イイ俳優セレクション

マーク・ウォルバーグ

  • follow us in feedly
  • RSS
Netflix映画『スペンサー・コンフィデンシャル』マーク・ウォールバーグ

※マーク・ウォールバーグと表記されることもある。

1971年6月5日アメリカ、マサチューセッツ州ボストン生まれ。兄ドニー・ウォルバーグのサポートを受け、ラップグループ”マーキー・マーク&ザ・ファンキー・パンチ”を結成。兄のプロデュースもあり2枚のアルバムをヒットさせ、一躍注目の存在となる。1994年、ペニー・マーシャル監督作『勇気あるもの』で映画デビュー。1997年には『ブギーナイツ』で数々の映画賞を受賞し、ハリウッドの人気俳優としての地位を確立させた。2006年にはマーティン・スコセッシ監督作の『ディパーテッド』での演技が評価され、全米批評家協会賞の助演男優賞を受賞、アカデミー賞、ゴールデングローブ賞にもノミネートされた。また、TVドラマシリーズの製作総指揮を担当するなど、映像製作の分野でも活躍の幅を広げている。

イイ男セレクション/出演作

『勇気あるもの』『バスケットボール・ダイアリーズ』『悪魔の恋人』『フェイクディール/偽札』『ブギーナイツ』『ビッグ・ヒット』『NYPD15分署』『スリー・キングス』『裏切り者』『パーフェクト ストーム』『PLANET OF THE APES/猿の惑星』『ロック・スター』『シャレード』『ミニミニ大作戦』『ハッカビーズ』『フォー・ブラザーズ』『インヴィジブル 栄光へのタッチダウン』『ディパーテッド』『ザ・シューター/極大射程』『アンダーカヴァー』『ハプニング』『マックス・ペイン』『ラブリーボーン』『デート&ナイト』『アザーガイズ 俺たち踊るハイパー刑事!』『ザ・ファイター』『テッド』『ハード・ラッシュ』『ブロークンシティ』『ペイン&ゲイン 史上最低の一攫千金』『ローン・サバイバー』『トランスフォーマー/ロストエイジ』『テッド2』『バーニング・オーシャン』『パトリオット・デイ』『トランスフォーマー/最後の騎士王』『ゲティ家の身代金』『マイル22』『インスタント・ファミリー 〜本当の家族見つけました〜』『スペンサー・コンフィデンシャル』(Netflix映画)など

イイ男セレクション/イイ男ポイント

個人的にこういうサルゴリ系の顔は好きです(笑)!やんちゃな役も、誠実な役も、アホな役も、アクションがバリバリな役もできるマルチな才能も素晴らしいと思います。トップを走ると抜かれないようにするのが大変ですが、飽きられない程度の良い位置にずっといるスターという感じ(笑)。

Recommended by Shamy

©2010 RELATIVITY MEDIA. ALL RIGHTS RESERVED.
© 2013 PARAMOUNT PICTURES. ALL RIGHTS RESERVED. TM, ® & Copyright © 2014 by Paramount Pictures. All Rights Reserved.
©UniversalPictures/Tippett Studio
©2013 Universal Pictures
© 2017 Summit Entertainment, LLC. All Rights Reserved.
© 2017 Lions Gate Entertainment Inc. All Rights Reserved.
© 2017 Paramount Pictures. All Rights Reserved. HASBRO, TRANSFORMERS, and all related characters are trademarks of Hasbro.
© 2017 Hasbro. All Rights Reserved.
© 2017 ALL THE MONEY US, LLC. ALL RIGHTS RESERVED.
© MMXVIII STX Productions, LLC. All Rights Reserved.

from 2012/11/23

  • follow us in feedly
  • RSS

新着記事

映画『ウォンカとチョコレート工場のはじまり』ティモシー・シャラメ 映画好きが選んだ2023洋画ベスト

正式部員の皆さんに2023年の洋画ベストを選んでいただきました。どの作品が2023年の洋画ベストに輝いたのでしょうか?

映画『i ai』富田健太郎/堀家一希 i ai【レビュー】

GEZANのフロントマンであり、小説執筆や映画出演、フリーフェス「全感覚祭」や反戦デモの主催など…

映画『オッペンハイマー』キリアン・マーフィー オッペンハイマー【レビュー】

クリストファー・ノーランが挑んだのは、“原爆の父”オッペンハイマーの…

映画『夜明けのすべて』松村北斗 松村北斗【プロフィールと出演作一覧】

1995年6月18日生まれ。静岡県出身。SixTONESとして…

映画『リバー、流れないでよ』藤谷理子/永野宗典/角田貴志/酒井善史/諏訪雅/石田剛太/中川晴樹/土佐和成/鳥越裕貴/本上まなみ/近藤芳正 ポッドキャスト【だからワタシ達は映画が好き】3〜MY 2023年ベスト10振り返り第2弾

「トーキョー女子映画部が選ぶ 2023年ベスト10」をもとに、4位から6位までの…

映画『PLAY! ~勝つとか負けるとかは、どーでもよくて~』奥平大兼/鈴鹿央士/小倉史也 PLAY! ~勝つとか負けるとかは、どーでもよくて~【レビュー】

徳島の高等専門学校を舞台に描かれている本作は、個性がバラバラの3人の生徒がeスポーツの大会に出場した実話を…

映画『FEAST -狂宴-』ココ・マーティン/ジャクリン・ホセ/グラディス・レイエス/リト・ラピッド FEAST -狂宴-【レビュー】

本作を観た後の印象はもしかしたら真っ二つに分かれるのかも…

【東京コミコン2023】テムエラ・モリソン テムエラ・モリソン【プロフィールと出演作一覧】

1960年12月26日ニュージーランド生まれ。1988年、“Never Say Die(原題)”に出演。1994年…

映画『ARGYLLE/アーガイル』ヘンリー・カヴィル/デュア・リパ ARGYLLE/アーガイル【レビュー】

どんだけ、どんでん返しがあるんだ!ってくらい、カラクリが施されていて…

映画『ストリートダンサー』 ストリートダンサー【レビュー】

歌とダンスが見せ場のインド映画で、ダンス映画となれば、どれだけダンスが盛り込まれるのだろうと思ったら…

部活・イベント

  1. 【ARUARU海ドラDiner】サムライデザート(カップデザート)
  2. 【ARUARU海ドラDiner】トーキョー女子映画部 × Mixalive TOKYO × SHIDAX
  3. 【ARUARU海ドラDiner】サポーター集会:パンチボール(パーティサイズ)
  4. 【ARUARU海ドラDiner】プレオープン
  5. 「ARUARU海ドラDiner」202303トークゲスト集合

本サイト内の広告について

本サイトにはアフィリエイト広告バナーやリンクが含まれます。

おすすめ記事

映画『ウォンカとチョコレート工場のはじまり』ティモシー・シャラメ 映画好きが選んだ2023洋画ベスト

正式部員の皆さんに2023年の洋画ベストを選んでいただきました。どの作品が2023年の洋画ベストに輝いたのでしょうか?

映画『テルマ&ルイーズ 4K』スーザン・サランドン/ジーナ・デイヴィス あの名作をリメイクするとしたら、誰をキャスティングする?『テルマ&ルイーズ』

今回は『テルマ&ルイーズ』のリメイクを作るとしたら…ということで、テルマ役のジーナ・デイヴィスとルイーズ役のスーザン・サランドンをそれぞれ誰が演じるのが良いか、正式部員の皆さんに聞いてみました。

映画『ミステリと言う勿れ』菅田将暉 映画好きが選んだ2023邦画ベスト

正式部員の皆さんに2023年の邦画ベストを選んでいただきました。どの作品が2023年の邦画ベストに輝いたのか、ランキングを発表!

REVIEW

  1. 映画『i ai』富田健太郎/堀家一希
  2. 映画『オッペンハイマー』キリアン・マーフィー
  3. 映画『PLAY! ~勝つとか負けるとかは、どーでもよくて~』奥平大兼/鈴鹿央士/小倉史也
  4. 映画『FEAST -狂宴-』ココ・マーティン/ジャクリン・ホセ/グラディス・レイエス/リト・ラピッド
  5. 映画『ARGYLLE/アーガイル』ヘンリー・カヴィル/デュア・リパ

PRESENT

  1. 映画『青春 18×2 君へと続く道』シュー・グァンハン/清原果耶
  2. 映画『π〈パイ〉デジタルリマスター』ショーン・ガレット
  3. 映画『ネクスト・ゴール・ウィンズ』トートバッグ
PAGE TOP