REVIEW

355

  • follow us in feedly
  • RSS
映画『355』ジェシカ・チャステイン/ダイアン・クルーガー/ルピタ・ニョンゴ

アメリカ、ヨーロッパ、南米、アジアとバックボーンの違う5人の女性エージェントが集結し、世界的な危機を回避すべく戦う物語。最初からタッグを組んで戦うのかなと思ったら、そんなに単純ではないところにまずおもしろさがあります。
そして、ジェシカ・チャステイン、ペネロペ・クルス、ファン・ビンビン、ダイアン・クルーガー、ルピタ・ニョンゴという豪華な顔ぶれがそれぞれどんな役割を果たすのかが楽しみなところですよね。このキャラクター設定も皆それぞれに強みや弱みがあって、いろいろこじれにこじれるので観ていて楽しいし共感できます。またカッコ良いアクションシーンが豊富なのはもちろん、彼女達のエレガントでゴージャスな姿を観られるシーンもあって、彼女達の魅力を余すところなく活かしている演出は誰が観てもワクワクすると思います。
ストーリーにもいろいろな仕掛けがあって、ハラハラドキドキはもちろん、最後は爽快さも堪能できます。気分転換に観るのもオススメです。

デート向き映画判定
映画『355』ジェシカ・チャステイン/セバスチャン・スタン

ラブストーリーの要素もありますが、そもそもスパイのお話なので、良い意味で一定の距離感を持って観られる分、純粋にエンタテインメントとして楽しめると思います。なのでデートで観るのも良いのではないでしょうか。ただ、友達以上恋人未満の2人はいろいろな意味でちょっと影響を受ける部分があるかもしれないので、微妙な時期にいる方は1人で観るか、気楽にいられる友達と観るほうが良いでしょう。

キッズ&ティーン向き映画判定
映画『355』ジェシカ・チャステイン/ペネロペ・クルス/ダイアン・クルーガー/ルピタ・ニョンゴ

スパイとしてクールに振る舞う一面もあれば、感情に流されてしまう一面もあったり、良い意味でとても人間臭いキャラクター達の魅力が感じられる作品です。それぞれに得意分野があるところも、広く捉えれば、どんな職業でも自分を活かせるということが伝わってくると思います。まあそんな堅い観方をしなくても、エンタテインメントとして楽しめる作品なので、興味があれば観てみてください。

映画『355』ジェシカ・チャステイン/ペネロペ・クルス/ファン・ビンビン/ダイアン・クルーガー/ルピタ・ニョンゴ

『355』
2022年2月4日より全国公開
PG-12
キノフィルムズ
公式サイト

©2020 UNIVERSAL STUDIOS. ©355 Film Rights, LLC 2021 All rights reserved.

TEXT by Myson

関連記事
  • follow us in feedly
  • RSS

新着記事

映画『オッペンハイマー』キリアン・マーフィー オッペンハイマー【レビュー】

クリストファー・ノーランが挑んだのは、“原爆の父”オッペンハイマーの…

映画『夜明けのすべて』松村北斗 松村北斗【プロフィールと出演作一覧】

1995年6月18日生まれ。静岡県出身。SixTONESとして…

映画『リバー、流れないでよ』藤谷理子/永野宗典/角田貴志/酒井善史/諏訪雅/石田剛太/中川晴樹/土佐和成/鳥越裕貴/本上まなみ/近藤芳正 ポッドキャスト【だからワタシ達は映画が好き】3〜MY 2023年ベスト10振り返り第2弾

「トーキョー女子映画部が選ぶ 2023年ベスト10」をもとに、4位から6位までの…

映画『PLAY! ~勝つとか負けるとかは、どーでもよくて~』奥平大兼/鈴鹿央士/小倉史也 PLAY! ~勝つとか負けるとかは、どーでもよくて~【レビュー】

徳島の高等専門学校を舞台に描かれている本作は、個性がバラバラの3人の生徒がeスポーツの大会に出場した実話を…

映画『FEAST -狂宴-』ココ・マーティン/ジャクリン・ホセ/グラディス・レイエス/リト・ラピッド FEAST -狂宴-【レビュー】

本作を観た後の印象はもしかしたら真っ二つに分かれるのかも…

【東京コミコン2023】テムエラ・モリソン テムエラ・モリソン【プロフィールと出演作一覧】

1960年12月26日ニュージーランド生まれ。1988年、“Never Say Die(原題)”に出演。1994年…

映画『ARGYLLE/アーガイル』ヘンリー・カヴィル/デュア・リパ ARGYLLE/アーガイル【レビュー】

どんだけ、どんでん返しがあるんだ!ってくらい、カラクリが施されていて…

映画『ストリートダンサー』 ストリートダンサー【レビュー】

歌とダンスが見せ場のインド映画で、ダンス映画となれば、どれだけダンスが盛り込まれるのだろうと思ったら…

映画『リトル・マーメイド』ハリー・ベイリー ハリー・ベイリー【プロフィールと出演作一覧】

2000年3月27日アメリカ、ジョージア州生まれ。3歳の頃から子役として活動を始め…

海外ドラマ『ラブ&デス』エリザベス・オルセン/ジェシー・プレモンス やましい人は震えが止まらなくなる【浮気のその先が怖すぎる】映画&ドラマ特集

11月22日は「夫婦の日」として知られていますが、毎月22日を「夫婦の日」とする説もあるようです。そこで掲載日の2024年2月22日の「22日」にちなんで、夫婦円満、カップル円満を願うべく、浮気防止に効きそうな映画をご紹介します。

部活・イベント

  1. 【ARUARU海ドラDiner】サムライデザート(カップデザート)
  2. 【ARUARU海ドラDiner】トーキョー女子映画部 × Mixalive TOKYO × SHIDAX
  3. 【ARUARU海ドラDiner】サポーター集会:パンチボール(パーティサイズ)
  4. 【ARUARU海ドラDiner】プレオープン
  5. 「ARUARU海ドラDiner」202303トークゲスト集合

本サイト内の広告について

本サイトにはアフィリエイト広告バナーやリンクが含まれます。

おすすめ記事

映画『テルマ&ルイーズ 4K』スーザン・サランドン/ジーナ・デイヴィス あの名作をリメイクするとしたら、誰をキャスティングする?『テルマ&ルイーズ』

今回は『テルマ&ルイーズ』のリメイクを作るとしたら…ということで、テルマ役のジーナ・デイヴィスとルイーズ役のスーザン・サランドンをそれぞれ誰が演じるのが良いか、正式部員の皆さんに聞いてみました。

映画『ミステリと言う勿れ』菅田将暉 映画好きが選んだ2023邦画ベスト

正式部員の皆さんに2023年の邦画ベストを選んでいただきました。どの作品が2023年の邦画ベストに輝いたのか、ランキングを発表!

映画『モリコーネ 映画が恋した音楽家』エンニオ・モリコーネ トーキョー女子映画部が選ぶ 2023年ベスト10

年末恒例、今回もマイソンとシャミで、2023年のMY BEST10を選びました。俳優はMVPとして1名選出。この冬休みの映画鑑賞の参考になれば嬉しいです。

REVIEW

  1. 映画『オッペンハイマー』キリアン・マーフィー
  2. 映画『PLAY! ~勝つとか負けるとかは、どーでもよくて~』奥平大兼/鈴鹿央士/小倉史也
  3. 映画『FEAST -狂宴-』ココ・マーティン/ジャクリン・ホセ/グラディス・レイエス/リト・ラピッド
  4. 映画『ARGYLLE/アーガイル』ヘンリー・カヴィル/デュア・リパ
  5. 映画『ストリートダンサー』

PRESENT

  1. 映画『青春 18×2 君へと続く道』シュー・グァンハン/清原果耶
  2. 映画『π〈パイ〉デジタルリマスター』ショーン・ガレット
  3. 映画『ネクスト・ゴール・ウィンズ』トートバッグ
PAGE TOP