REVIEW

リチャード・ジュエル

  • follow us in feedly
  • RSS
映画『リチャード・ジュエル』サム・ロックウェル/キャシー・ベイツ/ポール・ウォルター・ハウザー

本作は1996年にアメリカのアトランタにあるセンテニアル公園でのイベント中に実際に起きた爆破事件で、容疑者扱いを受けたリチャード・ジュエルの物語です。彼は熱心な警備員で、爆破事件の直前に不審物に気付き、爆破前に多くの人を避難させ、最初はヒーローとして扱われていましたが、ある情報がきっかけで容疑者として扱われるようになります。皮肉にも彼の熱心さや無垢な性格がプロファイリング的に余計に容疑者として見られてしまい、過熱する報道も相まって、どんどんリチャードは犯人に仕立てあげられていきます。本作はそんな彼がどう闘っていくのかを描いているわけですが、情報が持つ力が間違った方向で使われていく怖さを物語っています。ここでいう情報には大きく分けて2種類あって、一つは報道、噂です。発端はたった1人でも噂はあっという間に広まり、一人の人間の運命を変えていってしまう…。現代はSNSの普及で一般の人でも気軽に情報発信でき、拡散するのも早いので、1996年当時よりもこういった問題が頻繁に身近なところで起こっているので、本作を観るとその責任の重さをより実感できると思います。もう一つの情報は、捜査で使われるプロファイリングです。FBIはこの事件の捜査でプロファイリングを参考にしますが、それは不誠実で軽率で傲慢な捜査に結びついていきます。本作はこういった実態を露わにすることで、個人がいかに弱い立場にあるかを描くと同時に、誰もが加害者にも被害者にもなりうることを訴えています。クリント・イーストウッド監督は今回も映画で社会問題に見事にメスを入れましたが、クライマックスの逆転劇はとても清々しく胸を打つものになっていて、エンタテインメントとしても素晴らしい出来になっています。リチャードを演じたポール・ウォルター・ハウザー、リチャードを助ける弁護士を演じたサム・ロックウェルの演技も観る者を惹きつけます。あらゆる点で観る価値のある作品です。

デート向き映画判定
映画『リチャード・ジュエル』サム・ロックウェル/ポール・ウォルター・ハウザー

実話を基にした社会派ドラマで一見難しそうに思えるかも知れませんが、現代では余計にとても身近に感じるテーマを扱っていて、老若男女興味を持って観られます。ただ初デートで観るには堅い内容ではあるので、フランクに話せるくらいの関係になってからの映画デートで観るほうが、感想を自由に言い合えて、鑑賞後の会話もより楽しめると思います。

キッズ&ティーン向き映画判定
映画『リチャード・ジュエル』ポール・ウォルター・ハウザー/ジョン・ハム

難しい内容ではないので、小学校高学年以上なら充分理解できるでしょう。一つの情報によって、いとも簡単に人のイメージが変わってしまうこと、つまり先入観の怖さを実感できる実話です。私達の身の回りには情報が溢れていますが、その中には不正確なものもたくさん含まれています。多くの人が信じているからといって真実とは限らないことも頻繁にあり、そういった情報に流されないためにも、本作は若い皆さんにもぜひ観て欲しいと思います。

映画『リチャード・ジュエル』サム・ロックウェル/キャシー・ベイツ/ポール・ウォルター・ハウザー/オリビア・ワイルド/ジョン・ハム

『リチャード・ジュエル』
2020年1月17日より全国公開
ワーナー・ブラザース映画
公式サイト

TEXT by Myson

©2019 VILLAGE ROADSHOW FILMS (BVI) LIMITED, WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC. AND RATPAC-DUNE ENTERTAINMENT LLC

関連記事
  • follow us in feedly
  • RSS

新着記事

2023年の洋画人気作はどんな因子で構成される?因子分析をやってみた!【映画研究】映画人心解剖18

今回は、2023年洋画ベストの投票で得たデータをもとに、因子分析を行いました。どんな因子構造になったのでしょうか。

映画『違国日記』新垣結衣/早瀬憩 違国日記【レビュー】

累計発行部数180万部を超える、ヤマシタトモコの人気コミック 「違国日記」を原作とした本作は…

映画『ナイトスイム』ケリー・コンドン ナイトスイム【レビュー】

難病の発症を機に引退した元メジャーリーガーのレイ(ワイアット・ラッセル)は、心機一転、新しい家を探し…

映画『ライド・オン』ジャッキー・チェン ライド・オン【レビュー】

ジャッキー・チェン50周年&70歳の記念となる本作は、スタントマンが主人公の物語…

映画『52ヘルツのクジラたち』杉咲花 杉咲花【プロフィールと出演作一覧】

1997年10月2日東京都生まれ。2016年『湯を沸かすほどの熱い愛』で…

映画『ルックバック』 アニメ映画まとめ2024年5月27日号

近日公開or配信予定(一部公開or配信中の作品も含む)のアニメ映画をまとめて紹介…

映画『わたくしどもは。』小松菜奈/松田龍平 わたくしどもは。【レビュー】

本作の設定やあらすじをまったく知らずに観ると、あるキャラクターと…

映画『アンダー・ユア・ベッド』SABU監督インタビュー 『アンダー・ユア・ベッド』SABU監督インタビュー

今回は『アンダー・ユア・ベッド』で韓国デビューを飾ったSABU監督にお話を伺いました。海外作品へ挑戦する理由、画作りについて、オリジナル作品へのこだわりなど、赤裸々に語っていただきました。

映画『アクアマン/失われた王国』ぬいぐるみ 『アクアマン/失われた王国』オリジナルアクアマンぬいぐるみ(グリーン) 2名様プレゼント

映画『ウォンカとチョコレート工場のはじまり』Tシャツ 2名様ご招待

映画『チャレンジャーズ』ゼンデイヤ チャレンジャーズ【レビュー】

REVIEWゼンデイヤ主演、ルカ・グァダニーノ監督作というくらいの情報だけで鑑賞し始めて、…

部活・イベント

  1. 【ARUARU海ドラDiner】サムライデザート(カップデザート)
  2. 【ARUARU海ドラDiner】トーキョー女子映画部 × Mixalive TOKYO × SHIDAX
  3. 【ARUARU海ドラDiner】サポーター集会:パンチボール(パーティサイズ)
  4. 【ARUARU海ドラDiner】プレオープン
  5. 「ARUARU海ドラDiner」202303トークゲスト集合

本サイト内の広告について

本サイトにはアフィリエイト広告バナーやリンクが含まれます。

おすすめ記事

映画『デューン 砂の惑星PART2』ティモシー・シャラメ 映画好きが推すイイ俳優ランキング【海外10代、20代編】

今回は、海外10代、20代(1995年から2014年生まれ)のイイ俳優の中から、昨今活躍が目覚ましい方を編集部の独断で50名選抜し、正式部員の皆さんに投票していただきました。

映画『MIRRORLIAR FILMS Season5』横浜流星 映画好きが推すイイ俳優ランキング【国内20代編】

今回は、国内で活躍する20代(1995年から2004年生まれ)のイイ俳優の中から、昨今活躍が目覚ましい方を編集部の独断で70名選抜し、正式部員の皆さんに投票していただきました。

映画『ウォンカとチョコレート工場のはじまり』ティモシー・シャラメ 映画好きが選んだ2023洋画ベスト

正式部員の皆さんに2023年の洋画ベストを選んでいただきました。どの作品が2023年の洋画ベストに輝いたのでしょうか?

REVIEW

  1. 映画『違国日記』新垣結衣/早瀬憩
  2. 映画『ナイトスイム』ケリー・コンドン
  3. 映画『ライド・オン』ジャッキー・チェン
  4. 映画『わたくしどもは。』小松菜奈/松田龍平
  5. 映画『チャレンジャーズ』ゼンデイヤ

PRESENT

  1. 映画『アクアマン/失われた王国』ぬいぐるみ
  2. 中国ドラマ『玉骨遥』QUOカード
  3. 韓国ドラマ『7 人の脱出』オム・ギジュン/ファン・ジョンウム/イ・ジュン/イ・ユビ
PAGE TOP