イイ男セレクション

マイケル・キートン

  • follow us in feedly
  • RSS
映画『ダンボ』マイケル・キートン/エヴァ・グリーン

1951年アメリカ、ペンシルバニア州生まれ。1982年に出演した映画『ラブ IN ニューヨーク』で注目を集め、1988年『偽りのヘブン』とティム・バートン監督の『ビートルジュース』の演技が高く評価され、全米批評家協会賞を受賞。その後、再びティム・バートン監督とタッグを組み『バッドマン』(1989年)とその続編『バッドマン リターンズ』(1992年)でブルース・ウェイン&バッドマン役を演じ、世界的なスターとなる。2002年には、テレビ映画『ライヴ・フロム・バグダッド 湾岸線戦争最前線』でゴールデン・グローブ賞にノミネートされ、2015年『バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)』では、アカデミー賞主演男優賞にノミネートされた。俳優業以外には、2008年に『クリミナル・サイト ~運命の暗殺者~』で監督デビューを飾った。

イイ男セレクション/出演作

『ラブ IN ニューヨーク』『暗黒街の人気モノ/マシンガン・ジョニー』『ガン・ホー』『偽りのヘブン』『ビートルジュース』『バットマン』シリーズ(ティム・バートン版)『パシフィック・ハイツ』『から騒ぎ』『マイ・ライフ』『ザ・ペーパー』『クローンズ』『ジャッキー・ブラウン』『ライヴ・フロム・バグダッド 湾岸線戦争最前線』『アザー・ガイズ 俺たち踊るハイパー刑事』『ブラインド・フィアー』『ロボコップ』『ニード・フォー・スピード』『バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)』『スポットライト 世紀のスクープ』『ファウンダー ハンバーガー帝国のヒミツ』『スパイダーマン:ホームカミング』『アメリカン・アサシン』『ダンボ』など

イイ男セレクション/イイ男ポイント

私のなかでマイケル・キートンと言えば、ずっと『ビートルジュース』という印象で、『バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)』も強烈だったので、エキセントリックなイメージが強くありました。でも、『スポットライト 世紀のスクープ』では、敏腕ジャーナリストたちをまとめるリーダーを演じていて、年齢のせいもあってか重鎮感が増して良い感じです。今だからこそ味が出る役柄をどんどんやって欲しいです。

Recommended by Myson

© 2013 Metro-Goldwyn-Mayer Pictures Inc. and Columbia Pictures Industries, Inc. All Rights Reserved.
©2014 Twentieth Century Fox. All Rights Reserved.
Photo by Kerry Hayes © 2015 SPOTLIGHT FILM, LLC
© 2016 Speedee Distribution, LLC. ALL RIGHTS RESERVED
©Marvel Studios 2017. ©2017 CTMG. All Rights Reserved.
© 2018 Lions Gate Films Inc. All Rights Reserved.
©2019 Disney Enterprises, Inc. All Rights Reserved

from 2015/4/3

  • follow us in feedly
  • RSS

新着記事

映画『神と共に 第二章:因と縁』ハ・ジョンウ/チュ・ジフン/キム・ヒャンギ/D.O.(EXO)/マ・ドンソク 神と共に 第二章:因と縁

第一章から語られている概念は共通していながら、視点がガラリと変わって、本作のほうが人間のダークな面にフォーカスした内容になっています。でも、だからこそ人間味が感じられるストーリーになっていて…

映画『きみと、波にのれたら』 きみと、波にのれたら

爽やかな青春ラブストーリーという枠に留まらず、予期せず辛い経験をした若いカップルが心に大きな傷を抱えながら、それを…

映画『ある町の高い煙突』渡辺大さんインタビュー 『ある町の高い煙突』渡辺大さんインタビュー

今回は実際に日立鉱山で起きた出来事を映画化した『ある町の高い煙突』で、キーパーソンとなる加屋淳平役を演じた渡辺大さんにインタビューをさせて頂きました。今回の役柄についてや、俳優という職業について、お話を伺いました。

映画『新聞記者』北村有起哉 北村有起哉(きたむら ゆきや)

1974年4月29日、東京都生まれ。1998年に舞台“めざめ”と映画『カンゾー先生』でデビュー。以降、舞台と映像の両方で活躍中。劇団☆新感線の“メタルマクベス”や…

新聞記者

なぜこの時代に“新聞”をテーマにしているのかという点で、情報の精度についていろいろと考えさせられます。フェイクニュースが溢れ、誰かの憶測だけでもすぐに不明瞭な情報が広まってしまうネットと違い、新聞記事は…

映画『メン・イン・ブラック:インターナショナル』ワールドプレミア、クリス・ヘムズワース/テッサ・トンプソン クリス・ヘムズワース、テッサ・トンプソンら豪華キャストが集結!『メン・イン・ブラック:インターナショナル』ワールドプレミアがNYで開催

人気SFアクションシリーズ『メン・イン・ブラック』待望の最新作『メン・イン・ブラック:インターナショナル』が、ついに6月14日(金)に日米同時公開!先日NYで開催されたワールドプレミアにクリス・ヘムズワース、テッサ・トンプソン、レ・ツインズら豪華キャストが集結。さらにあの俳優も駆け付けました!!

映画『クローゼットに閉じこめられた僕の奇想天外な旅』ベン・ミラー ベン・ミラー

1966年、イギリス生まれ。ドラマ『スケッチ怪人百面相!』(07~10)で2010年英国アカデミー賞テレビ部門コメディプログラム賞を受賞、ドラマ…

おすすめ記事

【劇場で映画観賞をする一番の価値は?映画好き女子が一番重要視するポイント】 劇場で映画観賞をする一番の価値は?映画好き女子が一番重要視するポイント

映画館アンケート特集第2弾!今回は劇場で映画鑑賞をする際に、満足度に影響する要素&映画館のサービスで力を入れて欲しいことについての結果を発表。

【グランドシネマサンシャイン】外観 現在の劇場鑑賞料金、映画好き女子はどう感じている?

6月に一部の劇場で料金の値上げが行われたことにちなんで、今回は映画館についてのアンケートを実施!その第1弾として劇場鑑賞料金についての結果を発表します。また、7月に池袋にオープンする【グランドシネマサンシャイン】の情報も掲載!

映画”PARASITE(英題)”カンヌ国際映画祭 映画好き女子が映画賞・映画祭で気にするポイント!

カンヌ国際映画祭の時期にちなんだアンケート特集第3弾!今回は、映画好き女子が作品選びをする際にどの賞に影響を受けるのかについての結果を発表します。今年のパルムドール受賞作品のニュースも!

東京国際映画祭レッドカーペット『カメラを止めるな!』 映画好き女子が信頼を寄せる映画賞・映画祭ランキング【国内編】

カンヌ国際映画祭の時期にちなんだアンケート特集第2弾!今回は映画好き女子が信頼を寄せる日本の映画賞と映画祭について、結果を発表します!

第72回カンヌ国際映画祭2019:映画『初恋』窪田正孝、小西桜子、三池崇史監督 映画好き女子が信頼を寄せる映画賞・映画祭ランキング【世界編】

今回はカンヌ国際映画祭の時期にちなんで、国内、海外で開催される数々の映画祭・映画賞についてのアンケートを行いました。今回はその第1弾として、映画好き女子が信頼を寄せる映画祭やアメリカの映画賞についての結果を発表します!

REVIEW

  1. 映画『神と共に 第二章:因と縁』ハ・ジョンウ/チュ・ジフン/キム・ヒャンギ/D.O.(EXO)/マ・ドンソク
  2. 映画『きみと、波にのれたら』
  3. 新聞記者

  4. クリス・ヘムズワース/テッサ・トンプソン
  5. 映画『ザ・ファブル』岡田准一/木村文乃/山本美月
    ザ・ファブル

  6. 映画『パピヨン』チャーリー・ハナム/ラミ・マレック
    パピヨン

  7. 映画『ある町の高い煙突』井手麻渡/渡辺大
  8. 映画『ハウス・ジャック・ビルト』マット・ディロン
  9. 映画『X-MEN:ダーク・フェニックス』ソフィー・ターナー/ジェームズ・マカヴォイ/マイケル・ファスベンダー/ジェニファー・ローレンス/ジェシカ・チャステイン/ニコラス・ホルト/エヴァン・ピーターズ/コディ・スミット=マクフィー/アレクサンドラ・シップ/タイ・シェリダン
  10. 映画『ウィーアーリトルゾンビーズ』二宮慶多/水野哲志/奥村門土/中島セナ

部活・イベント

  1. 映画『マローボーン家の掟』ジョージ・マッケイ/ミア・ゴス/チャーリー・ヒートン/マシュー・スタッグ
PAGE TOP