REVIEW

THE BATMAN-ザ・バットマン-

  • follow us in feedly
  • RSS
映画『THE BATMAN-ザ・バットマン-』ロバート・パティンソン

クリストファー・ノーラン監督×クリスチャン・ベール版の“バットマン”も大好きですが、このマット・リーヴス監督×ロバート・パティンソン版“バットマン”もすごく好きです!176分という上映時間もあっという間でした。“バットマン”シリーズはヴィランも魅力的ですが、本作ではリドラーが軸となっています。リドラーと言えばなぞなぞ好きということで、本作のバットマンは彼に対抗すべく名探偵ぶりを発揮している点も見どころとなっています。リドラーが投げかける謎にバットマンと一緒に考えながら観ると楽しいですよ。
そして、映画ファンとしては個性派俳優が勢揃いしているのも嬉しいポイント。まずブルース・ウェインを演じたロバート・パティンソンは、こういう悲壮感漂うミステリアスな役が本当に似合います。また、セリーナ・カイルを演じたゾーイ・クラヴィッツは、抜群のスタイルで着こなすスーツ姿はもちろん、愛らしい表情とクールな仕草のバランスでキャットウーマンを見事に体現しています。あと印象に残ったのはコリン・ファレルが演じたペンギン。コリン・ファレルはどこに出てるのかと探したほどの変身ぶりです。ペンギンの特殊メイクには毎回3時間かかっていたそうで、そのメイクの精巧さにコリン・ファレルの演技が組み合わさり、ペンギンの不気味さが際だっています。ちなみに公式資料によると本作のペンギンは、『ゴッドファーザー』のフレドを参考にしたそうですよ。他にもポール・ダノ、ジョン・タトゥーロ、アンディ・サーキス、ジェフリー・ライト、ピーター・サースガードが出演しており、誰がどの役で出てくるのか前情報を入れずに観るのもオススメです。
あとバットマンといえば、バットスーツやガジェット、バットモービルなども見どころですよね。本作のアイテムはどれもスタイリッシュで、どこかクラシックな雰囲気があり、本作の世界観を見事に形作っています。その中でもバットモービルは強いインパクトを放っており、公式資料によると、本作のブルース・ウェインはバットマンとして2年目を迎えたばかりという設定に合わせて“初期段階”のバットモービルが作られたとのことです。このように本作には随所にこだわりとバットマン愛が滲み出ています。
バットマンは何度も映像化され、私達もさまざまなバットマンを観てきました。なぜまた今“バットマン”の映画を作るのかと思う方もいるかもしれません。でもそれは本作を観ていただければこれこそ今必要とされている“バットマン”なのだとわかります。“バットマン”の存在意義を問うストーリーが本作の1番の見どころで、これまでの“バットマン”とは少し角度が違ったおもしろさとなっています。

デート向き映画判定
映画『THE BATMAN-ザ・バットマン-』ロバート・パティンソン/ゾーイ・クラヴィッツ

アクションと謎解きとロマンチックなシーンと、いろいろな要素があるので老若男女が楽しめる作品となっています。カップルで観て気まずくなるようなシーンもなく、程よくムーディなシーンがあるので、デートの雰囲気にも合うのではないでしょうか。過去の“バットマン”シリーズを観ていなくても問題ありませんが、逆に“バットマン”の世界観が気に入ったら、後日一緒に他のシリーズも観てみると良いでしょう。

キッズ&ティーン向き映画判定
映画『THE BATMAN-ザ・バットマン-』ポール・ダノ

上映時間がかなり長いので、小学生以下のキッズの皆さんは集中力が続くかどうか気になるところですが、謎解きが要所要所に出てくるので、飽きずに観られると思います。ただ約3時間という長丁場ですので、途中でトイレで離席しなくて良いように直前にトイレに行っておきましょう。

映画『THE BATMAN-ザ・バットマン-』ロバート・パティンソン

『THE BATMAN-ザ・バットマン-』
2022年3月11日より全国公開
ワーナー・ブラザース映画
公式サイト

© 2022 Warner Bros. Ent. All Rights Reserved TM & © DC

TEXT by Myson

関連記事
  • follow us in feedly
  • RSS

新着記事

映画『オッペンハイマー』キリアン・マーフィー オッペンハイマー【レビュー】

クリストファー・ノーランが挑んだのは、“原爆の父”オッペンハイマーの…

映画『夜明けのすべて』松村北斗 松村北斗【プロフィールと出演作一覧】

1995年6月18日生まれ。静岡県出身。SixTONESとして…

映画『リバー、流れないでよ』藤谷理子/永野宗典/角田貴志/酒井善史/諏訪雅/石田剛太/中川晴樹/土佐和成/鳥越裕貴/本上まなみ/近藤芳正 ポッドキャスト【だからワタシ達は映画が好き】3〜MY 2023年ベスト10振り返り第2弾

「トーキョー女子映画部が選ぶ 2023年ベスト10」をもとに、4位から6位までの…

映画『PLAY! ~勝つとか負けるとかは、どーでもよくて~』奥平大兼/鈴鹿央士/小倉史也 PLAY! ~勝つとか負けるとかは、どーでもよくて~【レビュー】

徳島の高等専門学校を舞台に描かれている本作は、個性がバラバラの3人の生徒がeスポーツの大会に出場した実話を…

映画『FEAST -狂宴-』ココ・マーティン/ジャクリン・ホセ/グラディス・レイエス/リト・ラピッド FEAST -狂宴-【レビュー】

本作を観た後の印象はもしかしたら真っ二つに分かれるのかも…

【東京コミコン2023】テムエラ・モリソン テムエラ・モリソン【プロフィールと出演作一覧】

1960年12月26日ニュージーランド生まれ。1988年、“Never Say Die(原題)”に出演。1994年…

映画『ARGYLLE/アーガイル』ヘンリー・カヴィル/デュア・リパ ARGYLLE/アーガイル【レビュー】

どんだけ、どんでん返しがあるんだ!ってくらい、カラクリが施されていて…

映画『ストリートダンサー』 ストリートダンサー【レビュー】

歌とダンスが見せ場のインド映画で、ダンス映画となれば、どれだけダンスが盛り込まれるのだろうと思ったら…

映画『リトル・マーメイド』ハリー・ベイリー ハリー・ベイリー【プロフィールと出演作一覧】

2000年3月27日アメリカ、ジョージア州生まれ。3歳の頃から子役として活動を始め…

海外ドラマ『ラブ&デス』エリザベス・オルセン/ジェシー・プレモンス やましい人は震えが止まらなくなる【浮気のその先が怖すぎる】映画&ドラマ特集

11月22日は「夫婦の日」として知られていますが、毎月22日を「夫婦の日」とする説もあるようです。そこで掲載日の2024年2月22日の「22日」にちなんで、夫婦円満、カップル円満を願うべく、浮気防止に効きそうな映画をご紹介します。

部活・イベント

  1. 【ARUARU海ドラDiner】サムライデザート(カップデザート)
  2. 【ARUARU海ドラDiner】トーキョー女子映画部 × Mixalive TOKYO × SHIDAX
  3. 【ARUARU海ドラDiner】サポーター集会:パンチボール(パーティサイズ)
  4. 【ARUARU海ドラDiner】プレオープン
  5. 「ARUARU海ドラDiner」202303トークゲスト集合

本サイト内の広告について

本サイトにはアフィリエイト広告バナーやリンクが含まれます。

おすすめ記事

映画『テルマ&ルイーズ 4K』スーザン・サランドン/ジーナ・デイヴィス あの名作をリメイクするとしたら、誰をキャスティングする?『テルマ&ルイーズ』

今回は『テルマ&ルイーズ』のリメイクを作るとしたら…ということで、テルマ役のジーナ・デイヴィスとルイーズ役のスーザン・サランドンをそれぞれ誰が演じるのが良いか、正式部員の皆さんに聞いてみました。

映画『ミステリと言う勿れ』菅田将暉 映画好きが選んだ2023邦画ベスト

正式部員の皆さんに2023年の邦画ベストを選んでいただきました。どの作品が2023年の邦画ベストに輝いたのか、ランキングを発表!

映画『モリコーネ 映画が恋した音楽家』エンニオ・モリコーネ トーキョー女子映画部が選ぶ 2023年ベスト10

年末恒例、今回もマイソンとシャミで、2023年のMY BEST10を選びました。俳優はMVPとして1名選出。この冬休みの映画鑑賞の参考になれば嬉しいです。

REVIEW

  1. 映画『オッペンハイマー』キリアン・マーフィー
  2. 映画『PLAY! ~勝つとか負けるとかは、どーでもよくて~』奥平大兼/鈴鹿央士/小倉史也
  3. 映画『FEAST -狂宴-』ココ・マーティン/ジャクリン・ホセ/グラディス・レイエス/リト・ラピッド
  4. 映画『ARGYLLE/アーガイル』ヘンリー・カヴィル/デュア・リパ
  5. 映画『ストリートダンサー』

PRESENT

  1. 映画『青春 18×2 君へと続く道』シュー・グァンハン/清原果耶
  2. 映画『π〈パイ〉デジタルリマスター』ショーン・ガレット
  3. 映画『ネクスト・ゴール・ウィンズ』トートバッグ
PAGE TOP