イイ俳優セレクション

クリント・イーストウッド

  • follow us in feedly
  • RSS
映画『クライ・マッチョ』クリント・イーストウッド

1930年5月31日アメリカ生まれ。尊敬されるフィルムメーカーであり俳優でもある。『荒野の用心棒』『夕陽のガンマン』『続・夕陽のガンマン/地獄の決斗』『奴らを高く吊るせ!』『真昼の死闘』といった伝説の西部劇に出演し、俳優として世界的に有名になった。そして1971年、『恐怖のメロディ』で監督デビューを果たして主演も兼ねた後、『荒野のストレンジャー』『アイガー・サンクション』『アウトロー』『ブロンコ・ビリー』『ファイヤーフォックス』『センチメンタル・アドベンチャー』『ダーティハリー4』『ハートブレイク・リッジ/勝利の戦場』『ルーキー』『マディソン郡の橋』『目撃』『トゥルー・クライム』『スペース カウボーイ』『ブラッド・ワーク』といった作品で、監督と主演を務めている。また、これまでに米アカデミー賞を5つ獲得している。1992年、西部劇『許されざる者』で、自身の主演男優賞を含め9部門でノミネートされ、監督賞と作品賞で初めてのオスカー像を手にした。この作品では、ゴールデングローブ賞最優秀監督賞とDGA賞も受賞し、多くの批評家協会賞の最優秀作品賞に輝いた。2004年、『ミリオンダラー・ベイビー』でも同部門で2つのオスカー像を手にし、主演男優賞部門にもノミネートされた。また、2つ目のDGA賞を獲得し、ゴールデングローブ賞最優秀監督賞も受賞。同賞では作曲賞でもノミネートされている。そのほかに『ミスティック・リバー』や『硫黄島からの手紙』で、米アカデミー賞の監督賞と作品賞にダブルノミネートされた。前者では、ゴールデングローブ賞監督賞とDGA賞にもノミネートされ、後者は、ゴールデングローブ賞と放送映画批評家協会賞の最優秀外国語映画賞を受賞したほか、多くの批評家協会賞の最優秀作品賞を受賞した。また、『硫黄島からの手紙』と高評価を受けた『父親たちの星条旗』は2部作として製作された。2008年、監督作『チェンジリング』が米アカデミー賞3部門にノミネートされ、自身は英アカデミー(BAFTA)賞とロンドン映画批評家協会賞の監督賞部門にノミネートされ、ゴールデングローブ賞の作曲賞にもノミネートされた。
2008年、『グラン・トリノ』では主演、監督、製作を務め、米映画批評会議賞の最優秀主演男優賞を獲得。2009年、『インビクタス/負けざる者たち』では、自身が米映画批評会議賞最優秀監督賞を受賞し、ゴールデングローブ賞、放送映画批評家協会賞の監督賞にもノミネートされた。さらに、2010年『ヒア アフター』はイタリアのダビッド・ディ・ドナテッロ賞最優秀外国語映画賞を受賞した。監督と製作を兼ねた近作には、『J・エドガー』『ジャージー・ボーイズ』『アメリカン・スナイパー』『ハドソン川の奇跡』などがある。

イイ男セレクション/出演作

『荒野の用心棒』『夕陽のガンマン』『続・夕陽のガンマン/地獄の決斗』『奴らを高く吊るせ!』『真昼の死闘』『戦略大作戦』『白い肌の異常な夜』『ダーティハリー』シリーズ『シノーラ』『サンダーボルト』『ダーティファイター』『人生の特等席』など

監督兼出演作:『恐怖のメロディ』『荒野のストレンジャー』『アイガー・サンクション』『アウトロー』『ガントレット』『ブロンコ・ビリー』『ファイヤーフォックス』『センチメンタル・アドベンチャー』『ダーティハリー4』『ハートブレイク・リッジ/勝利の戦場』『ルーキー』『マディソン郡の橋』『目撃』『トゥルー・クライム』『スペース カウボーイ』『ブラッド・ワーク』『許されざる者』『ミリオンダラー・ベイビー』『グラン・トリノ』『運び屋』『クライ・マッチョ』など

監督作:『硫黄島からの手紙』『父親たちの星条旗』『チェンジリング』『インビクタス/負けざる者たち』『ヒア アフター』『J・エドガー』『ジャージー・ボーイズ』『アメリカン・スナイパー』『ハドソン川の奇跡』『15時17分、パリ行き』『リチャード・ジュエル』など

イイ俳優セレクション/イイ俳優ポイント

90代に突入しても俳優、監督として第一線で活躍していて、こんな風に長生きできたらと憧れます。(2022/02/21)

Recommended by Myson

出演作を観てみよう!

『クライ・マッチョ』
2022年1月14日より全国公開

映画『クライ・マッチョ』クリント・イーストウッド/エドゥアルド・ミネット

下記の作品は、ブルーレイ&DVDレンタル・発売中、デジタル配信中です。
ジャケット写真をクリックすると、Amazonのデジタル配信もしくはパッケージ販売に飛びますので、ぜひご覧ください。
※一部、ブルーレイorDVDのレンタル、発売、デジタル配信がないものもございます。

<出演作>

『荒野の用心棒』

『夕陽のガンマン』

『奴らを高く吊るせ!』

『真昼の死闘』

『白い肌の異常な夜』

『ダーティハリー』

『シノーラ』

『サンダーボルト』

『ダーティファイター』

『人生の特等席』

<監督兼出演作>
『恐怖のメロディ』

『荒野のストレンジャー』

『アイガー・サンクション』

『アウトロー』

『ガントレット』

『ブロンコ・ビリー』

『ファイヤーフォックス』

『センチメンタル・アドベンチャー』

『ダーティハリー4』

『ハートブレイク・リッジ/勝利の戦場』

『マディソン郡の橋』

『目撃』

『トゥルー・クライム』

『スペース カウボーイ』

『ブラッド・ワーク』

『許されざる者』

『ミリオンダラー・ベイビー』

『グラン・トリノ』

『運び屋』

<監督作>

『硫黄島からの手紙』

『父親たちの星条旗』

『チェンジリング』

『インビクタス/負けざる者たち』

『ヒア アフター』

『J・エドガー』

『ジャージー・ボーイズ』

『アメリカン・スナイパー』

『ハドソン川の奇跡』

『15時17分、パリ行き』

『クライ・マッチョ』

©2012 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC.
©2018 VILLAGE ROADSHOW FILMS (BVI) LIMITED, WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC. AND RATPAC-DUNE ENTERTAINMENT LLC
© 2021 Metro-Goldwyn-Mayer Pictures Inc. All Rights Reserved.
© 2021 Warner Bros. Ent. All Rights Reserved

from 2019/2/26

  • follow us in feedly
  • RSS

新着記事

映画『コカイン・ベア』 コカイン・ベア

タイトルからおわかりの通り、本作はコカインと熊のお話…

Netflix映画『ちひろさん』有村架純 ちひろさん

物語が進むほど、人間の深いところに潜っていけるストーリーです。元風俗嬢の“ちひろさん…

映画『リトル・マーメイド』ワールドプレミア、メリッサ・マッカーシー メリッサ・マッカーシー

1970年8月26日アメリカ生まれ。ニューヨークでスタンダップ・コメディアンとしてのキャリアをスタートする。その後…

海外ドラマ『シークレット・インベージョン』サミュエル・L・ジャクソン シークレット・インベージョン

自由自在に他人に擬態できる能力を持つ異星人“スクラル”が要人等になりすまし、地球を乗っ取ろうとしている状況で…

映画『シアター・キャンプ』モリー・ゴードン シアター・キャンプ

キービジュアルや場面写真を見るだけでも、サーチライト・ピクチャーズ作品のいい匂いがプンプン漂ってきて…

映画『BAD LANDS バッド・ランズ』安藤サクラ/山田涼介 BAD LANDS バッド・ランズ

「破門」(第151回直木賞を受賞)や「後妻業」などで知られる黒川博行による小説を映画化…

映画『PIGGY ピギー』ラウラ・ガラン PIGGY ピギー

ティーンエイジャーを主人公とした成長物語をこうしたストーリーで…

映画『ロスト・キング 500年越しの運命』サリー・ホーキンス ロスト・キング 500年越しの運命

筋痛性脳脊髄炎を患いながらも、子育てと仕事を両立させてきたフィリッパ(サリー・ホーキンス)は…

映画『犬部!』安藤玉恵 安藤玉恵(あんどう たまえ)

1976年8月8日生まれ。東京都出身。早稲田大学在学中に演劇を始め…

映画『ファッション・リイマジン』 ファッション業界のこれまでとこれから

流行しているファッションを見ると、その時代、社会が見えて…

部活・イベント

  1. 【ARUARU海ドラDiner】サムライデザート(カップデザート)
  2. 【ARUARU海ドラDiner】トーキョー女子映画部 × Mixalive TOKYO × SHIDAX
  3. 【ARUARU海ドラDiner】サポーター集会:パンチボール(パーティサイズ)
  4. 【ARUARU海ドラDiner】プレオープン
  5. 「ARUARU海ドラDiner」202303トークゲスト集合

おすすめ記事

映画『ヒッチコックの映画術』アルフレッド・ヒッチコック 映画好きが選んだアルフレッド・ヒッチコック監督人気作品ランキング

アルフレッド・ヒッチコックが監督をした作品(1950年以降に制作された作品)について正式部員の皆さんに投票いただきランキングを作成しました。名作揃いのなか、どの作品が1位となったのでしょうか?

映画『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』来日記者会見:クエンティン・タランティーノ 映画好きが選んだクエンティン・タランティーノ監督人気作品ランキング

今回は、これまでクエンティン・タランティーノが監督をした作品(脚本担当作は除く)について正式部員の皆さんに投票いただきランキングを作成しました。

映画『アイスクリームフィーバー』吉岡里帆/詩羽(水曜日のカンパネラ) 映画好き女子が選んだ【ガールズムービー邦画ランキング】

今回は邦画のガールズムービー(女性同士の友情や交流などを描いた作品)を集めました。候補作品は編集部が独断で選抜し、正式部員の皆さんの投票によるランキングを作成しました 。部員の皆さんによる熱いコメントも参考に、お気に入りのガールズムービーを探してみてください!

TSUTAYA TV

REVIEW

  1. 映画『コカイン・ベア』
  2. Netflix映画『ちひろさん』有村架純
    ちひろさん

  3. 海外ドラマ『シークレット・インベージョン』サミュエル・L・ジャクソン
  4. 映画『シアター・キャンプ』モリー・ゴードン
  5. 映画『BAD LANDS バッド・ランズ』安藤サクラ/山田涼介

PRESENT

  1. 映画『北極百貨店のコンシェルジュさん』
  2. 中国ドラマ『千紫万華(せんしばんか)〜重紫(ちょうし)に捧ぐ不滅の愛〜』QUOカード、ヤン・チャオユエ/シュー・ジェンシー
  3. 中国ドラマ『花令嬢の華麗なる計画』QUOカード、シュー・ジェンシー(徐正溪)/モン・ズーイー(孟子義)
PAGE TOP