アンケート特集

怖い?笑える?映画好き女子的サメ映画の魅力特集

  • follow us in feedly
  • RSS
映画『ディープ・ブルー3』

数多くあるサメ映画ですが、ハラハラドキドキする怖さはもちろん、あまりの迫力に思わず笑ってしまったりと、さまざまな作品があります。今回は、サメ映画の魅力を再発見するべく、編集部独断でサメ映画の代表作を選抜し、各作品の魅力やオススメポイントについて部員の皆さんに聞いてみました!

ジャケット写真やタイトルの文字リンクをクリックすると、Amazonのデジタル配信もしくはパッケージ販売に飛びますので、ぜひご覧ください。

アンケート回答人数 10代を含む296名

★『ジョーズ』(1作目)

怖い?笑える?映画好き女子的サメ映画の魅力特集:『ジョーズ』グラフ
※複数選択可、鑑賞者207名中の割合

<オススメポイント>
■ジョン・ウィリアムズの緊張感が高まる音楽と、監督の演出の手腕が光る“サメが見えないことによる恐怖”は素晴らしいと思います。(20代後半)
■あの作品を20代で撮ったとは、さすがスピルバーグ。あの緊張感のある焦らしがたまりません。今なお色褪せないサメ映画の最高傑作。(20代後半)
■あの音楽が流れると誰もがこの映画を想像して、サメが近づいてくるとわかる!サメ映画代表!おもしろいです!(30代前半)
■今となっては笑える箇所もありますが、当時の技術でここまで作り込んでいるのはやっぱりすごいと思います。音楽がかかるだけで恐怖感があります!(30代後半)
■子どもの頃に観て恐ろしかった。サメが来る時に流れる音楽、あれも怖さに一役買っている。昔の作品なのに迫力ある映像がオススメ。(40代後半)
■サメが人を食べてしまう恐怖を映画で初めて知った衝撃的な映画です。(40代後半)
■それまでなかった視点から、人間を襲ってくるサメを描いた名作です。まだ、その頃は子どもでしたが、強烈に怖い印象を持ちました。(50代)

ジョーズ (字幕版)

★『ディープ・ブルー』

怖い?笑える?映画好き女子的サメ映画の魅力特集:『ディープ・ブルー』グラフ
※複数選択可、鑑賞者87名中の割合

<オススメポイント>
■海の壮大なキレイさが良く出ていて感無量になります。海は広くて壮大です。(40代前半)
■サメが高度な知能を持つので、サメ映画の中で最強だと思います。この作品がサメ映画の中で1番おもしろい。(40代後半)

ディープ・ブルー (字幕版)

★『MEG ザ・モンスター』

映画『MEG ザ・モンスター』ジェイソン・ステイサム
怖い?笑える?映画好き女子的サメ映画の魅力特集:『MEG ザ・モンスター』グラフ
※複数選択可、鑑賞者87名中の割合

<オススメポイント>
■MEGがガラスに咬みついてヒビが入るシーンはぞっとする一方、ジェイソン・ステイサムが安定の人間離れした動きでサメに立ち向かう姿はむしろ笑ってしまいました。(20代後半)
■怖いシーンもありますが、本当に大き過ぎて後半はかなり笑った記憶があります。本当にいたらめちゃくちゃ恐怖ですが、私にとっては気楽に観られる楽しい作品でした。(30代後半)
■ジェイソン・ステイサムと巨大サメを戦わせたらという発想がナイス過ぎる!(30代後半)
■とにかくサメが巨大すぎ!リアリティに欠ける部分もあるが、やはりガラスを1枚隔てた向こう側に巨大ザメが登場するシーンは衝撃!(40代後半)

MEG ザ・モンスター(字幕版)

REVIEW/デート向き映画判定/キッズ&ティーン向き映画判定

★『海底47m』

映画『海底47m』
怖い?笑える?映画好き女子的サメ映画の魅力特集:『海底47m』グラフ
※複数選択可、鑑賞者62名中の割合

<オススメポイント>
■シンプルなのに飽きずにおもしろい!旅行に行く時は現地の人にホイホイついていかないで、信頼できる会社を通してアクティビティを楽しむことにします。(20代前半)
■パニック映画のあるあるが詰め込まれていておもしろいです! 長さもちょうど良く、サクッと楽しめます。(20代後半)
■海の怖さを味わうにはこの作品!観終わった後に、「海は潜るより見るほうが良い」と思いました(笑)。本当に酸欠になりそうになるくらい苦しさを味わえる映画。(30代前半)
■海底という前後左右の方向も不確かな空間でのシチュエーションスリラーが最高。サメ以上に海の怖さがジワジワ伝わる。(40代前半)
■サメよりも右も左もわからない海底で酸素が無くなることが何よりも怖いです。主人公の姉妹2人が、勇敢にやるべきことをやっていたところが良かった。もし、ケージダイビング誘われたら、遠慮します(苦笑)。(40代後半)

海底47m(字幕版)

★『ロスト・バケーション』

映画『ロスト・バケーション』ブレイク・ライブリー
怖い?笑える?映画好き女子的サメ映画の魅力特集:『ロスト・バケーション』グラフ
※複数選択可、鑑賞者59名中の割合

<オススメポイント>
■近年のサメ映画の中でベスト!美しいブレイク・ライブリーを知的に勇敢に描き、昨今人気の強かで美しい女性像にマッチしています。お決まりのパニックに陥る女性や考えなしの男性も登場せず、作品として非常にすっきりとして観やすい新たなサメ映画! (20代後半)
■これは本当に怖かった。無闇に1人で海に行けないと思いました。サメと闘うシーンも圧巻!(30代前半)
■普通のサメ映画とは一線を画す作品だと思います。ほぼブレイク・ライブリーしか出ていないのに、あの名演、そして絶妙な緊張感あるストーリーが秀逸!(30代後半)
■すぐそこに陸が見えるのに帰れないという恐怖は、何とも言えずに怖かった。(40代後半)
■逃げようのない孤独と恐怖、痛みも感じさせられる。観る人を選ぶかもしれませんが、純粋にサメの餌食にロックオンされたパニック映画として楽しめる!(50代)

ロスト・バケーション (字幕版)

REVIEW/デート向き映画判定/キッズ&ティーン向き映画判定

★『シャーク・テイル』(アニメーション映画)

怖い?笑える?映画好き女子的サメ映画の魅力特集:『シャーク・テイル』グラフ
※複数選択可、鑑賞者42名中の割合

<オススメポイント>
■サメ映画ですが、子どもでも観られる楽しい作品だと思います!(30代後半)
■アニメだけど内容は大人向け。でも、こんなサメ映画もアリだなと思いました。メインキャラの声をウィル・スミスが担当していて、期待通りの楽しさでした。(40代後半)
■イメージ的には正反対のキャラの声をジャック・ブラックとウィル・スミスが楽しそうに演じている点。顔がまた似てるんだわ、魚なのに(笑)。(50代)

シャーク・テイル (字幕版)

★『オープン・ウォーター』

怖い?笑える?映画好き女子的サメ映画の魅力特集:『オープン・ウォーター』グラフ
※複数選択可、鑑賞者35名中の割合

<オススメポイント>
■運が悪ければ本当に起きるかもしれないハプニングなので、ダイビングに行く場合は、とにかく大人数で行くか、たくさんの人にダイビングに行くことを伝えておいた上で、冗談でも良いから「○○日の○○時までに連絡がない場合は、事故にあった可能性があるから、旅行会社に連絡してくれ」などと根回しをしておくことが重要だなと感じました。(30代後半)
■とにかくリアル。余計な説明がなく、本当にドキュメンタリーのようなリアルさがあり怖い。(40代代前半)
■日常の時と極限の時と、それぞれに出てくる人間のダメな部分を、とことん客観視できたり、団体の中にいるのに自分のことしか考えていないとこうなるという教訓が得られる怖い映画です。(40代後半)
■低予算で、実際に俳優達がサメの泳ぐ海で撮影したというすごい映画!(50代)

オープン・ウォーター (字幕版)

★『シャークネード』(1作目)

怖い?笑える?映画好き女子的サメ映画の魅力特集:『シャークネード』グラフ

<オススメポイント>
■サメの竜巻が襲いかかるという、あり得ない設定は爆笑必至。映画好きにはたまらないパロディシーンも満載で楽しめる。(20代後半)
■1作目はまだ少し真面目感が漂っていましたが、2作、3作と続いていくうちにブッ飛びサメ映画として最高のシリーズになっていったと思います(笑)。(20代後半)
■大好き!サメが飛ぶだけじゃないハチャメチャさ!だけど、家族愛があったり、とにかく突き抜けているので笑えます!(40代後半)
■サメを内包してきた竜巻なんて、怖いというより笑え、映画を大いに堪能できる!楽しめるサメ映画の金字塔!!(50代)

シャークネード(字幕版)

★『シャーク・ナイト』

怖い?笑える?映画好き女子的サメ映画の魅力特集:『シャーク・ナイト』グラフ
※複数選択可、鑑賞者27名中の割合

<オススメポイント>
■タイトルに疑問を残すものの、登場するサメの種類が多いのは萌えポイント。サメ映画マニアにしたら、最もあるあるポイントを押さえた王道と言える作品。一癖ある登場人物、バカンス、お色気、サメとの死闘、恋愛絡み、復讐。登場人物のバックボーンが練られていて、スプラッターとミステリーの要素があっておもしろかったです。(40代後半)

シャーク・ナイト (字幕版)

★『パニック・マーケット3D』

映画『パニック・マーケット3D』
怖い?笑える?映画好き女子的サメ映画の魅力特集:『パニック・マーケット3D』グラフ
※複数選択可、鑑賞者22名中の割合

<オススメポイント>
■「スーパーに何でサメ?」って思ったけど、おもしろい!(30代後半)
■あり得ない感じが笑いを誘います。コメディ要素が強い。(40代前半)

パニック・マーケット(字幕版)

REVIEW/デート向き映画判定/キッズ&ティーン向き映画判定

サメ映画愛溢れるコメントがたくさん挙がり、どれも納得でした!元々サメ映画好きの方はもちろんですが、これまで苦手だった方も、今回の結果を参考にぜひサメ映画を開拓してみてください。また、今回は大きく分けて「怖い」「笑える」で選択していただきましたが、サメ映画にはそれだけではない魅力もまだまだたくさんあると思います。今後も一緒にサメ映画の魅力を追求していきましょう。

まだまだある!部員オススメ&好きなサメ映画

◆『アクアマン』

映画『アクアマン』

ヒーローものなので、サメは主役ではないものの、いろいろなサメが優雅に活躍していて、サメ映画って恐怖のイメージが多いなか、サメの素敵さが観られ、海が好きになります。(40代後半)

◆『メガ・シャークVSジャイアント・オクトパス』

◆『シャークトパス』

“メガ・シャーク”シリーズが好きです。航空母艦にかみついたら、まるで爪楊枝のように見えていたのが、あまりにもおかしくて大笑いしてしまいました。 あと、“シャークトパス”シリーズです。サメにタコの足が生えていて、歩いたりするのが大笑いでした。サメシリーズは、本当におもしろいものが多いです。(40代後半)

◆『チコと鮫』

ウィンクしてくれるサメが、キュートでした。(50代)

◆『ゴーストシャーク』

人食い鮫が“オバケ=幽霊”となって、どこにでも現れるパニックは笑って楽しめるオススメ映画!バカらしいが私は大好きです!!(50代)

こちらもCHECK!

映画『ディープ・ブルー3』

『ディープ・ブルー3』
2020年10月7日先行デジタル配信開始/10月9日ブルーレイ&DVD発売・レンタル開始
監督:ジョン・ポーグ
出演:タニア・レイモンド/ナサニエル・ブゾリック/エマーソン・ブルックス/蒼れいな

公式サイト

遺伝子操作によって高度な知識を持った極めて危険なサメから誕生した3頭の人食いオオメジロザメが、逃げ場のない海上で襲い掛かるサバイル・アクション。

TEXT by トーキョー女子映画部正式部員&Shamy

Deep Blue Sea 3 © 2020 Warner Bros. EntertainmentInc. All rights reserved.
© 2018 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC., GRAVITY PICTURES FILM PRODUCTION COMPANY, AND APELLES ENTERTAINMENT, INC.
© 47 DOWN LTD 2016, ALL RIGHTS RESERVED
© 2016 Columbia Pictures Industries, Inc. All Rights Reserved.
©2011 Bait Holdings Pty Limited, Screen Australia, Screen Queensland Pty Limited, Media Development Authority of Singapore, Blackmagic Design Films Pte Ltd.
© 2018 Warner Bros. Ent. All Rights Reserved” “TM & © DC Comics”

  • follow us in feedly
  • RSS

新着記事

映画『ビューティフルドリーマー』小川紗良さんインタビュー 『ビューティフルドリーマー』小川紗良さんインタビュー

今回は、女優と映像作家、両方の顔を持つ小川紗良さんにインタビューをさせて頂きました。『ビューティフルドリーマー』では、役柄が映画監督ということで、学生時代から続けている映像作家としての視点などもお話を伺いました。

映画『音響ハウス Melody-Go-Round』 『音響ハウス Melody-Go-Round』3組6名様 全国共通前売券プレゼント

映画『音響ハウス Melody-Go-Round』3組6名様 全国共通前売券プレゼント

映画『ホテルローヤル』波瑠 ホテルローヤル

ラブホテルにも時代の変化はあるのかも知れませんが、一般的なホテルとは違って…

映画『青い、森』清水尋也 青い、森

忽然と姿を消した青年、波(清水尋也)と、彼を探す志村(門下秀太郎)と長岡(田中偉登)…

映画『パピチャ 未来へのランウェイ』リナ・クードリ 「自分らしく、闘う。」学生限定・勝負服デザイン画コンテスト結果発表!『パピチャ 未来へのランウェイ』

『パピチャ 未来へのランウェイ』は、“ファッションデザイナーになる”という夢を胸に、抑圧に抗い、自分達の手で未来を切り拓いていこうと奮闘する主人公ネジュマの物語。この度、この主人公にちなんで、勝負服デザイン画コンテストが実施されました。

映画『博士と狂人』メル・ギブソン メル・ギブソン

1956年1月3日アメリカ、ニューヨーク生まれ。ジョージ・ミラー監督作『マッドマックス』(79)の…

映画『十二単衣を着た悪魔』三吉彩花さんインタビュー 『十二単衣を着た悪魔』三吉彩花さんインタビュー

モデル、女優として大活躍中の三吉彩花さんにインタビューをさせていただきました!『十二単衣を着た悪魔』では、『源氏物語』の世界で恐れられる存在、弘徽殿女御を好演。インタビューのお話からは三吉さんの新たな一面も。

映画『おらおらでひとりいぐも』田中裕子/濱田岳/青木崇高/宮藤官九郎 おらおらでひとりいぐも

独り暮らしをする75歳の桃子の日常と、彼女の中の葛藤を描いた物語…

映画『きみの瞳が問いかけている』やべきょうすけ やべきょうすけ

1973年11月12日生まれ、大阪府出身。主な出演作に『Kids Return キッズ・リターン』『スキヤキ・ウエスタン ジャンゴ』…

映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦/道枝駿佑 461個のおべんとう

父子で暮らすことになった一樹と虹輝が主人公の物語…

おすすめ記事

映画『パピチャ 未来へのランウェイ』リナ・クードリ/シリン・ブティラほか 女子として、夢を追う者として共感!『パピチャ 未来へのランウェイ』座談会リポート

今回本作にちなんで、ネジュマと同世代の女性に集まって頂き、オンライン座談会を行いました…

映画『ディープ・ブルー3』 怖い?笑える?映画好き女子的サメ映画の魅力特集

サメ映画の魅力を再発見するべく、編集部独断でサメ映画の代表作を選抜し、各作品の魅力やオススメポイントについて部員の皆さんに聞いてみました!

映画『プラダを着た悪魔』アン・ハサウェイ/メリル・ストリープ あの名作をリメイクするとしたら、誰をキャスティングする?『プラダを着た悪魔』

「勝手にキャスティング企画!」第4回は『プラダを着た悪魔』。リメイクするとしたら、アン・ハサウェイが演じたアンドレア・サックス(=アンディ)、メリル・ストリープが演じたミランダ・プリーストリーを、誰が演じるのが良いか、考えて頂きました!

映画『オフィシャル・シークレット』マット・スミス/マシュー・グード ジャーナリズムの意義を問う映画特集

現代は情報に溢れており、不確かなニュースを判別することも難しくなってきました。でも、誰も正しい情報を伝えようとする努力をしなくなった時、世界はどうなって…

【恋のまち パリvsニューヨーク】特集イメージ:エッフェル塔&自由の女神 【恋のまち パリvsニューヨーク】特集

多くの恋愛映画の舞台となっているパリとニューヨーク。今回はそれぞれが舞台となっている恋愛映画の中で、どの作品が好きか投票を行い、ランキングと総合結果を出しました。パリvsニューヨークの結果はいかに!?

映画『劇場版おっさんずラブ ~LOVE or DEAD~』志尊淳 新世代スター期待度ランキング2020

毎年多くの若手俳優の中から新たなスターが誕生しますが、今回はこれからさらに人気が上昇しそうな俳優について、トーキョー女子映画部が独断で選出し、皆さんに投票して頂きました。

親子イメージ写真 皆様へ感謝!10周年記念特集:みんなの映画好きルーツ

トーキョー女子映画部10周年記念特集第2弾!トーキョー女子映画部には多くの映画好き女子が集まっていますが、皆さん何をきっかけに映画を好きになったのでしょうか?今回は皆さんが映画好きになったルーツについて聞いてみました。

トーキョー女子映画部主宰:マイソン アバターイラスト10周年 皆様へ感謝!10周年記念特集:トーキョー女子映画部のまだまだ短い歴史

2020年7月で、トーキョー女子映画部は開設10周年を迎えました!ここまで続けてこられたのも皆さんのおかげです。本当に、本当にありがとうございます!他の多くの企業やWEBサイトに比べれば、10年なんてまだまだ若いですが、超マイペースでちゃらんぽらんな私からすると「10年ももった!」というのが本音です(笑)。そんなトーキョー女子映画部ですが、今回はこの機会にこの10年を振り返らせて頂きます。

映画『メン・イン・ブラック3』ウィル・スミス 楽しい妄想シリーズ:1日あの人になってみたい!〜コメディ俳優編〜

楽しい妄想シリーズ「1日あの人になってみたい!」企画第2弾!今回は“コメディ俳優編”です。皆さんがもし1日だけコメディ俳優になって映画に出られるとしたら、誰になってみたいですか?今回も楽しく妄想して頂きました!

映画『レヴェナント:蘇えりし者』レオナルド・ディカプリオ イイ男セレクションランキング2020<海外40代俳優 総合ランキング>

今回はついに総合ランキングを発表!各部門で接戦を繰り広げた海外40代俳優ですが、総合ランキングはどんな結果になったのでしょうか?

REVIEW

  1. 映画『ホテルローヤル』波瑠
  2. 映画『青い、森』清水尋也
    青い、森

  3. 映画『おらおらでひとりいぐも』田中裕子/濱田岳/青木崇高/宮藤官九郎
  4. 映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦/道枝駿佑
  5. 映画『PLAY 25年分のラストシーン』マックス・ブーブリル
  6. 映画『ザ・ハント』ベティ・ギルピン
    ザ・ハント

  7. 映画『パピチャ 未来へのランウェイ』リナ・クードリ
  8. 映画『罪の声』小栗旬/星野源
    罪の声

  9. 映画『とんかつDJアゲ太郎』北村匠海/山本舞香/伊藤健太郎
  10. 映画『キーパー ある兵士の奇跡』デヴィッド・クロス/フレイア・メーバー

部活・イベント

  1. 映画『パピチャ 未来へのランウェイ』リナ・クードリ/シリン・ブティラほか
  2. トーキョー女子映画部主宰:マイソン アバターイラスト10周年
  3. 映画『スキャンダル』シャーリーズ・セロン/ニコール・キッドマン/マーゴット・ロビー
  4. 海外ドラマ『SUITS︓ジェシカ・ピアソン』ジーナ・トーレス/モーガン・スペクター/シャンテル・ライリー/ベサニー・ジョイ・レンツ/サイモン・カシアニデス/ウェイン・デュヴァル
  5. 映画『ダウントン・アビー』ヒュー・ボネヴィル/エリザベス・マクガヴァーン/マギー・スミス/ミシェル・ドッカリー/ローラ・カーマイケル/アレン・リーチ/ブレンダン・コイル/ジョアン・フロガット/ロブ・ジェームス=コリアー/レスリー・ニコル/ソフィー・マックシェラ/マシュー・グード/ジム・カーター/イメルダ・スタウントン
PAGE TOP