アンケート特集

洋画あるある「ツッコミどころ編」

  • follow us in feedly
  • RSS
映画『スケアリーストーリーズ 怖い本』オースティン・ザユル

映画を観ていると、「何でやねん!」とツッコミを入れたくなるような、お約束と感じる設定に出くわすことがありますよね。そこで今回は、どれくらい皆さんがそう思って観ているのか調査しました!文化の違いもあるので、今回は欧米の映画についてお聞きしました。

アンケート回答人数:10代以上の女性472名

Q1:ホラー映画で、あなたが最も「あるある!」と思う設定は?

洋画あるあるをどう思う?「ツッコミどころ編」Q1

★その他のホラー映画あるある!
■何人かで逃げている時に誰か1人は転ぶ。(10代後半)
■「危険、入るな」と表示されているのに、入っていく。(20代前半)
■隠れている時に、一度は通り過ぎてバレなかったとホッとしたタイミングで襲われる。(20代後半)
■急いで逃げないといけないのに感動的な会話とかをしている。(20代後半)
■昼間にすればいいのに、夜になってから危険な建物に行ったり、行動を起こしたりする。(30代前半)
■1人になるのは危険だと言っているのに1人で行動して死ぬ、話を聞かない奴がいる。(30代後半)
■どう見ても可愛いとはいえない容姿の不吉な人形を迎え入れる(アナベルやチャッキーなど)。(40代前半)
■そこは開けたら絶対に何かがいるでしょというところを開けちゃう。(50代)
■必ず携帯を無くすか、 バッテリー切れで助けを呼べない。(50代)

「逃げている時に誰かが転ぶ」「逃げるべき時に感動的な会話」のコメントは複数挙がっていました。ホラー映画の場合、「危なそうなところに入っちゃう」とか「いかにも怪しい奴がいる!」など、お決まりな設定も多いですが、そういうお決まりがあるからこそハラハラドキドキ感が増して楽しめるのも事実ですよね。

Q2:アクション映画で、あなたが最も「あるある!」と思える設定は?

洋画あるあるをどう思う?「ツッコミどころ編」Q2

★その他のアクション映画あるある!
■潜入中に携帯電話の音が鳴って見つかり、絶対絶命のピンチを迎える。(20代前半)
■怪我の回復力が尋常じゃなく早い。一般人にめちゃくちゃ被害を出している。交通事故、家崩壊は当たり前。(20代後半)
■銃が全然弾切れしない。でも都合の良いところで弾切れする。(20代後半)
■絶対当たるよねって数の銃弾が当たらない。(30代前半)
■倒した相手の武器を取ればいいのに、素手で戦い続ける。(30代後半)
■マンションの外階段から落ちたら、必ず下にダストボックスがあって助かる。普通の人なのに、小さな銃でも当たる。回し蹴りが頭にヒットする。(40代前半)
■主人公を含めて皆車の運転がかなり上手い。主人公は絶対に死なない。(40代前半)
■都合の良いタイミングで車に乗れたり、武器がある。ギリギリで爆破を逃れる。(40代後半)
■主人公の長いセリフが終わるまで、敵が攻撃してこない。(40代後半)
■アメコミとか超能力があって飛べるのに飛ばないとか、肝心なところで能力を使わない。(40代後半)
■崖などから落下したと見せて、落ちずにしがみつくか這い上がってくる。(60代)

Q3:SF映画で、あなたが最も「あるある!」と思う設定を選んでください。

洋画あるあるをどう思う?「ツッコミどころ編」Q3

★その他のSF映画あるある!
■宇宙人の武器はハイテクな割に意外と使い勝手が悪い。(20代後半)
■不時着した先の気候に対応し過ぎ。暑いとか寒いとか、空気濃度とか絶対合わないだろうと思います。(30代前半)
■簡単に惑星ごとミサイルで爆破しちゃう。 (30代後半)
■なぜか地球人と同じ価値観を持っている異星人。(30代後半)
■違う星の生き物でも地球上の食事が口に合う。最大のピンチで人民軍が助けに来る。時間の流れが違いそうなものの年の取り方が同じ 。(40代前半)
■異常な事態を受け入れるのが早い。(40代前半)
■人が住める惑星に行ってるのかも知れないが、それにしても普通に息ができる惑星に人間が降り立つことが多い。宇宙の食べ物が地球に似ていて、人間が食べてもお腹を壊さない。(40代前半)
■ゴタゴタがあって、必ず1人くらいは宇宙船の外に放り出される。(40代後半)
■コンピュータの種類もプログラムも違うはずなのに、なぜか交信できる。(50代)

アクションやSFでの「あるある」シーンは、あまりに派手だとついクスッと笑ってしまうこともありますが、緊張感あるシーンで「あるある」が登場すると、ちょっと安心することもあるので、お決まりだとわかっていてもやっぱり「あるある」シーン必要だなと思います。

Q4:洋画あるあるな設定を観た時のあなたの心情に近いものは?

洋画あるあるをどう思う?「ツッコミどころ編」Q4

「割り切っているので、気にならない」が6割以上という結果に!映画の世界観に没頭して何も気にせず観たり、逆に敢えてツッコミどころを見つけながら楽しんだり、作品ごとにご自身のスタンスを変えながら観るとより映画鑑賞が楽しくなるのかも知れませんね。今後もさまざまな作品でツッコミどころを発見することがあると思いますが、ぜひそんなあるあるポイントも含めてその作品を愛し、存分に楽しんでください!

★ツッコミながら楽しめる編集部オススメ作品

映画『スケアリーストーリーズ 怖い本』ゾーイ・コレッティ

■『スケアリーストーリーズ 怖い本
2020年2月28日より全国公開
公式サイト REVIEW/デート向き映画判定/キッズ&ティーン向き映画判定

©2020 CBS FILMS INC. ALL RIGHTS

■『96時間』
ブルーレイ&DVD好評レンタル、発売、デジタル配信中

96時間 (字幕版)

■『MEG ザ・モンスター』
ブルーレイ&DVD好評レンタル、発売、デジタル配信中
REVIEW/デート向き映画判定/キッズ&ティーン向き映画判定

MEG ザ・モンスター(字幕版)

■『アナベル 死霊館の人形』
ブルーレイ&DVD好評レンタル、発売、デジタル配信中
REVIEW/デート向き映画判定/キッズ&ティーン向き映画判定

アナベル 死霊館の人形(字幕版)

『メン・イン・ブラック』
ブルーレイ&DVD好評レンタル、発売、デジタル配信中

メン・イン・ブラック (字幕版)

『バイオハザード』
ブルーレイ&DVD好評レンタル、発売、デジタル配信中

バイオハザード (字幕版)

『ノウイング』
ブルーレイ&DVD好評レンタル、発売、デジタル配信中

ノウイング [Blu-ray]

■『エンド・オブ・ホワイトハウス』
ブルーレイ&DVD好評レンタル、発売、デジタル配信中
REVIEW/デート向き映画判定/キッズ&ティーン向き映画判定

エンド・オブ・ホワイトハウス(字幕版)

■『パーフェクト・プラン』
ブルーレイ&DVD好評レンタル、発売、デジタル配信中
REVIEW/デート向き映画判定/キッズ&ティーン向き映画判定

パーフェクト・プラン(字幕版)

■『インシディアス』
ブルーレイ&DVD好評レンタル、発売、デジタル配信中
REVIEW/デート向き映画判定/キッズ&ティーン向き映画判定

インシディアス (字幕版)

■『LUCY/ルーシー』
ブルーレイ&DVD好評レンタル、発売、デジタル配信中
REVIEW/デート向き映画判定/キッズ&ティーン向き映画判定

LUCY/ルーシー (字幕版)

■『チャッピー』
ブルーレイ&DVD好評レンタル、発売、デジタル配信中
REVIEW/デート向き映画判定/キッズ&ティーン向き映画判定

チャッピー CHAPPIE (字幕版)

■『ヴィジット』
ブルーレイ&DVD好評レンタル、発売、デジタル配信中
REVIEW/デート向き映画判定/キッズ&ティーン向き映画判定

ヴィジット (字幕版)

■『チャイルド・プレイ』(2019年版)
ブルーレイ&DVD好評レンタル、発売、デジタル配信中
REVIEW/デート向き映画判定/キッズ&ティーン向き映画判定

チャイルド・プレイ(字幕版)

■『サイン』
ブルーレイ&DVD好評レンタル、発売、デジタル配信中

■『マーズ・アタック』
ブルーレイ&DVD好評レンタル、発売、デジタル配信中

マーズ・アタック! (字幕版)

TEXT by トーキョー女子映画部正式部員&Shamy

  • follow us in feedly
  • RSS

新着記事

映画『おとなの事情』 参加者募集!皆の意見を聞きながら観たい『おとなの事情』でMOPIE PARK実施

トーキョー女子映画部が提案する、映画を介した新しいコミュニケーション企画MOPIE PARK。今回はイタリア版『おとなの事情』で実施します。

映画『ディア・エヴァン・ハンセン』第46回トロント国際映画祭、ベン・プラット/ジュリアン・ムーア/アマンドラ・ステンバーグ/ニック・ドダニ/ダニー・ピノ/コルトン・ライアン 映画『ディア・エヴァン・ハンセン』ベン・プラットをはじめ豪華キャスト&スタッフが第46回トロント国際映画祭に登場!

11月26日より全国公開となる映画『ディア・エヴァン・ハンセン』。先日行われた第46回トロント国際映画祭で、本作がオープニング作品として上映され、レッドカーペットにベン・プラット、ジュリアン・ムーア、アマンドラ・ステンバーグ、スティーヴン・チョボスキー監督ら豪華キャスト&スタッフが集結しました。

映画『護られなかった者たちへ』佐藤健/阿部寛 護られなかった者たちへ

通常なら、連続“餓死”殺人事件というキーワードからサイコキラーなどが登場するのかなとイメージしてしまいますが…

映画『リスタート』SWAY(DOBERMAN INFINITY/劇団EXILE) SWAY(すうぇい)

1986年6月9日北海道、札幌市出身。2002年にラッパーとして活動開始。その後、2012年に劇団EXILEに加入し…

Huluオリジナルドラマ『死神さん』前田敦子さんインタビュー Huluオリジナル『死神さん』前田敦子さんインタビュー

冤罪事件を再捜査するクセモノ刑事(田中圭)が活躍する本作で、主人公を支える警察官を演じた前田敦子さんにインタビューをさせていただきました。アイドル時代と今についてのお話や、演技のために普段やっていることなどをお聞きしました。

映画『ザ・スーサイド・スクワッド “極“悪党、集結』ジョエル・キナマン ジョエル・キナマン

1979年11月25日スウェーデン、ストックホルム生まれ。アメリカとスウェーデンの国籍を持つ。2011年より…

映画『空白』寺島しのぶさんインタビュー 『空白』寺島しのぶさんインタビュー

今回は日本を代表する演技派俳優、寺島しのぶさんにインタビューをさせていただきました。今回出演されている『空白』でも印象に残るキャラクターを演じている寺島さんに、普段役作りのためにやっていること、普段映画を観る時に目がいくところなどをお聞きしました。

映画『素晴らしき、きのこの世界』ポール・スタメッツ 素晴らしき、きのこの世界

本作は、ナショナルジオグラフィックやディズニーネイチャーのドキュメンタリー作品を手掛けた映像作家の…

映画『明日の食卓』菅野美穂 菅野美穂(かんの みほ)

1977年8月22日生まれ。1993年、ドラマ『ツインズ教師』の生徒役で俳優デビュー。1995年…

映画『整形水』 整形水

いろいろな意味で思った以上に強烈な映画です!アニメーションなので…

部活・イベント

  1. 映画『おとなの事情』
  2. Pixabayによる写真:3人女性おしゃべりイメージ
  3. MOPIE PARK(ムーピー・パーク)zoom開催イメージ
  4. 映画『映画 太陽の子』柳楽優弥/有村架純/三浦春馬
  5. 映画『まともじゃないのは君も一緒』成田凌/清原果耶

おすすめ記事

映画『おとなの事情』 参加者募集!皆の意見を聞きながら観たい『おとなの事情』でMOPIE PARK実施

トーキョー女子映画部が提案する、映画を介した新しいコミュニケーション企画MOPIE PARK。今回はイタリア版『おとなの事情』で実施します。

Pixabayによる写真:3人女性おしゃべりイメージ 好きな★☆を語ろう!トーキョー女子映画部“交流会”参加者募集

この度、皆さんからのご要望が多かった“交流会”を開催することにしました。この“交流会”は作品鑑賞はせずに自由に会話していただく機会として実施します。

映画『ブライズ・スピリット〜夫をシェアしたくはありません!』ダン・スティーヴンス/レスリー・マン/アイラ・フィッシャー 好きな人が付き合っていた人ってどんな存在?『ブライズ・スピリット〜夫をシェアしたくはありません!』アンケート特集

驚異の2000回上演を果たしたノエル・カワードの名作戯曲「陽気な幽霊」を原案とし、『ダウントン・アビー』のスタッフとキャストが作った本作。今回は副題にある「夫をシェアしたくはありません!」というテーマにそったアンケートを実施し、映画好きの皆さんの本音を調査しました。

映画『真夜中の五分前』三浦春馬/リウ・シーシー(中国) 映画好き女子が“もう一度、映画館で観たい”映画特集4:ドラマ、サスペンス、ホラー編

本特集はついに最終回!今回は、ドラマ、サスペンス、ホラー編を紹介します。

映画『映画 太陽の子』柳楽優弥/有村架純/三浦春馬 今の私達と変わらない若者達の本音に共感『映画 太陽の子』部活リポート

今回は、太平洋戦争末期に行われていたとされる“F研究”と呼ばれる日本の原爆開発の事実を基に、その研究に関わった若者達やその家族達の葛藤を描いた青春群像劇『映画 太陽の子』を観て、座談会を行いました。当時の若者達がどんなことを思っていたのか、本心はどうだったのかと想像しながら、自分達ならどうしていたか、いろいろな視点で語っていただきました。

映画『ナイト ミュージアム/エジプト王の秘密』ベン・スティラー/ロビン・ウィリアムズ/ベン・キングズレー他 映画好きとして観ておきたい映画ランキング:シリーズもの“洋画恋愛、コメディ、ドラマ、クライム編”

今回は、編集部独断で選抜した洋画シリーズ、恋愛、コメディ、ドラマ、クライム編(アニメーションを除く)についてアンケートを実施し、ランキングを出しました。映画好き女子による思い入れあるコメントにも注目です!

映画『レイダース失われたアーク《聖櫃》』ハリソン・フォード あの名作をリメイクするとしたら、誰をキャスティングする?『インディ・ジョーンズ』

「勝手にキャスティング企画!」第5弾は、『インディ・ジョーンズ』。ハリソン・フォードが演じたインディ・ジョーンズ役、ショーン・コネリーが演じたヘンリー・ジョーンズ(インディの父親)役を新たに演じるとしたら誰が良いか挙げていただきました。

映画『IT/イット THE END “それ”が見えたら、終わり。』ビル・スカルスガルド 映画好きとして観ておきたい映画ランキング:シリーズもの“洋画ホラー、スリラー、サスペンス、ダークファンタジー編”

今回は、編集部独断で選抜した洋画シリーズ、ホラー、スリラー、サスペンス、ダークファンタジーについてアンケートを実施し、ランキングを出しました。ぜひ参考にしてみてください!

映画『インターステラー』マシュー・マコノヒー 映画好き女子が“もう一度、映画館で観たい”映画特集3:SF&ファンタジー編

今回は、SF&ファンタジー編!迫力あるシーンや美しい映像がたくさん登場するSF&ファンタジー作品ですが、今回はどんな作品が挙がったのでしょうか?

映画『ミッション:インポッシブル/ゴースト・プロトコル』トム・クルーズ 映画好きとして観ておきたい映画ランキング:シリーズもの“洋画アクション編”

今回は、編集部独断で選抜した洋画シリーズアクション編(アニメーションを除く)についてアンケートを実施し、ランキングを出しました。

REVIEW

  1. 映画『護られなかった者たちへ』佐藤健/阿部寛
  2. 映画『素晴らしき、きのこの世界』ポール・スタメッツ
  3. 映画『整形水』
    整形水

  4. 映画『マイ・ダディ』ムロツヨシ/中田乃愛
    マイ・ダディ

  5. 映画『総理の夫』田中圭/中谷美紀
    総理の夫

  6. 映画『空白』古田新太/松坂桃李
    空白

  7. 映画『クーリエ:最高機密の運び屋』ベネディクト・カンバーバッチ/メラーブ・ニニッゼ
  8. 映画『MINAMATA―ミナマター』ジョニー・デップ
  9. 映画『スイング・ステート』スティーヴ・カレル
  10. 映画『アイダよ、何処へ?』ヤスナ・ジュリチッチ
PAGE TOP