イイ俳優セレクション

マイケル・キートン

  • follow us in feedly
  • RSS
映画『ワース 命の値段』マイケル・キートン

1951年9月5日アメリカ、ペンシルバニア州生まれ。1982年に出演した映画『ラブ IN ニューヨーク』で注目を集め、1988年『偽りのヘブン』とティム・バートン監督の『ビートルジュース』の演技が高く評価され、全米批評家協会賞を受賞。その後、再びティム・バートン監督とタッグを組み『バッドマン』(1989年)とその続編『バッドマン リターンズ』(1992年)でブルース・ウェイン&バッドマン役を演じ、世界的なスターとなる。2002年には、テレビ映画『ライヴ・フロム・バグダッド 湾岸線戦争最前線』でゴールデン・グローブ賞にノミネートされ、2015年『バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)』では、アカデミー賞主演男優賞にノミネートされた。俳優業以外には、2008年に『クリミナル・サイト ~運命の暗殺者~』で監督デビューを飾った。

イイ男セレクション/出演作

『ラブ IN ニューヨーク』『暗黒街の人気モノ/マシンガン・ジョニー』『ガン・ホー』『偽りのヘブン』『ビートルジュース』『バットマン』シリーズ(ティム・バートン版)『パシフィック・ハイツ』『から騒ぎ』『マイ・ライフ』『ザ・ペーパー』『クローンズ』『ジャッキー・ブラウン』『ライヴ・フロム・バグダッド 湾岸線戦争最前線』『アザー・ガイズ 俺たち踊るハイパー刑事』『ブラインド・フィアー』『ロボコップ』『ニード・フォー・スピード』『バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)』『スポットライト 世紀のスクープ』『ファウンダー ハンバーガー帝国のヒミツ』『スパイダーマン:ホームカミング』『アメリカン・アサシン』『ダンボ』『シカゴ7裁判』(Netflix映画)『ワース 命の値段』など

イイ俳優セレクション/イイ俳優ポイント

私のなかでマイケル・キートンと言えば、ずっと『ビートルジュース』という印象で、『バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)』も強烈だったので、エキセントリックなイメージが強くありました。でも、『スポットライト 世紀のスクープ』では、敏腕ジャーナリストたちをまとめるリーダーを演じていて、年齢のせいもあってか重鎮感が増して良い感じです。今だからこそ味が出る役柄をどんどんやって欲しいです。

Recommended by Myson

出演作を観てみよう!

『ワース 命の値段』
2023年2月23日より全国公開

映画『ワース 命の値段』マイケル・キートン

『シカゴ7裁判』
2020年10月16日よりNetflixにて配信開始

Netflix映画『シカゴ7裁判』

下記の作品は、ブルーレイ&DVDレンタル・発売中、デジタル配信中です。
ジャケット写真をクリックすると、Amazonのデジタル配信もしくはパッケージ販売に飛びますので、ぜひご覧ください。
※一部、ブルーレイorDVDのレンタル、発売、デジタル配信がないものもございます。

『ラブ IN ニューヨーク』

『偽りのヘブン』

『ビートルジュース』

『バットマン』シリーズ(ティム・バートン版)

『から騒ぎ』

『ザ・ペーパー』

『クローンズ』

『ジャッキー・ブラウン』

『アザー・ガイズ 俺たち踊るハイパー刑事』

『ブラインド・フィアー』

『ロボコップ』

『ニード・フォー・スピード』

『バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)』

『スポットライト 世紀のスクープ』

『ファウンダー ハンバーガー帝国のヒミツ』

『スパイダーマン:ホームカミング』

『アメリカン・アサシン』

『ダンボ』

© 2013 Metro-Goldwyn-Mayer Pictures Inc. and Columbia Pictures Industries, Inc. All Rights Reserved.
©2014 Twentieth Century Fox. All Rights Reserved.
Photo by Kerry Hayes © 2015 SPOTLIGHT FILM, LLC
© 2016 Speedee Distribution, LLC. ALL RIGHTS RESERVED
©Marvel Studios 2017. ©2017 CTMG. All Rights Reserved.
© 2018 Lions Gate Films Inc. All Rights Reserved.
©2019 Disney Enterprises, Inc. All Rights Reserved
© 2020 WILW Holdings LLC. All Rights Reserved.

from 2015/4/3

  • follow us in feedly
  • RSS

新着記事

映画『わたくしどもは。』小松菜奈 映画好きが推すイイ俳優ランキング【国内20代】個性部門

映画好きが推すイイ俳優ランキング【国内20代編】番外編として、今回は<個性部門>のランキングを発表します。個性的な俳優が揃うなか、どなたが上位にランクインしたのでしょうか?

映画『フィリップ』エリック・クルム・ジュニア フィリップ【レビュー】

ポーランドの作家レオポルド・ティルマンドの自伝的小説「Filip」は、1961年にポーランドの検閲によって大幅に内容が削除された上で出版されつつも、すぐに発行禁止…

映画『あんのこと』河合優実/佐藤二朗/稲垣吾郎 ポッドキャスト【だからワタシ達は映画が好き11】2024年6月の「気になる映画とオススメ映画」

『あんのこと』『かくしごと』『違国日記』『ホールドオーバーズ 置いてけぼりのホリディ』『バッドボーイズ RIDE OR DIE』など邦画から洋画まで話題にしています。

映画『ザ・ウォッチャーズ』ダコタ・ファニング/ジョージナ・キャンベル ザ・ウォッチャーズ【レビュー】

M・ナイト・シャマランの娘、イシャナ・ナイト・シャマランが長編監督デビューを果たした本作は、一度入ったら…

映画『恋を知らない僕たちは』窪塚愛流 窪塚愛流【プロフィールと出演作一覧】

2003年10月3日生まれ。神奈川県横須賀市出身。2018年、『泣き虫しょったんの奇跡』で…

映画『朽ちないサクラ』杉咲花 朽ちないサクラ【レビュー】

本作は「孤狼の血」など複数の小説が映像化されている柚月裕子のサスペンスミステリー小説「朽ちないサクラ」を映画化…

映画『バッドボーイズ RIDE OR DIE』ウィル・スミス/マーティン・ローレンス バッドボーイズ RIDE OR DIE【レビュー】

シリーズ1作目が作られたのは1995年ということで、本シリーズは30年もの間、愛され続けて…

映画『ONE LIFE 奇跡が繋いだ6000の命』アンソニー・ホプキンス ONE LIFE 奇跡が繋いだ6000の命【レビュー】

本作はチェコスロヴァキアに逃れていたユダヤ人難民の子ども達669名の命を救ったニコラス・ウィントンの実話を…

映画『キングダム 大将軍の帰還』長澤まさみ 長澤まさみ【プロフィールと出演作一覧】

1987年6月3日生まれ。静岡県出身。2000年、第5回「東宝シンデレラ」オーディショングランプリを受賞し…

映画『星の子』芦田愛菜 映画好きが推すイイ俳優ランキング【国内20代】演技力部門

映画好きが推すイイ俳優ランキング【国内20代編】番外編として、今回は<演技力部門>のランキングを発表します。

部活・イベント

  1. 【ARUARU海ドラDiner】サムライデザート(カップデザート)
  2. 【ARUARU海ドラDiner】トーキョー女子映画部 × Mixalive TOKYO × SHIDAX
  3. 【ARUARU海ドラDiner】サポーター集会:パンチボール(パーティサイズ)
  4. 【ARUARU海ドラDiner】プレオープン
  5. 「ARUARU海ドラDiner」202303トークゲスト集合

本サイト内の広告について

本サイトにはアフィリエイト広告バナーやリンクが含まれます。

おすすめ記事

映画『わたくしどもは。』小松菜奈 映画好きが推すイイ俳優ランキング【国内20代】個性部門

映画好きが推すイイ俳優ランキング【国内20代編】番外編として、今回は<個性部門>のランキングを発表します。個性的な俳優が揃うなか、どなたが上位にランクインしたのでしょうか?

映画『星の子』芦田愛菜 映画好きが推すイイ俳優ランキング【国内20代】演技力部門

映画好きが推すイイ俳優ランキング【国内20代編】番外編として、今回は<演技力部門>のランキングを発表します。

映画『もしも徳川家康が総理大臣になったら』浜辺美波 映画好きが推すイイ俳優ランキング【国内20代】雰囲気部門

映画好きが推すイイ俳優ランキング【国内20代編】<雰囲気部門>のランキングを発表します。総合結果からガラッと順位が変わっています!

REVIEW

  1. 映画『フィリップ』エリック・クルム・ジュニア
  2. 映画『ザ・ウォッチャーズ』ダコタ・ファニング/ジョージナ・キャンベル
  3. 映画『朽ちないサクラ』杉咲花
  4. 映画『バッドボーイズ RIDE OR DIE』ウィル・スミス/マーティン・ローレンス
  5. 映画『ONE LIFE 奇跡が繋いだ6000の命』アンソニー・ホプキンス

PRESENT

  1. 映画『Iké Boys イケボーイズ』Tシャツ
  2. 映画『大いなる不在』森山未來/藤竜也
  3. 映画『赤羽骨子のボディガード』ラウール
PAGE TOP