特集

映画で“食”について考えてみよう2:旬の食材は体とお財布にとってお得なことだらけ!

  • follow us in feedly
  • RSS
映画『奇跡のリンゴ』阿部サダヲ/菅野美穂

よく「旬の食材を食べよう!」と聞きますが、それはなぜなのでしょうか?「美味しいから」「健康のため」などの理由が挙げられると思いますが、実は他にもさまざまな利点があります。そこで今回は、旬の食材を食べるメリットについて紹介します。

旬の食材は栄養価が高くて価格も安い

今日の日本では、ハウス栽培や海外からの輸入によりほとんどの食材を1年中手軽に購入することができます。しかし、昔はシーズンごとに収穫できる作物が限られていたため、最盛期を“旬”と呼び大切にしてきました。自然の恵みを存分に受けて育った作物は、栄養価も高く、美味しいのが特徴です。ある調査研究によると、野菜の季節ごとの栄養価、特にビタミンAの元となるカロテンとビタミンCの含有量は、季節ごとに大きく変動し、ほとんどの野菜で旬の時期に最も栄養価が高いことがわかりました。例えば、夏が旬のトマトに含まれるカロテンの量が最も多かったのは7月で、1番少なかった11月の2.9倍、冬が旬のほうれん草に含まれるビタミンCは12月が最も多く、1番少ない9月の4.9倍もあります。
また、旬の時期には大量の生産が可能なため、価格が安いというメリットもあります。つまり、栄養価の高い作物を価格も安くお得に購入することができるのです。

映画『奇跡のリンゴ』阿部サダヲ/菅野美穂

環境保護のためにも旬の食材を食べることが重要

通年出回っている野菜類は、旬以外はハウス栽培されることが多く、冬でも室内を加温して育てるため、電気やガスなどのエネルギーを大量に消費して作られています。農産物の生産エネルギーの大半は石油なので、ハウスを加温するために石油が燃焼されると、地球温暖化の原因となる二酸化炭素をはじめ、酸性雨の原因となる物質も排出されます。また、旬以外の野菜や果物には、成長を早めるために化成肥料を多く使ったり、殺虫剤などの農薬を必要以上に使うケースも多くあります。魚介類についても、成長を早めるために自然界では食べることのない人口飼料を使って育てられています。
つまり、旬以外の食材は、環境に大きな負荷を与えながら作られ、本来ないものが含まれている恐れもあるのです。一方、旬に採れる食材は、自然の営みに従って育てられるので、農薬などの薬品や人工肥料、人工飼料の使用を必要最低限に抑えることができます。また、現在使用されている農薬の多くは、太陽光下で減少するため、露地栽培の作物の多くは残留農薬がさらに少なくなります。このように旬の食材を食べることは、環境に優しく、安全性の面でも優れていることがわかります。

映画『奇跡のリンゴ』阿部サダヲ/菅野美穂

消費者が食材に関する知識を持ち、本来の味や栄養、環境や安全性を考えて選ぶようになることは、とても大切なことです。皆さんの意識が少しずつ変化することで、将来的には季節はずれの食材が売れなくなり、スーパーでも旬の食材中心の陳列に変わっていくかも知れません。そのためにも日本の食材の旬を再認識し、それぞれの季節に適したものを食べるよう心掛けてみましょう!

夏に食べたい旬の野菜

夏が旬の野菜には、体を冷ます効果のあるものや、暑さで奪われやすいビタミンCが豊富なものが多くあります。ここでは代表的な夏野菜の栄養素と効果の一部をご紹介します。

■オクラ
粘り気の元となるムチンなどの食物繊維が豊富で、細胞と細胞を繋ぐ保水力で胃の粘膜を保護します。また、ネバネバが持つ適度なとろみは、のどごしをよくし、食欲を促すことで、夏バテ回復の効果も期待できます。その他にもカロテンやビタミンB1、ビタミンC、カルシウム、鉄などもバランスよく含まれています。

■カボチャ
黄色い部分にはカロテノイド(色素成分)が豊富で、この中のβ-カロテンの一部はビタミンAに変わり、肌や粘膜を丈夫にしてくれます。残ったカロテンは細胞が酸化されるのを防ぐ、抗酸化作用が強いので、老化や発がん予防する効果が期待されます。また、体を丈夫にし、風邪の予防にもなるビタミンCやビタミンEも多く含まれています。

■きゅうり
95%が水分のため、高い栄養価は期待できませんが、利尿作用が高い野菜として認められているため、水太りやむくみ解消に役立ちます。また、体を冷やす効果があるため、暑気払いに最適です。

■トマト
赤い色はリコピンと言われるもので、赤ければ赤いほどリコピンが豊富な証拠です。このリコピンには抗酸化作用があり、がんや動脈硬化、老化の防止にも効果的な成分です。また、甘さだけでなく爽やかな酸味があるため、胃液の分泌を促して、消化を助ける効果もあります。

■なす
なすの皮にはナスニンという成分が含まれています。ナスニンには、コレステロールの低下や活性酸素の発生を抑える働きがあるため、動脈硬化などの生活習慣病の予防が期待されています。同じく皮の部分にはアルカロイドというがん細胞の増殖を抑える成分も多く含まれています。また、きゅうりと同様に体を冷やす効果もあります。

上記以外にも夏が旬の野菜には、ピーマン、レタス、とうもろこし、ししとう、枝豆、みょうが、ゴーヤなどがあります。ぜひそれぞれの成分や効果を意識して積極的に摂取し、暑い夏を乗り切りましょう!

<参考・引用資料>
三ッ井清貴「服部幸應の食育インストラクター養成講座 テキスト2、5」(がくぶん)
農林水産省Webサイト1農林水産省Webサイト2

食にまつわる映画をチェック!

『奇跡のリンゴ』
DVDレンタル・発売中/デジタル配信中
REVIEW/デート向き映画判定/キッズ&ティーン向き映画判定

日本最大のリンゴ畑を持つ青森県中津軽郡。秋則はこの地で生まれ育つも、リンゴ畑や農業そのものへの興味が皆無だった。しかし、美栄子との結婚を機にリンゴ農家に入ることになる。リンゴは、農薬の恩恵を受けずして生産不可能な果実だったが、やがてその農薬が妻の体を蝕んでいることがわかる。そして、秋則は絶対不可能と言われる「リンゴの無農薬栽培」への挑戦を決意する…。

★食の注目POINT!!
リンゴの知られざる事実がたくさん登場すると共に、無農薬栽培がいかに大変かが伝わってきます。これが実話だと思うと本当に農家の方々へ感謝せずにいられません。

『リトル・フォレスト 夏・秋』
ブルーレイ&DVDレンタル・発売中/デジタル配信中
REVIEW/デート向き映画判定/キッズ&ティーン向き映画判定

『リトル・フォレスト 冬・春』
ブルーレイ&DVDレンタル・発売中/デジタル配信中
REVIEW/デート向き映画判定/キッズ&ティーン向き映画判定

舞台は東北のとある村の中の小さな集落“小森”。いち子は一度都会に出るが、自分の居所を見つけることができず、地元に帰っていた。近くにスーパーやコンビニもない小森の生活は自給自足に近い暮らし。四季折々の恵みを与える一方で、厳しさも見せる東北の大自然。時に立ち止りながら、自分と向き合う日々の中で、いち子は美味しいものを食べ明日へ踏み出す元気を充電していく…。

★食の注目POINT!!
大自然の美しさが実感できると共にいち子の食の知識や料理の腕前にも驚きます。四季の食材や料理がたくさん登場するので、ぜひ参考にしながらご覧ください。

©2013「奇跡のリンゴ」製作委員会

TEXT by Shamy(NPO日本食育インストラクターPrimary)

  • follow us in feedly
  • RSS

新着記事

映画『パピチャ 未来へのランウェイ』リナ・クードリ 「自分らしく、闘う。」学生限定・勝負服デザイン画コンテスト結果発表!『パピチャ 未来へのランウェイ』

『パピチャ 未来へのランウェイ』は、“ファッションデザイナーになる”という夢を胸に、抑圧に抗い、自分達の手で未来を切り拓いていこうと奮闘する主人公ネジュマの物語。この度、この主人公にちなんで、勝負服デザイン画コンテストが実施されました。

映画『博士と狂人』メル・ギブソン メル・ギブソン

1956年1月3日アメリカ、ニューヨーク生まれ。ジョージ・ミラー監督作『マッドマックス』(79)の…

映画『十二単衣を着た悪魔』三吉彩花さんインタビュー 『十二単衣を着た悪魔』三吉彩花さんインタビュー

モデル、女優として大活躍中の三吉彩花さんにインタビューをさせていただきました!『十二単衣を着た悪魔』では、『源氏物語』の世界で恐れられる存在、弘徽殿女御を好演。インタビューのお話からは三吉さんの新たな一面も。

映画『おらおらでひとりいぐも』田中裕子/濱田岳/青木崇高/宮藤官九郎 おらおらでひとりいぐも

独り暮らしをする75歳の桃子の日常と、彼女の中の葛藤を描いた物語…

映画『きみの瞳が問いかけている』やべきょうすけ やべきょうすけ

1973年11月12日生まれ、大阪府出身。主な出演作に『Kids Return キッズ・リターン』『スキヤキ・ウエスタン ジャンゴ』…

映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦/道枝駿佑 461個のおべんとう

父子で暮らすことになった一樹と虹輝が主人公の物語…

映画『PLAY 25年分のラストシーン』マックス・ブーブリル PLAY 25年分のラストシーン

「25年分のラストシーン」ってどういう意味なんだろうと思いながら観てみたら…

映画『異端の鳥』ハーヴェイ・カイテル ハーヴェイ・カイテル

1939年5月13日アメリカ、ニューヨーク生まれ。オフ・ブロードウェイの舞台に立っている頃に…

映画『ザ・ハント』ベティ・ギルピン ザ・ハント

本作は、富裕層が娯楽として人間狩りを楽しむという…

Netflix映画『シカゴ7裁判』アレックス・シャープ アレックス・シャープ

1989年2月2日イギリス、ロンドン生まれ。2014年にジュリアード音楽院を卒業し…

おすすめ記事

映画『パピチャ 未来へのランウェイ』リナ・クードリ/シリン・ブティラほか 女子として、夢を追う者として共感!『パピチャ 未来へのランウェイ』座談会リポート

今回本作にちなんで、ネジュマと同世代の女性に集まって頂き、オンライン座談会を行いました…

映画『ディープ・ブルー3』 怖い?笑える?映画好き女子的サメ映画の魅力特集

サメ映画の魅力を再発見するべく、編集部独断でサメ映画の代表作を選抜し、各作品の魅力やオススメポイントについて部員の皆さんに聞いてみました!

映画『プラダを着た悪魔』アン・ハサウェイ/メリル・ストリープ あの名作をリメイクするとしたら、誰をキャスティングする?『プラダを着た悪魔』

「勝手にキャスティング企画!」第4回は『プラダを着た悪魔』。リメイクするとしたら、アン・ハサウェイが演じたアンドレア・サックス(=アンディ)、メリル・ストリープが演じたミランダ・プリーストリーを、誰が演じるのが良いか、考えて頂きました!

映画『オフィシャル・シークレット』マット・スミス/マシュー・グード ジャーナリズムの意義を問う映画特集

現代は情報に溢れており、不確かなニュースを判別することも難しくなってきました。でも、誰も正しい情報を伝えようとする努力をしなくなった時、世界はどうなって…

【恋のまち パリvsニューヨーク】特集イメージ:エッフェル塔&自由の女神 【恋のまち パリvsニューヨーク】特集

多くの恋愛映画の舞台となっているパリとニューヨーク。今回はそれぞれが舞台となっている恋愛映画の中で、どの作品が好きか投票を行い、ランキングと総合結果を出しました。パリvsニューヨークの結果はいかに!?

映画『劇場版おっさんずラブ ~LOVE or DEAD~』志尊淳 新世代スター期待度ランキング2020

毎年多くの若手俳優の中から新たなスターが誕生しますが、今回はこれからさらに人気が上昇しそうな俳優について、トーキョー女子映画部が独断で選出し、皆さんに投票して頂きました。

親子イメージ写真 皆様へ感謝!10周年記念特集:みんなの映画好きルーツ

トーキョー女子映画部10周年記念特集第2弾!トーキョー女子映画部には多くの映画好き女子が集まっていますが、皆さん何をきっかけに映画を好きになったのでしょうか?今回は皆さんが映画好きになったルーツについて聞いてみました。

トーキョー女子映画部主宰:マイソン アバターイラスト10周年 皆様へ感謝!10周年記念特集:トーキョー女子映画部のまだまだ短い歴史

2020年7月で、トーキョー女子映画部は開設10周年を迎えました!ここまで続けてこられたのも皆さんのおかげです。本当に、本当にありがとうございます!他の多くの企業やWEBサイトに比べれば、10年なんてまだまだ若いですが、超マイペースでちゃらんぽらんな私からすると「10年ももった!」というのが本音です(笑)。そんなトーキョー女子映画部ですが、今回はこの機会にこの10年を振り返らせて頂きます。

映画『メン・イン・ブラック3』ウィル・スミス 楽しい妄想シリーズ:1日あの人になってみたい!〜コメディ俳優編〜

楽しい妄想シリーズ「1日あの人になってみたい!」企画第2弾!今回は“コメディ俳優編”です。皆さんがもし1日だけコメディ俳優になって映画に出られるとしたら、誰になってみたいですか?今回も楽しく妄想して頂きました!

映画『レヴェナント:蘇えりし者』レオナルド・ディカプリオ イイ男セレクションランキング2020<海外40代俳優 総合ランキング>

今回はついに総合ランキングを発表!各部門で接戦を繰り広げた海外40代俳優ですが、総合ランキングはどんな結果になったのでしょうか?

REVIEW

  1. 映画『おらおらでひとりいぐも』田中裕子/濱田岳/青木崇高/宮藤官九郎
  2. 映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦/道枝駿佑
  3. 映画『PLAY 25年分のラストシーン』マックス・ブーブリル
  4. 映画『ザ・ハント』ベティ・ギルピン
    ザ・ハント

  5. 映画『パピチャ 未来へのランウェイ』リナ・クードリ
  6. 映画『罪の声』小栗旬/星野源
    罪の声

  7. 映画『とんかつDJアゲ太郎』北村匠海/山本舞香/伊藤健太郎
  8. 映画『キーパー ある兵士の奇跡』デヴィッド・クロス/フレイア・メーバー
  9. 映画『おもかげ』マルタ・ニエト/ジュール・ポリエ
    おもかげ

  10. 映画『きみの瞳が問いかけている』吉高由里子/横浜流星

部活・イベント

  1. 映画『パピチャ 未来へのランウェイ』リナ・クードリ/シリン・ブティラほか
  2. トーキョー女子映画部主宰:マイソン アバターイラスト10周年
  3. 映画『スキャンダル』シャーリーズ・セロン/ニコール・キッドマン/マーゴット・ロビー
  4. 海外ドラマ『SUITS︓ジェシカ・ピアソン』ジーナ・トーレス/モーガン・スペクター/シャンテル・ライリー/ベサニー・ジョイ・レンツ/サイモン・カシアニデス/ウェイン・デュヴァル
  5. 映画『ダウントン・アビー』ヒュー・ボネヴィル/エリザベス・マクガヴァーン/マギー・スミス/ミシェル・ドッカリー/ローラ・カーマイケル/アレン・リーチ/ブレンダン・コイル/ジョアン・フロガット/ロブ・ジェームス=コリアー/レスリー・ニコル/ソフィー・マックシェラ/マシュー・グード/ジム・カーター/イメルダ・スタウントン
PAGE TOP