REVIEW

THE BATMAN-ザ・バットマン-

  • follow us in feedly
  • RSS
映画『THE BATMAN-ザ・バットマン-』ロバート・パティンソン

クリストファー・ノーラン監督×クリスチャン・ベール版の“バットマン”も大好きですが、このマット・リーヴス監督×ロバート・パティンソン版“バットマン”もすごく好きです!176分という上映時間もあっという間でした。“バットマン”シリーズはヴィランも魅力的ですが、本作ではリドラーが軸となっています。リドラーと言えばなぞなぞ好きということで、本作のバットマンは彼に対抗すべく名探偵ぶりを発揮している点も見どころとなっています。リドラーが投げかける謎にバットマンと一緒に考えながら観ると楽しいですよ。
そして、映画ファンとしては個性派俳優が勢揃いしているのも嬉しいポイント。まずブルース・ウェインを演じたロバート・パティンソンは、こういう悲壮感漂うミステリアスな役が本当に似合います。また、セリーナ・カイルを演じたゾーイ・クラヴィッツは、抜群のスタイルで着こなすスーツ姿はもちろん、愛らしい表情とクールな仕草のバランスでキャットウーマンを見事に体現しています。あと印象に残ったのはコリン・ファレルが演じたペンギン。コリン・ファレルはどこに出てるのかと探したほどの変身ぶりです。ペンギンの特殊メイクには毎回3時間かかっていたそうで、そのメイクの精巧さにコリン・ファレルの演技が組み合わさり、ペンギンの不気味さが際だっています。ちなみに公式資料によると本作のペンギンは、『ゴッドファーザー』のフレドを参考にしたそうですよ。他にもポール・ダノ、ジョン・タトゥーロ、アンディ・サーキス、ジェフリー・ライト、ピーター・サースガードが出演しており、誰がどの役で出てくるのか前情報を入れずに観るのもオススメです。
あとバットマンといえば、バットスーツやガジェット、バットモービルなども見どころですよね。本作のアイテムはどれもスタイリッシュで、どこかクラシックな雰囲気があり、本作の世界観を見事に形作っています。その中でもバットモービルは強いインパクトを放っており、公式資料によると、本作のブルース・ウェインはバットマンとして2年目を迎えたばかりという設定に合わせて“初期段階”のバットモービルが作られたとのことです。このように本作には随所にこだわりとバットマン愛が滲み出ています。
バットマンは何度も映像化され、私達もさまざまなバットマンを観てきました。なぜまた今“バットマン”の映画を作るのかと思う方もいるかもしれません。でもそれは本作を観ていただければこれこそ今必要とされている“バットマン”なのだとわかります。“バットマン”の存在意義を問うストーリーが本作の1番の見どころで、これまでの“バットマン”とは少し角度が違ったおもしろさとなっています。

デート向き映画判定
映画『THE BATMAN-ザ・バットマン-』ロバート・パティンソン/ゾーイ・クラヴィッツ

アクションと謎解きとロマンチックなシーンと、いろいろな要素があるので老若男女が楽しめる作品となっています。カップルで観て気まずくなるようなシーンもなく、程よくムーディなシーンがあるので、デートの雰囲気にも合うのではないでしょうか。過去の“バットマン”シリーズを観ていなくても問題ありませんが、逆に“バットマン”の世界観が気に入ったら、後日一緒に他のシリーズも観てみると良いでしょう。

キッズ&ティーン向き映画判定
映画『THE BATMAN-ザ・バットマン-』ポール・ダノ

上映時間がかなり長いので、小学生以下のキッズの皆さんは集中力が続くかどうか気になるところですが、謎解きが要所要所に出てくるので、飽きずに観られると思います。ただ約3時間という長丁場ですので、途中でトイレで離席しなくて良いように直前にトイレに行っておきましょう。

映画『THE BATMAN-ザ・バットマン-』ロバート・パティンソン

『THE BATMAN-ザ・バットマン-』
2022年3月11日より全国公開
ワーナー・ブラザース映画
公式サイト

© 2022 Warner Bros. Ent. All Rights Reserved TM & © DC

TEXT by Myson

関連記事
  • follow us in feedly
  • RSS

新着記事

映画『Sin Clock』窪塚洋介 Sin Clock

会社をクビになり、離婚して息子とも離れて暮らす主人公の高木(窪塚洋介)は…

海外ドラマ『ウォーキング・デッド ファイナル・シーズン』ジェフリー・ディーン・モーガン ジェフリー・ディーン・モーガン

1966年4月22日アメリカ生まれ。1991年に『赤いドレスの女』でデビュー。テレビを中心にキャリ…

映画『FALL/フォール』グレイス・フルトン どっちも勘弁!高さの恐怖と深さの恐怖特集

今回は、高さや深さで魅せる映画をご紹介。高い、低い、深いというシンプルな設定だけで、こんなにドラマチックになるのだなと感心します。

映画『七人の秘書 THE MOVIE』室井滋 室井滋(むろい しげる)

1958年10月22日生まれ。富山県出身。 1981年、『風の歌を聴け』でデビュー。『居酒屋ゆうれい』(1995)…

映画『崖上のスパイ』チャン・イー/ユー・ホーウェイ 崖上のスパイ

『紅いコーリャン』をはじめ、数々の大ヒット作を手掛けてきたチャン・イーモウ監督が手掛けた本格スパイ・サスペンス。1934年…

中国ドラマ『これから先の恋』QUOカード、ヤン・ズー/シャオ・ジャン 『これから先の恋』オリジナルQUOカード(500円分) 3名様プレゼント

中国ドラマ『これから先の恋』オリジナルQUOカード(500円分) 2名様プレゼント

映画『君だけが知らない』キム・ガンウ キム・ガンウ

1978年7月11日、韓国生まれ。2001年にドラマ『あなたは愛と言う 私は欲望だと思う』でデビュー。映画『シルミド』…

映画『スクロール』北村匠海/中川大志 スクロール

1991年生まれ、高校から執筆活動を始めた橋爪駿輝が、2017年に作家デビューを果たした小説「スクロール」(講談社)を映画化…

映画『レジェンド&バタフライ』木村拓哉 木村拓哉(きむら たくや)

1972年11月13日生まれ。東京都出身。主な映画出演作に…

映画『エゴイスト』鈴木亮平/宮沢氷魚 エゴイスト

『エゴイスト』というタイトルから、人間の影の部分が描かれているのかと思いきや…

部活・イベント

  1. 映画『バーフバリ2 王の凱旋』プラバース
  2. 韓国ドラマ『赤い袖先』ジュノ(2PM)/イ・セヨン
  3. 海外ドラマ『Why Women Kill 〜ファビュラスな⼥たち〜』ルーシー・リュー
  4. 映画『ミーティング・ザ・ビートルズ・イン・インド』ザ・ビートルズ
  5. 海外ドラマ『超サイテーなスージーの日常』ビリー・パイパー

おすすめ記事

映画『恋とニュースのつくり方』レイチェル・マクアダムス 新年にやる気がわくサクセスストーリー特集

今回は、新年にやる気がわくサクセスストーリーのオススメ作品を正式部員の皆さんから募りました。素敵なサクセスストーリーを観て、やる気をアップしましょう!

映画『トップガン マーヴェリック』トム・クルーズ トーキョー女子映画部が選ぶ 2022年ベスト10

年末恒例の本企画は、今回から作品はBEST10に変更、俳優はMVPとして1名選出することにしましたマイソンとシャミがそれぞれ選んだ作品を、ぜひ冬休みにご覧ください。

映画『ドリーム・ホース』トニ・コレット 十数億円を稼ぐ名馬を逃す!?リアル一口馬主が語る醍醐味&新人騎手『ドリーム・ホース』に感動のコメント!!

実は日本でもジャンのように馬主になれるってご存じでしたか?今回は『ドリーム・ホース』をリアル体験中ともいえる…

映画『アバター:ウェイ・オブ・ウォーター』メイキング、ジェームズ・キャメロン監督、サム・ワーシントン 映画好きが選んだジェームズ・キャメロン監督人気作品ランキング

『ターミネーター』『タイタニック』『アバター』など、数々の名作を手掛てきたジェームズ・キャメロン。今回は、これまでジェームズ・キャメロンが監督を務めた作品で、どの作品が好きか正式部員の皆さんに投票していただきました。

海外ドラマ『シー・ハルク:ザ・アトーニー』タチアナ・マスラニー 楽しい妄想シリーズ:1日あの人になってみたい!〜海外ドラマのキャラクター アクション編〜

もし1日だけ海外ドラマに登場するアクションが得意なキャラクターになれるとしたら、誰になってみたいか正式部員の皆さんに妄想していただきました。今回も楽しい妄想コメントが集まりました。

映画『ミッドサマー』フローレンス・ピュー なんでこんな映画作ったの?トラウマ映画特集2

「なんでこんな映画作ったの?トラウマ映画特集1」はマイソンが独自に選んだ作品をご紹介しました。今回はその第2弾として、正式部員の皆さんから寄せられた投稿コメントをもとに特集を組みました。

映画『バーフバリ2 王の凱旋』プラバース 素敵な映画との出会い方研究会:“バーフバリ”シリーズ編

「素敵な映画との出会い方研究会」は、過去のヒット作を題材にヒットの要因を探り、新たな映画と出会うヒントを得ようという企画です。今回は、現在好評公開中の映画『RRR』のS.S.ラージャマウリ監督の旧作“バーフバリ”シリーズを題材とし、人気の秘密を探りました。

映画『キュリー夫人 天才科学者の愛と情熱』ロザムンド・パイク/サム・ライリー 映画好きが選んだ偉人にまつわる映画<海外編>ランキング

今年の秋は、『キュリー夫人 天才科学者の愛と情熱』(10月14日公開)、『スペンサー ダイアナの決意』(10月14日公開)と、実在の偉人にまつわる映画が公開となります。そこで今回は偉人の人生や偉業を描いた映画<海外編>について正式部員の皆さんに投票していただいたランキングを発表します。

韓国ドラマ『赤い袖先』ジュノ(2PM)/イ・セヨン タイトルと予告編で観たくなる韓国ドラマランキング2022年秋号

韓国ドラマは、ユニークなタイトルが多いということで、今回はタイトルと予告編に着目して観たいドラマを選び、ランキングにしました。

海外ドラマ『Why Women Kill 〜ファビュラスな⼥たち〜』ルーシー・リュー 海外ドラマ最新作バトル2022年9月号Part2

「海外ドラマがたくさんあって、どれを選べば良いかわからない」という方に向けた本企画。今回も、新作海外ドラマをピックアップし、ジャンルや内容が近い組み合わせで、作品情報と予告編を観て、それぞれの魅力を比較してみました。今回はどんな作品が挙がったのでしょうか?ぜひ作品選びの参考にしてください。

REVIEW

  1. 映画『Sin Clock』窪塚洋介
    Sin Clock

  2. 映画『崖上のスパイ』チャン・イー/ユー・ホーウェイ
  3. 映画『スクロール』北村匠海/中川大志
    スクロール

  4. 映画『エゴイスト』鈴木亮平/宮沢氷魚
    エゴイスト

  5. 映画『バビロン』ブラッド・ピット/ディエゴ・カルバ
    バビロン

  6. 映画『すべてうまくいきますように』ソフィー・マルソー/アンドレ・デュソリエ
  7. 映画『バイオレント・ナイト』デヴィッド・ハーバー/アレックス・ハッセル
  8. 映画『ピンク・クラウド』ヘナタ・ジ・レリス
  9. 映画『金の国 水の国』
  10. 映画『レジェンド&バタフライ』木村拓哉/綾瀬はるか

PRESENT

  1. 中国ドラマ『これから先の恋』QUOカード、ヤン・ズー/シャオ・ジャン
  2. 映画『レッドシューズ』朝比奈彩
  3. 映画『いつかの君にもわかること』ジェームズ・ノートン/ダニエル・ラモント
PAGE TOP