特集

映画で“食”について考えてみよう2:旬の食材は体とお財布にとってお得なことだらけ!

  • follow us in feedly
  • RSS
映画『奇跡のリンゴ』阿部サダヲ/菅野美穂

よく「旬の食材を食べよう!」と聞きますが、それはなぜなのでしょうか?「美味しいから」「健康のため」などの理由が挙げられると思いますが、実は他にもさまざまな利点があります。そこで今回は、旬の食材を食べるメリットについて紹介します。

旬の食材は栄養価が高くて価格も安い

今日の日本では、ハウス栽培や海外からの輸入によりほとんどの食材を1年中手軽に購入することができます。しかし、昔はシーズンごとに収穫できる作物が限られていたため、最盛期を“旬”と呼び大切にしてきました。自然の恵みを存分に受けて育った作物は、栄養価も高く、美味しいのが特徴です。ある調査研究によると、野菜の季節ごとの栄養価、特にビタミンAの元となるカロテンとビタミンCの含有量は、季節ごとに大きく変動し、ほとんどの野菜で旬の時期に最も栄養価が高いことがわかりました。例えば、夏が旬のトマトに含まれるカロテンの量が最も多かったのは7月で、1番少なかった11月の2.9倍、冬が旬のほうれん草に含まれるビタミンCは12月が最も多く、1番少ない9月の4.9倍もあります。
また、旬の時期には大量の生産が可能なため、価格が安いというメリットもあります。つまり、栄養価の高い作物を価格も安くお得に購入することができるのです。

映画『奇跡のリンゴ』阿部サダヲ/菅野美穂

環境保護のためにも旬の食材を食べることが重要

通年出回っている野菜類は、旬以外はハウス栽培されることが多く、冬でも室内を加温して育てるため、電気やガスなどのエネルギーを大量に消費して作られています。農産物の生産エネルギーの大半は石油なので、ハウスを加温するために石油が燃焼されると、地球温暖化の原因となる二酸化炭素をはじめ、酸性雨の原因となる物質も排出されます。また、旬以外の野菜や果物には、成長を早めるために化成肥料を多く使ったり、殺虫剤などの農薬を必要以上に使うケースも多くあります。魚介類についても、成長を早めるために自然界では食べることのない人口飼料を使って育てられています。
つまり、旬以外の食材は、環境に大きな負荷を与えながら作られ、本来ないものが含まれている恐れもあるのです。一方、旬に採れる食材は、自然の営みに従って育てられるので、農薬などの薬品や人工肥料、人工飼料の使用を必要最低限に抑えることができます。また、現在使用されている農薬の多くは、太陽光下で減少するため、露地栽培の作物の多くは残留農薬がさらに少なくなります。このように旬の食材を食べることは、環境に優しく、安全性の面でも優れていることがわかります。

映画『奇跡のリンゴ』阿部サダヲ/菅野美穂

消費者が食材に関する知識を持ち、本来の味や栄養、環境や安全性を考えて選ぶようになることは、とても大切なことです。皆さんの意識が少しずつ変化することで、将来的には季節はずれの食材が売れなくなり、スーパーでも旬の食材中心の陳列に変わっていくかも知れません。そのためにも日本の食材の旬を再認識し、それぞれの季節に適したものを食べるよう心掛けてみましょう!

夏に食べたい旬の野菜

夏が旬の野菜には、体を冷ます効果のあるものや、暑さで奪われやすいビタミンCが豊富なものが多くあります。ここでは代表的な夏野菜の栄養素と効果の一部をご紹介します。

■オクラ
粘り気の元となるムチンなどの食物繊維が豊富で、細胞と細胞を繋ぐ保水力で胃の粘膜を保護します。また、ネバネバが持つ適度なとろみは、のどごしをよくし、食欲を促すことで、夏バテ回復の効果も期待できます。その他にもカロテンやビタミンB1、ビタミンC、カルシウム、鉄などもバランスよく含まれています。

■カボチャ
黄色い部分にはカロテノイド(色素成分)が豊富で、この中のβ-カロテンの一部はビタミンAに変わり、肌や粘膜を丈夫にしてくれます。残ったカロテンは細胞が酸化されるのを防ぐ、抗酸化作用が強いので、老化や発がん予防する効果が期待されます。また、体を丈夫にし、風邪の予防にもなるビタミンCやビタミンEも多く含まれています。

■きゅうり
95%が水分のため、高い栄養価は期待できませんが、利尿作用が高い野菜として認められているため、水太りやむくみ解消に役立ちます。また、体を冷やす効果があるため、暑気払いに最適です。

■トマト
赤い色はリコピンと言われるもので、赤ければ赤いほどリコピンが豊富な証拠です。このリコピンには抗酸化作用があり、がんや動脈硬化、老化の防止にも効果的な成分です。また、甘さだけでなく爽やかな酸味があるため、胃液の分泌を促して、消化を助ける効果もあります。

■なす
なすの皮にはナスニンという成分が含まれています。ナスニンには、コレステロールの低下や活性酸素の発生を抑える働きがあるため、動脈硬化などの生活習慣病の予防が期待されています。同じく皮の部分にはアルカロイドというがん細胞の増殖を抑える成分も多く含まれています。また、きゅうりと同様に体を冷やす効果もあります。

上記以外にも夏が旬の野菜には、ピーマン、レタス、とうもろこし、ししとう、枝豆、みょうが、ゴーヤなどがあります。ぜひそれぞれの成分や効果を意識して積極的に摂取し、暑い夏を乗り切りましょう!

<参考・引用資料>
三ッ井清貴「服部幸應の食育インストラクター養成講座 テキスト2、5」(がくぶん)
農林水産省Webサイト1農林水産省Webサイト2

食にまつわる映画をチェック!

『奇跡のリンゴ』
DVDレンタル・発売中/デジタル配信中
REVIEW/デート向き映画判定/キッズ&ティーン向き映画判定

日本最大のリンゴ畑を持つ青森県中津軽郡。秋則はこの地で生まれ育つも、リンゴ畑や農業そのものへの興味が皆無だった。しかし、美栄子との結婚を機にリンゴ農家に入ることになる。リンゴは、農薬の恩恵を受けずして生産不可能な果実だったが、やがてその農薬が妻の体を蝕んでいることがわかる。そして、秋則は絶対不可能と言われる「リンゴの無農薬栽培」への挑戦を決意する…。

★食の注目POINT!!
リンゴの知られざる事実がたくさん登場すると共に、無農薬栽培がいかに大変かが伝わってきます。これが実話だと思うと本当に農家の方々へ感謝せずにいられません。

『リトル・フォレスト 夏・秋』
ブルーレイ&DVDレンタル・発売中/デジタル配信中
REVIEW/デート向き映画判定/キッズ&ティーン向き映画判定

『リトル・フォレスト 冬・春』
ブルーレイ&DVDレンタル・発売中/デジタル配信中
REVIEW/デート向き映画判定/キッズ&ティーン向き映画判定

舞台は東北のとある村の中の小さな集落“小森”。いち子は一度都会に出るが、自分の居所を見つけることができず、地元に帰っていた。近くにスーパーやコンビニもない小森の生活は自給自足に近い暮らし。四季折々の恵みを与える一方で、厳しさも見せる東北の大自然。時に立ち止りながら、自分と向き合う日々の中で、いち子は美味しいものを食べ明日へ踏み出す元気を充電していく…。

★食の注目POINT!!
大自然の美しさが実感できると共にいち子の食の知識や料理の腕前にも驚きます。四季の食材や料理がたくさん登場するので、ぜひ参考にしながらご覧ください。

©2013「奇跡のリンゴ」製作委員会

TEXT by Shamy(NPO日本食育インストラクターPrimary)

  • follow us in feedly
  • RSS

新着記事

映画『呪呪呪/死者をあやつるもの』オム・ジウォン/チョン・ジソ 呪呪呪/死者をあやつるもの

映画『新感染 ファイナル・エクスプレス』『新感染半島 ファイナル・ステージ』や、Netflixオリジナルドラマ『地獄が呼んでいる』のヨン・サンホ監督が、原作、脚本を務める本作…

映画『イニシェリン島の精霊』ブレンダン・グリーソン ブレンダン・グリーソン

1955年3月29日アイルランド、ダブリン生まれ。1995年『ブレイブハート』の出演をきっかけに…

映画『コンパートメントNo.6』セイディ・ハーラ 映画に隠された恋愛哲学とヒント集71:住む世界が違う相手との恋愛

憧れの相手と相思相愛になりつつも、実際に交際してみると、相手と“住む世界”が違うと感じることだってあり得ます。今回は、そんな恋愛に心の折り合いをつけていく主人公の物語『コンパートメントNo.6』を例に考えてみました。

映画『Sin Clock』窪塚洋介 Sin Clock

会社をクビになり、離婚して息子とも離れて暮らす主人公の高木(窪塚洋介)は…

海外ドラマ『ウォーキング・デッド ファイナル・シーズン』ジェフリー・ディーン・モーガン ジェフリー・ディーン・モーガン

1966年4月22日アメリカ生まれ。1991年に『赤いドレスの女』でデビュー。テレビを中心にキャリ…

映画『FALL/フォール』グレイス・フルトン どっちも勘弁!高さの恐怖と深さの恐怖特集

今回は、高さや深さで魅せる映画をご紹介。高い、低い、深いというシンプルな設定だけで、こんなにドラマチックになるのだなと感心します。

映画『七人の秘書 THE MOVIE』室井滋 室井滋(むろい しげる)

1958年10月22日生まれ。富山県出身。 1981年、『風の歌を聴け』でデビュー。『居酒屋ゆうれい』(1995)…

映画『崖上のスパイ』チャン・イー/ユー・ホーウェイ 崖上のスパイ

『紅いコーリャン』をはじめ、数々の大ヒット作を手掛けてきたチャン・イーモウ監督が手掛けた本格スパイ・サスペンス。1934年…

中国ドラマ『これから先の恋』QUOカード、ヤン・ズー/シャオ・ジャン 『これから先の恋』オリジナルQUOカード(500円分) 3名様プレゼント

中国ドラマ『これから先の恋』オリジナルQUOカード(500円分) 2名様プレゼント

映画『君だけが知らない』キム・ガンウ キム・ガンウ

1978年7月11日、韓国生まれ。2001年にドラマ『あなたは愛と言う 私は欲望だと思う』でデビュー。映画『シルミド』…

部活・イベント

  1. 映画『バーフバリ2 王の凱旋』プラバース
  2. 韓国ドラマ『赤い袖先』ジュノ(2PM)/イ・セヨン
  3. 海外ドラマ『Why Women Kill 〜ファビュラスな⼥たち〜』ルーシー・リュー
  4. 映画『ミーティング・ザ・ビートルズ・イン・インド』ザ・ビートルズ
  5. 海外ドラマ『超サイテーなスージーの日常』ビリー・パイパー

おすすめ記事

映画『恋とニュースのつくり方』レイチェル・マクアダムス 新年にやる気がわくサクセスストーリー特集

今回は、新年にやる気がわくサクセスストーリーのオススメ作品を正式部員の皆さんから募りました。素敵なサクセスストーリーを観て、やる気をアップしましょう!

映画『トップガン マーヴェリック』トム・クルーズ トーキョー女子映画部が選ぶ 2022年ベスト10

年末恒例の本企画は、今回から作品はBEST10に変更、俳優はMVPとして1名選出することにしましたマイソンとシャミがそれぞれ選んだ作品を、ぜひ冬休みにご覧ください。

映画『ドリーム・ホース』トニ・コレット 十数億円を稼ぐ名馬を逃す!?リアル一口馬主が語る醍醐味&新人騎手『ドリーム・ホース』に感動のコメント!!

実は日本でもジャンのように馬主になれるってご存じでしたか?今回は『ドリーム・ホース』をリアル体験中ともいえる…

映画『アバター:ウェイ・オブ・ウォーター』メイキング、ジェームズ・キャメロン監督、サム・ワーシントン 映画好きが選んだジェームズ・キャメロン監督人気作品ランキング

『ターミネーター』『タイタニック』『アバター』など、数々の名作を手掛てきたジェームズ・キャメロン。今回は、これまでジェームズ・キャメロンが監督を務めた作品で、どの作品が好きか正式部員の皆さんに投票していただきました。

海外ドラマ『シー・ハルク:ザ・アトーニー』タチアナ・マスラニー 楽しい妄想シリーズ:1日あの人になってみたい!〜海外ドラマのキャラクター アクション編〜

もし1日だけ海外ドラマに登場するアクションが得意なキャラクターになれるとしたら、誰になってみたいか正式部員の皆さんに妄想していただきました。今回も楽しい妄想コメントが集まりました。

映画『ミッドサマー』フローレンス・ピュー なんでこんな映画作ったの?トラウマ映画特集2

「なんでこんな映画作ったの?トラウマ映画特集1」はマイソンが独自に選んだ作品をご紹介しました。今回はその第2弾として、正式部員の皆さんから寄せられた投稿コメントをもとに特集を組みました。

映画『バーフバリ2 王の凱旋』プラバース 素敵な映画との出会い方研究会:“バーフバリ”シリーズ編

「素敵な映画との出会い方研究会」は、過去のヒット作を題材にヒットの要因を探り、新たな映画と出会うヒントを得ようという企画です。今回は、現在好評公開中の映画『RRR』のS.S.ラージャマウリ監督の旧作“バーフバリ”シリーズを題材とし、人気の秘密を探りました。

映画『キュリー夫人 天才科学者の愛と情熱』ロザムンド・パイク/サム・ライリー 映画好きが選んだ偉人にまつわる映画<海外編>ランキング

今年の秋は、『キュリー夫人 天才科学者の愛と情熱』(10月14日公開)、『スペンサー ダイアナの決意』(10月14日公開)と、実在の偉人にまつわる映画が公開となります。そこで今回は偉人の人生や偉業を描いた映画<海外編>について正式部員の皆さんに投票していただいたランキングを発表します。

韓国ドラマ『赤い袖先』ジュノ(2PM)/イ・セヨン タイトルと予告編で観たくなる韓国ドラマランキング2022年秋号

韓国ドラマは、ユニークなタイトルが多いということで、今回はタイトルと予告編に着目して観たいドラマを選び、ランキングにしました。

海外ドラマ『Why Women Kill 〜ファビュラスな⼥たち〜』ルーシー・リュー 海外ドラマ最新作バトル2022年9月号Part2

「海外ドラマがたくさんあって、どれを選べば良いかわからない」という方に向けた本企画。今回も、新作海外ドラマをピックアップし、ジャンルや内容が近い組み合わせで、作品情報と予告編を観て、それぞれの魅力を比較してみました。今回はどんな作品が挙がったのでしょうか?ぜひ作品選びの参考にしてください。

REVIEW

  1. 映画『呪呪呪/死者をあやつるもの』オム・ジウォン/チョン・ジソ
  2. 映画『Sin Clock』窪塚洋介
    Sin Clock

  3. 映画『崖上のスパイ』チャン・イー/ユー・ホーウェイ
  4. 映画『スクロール』北村匠海/中川大志
    スクロール

  5. 映画『エゴイスト』鈴木亮平/宮沢氷魚
    エゴイスト

  6. 映画『バビロン』ブラッド・ピット/ディエゴ・カルバ
    バビロン

  7. 映画『すべてうまくいきますように』ソフィー・マルソー/アンドレ・デュソリエ
  8. 映画『バイオレント・ナイト』デヴィッド・ハーバー/アレックス・ハッセル
  9. 映画『ピンク・クラウド』ヘナタ・ジ・レリス
  10. 映画『金の国 水の国』

PRESENT

  1. 中国ドラマ『これから先の恋』QUOカード、ヤン・ズー/シャオ・ジャン
  2. 映画『レッドシューズ』朝比奈彩
  3. 映画『いつかの君にもわかること』ジェームズ・ノートン/ダニエル・ラモント
PAGE TOP