イイ男セレクション

トム・ハーディ

  • follow us in feedly
  • RSS
映画『ヴェノム』トム・ハーディ

1977年9月15日イギリス、ロンドン生まれ。ロンドン芸術大学セントラル・セント・マーチンズ・カレッジ・オブ・アート・アンド・デザインのドラマセンターを卒業後、すぐにトム・ハンクスとスティーブン・スビルバーグが製作総指揮を務めるTVミニシリーズ『バンド・オブ・ブラザース』に出演し、俳優としてのキャリアをスタートさせた。映画デビュー作はリドリー・スコット監督の『ブラックホーク・ダウン』。その後も『ネメシス/S.T.X』『レイヤー・ケーキ』『マリー・アントワネット』『ロックンローラ』などに立て続けに出演し、ハリウッドの人気俳優となった。2008年に主演を務めた『ブロンソン』では、英国インディペンデント映画賞最優秀男優賞を受賞、ロンドン映画批評家協会賞、イブニングスタンダード映画賞にノミネートされた。その後、『インセプション』『裏切りのサーカス』などに出演し、さらに『ダークナイト ライジング』でバッドマンの宿敵ベイン役を演じたことで世界中に名が知られるようになった。

イイ男セレクション/出演作

『ブラックホーク・ダウン』『ネメシス/S.T.X』『Dot the i ドット・ジ・アイ』『リーサルドーズ』『仮面の真実』『レイヤー・ケーキ』『大脱走 コルディッツ収容所』『ナターシャの歌に』『スウィーニー・トッド 悪魔の理髪師』『ミノタウロス』『スピーシーズNEO』『マリー・アントワネット』『デイ・アフター 首都水没』『ロックンローラ』『ブロンソン』『インセプション』『嵐が丘』『裏切りのサーカス』『Black & White/ブラック & ホワイト』『ウォーリアー』『ダークナイト ライジング』『欲望のバージニア』『クライム・ヒート』『マッドマックス 怒りのデス・ロード』『オン・ザ・ハイウェイ その夜、86分』『チャイルド44 森に消えた子供たち』『レヴェナント:蘇えりし者』『レジェンド 狂気の美学』『ダンケルク』『ヴェノム』など

ドラマ:『バンド・オブ・ブラザース』など

イイ男セレクション/イイ男ポイント

『裏切りのサーカス』を観てから彼に夢中です(笑)。でも、ぶっちゃけ最初はカッコ良いと思っておらず、俳優さんとしてのオーラがすごいというか、観る者を引き込む演技をする人だなと感じて、気になり始めました。とは言え、今はルックスも込みで好きです(笑)。『ダークナイト ライジング』『マッドマックス 怒りのデス・ロード』などの超大作の彼ももちろん好きですが、役者としては『欲望のバージニア』『オン・ザ・ハイウェイ その夜、86分』『レヴェナント:蘇えりし者』など、ドラマ性の強い作品で彼を観るのが好きです。『オン・ザ・ハイウェイ その夜、86分』は1人芝居ですが彼の実力がはっきりとわかります。さらに『レジェンド 狂気の美学』では、双子役を一人二役で好演。俳優は天職といっても過言ではない演技力を見せつけています。

Recommended by Myson

© 2011 Lions Gate Films Inc. All Rights Reserved.
© 2012 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC. AND LEGENDARY PICTURES FUNDING, LLC
© OMMXI by BOOTLEG MOVIE LLC. All Rights Reserved.
© 2015 VILLAGE ROADSHOW FILMS (BVI) LIMITED
© 2013 LOCKE DISTRIBUTIONS, LLC ALL RIGHTS RESERVED
©2015 Summit Entertainment, LLC. All Rights Reserved.
©2015 Twentieth Century Fox Film Corporation. All Rights Reserved.
©2015 STUDIOCANAL S.A. ALL RIGHTS RESERVED.
© 2017 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC. ALL RIGHTS RESERVED.
©&TM 2018 MARVEL

from 2013/6/28

  • follow us in feedly
  • RSS

新着記事

映画『キング・オブ・シーヴズ』ジム・ブロードベント ジム・ブロードベント

1949年5月24日イギリス、リンカン生まれ。2001年に『アイリス』で…

鍵のイメージの画像:写真AC インタビュー2020総集編1「映画人の皆さんが影響を受けた映画」

映画人の皆さんに影響を与えた映画や映画人って、気になりますよね?今回は2020年に掲載したインタビュー総集編として、映画人の皆さんにインタビュー時に聞いた「これまで影響を受けた映画もしくは俳優・監督について」の回答をまとめました。2回に分けてお届けします。

映画『名も無き世界のエンドロール』岩田剛典/新田真剣佑 名も無き世界のエンドロール

冒頭から「?」と思う伏線が多く張られていくので、最初から最後まで…

Netflix映画『ボーイズ・イン・ザ・バンド』ザッカリー・クイント ザッカリー・クイント

1977年6月2日アメリカ、ペンシルバニア州生まれ。11歳の頃から…

映画『天国にちがいない』エリア・スレイマン 天国にちがいない

なんて可愛らしい映画なんでしょうか。人間は…

映画『KCIA 南山の部長たち』イ・ビョンホン イ・ビョンホン

1970年7月12日韓国生まれ。1991年、TVドラマ『アスファルト我が故郷』で俳優活動を開始し…

映画『わたしの叔父さん』イェデ・スナゴー わたしの叔父さん

のどかで美しいデンマークの農場が舞台の本作。主人公は、27歳の女性クリスで…

映画『ヤクザと家族 The Family』綾野剛/舘ひろし ヤクザと家族 The Family

人には人との繋がりが大切で、どんな環境どんな関係であっても、家族と呼べる関係が…

映画『あまくない砂糖の話』 映画で“食”について考えてみよう8:三大栄養素は体を動かすエネルギー源

今回は栄養素の基礎となる“糖質”“脂質”“たんぱく質”の三大栄養素について紹介します。

映画『花束みたいな恋をした』菅田将暉/有村架純 花束みたいな恋をした

20歳前後、大学生の頃の出会いって独特だなと、本作を観ると改めて感じます…

部活・イベント

  1. 映画『映画 えんとつ町のプペル』原作:西野亮廣
  2. 映画『パピチャ 未来へのランウェイ』リナ・クードリ/シリン・ブティラほか
  3. トーキョー女子映画部主宰:マイソン アバターイラスト10周年
  4. 映画『スキャンダル』シャーリーズ・セロン/ニコール・キッドマン/マーゴット・ロビー
  5. 海外ドラマ『SUITS︓ジェシカ・ピアソン』ジーナ・トーレス/モーガン・スペクター/シャンテル・ライリー/ベサニー・ジョイ・レンツ/サイモン・カシアニデス/ウェイン・デュヴァル

おすすめ記事

映画『美女と野獣』エマ・ワトソン 女子も惚れてしまう恋愛ヒロイン女優:海外編

映画には数々の恋愛ヒロインが登場しますが、中には同性目線でも惚れてしまうほど素敵なヒロインがたくさんいます。今回は、編集部独断で恋愛ヒロインを演じてきたハリウッド女優30名を選抜し、正式部員の皆さんに投票いただきました。

映画『WAR ウォー!!』リティク・ローシャン/タイガー・シュロフ 過小評価されていると思う映画特集:アクション&コメディ編

今回は皆さんが過小評価されていると感じる映画アクション&コメディ編をご紹介!

映画『2分の1の魔法』 トーキョー女子映画部が選ぶ 2020年ベスト5

年末恒例、編集部マイソンとシャミが独断で選ぶ【2020年ベスト5】を発表!

映画『映画 えんとつ町のプペル』原作:西野亮廣 映画好き女子のオススメ度はいかに?『映画 えんとつ町のプペル』部活リポート

映画好きの女子は本作をどう評価したのでしょうか?

映画『去年の冬、きみと別れ』岩田剛典、斎藤工 過小評価されていると思う映画特集:サスペンス&スリラー編

今回は、皆さんが過小評価されていると感じる映画サスペンス&スリラー編をご紹介します。前回のヒューマンドラマ編でもたくさんの作品についてコメントが寄せられましたが、今回はどんな作品が挙がっているのか、コメントにも注目です!

映画『ソング・トゥ・ソング』ルーニー・マーラ テンションが上がる!音楽映画特集

映画には音楽をテーマにした作品が多くありますが、音楽を楽しむだけでなく、感動したり、元気をもらえた経験がある方も多いのではないでしょうか。そこで今回は、編集部独断で音楽映画の代表作を選抜し、テンションが上がる作品を伺い、ランキングを出しました!

映画『だれもが愛しいチャンピオン』ハビエル・グティエレス 過小評価されていると思う映画特集:ヒューマンドラマ編

今回は、皆さんが過小評価されていると感じる映画について聞いてみました。たくさんコメントいただいた中からまずはヒューマンドラマ編をご紹介。

映画『パピチャ 未来へのランウェイ』リナ・クードリ/シリン・ブティラほか 女子として、夢を追う者として共感!『パピチャ 未来へのランウェイ』座談会リポート

今回本作にちなんで、ネジュマと同世代の女性に集まって頂き、オンライン座談会を行いました…

映画『ディープ・ブルー3』 怖い?笑える?映画好き女子的サメ映画の魅力特集

サメ映画の魅力を再発見するべく、編集部独断でサメ映画の代表作を選抜し、各作品の魅力やオススメポイントについて部員の皆さんに聞いてみました!

映画『プラダを着た悪魔』アン・ハサウェイ/メリル・ストリープ あの名作をリメイクするとしたら、誰をキャスティングする?『プラダを着た悪魔』

「勝手にキャスティング企画!」第4回は『プラダを着た悪魔』。リメイクするとしたら、アン・ハサウェイが演じたアンドレア・サックス(=アンディ)、メリル・ストリープが演じたミランダ・プリーストリーを、誰が演じるのが良いか、考えて頂きました!

REVIEW

  1. 映画『名も無き世界のエンドロール』岩田剛典/新田真剣佑
  2. 映画『天国にちがいない』エリア・スレイマン
  3. 映画『わたしの叔父さん』イェデ・スナゴー
  4. 映画『ヤクザと家族 The Family』綾野剛/舘ひろし
  5. 映画『花束みたいな恋をした』菅田将暉/有村架純
  6. 映画『キル・チーム』ナット・ウルフ
    キル・チーム

  7. 映画『KCIA 南山の部長たち』イ・ビョンホン
  8. 映画『どん底作家の人生に幸あれ!』デヴ・パテル
  9. 映画『天空の結婚式』サルヴァトーレ・エスポジト/クリスティアーノ・カッカモ
    天空の結婚式

  10. 映画『さんかく窓の外側は夜』岡田将生/志尊淳
PAGE TOP