REVIEW

ウェディング・ハイ

  • follow us in feedly
  • RSS
映画『ウェディング・ハイ』篠原涼子/中村倫也/関水渚/岩田剛典/向井理/高橋克実

あるカップルの結婚式の準備から本番までのドタバタを描いた本作は、お笑い芸人のバカリズムが脚本を担当しています。バカリズムといえば、『架空OL日記』や『地獄の花園』など女子の世界を描いた作品を複数手掛けていて、本作も含めすごくよく女子を観察しているなというのがストーリーから伝わってきます。なぜそんなにリアルに表現できるんだろうというほど細かいやり取りが描かれていて、何でもないシーンでもクスッと笑えます。
また、結婚式の準備で揉めたという話は私も複数の友人から聞いていますが、本作でもカップルのそんな様子が生々しく描かれています。ある意味ステレオタイプとも言えるのかもしれませんが、女子の思考、男子の思考の傾向をよく掴んで表現していて、「ありそう、ありそう」と思いながら楽しんで観られます。さらに一癖も二癖もある結婚式のゲスト達は映画だからこそ“夢の競演”を果たしていて、意外なところでドラマチックな展開を迎えます。ネタバレするので詳しくは書けませんが、とある余興が素晴らしいのでぜひ楽しみにしてください。
そして、結婚式の裏でうごめいているストーリーも最後に一気に伏線が回収されるおもしろさがあります。最後の最後までクスッと笑える展開が続くので気楽に観られて、気分転換にもオススメの作品です。

デート向き映画判定
映画『ウェディング・ハイ』篠原涼子/中村倫也/関水渚

最近は結婚式のスタイルも多様化しているようなので、披露宴までするカップルがどれくらいいるのかわかりませんが、本作を観るとやっぱりこういう結婚式も良いなと思えます。これから結婚式の準備を始めるカップルは、いろいろと参考になる部分もあると思うのでデートで観るのも良いでしょう。クセの強いキャラがたくさん出てくるコメディでシンプルに娯楽としても楽しめるので、デートにも誘いやすいはずです。そういう利点を活かして、そろそろ結婚について話し合いたいカップルは、本作の鑑賞を機に話題を切り出してみてはどうでしょうか?

キッズ&ティーン向き映画判定
映画『ウェディング・ハイ』篠原涼子

年齢を問わずわかりやすい笑いがふんだんにあり、キッズやティーンの皆さんのツボにもハマると思います。結婚式に参加している気分でいろいろな余興も楽しめます。皆さんのご両親の世代にはこういう結婚式をしていた方も多いと思うので、一緒に映画を観た後はアルバムなどで結婚式の写真を家族で振り返るのも良いですね。

映画『ウェディング・ハイ』篠原涼子/中村倫也/関水渚/岩田剛典/向井理/高橋克実

『ウェディング・ハイ』
2022年3月12日より全国公開
松竹
公式サイト

© 2022「ウェディング・ハイ」製作委員会

TEXT by Myson

関連記事
  • follow us in feedly
  • RSS

新着記事

映画『マッチング』土屋太鳳 映画レビュー&ドラマレビュー総合アクセスランキング【2024年2月】

映画レビュー&ドラマレビュー【2024年2月】のアクセスランキングを発表!

映画『DOGMAN ドッグマン』ケイレブ・ランドリー・ジョーンズ DOGMAN ドッグマン【レビュー】

本作はリュック・ベッソンが実際の事件に着想を得て脚本、監督を担当し、ケイレブ・ランドリー・ジョーンズを主演に迎えて制作した…

映画『ウォンカとチョコレート工場のはじまり』ティモシー・シャラメ 映画好きが選んだ2023洋画ベスト

正式部員の皆さんに2023年の洋画ベストを選んでいただきました。どの作品が2023年の洋画ベストに輝いたのでしょうか?

映画『i ai』富田健太郎/堀家一希 i ai【レビュー】

GEZANのフロントマンであり、小説執筆や映画出演、フリーフェス「全感覚祭」や反戦デモの主催など…

映画『オッペンハイマー』キリアン・マーフィー オッペンハイマー【レビュー】

クリストファー・ノーランが挑んだのは、“原爆の父”オッペンハイマーの…

映画『夜明けのすべて』松村北斗 松村北斗【プロフィールと出演作一覧】

1995年6月18日生まれ。静岡県出身。SixTONESとして…

映画『リバー、流れないでよ』藤谷理子/永野宗典/角田貴志/酒井善史/諏訪雅/石田剛太/中川晴樹/土佐和成/鳥越裕貴/本上まなみ/近藤芳正 ポッドキャスト【だからワタシ達は映画が好き】3〜MY 2023年ベスト10振り返り第2弾

「トーキョー女子映画部が選ぶ 2023年ベスト10」をもとに、4位から6位までの…

映画『PLAY! ~勝つとか負けるとかは、どーでもよくて~』奥平大兼/鈴鹿央士/小倉史也 PLAY! ~勝つとか負けるとかは、どーでもよくて~【レビュー】

徳島の高等専門学校を舞台に描かれている本作は、個性がバラバラの3人の生徒がeスポーツの大会に出場した実話を…

映画『FEAST -狂宴-』ココ・マーティン/ジャクリン・ホセ/グラディス・レイエス/リト・ラピッド FEAST -狂宴-【レビュー】

本作を観た後の印象はもしかしたら真っ二つに分かれるのかも…

【東京コミコン2023】テムエラ・モリソン テムエラ・モリソン【プロフィールと出演作一覧】

1960年12月26日ニュージーランド生まれ。1988年、“Never Say Die(原題)”に出演。1994年…

部活・イベント

  1. 【ARUARU海ドラDiner】サムライデザート(カップデザート)
  2. 【ARUARU海ドラDiner】トーキョー女子映画部 × Mixalive TOKYO × SHIDAX
  3. 【ARUARU海ドラDiner】サポーター集会:パンチボール(パーティサイズ)
  4. 【ARUARU海ドラDiner】プレオープン
  5. 「ARUARU海ドラDiner」202303トークゲスト集合

本サイト内の広告について

本サイトにはアフィリエイト広告バナーやリンクが含まれます。

おすすめ記事

映画『ウォンカとチョコレート工場のはじまり』ティモシー・シャラメ 映画好きが選んだ2023洋画ベスト

正式部員の皆さんに2023年の洋画ベストを選んでいただきました。どの作品が2023年の洋画ベストに輝いたのでしょうか?

映画『テルマ&ルイーズ 4K』スーザン・サランドン/ジーナ・デイヴィス あの名作をリメイクするとしたら、誰をキャスティングする?『テルマ&ルイーズ』

今回は『テルマ&ルイーズ』のリメイクを作るとしたら…ということで、テルマ役のジーナ・デイヴィスとルイーズ役のスーザン・サランドンをそれぞれ誰が演じるのが良いか、正式部員の皆さんに聞いてみました。

映画『ミステリと言う勿れ』菅田将暉 映画好きが選んだ2023邦画ベスト

正式部員の皆さんに2023年の邦画ベストを選んでいただきました。どの作品が2023年の邦画ベストに輝いたのか、ランキングを発表!

REVIEW

  1. 映画『マッチング』土屋太鳳
  2. 映画『DOGMAN ドッグマン』ケイレブ・ランドリー・ジョーンズ
  3. 映画『i ai』富田健太郎/堀家一希
  4. 映画『オッペンハイマー』キリアン・マーフィー
  5. 映画『PLAY! ~勝つとか負けるとかは、どーでもよくて~』奥平大兼/鈴鹿央士/小倉史也

PRESENT

  1. 映画『青春 18×2 君へと続く道』シュー・グァンハン/清原果耶
  2. 映画『π〈パイ〉デジタルリマスター』ショーン・ガレット
  3. 映画『ネクスト・ゴール・ウィンズ』トートバッグ
PAGE TOP