アンケート特集

洋画あるある「ツッコミどころ編」

  • follow us in feedly
  • RSS
映画『スケアリーストーリーズ 怖い本』オースティン・ザユル

映画を観ていると、「何でやねん!」とツッコミを入れたくなるような、お約束と感じる設定に出くわすことがありますよね。そこで今回は、どれくらい皆さんがそう思って観ているのか調査しました!文化の違いもあるので、今回は欧米の映画についてお聞きしました。

アンケート回答人数:10代以上の女性472名

Q1:ホラー映画で、あなたが最も「あるある!」と思う設定は?

洋画あるあるをどう思う?「ツッコミどころ編」Q1

★その他のホラー映画あるある!
■何人かで逃げている時に誰か1人は転ぶ。(10代後半)
■「危険、入るな」と表示されているのに、入っていく。(20代前半)
■隠れている時に、一度は通り過ぎてバレなかったとホッとしたタイミングで襲われる。(20代後半)
■急いで逃げないといけないのに感動的な会話とかをしている。(20代後半)
■昼間にすればいいのに、夜になってから危険な建物に行ったり、行動を起こしたりする。(30代前半)
■1人になるのは危険だと言っているのに1人で行動して死ぬ、話を聞かない奴がいる。(30代後半)
■どう見ても可愛いとはいえない容姿の不吉な人形を迎え入れる(アナベルやチャッキーなど)。(40代前半)
■そこは開けたら絶対に何かがいるでしょというところを開けちゃう。(50代)
■必ず携帯を無くすか、 バッテリー切れで助けを呼べない。(50代)

「逃げている時に誰かが転ぶ」「逃げるべき時に感動的な会話」のコメントは複数挙がっていました。ホラー映画の場合、「危なそうなところに入っちゃう」とか「いかにも怪しい奴がいる!」など、お決まりな設定も多いですが、そういうお決まりがあるからこそハラハラドキドキ感が増して楽しめるのも事実ですよね。

Q2:アクション映画で、あなたが最も「あるある!」と思える設定は?

洋画あるあるをどう思う?「ツッコミどころ編」Q2

★その他のアクション映画あるある!
■潜入中に携帯電話の音が鳴って見つかり、絶対絶命のピンチを迎える。(20代前半)
■怪我の回復力が尋常じゃなく早い。一般人にめちゃくちゃ被害を出している。交通事故、家崩壊は当たり前。(20代後半)
■銃が全然弾切れしない。でも都合の良いところで弾切れする。(20代後半)
■絶対当たるよねって数の銃弾が当たらない。(30代前半)
■倒した相手の武器を取ればいいのに、素手で戦い続ける。(30代後半)
■マンションの外階段から落ちたら、必ず下にダストボックスがあって助かる。普通の人なのに、小さな銃でも当たる。回し蹴りが頭にヒットする。(40代前半)
■主人公を含めて皆車の運転がかなり上手い。主人公は絶対に死なない。(40代前半)
■都合の良いタイミングで車に乗れたり、武器がある。ギリギリで爆破を逃れる。(40代後半)
■主人公の長いセリフが終わるまで、敵が攻撃してこない。(40代後半)
■アメコミとか超能力があって飛べるのに飛ばないとか、肝心なところで能力を使わない。(40代後半)
■崖などから落下したと見せて、落ちずにしがみつくか這い上がってくる。(60代)

Q3:SF映画で、あなたが最も「あるある!」と思う設定を選んでください。

洋画あるあるをどう思う?「ツッコミどころ編」Q3

★その他のSF映画あるある!
■宇宙人の武器はハイテクな割に意外と使い勝手が悪い。(20代後半)
■不時着した先の気候に対応し過ぎ。暑いとか寒いとか、空気濃度とか絶対合わないだろうと思います。(30代前半)
■簡単に惑星ごとミサイルで爆破しちゃう。 (30代後半)
■なぜか地球人と同じ価値観を持っている異星人。(30代後半)
■違う星の生き物でも地球上の食事が口に合う。最大のピンチで人民軍が助けに来る。時間の流れが違いそうなものの年の取り方が同じ 。(40代前半)
■異常な事態を受け入れるのが早い。(40代前半)
■人が住める惑星に行ってるのかも知れないが、それにしても普通に息ができる惑星に人間が降り立つことが多い。宇宙の食べ物が地球に似ていて、人間が食べてもお腹を壊さない。(40代前半)
■ゴタゴタがあって、必ず1人くらいは宇宙船の外に放り出される。(40代後半)
■コンピュータの種類もプログラムも違うはずなのに、なぜか交信できる。(50代)

アクションやSFでの「あるある」シーンは、あまりに派手だとついクスッと笑ってしまうこともありますが、緊張感あるシーンで「あるある」が登場すると、ちょっと安心することもあるので、お決まりだとわかっていてもやっぱり「あるある」シーン必要だなと思います。

Q4:洋画あるあるな設定を観た時のあなたの心情に近いものは?

洋画あるあるをどう思う?「ツッコミどころ編」Q4

「割り切っているので、気にならない」が6割以上という結果に!映画の世界観に没頭して何も気にせず観たり、逆に敢えてツッコミどころを見つけながら楽しんだり、作品ごとにご自身のスタンスを変えながら観るとより映画鑑賞が楽しくなるのかも知れませんね。今後もさまざまな作品でツッコミどころを発見することがあると思いますが、ぜひそんなあるあるポイントも含めてその作品を愛し、存分に楽しんでください!

★ツッコミながら楽しめる編集部オススメ作品

映画『スケアリーストーリーズ 怖い本』ゾーイ・コレッティ

■『スケアリーストーリーズ 怖い本
2020年2月28日より全国公開
公式サイト REVIEW/デート向き映画判定/キッズ&ティーン向き映画判定

©2020 CBS FILMS INC. ALL RIGHTS

■『96時間』
ブルーレイ&DVD好評レンタル、発売、デジタル配信中

96時間 (字幕版)

■『MEG ザ・モンスター』
ブルーレイ&DVD好評レンタル、発売、デジタル配信中
REVIEW/デート向き映画判定/キッズ&ティーン向き映画判定

MEG ザ・モンスター(字幕版)

■『アナベル 死霊館の人形』
ブルーレイ&DVD好評レンタル、発売、デジタル配信中
REVIEW/デート向き映画判定/キッズ&ティーン向き映画判定

アナベル 死霊館の人形(字幕版)

『メン・イン・ブラック』
ブルーレイ&DVD好評レンタル、発売、デジタル配信中

メン・イン・ブラック (字幕版)

『バイオハザード』
ブルーレイ&DVD好評レンタル、発売、デジタル配信中

バイオハザード (字幕版)

『ノウイング』
ブルーレイ&DVD好評レンタル、発売、デジタル配信中

ノウイング [Blu-ray]

■『エンド・オブ・ホワイトハウス』
ブルーレイ&DVD好評レンタル、発売、デジタル配信中
REVIEW/デート向き映画判定/キッズ&ティーン向き映画判定

エンド・オブ・ホワイトハウス(字幕版)

■『パーフェクト・プラン』
ブルーレイ&DVD好評レンタル、発売、デジタル配信中
REVIEW/デート向き映画判定/キッズ&ティーン向き映画判定

パーフェクト・プラン(字幕版)

■『インシディアス』
ブルーレイ&DVD好評レンタル、発売、デジタル配信中
REVIEW/デート向き映画判定/キッズ&ティーン向き映画判定

インシディアス (字幕版)

■『LUCY/ルーシー』
ブルーレイ&DVD好評レンタル、発売、デジタル配信中
REVIEW/デート向き映画判定/キッズ&ティーン向き映画判定

LUCY/ルーシー (字幕版)

■『チャッピー』
ブルーレイ&DVD好評レンタル、発売、デジタル配信中
REVIEW/デート向き映画判定/キッズ&ティーン向き映画判定

チャッピー CHAPPIE (字幕版)

■『ヴィジット』
ブルーレイ&DVD好評レンタル、発売、デジタル配信中
REVIEW/デート向き映画判定/キッズ&ティーン向き映画判定

ヴィジット (字幕版)

■『チャイルド・プレイ』(2019年版)
ブルーレイ&DVD好評レンタル、発売、デジタル配信中
REVIEW/デート向き映画判定/キッズ&ティーン向き映画判定

チャイルド・プレイ(字幕版)

■『サイン』
ブルーレイ&DVD好評レンタル、発売、デジタル配信中

■『マーズ・アタック』
ブルーレイ&DVD好評レンタル、発売、デジタル配信中

マーズ・アタック! (字幕版)

TEXT by トーキョー女子映画部正式部員&Shamy

  • follow us in feedly
  • RSS

新着記事

映画『ブックセラーズ』 ブックセラーズ

文化的な歴史のなかで、本には長い歴史があります。今では…

映画『モンスターハンター』ミラ・ジョヴォヴィッチ ミラ・ジョヴォヴィッチ

1975年12月17日、ウクライナ・ソビエト社会主義共和国生まれ。1998年に『トゥー・ムーン』で…

映画『グランパ・ウォーズ おじいちゃんと僕の宣戦布告』ロバート・デ・ニーロ/オークス・フェグリー グランパ・ウォーズ おじいちゃんと僕の宣戦布告

本作は、とある事情で娘一家の家に移り住むことになったおじいちゃん(ロバート・デ・ニーロ)と、おじいちゃんに部屋を取られ…

映画『スプリー』ジョー・キーリー スプリー

SNSでバズろうと躍起になり、我を失う若者を描いた本作は、サンダンス映画祭で話題を呼び、全米では33館という小規模の公開ながら…

映画『すばらしき世界』六角精児 六角精児(ろっかく せいじ)

1962年6月24日生まれ。兵庫県出身。1982年に劇団”善人会議(現・扉座)”の旗揚げに参加し、…

Netflix映画『彼女』インタビュー:廣木隆一監督&さとうほなみさん Netflix映画『彼女』廣木隆一監督、さとうほなみさんインタビュー

Netflix映画『彼女』の廣木隆一監督、さとうほなみさんにインタビュー。監督、主演の立場から、本作の魅力をいろいろと語っていただきました。お2人の楽しい掛け合いから、撮影現場でも和気あいあいとされていたのかなというのが伝わってきました。

映画『SNS-少女たちの10日間-』 SNS-少女たちの10日間-

SNSが普及した昨今、ネット上で子ども達が危険な目に遭っていることが問題視されています。これは…

映画『るろうに剣心 最終章 The Beginning』安藤政信 安藤政信(あんどう まさのぶ)

1975年5月19日、神奈川県生まれ。1996年、北野武監督&脚本作…

映画『るろうに剣心 最終章 The Final/The Beginning』佐藤健/武井咲/新田真剣佑/青木崇高/蒼井優/有村架純/江口洋介 るろうに剣心 最終章 The Final

大人気の本シリーズもいよいよ最終章です。本作は最終章2部作のうちの1作目。物語は…

映画『トムとジェリー』クロエ・グレース・モレッツ クロエ・グレース・モレッツ

1997年2月10日アメリカ生まれ。現在、カリフォルニア州ロサンゼルスに在住。2010年『キック・アス』で…

部活・イベント

  1. 映画『まともじゃないのは君も一緒』成田凌/清原果耶
  2. 映画『映画 えんとつ町のプペル』原作:西野亮廣
  3. 映画『パピチャ 未来へのランウェイ』リナ・クードリ/シリン・ブティラほか
  4. トーキョー女子映画部主宰:マイソン アバターイラスト10周年
  5. 映画『スキャンダル』シャーリーズ・セロン/ニコール・キッドマン/マーゴット・ロビー

おすすめ記事

映画『バック・トゥ・ザ・フューチャー』マイケル・J・フォックス/クリストファー・ロイド 映画好きとして観ておきたい映画ランキング:シリーズもの“洋画SF&ファンタジー&アドベンチャー編”

映画好き女子がシリーズ作品をどれくらい観ているのかという観点から、映画好きとして観ておきたい作品を検証。今回は、洋画のシリーズもので、SF、ファンタジー、アドベンチャー作品についてアンケートを実施し、ランキングを出しました。

映画『君の名は。』 【今さら観てないなんて言いづらい映画】映画好き女子の鑑賞実態調査

記録的な興行収入を叩き出した作品の中には社会的に大きなムーブメントを起こした作品もありますが、今回は映画好き女子がそういった作品をどのくらい観ているのか部員の皆さんに聞いてみました。

映画『まともじゃないのは君も一緒』成田凌/清原果耶 『まともじゃないのは君も一緒』を観た女子が到達した“まともな恋愛”の定義とは?

“普通(まとも)”がわからない予備校講師と、“普通”をわかったつもりの女子高生が、普通の恋愛とはどんなものかを探求していく『まともじゃないのは君も一緒』。本作を観ると答えに辿り着けるのか、映画好き女子の皆さんと座談会を行いました。「私だったら、あの選択はしない」「私も彼女と同じようにするかも」など、いろいろな意見、解釈が飛び交いました!

映画『レ・ミゼラブル』ヒュー・ジャックマン 映画好き女子が“もう一度、映画館で観たい”映画特集2:音楽&ラブロマンス編

今回は、音楽&ラブロマンス編です。音楽にまつわる伝記映画やミュージカル作品、そして思わず胸がキュンとしてしまう恋愛映画はたくさんありますが、部員の皆さんがスクリーンで堪能したい作品としてどんな映画が挙がったのでしょうか?

映画『1917 命をかけた伝令』ジョージ・マッケイ 映画好き女子が“もう一度、映画館で観たい”映画特集1:アクション&コメディ編

今回は、部員の皆さんにデジタル配信やDVDでも観られるけれど、やっぱり映画館で観るのが1番と思える作品を聞いてみました。まずはアクション&コメディ編をご紹介。

映画『美女と野獣』エマ・ワトソン 女子も惚れてしまう恋愛ヒロイン女優:海外編

映画には数々の恋愛ヒロインが登場しますが、中には同性目線でも惚れてしまうほど素敵なヒロインがたくさんいます。今回は、編集部独断で恋愛ヒロインを演じてきたハリウッド女優30名を選抜し、正式部員の皆さんに投票いただきました。

映画『WAR ウォー!!』リティク・ローシャン/タイガー・シュロフ 過小評価されていると思う映画特集:アクション&コメディ編

今回は皆さんが過小評価されていると感じる映画アクション&コメディ編をご紹介!

映画『2分の1の魔法』 トーキョー女子映画部が選ぶ 2020年ベスト5

年末恒例、編集部マイソンとシャミが独断で選ぶ【2020年ベスト5】を発表!

映画『映画 えんとつ町のプペル』原作:西野亮廣 映画好き女子のオススメ度はいかに?『映画 えんとつ町のプペル』部活リポート

映画好きの女子は本作をどう評価したのでしょうか?

映画『去年の冬、きみと別れ』岩田剛典、斎藤工 過小評価されていると思う映画特集:サスペンス&スリラー編

今回は、皆さんが過小評価されていると感じる映画サスペンス&スリラー編をご紹介します。前回のヒューマンドラマ編でもたくさんの作品についてコメントが寄せられましたが、今回はどんな作品が挙がっているのか、コメントにも注目です!

REVIEW

  1. 映画『ブックセラーズ』
  2. 映画『グランパ・ウォーズ おじいちゃんと僕の宣戦布告』ロバート・デ・ニーロ/オークス・フェグリー
  3. 映画『スプリー』ジョー・キーリー
    スプリー

  4. 映画『SNS-少女たちの10日間-』
  5. 映画『るろうに剣心 最終章 The Final/The Beginning』佐藤健/武井咲/新田真剣佑/青木崇高/蒼井優/有村架純/江口洋介
  6. Netflix映画『マ・レイニーのブラックボトム』ヴィオラ・デイヴィス/
  7. Netflix映画『私というパズル』ヴァネッサ・カービー/シャイア・ラブーフ
  8. 映画『AVA/エヴァ』ジェシカ・チャステイン
    AVA/エヴァ

  9. Netflix映画『彼女』水原希子/さとうほなみ
    彼女

  10. 映画『約束の宇宙』エヴァ・グリーン
    約束の宇宙

PAGE TOP