イイ男セレクション

笑福亭鶴瓶(しょうふくてい つるべ)

  • follow us in feedly
  • RSS
映画『閉鎖病棟—それぞれの朝—』笑福亭鶴瓶

1951年12月23日生まれ、大阪府出身。1972年2月14日、六代目笑福亭松鶴の許に入門。内弟子時代を経て、昭和47年上方落語会会員として登録。 数多くのテレビ番組に出演する傍ら、『べっぴんの町』『母べえ』『奈緒子』『夢売るふたり』などの映画作品に出演する。2009年『ディア・ドクター』、2010年『おとうと』では日本アカデミー賞優秀主演男優賞、2014年『ふしぎな岬の物語』では、日本アカデミー賞優秀助演男優賞を受賞した。その他主な映画出演作に『後妻業の女』『金メダル男』『家族はつらいよ2』『北の桜守』『アルキメデスの大戦』などがある。

イイ男セレクション/出演作

『必殺!ブラウン館の怪物たち』『べっぴんの町』『東京上空いらっしゃいませ』『お引越し』『夏の庭』『四姉妹物語』『あ、春』『ココニイルコト』『13階段』『母べえ』『映画 クロサギ』『奈緒子』『同窓会』『私は貝になりたい』『ディア・ドクター』『おとうと』『夢売るふたり』『ふしぎな岬の物語』『幕が上がる』『家族はつらいよ』『後妻業の女』『金メダル男』『家族はつらいよ2』『北の桜守』『妻よ薔薇のように 家族はつらいよIII』『アルキメデスの大戦』『閉鎖病棟—それぞれの朝—』など

声の出演:『怪盗グルーの月泥棒』(日本語吹替版)『怪盗グルーのミニオン危機一髪』(日本語吹替版)『ミニオンズ』(日本語吹替版)『シーズンズ 2万年の地球旅行』(日本語ナレーション)『怪盗グルーのミニオン大脱走』(日本語吹替版)など

イイ男セレクション/イイ男ポイント

マルチな才能で独自のポジションを築いていて、かつ俳優としてはバラエティでは見せない別の顔を見せてくれますよね。

Recommended by Myson

©2019「閉鎖病棟」製作委員会

from 2019/11/27

  • follow us in feedly
  • RSS

新着記事

映画『good people』ジェイ・ウェスト/今宿麻美/ダンテ・カーヴァー good people

夢を諦めかけた登場人物達が出会い、ぶつかりながらも寄り添っていく姿が静かに展開していく爽やかな作品でした。台詞の数は全編を通してそんなに多くないのですが、その分情景とピアノ音楽で伝わってくる部分が大きく…

映画『エクストリーム・ジョブ』リュ・スンリョン/イ・ハニ/チン・ソンギュ/イ・ドンフィ/コンミョン(5urprise) 『エクストリーム・ジョブ』5組10名様 一般試写会ご招待

映画『エクストリーム・ジョブ』5組10名様 一般試写会ご招待

映画『魔法少年☆ワイルドバージン』前野朋哉/芹澤興人 魔法少年☆ワイルドバージン

童貞のまま30歳を迎えると魔法使いになるという都市伝説の通りに…

映画『ある船頭の話』オダギリジョー監督 イイ男セレクションランキング2019<国内40代&50代俳優 総合ランキング>

いよいよ今回は、40代&50代俳優の総合ランキングを発表!各部門でランキングの入れ替えが多かった40代50代俳優ですが、果たして栄冠は誰の手に!?

映画『ドクター・スリープ』ユアン・マクレガー ユアン・マクレガー

1971年3月31日イギリス、スコットランド生まれ。高校を中退して劇場のスタッフ兼エキストラとして働き、ロンドンのギルドホール音楽演劇学校在学中に一人芝居を披露しスカウトされたことを機にショービズ界へ。1992年に…

映画『IT/イット THE END “それ”が見えたら、終わり。』ジェイ・ライアン ジェイ・ライアン

1981年8月29日ニュージーランド、オークランド生まれ。由緒ある舞台出身俳優で、約15年間に渡り、国際的なテレビ界において、キャリアを築いてきた。ワンマンショー“The Packer(原題)”で8役を見事に演じたことで…

三角座りで悩む女性イメージ ここだけの話10:女子のお悩み相談第4弾「友達全員に彼氏ができたのに…」ほか

今回は、恋愛のお悩み相談にお応えしています。

映画『IT/イット THE END “それ”が見えたら、終わり。』イザイア・ムスタファ イザイア・ムスタファ

1974年2月11日アメリカ、オレゴン州ポートランド生まれ。7人兄弟の末っ子で、南カリフォルニアで育った。若い頃から熱心なアスリートで、ムアパーク大学で陸上競技、バスケットボール、アメリカン・フッドボールをはじめ…

映画『カツベン!』成田凌 カツベン!

活動弁士(カツベン)は、映画監督であり、翻訳者であり、声優であり、ナレーターであるといった、さまざまな役割を果たしている点が…

映画『IT/イット “それ”が見えたら、終わり。』ジェイデン・マーテル ジェイデン・マーテル

2003年1月4日アメリカ生まれ。10歳の時にゴールデングローブ賞にノミネートされたコメディヒット作『ヴィンセントが教えてくれたこと』で映画デビューを飾り…

おすすめ記事

映画『ある船頭の話』オダギリジョー監督 イイ男セレクションランキング2019<国内40代&50代俳優 総合ランキング>

いよいよ今回は、40代&50代俳優の総合ランキングを発表!各部門でランキングの入れ替えが多かった40代50代俳優ですが、果たして栄冠は誰の手に!?

映画『ドクター・スリープ』原作者:スティーヴン・キング これほど多く作品が映画化された作家はいない!スティーヴン・キング特集

2019年は『IT/イット THE END “それ”が見えたら、終わり。』『ドクター・スリープ』、2020年1月には『ペット・セメタリー』と、立て続けにスティーヴン・キング原作の映画化が公開されます…

秋の女神イメージ写真AC みんなが映画好きになったきっかけの作品特集1

この度、正式部員の皆さんに「映画好きになったきっかけの作品とその理由を教えて?」と聞いてみたところ、たくさんの投稿を頂きました。その中からいくつか選ばせて頂き、全4回の連載でご紹介していきます。

映画『50回目のファーストキス』完成披露試写会舞台挨拶、山田孝之 イイ男セレクションランキング2019<国内30代俳優 総合ランキング>

今回は、いよいよ30代俳優の総合ランキングを発表します!20代の各部門ランキングに比べると、30代のランキングは部門毎で変動が多かった印象ですが、果たして総合ランキングはどのような結果になったのでしょうか?

映画『アルキメデスの大戦』菅田将暉 イイ男セレクションランキング2019<国内20代俳優 総合ランキング>

これまで部門別で発表してきましたが、今回はついに総合ランキングを発表。選抜30名全員のランキングを公開します!

ドラマ『女医フォスター 夫の情事、私の決断』サランヌ・ジョーンズ/バーティ・カーヴェル パートナーの浮気が疑わしい時、女子はどんな行動をとる?『女医フォスター 夫の情事、私の決断』

今回の部活では、ベネディクト・カンバーバッチ、マーティン・フリーマンをスターダムに押し上げた傑作ドラマ『SHERLOCK/シャーロック』などを手掛けるBBCが制作したドラマ『女医フォスター 夫の情事、私の決断』の1、2話を鑑賞頂き、座談会を実施しました。タイトルからもわかるように、夫の浮気に気付いた主人公があらゆる方法で真相を突き止めようとする姿が描かれている本作に、鑑賞した女子はどんな感想を持ったのでしょうか?もし浮気されたらどうするかなど、白熱トークを繰り広げました!

イメージ写真:映画館 映画館で映画を観る最大の理由とは?&映画好き女子が伝えたい映画館への要望!

映画館についてのアンケート特集最終回!今回は、劇場公開してどのタイミングで観るのが好きか、映画館で映画を観たいと思う時、1番きっかけになることについて結果を発表。最後に、映画ファンの皆さんから映画館へ、熱いメッセージをたくさん載せています。

トーキョー女子映画部ロゴ バックナンバーや一覧はこちら

まだまだたくさんの記事を掲載しています!それぞれの一覧から探してみてください。

REVIEW

  1. 映画『good people』ジェイ・ウェスト/今宿麻美/ダンテ・カーヴァー
    good people

  2. 映画『魔法少年☆ワイルドバージン』前野朋哉/芹澤興人
  3. 映画『カツベン!』成田凌
    カツベン!

  4. 映画『ジョン・デロリアン』リー・ペイス
  5. 海外ドラマ『ダウントン・アビー』ヒュー・ボネヴィル/エリザベス・マクガヴァーン/マギー・スミス/ミシェル・ドッカリー/:ローラ・カーマイケル/アレン・リーチ/ブレンダン・コイル/ジョアン・フロガット/ロブ・ジェームス=コリアー/リリー・ジェームズ/マシュー・グード
  6. 映画『KIN/キン』マイルズ・トゥルイット
    KIN/キン

  7. 映画『ラスト・クリスマス』エミリア・クラーク/ヘンリー・ゴールディング
  8. 映画『“隠れビッチ”やってました。』佐久間由衣
  9. 映画『アナと雪の女王2』
  10. 映画『ドクター・スリープ』ユアン・マクレガー

部活・イベント

  1. 映画『ダウントン・アビー』ヒュー・ボネヴィル/エリザベス・マクガヴァーン/マギー・スミス/ミシェル・ドッカリー/ローラ・カーマイケル/アレン・リーチ/ブレンダン・コイル/ジョアン・フロガット/ロブ・ジェームス=コリアー/レスリー・ニコル/ソフィー・マックシェラ/マシュー・グード/ジム・カーター/イメルダ・スタウントン
  2. 映画『おいしい家族』完成披露試写会(第105回部活)松本穂香、ふくだももこ監督
  3. ドラマ『女医フォスター 夫の情事、私の決断』サランヌ・ジョーンズ/バーティ・カーヴェル
  4. 映画『マローボーン家の掟』ジョージ・マッケイ/ミア・ゴス/チャーリー・ヒートン/マシュー・スタッグ
  5. トーキョー女子映画部ロゴ
PAGE TOP