作品選びをする際にどの賞に影響を受けるのかについての結果を発表します。今年のパルムドール受賞作品のニュースも!

REVIEW

  1. 映画『チャイルド・プレイ』
  2. 映画『シンク・オア・スイム イチかバチか俺たちの夢』マチュー・アマルリック/ギョーム・カネ/ブノワ・ポールヴールド/ジャン=ユーグ・アングラード
  3. 映画『五億円のじんせい』望月歩
  4. 映画『マーウェン』スティーヴ・カレル
    マーウェン

  5. 海外ドラマ『ギフテッド 新世代X-MEN誕生 シーズン2』ジェイミー・チャン/ナタリー・アリン・リンド
  6. 映画『ハッピー・デス・デイ 2U』ジェシカ・ロース
  7. 映画『東京喰種 トーキョーグール【S】』窪田正孝
  8. 映画『トイ・ストーリー4』
  9. 映画『ワイルドライフ』ジェイク・ギレンホール/キャリー・マリガン
  10. 映画『ゴールデン・リバー』ジョン・C・ライリー/ホアキン・フェニックス

部活・イベント

  1. 映画『マローボーン家の掟』ジョージ・マッケイ/ミア・ゴス/チャーリー・ヒートン/マシュー・スタッグ
  2. トーキョー女子映画部ロゴ
PAGE TOP