イイ俳優セレクション

ティム・ロビンス

  • follow us in feedly
  • RSS
映画『ダーク・ウォーターズ 巨大企業が恐れた男』ティム・ロビンス

1958年10月16日アメリカ、カリフォルニア州生まれ。俳優、脚本家、監督、プロデューサーなど、さまざまな顔を持つ。幼い頃から演劇に関わり、ニューヨーク州立大学とUCLAで学んだ。卒業後は1981年に劇団アクターズ・ギャングを設立。1988年、『さよならゲーム』で注目を集める。1992年『ザ・プレイヤー』で主演を飾り、カンヌ国際映画祭の主演男優賞とゴールデングローブ主演男優賞、1994年『ショーシャンクの空に』で映画俳優組合主演男優賞ノミネート、2003年『ミスティック・リバー』でアカデミー賞、ゴールデングローブ賞、映画俳優組合賞の助演男優賞を受賞。また、映画監督としても活躍しており、1992年『ボブ★ロバーツ/陰謀が生んだ英雄』で初監督を務め、ボストン映画祭作品賞、監督賞、ゴールデングローブ主演男優賞を受賞。1999年『デッドマン・ウォーキング』(監督、脚本、製作)は、アカデミー主演女優賞、ヒューマニタス賞、クリストファー賞を受賞し、ベルリン国際映画祭4部門で賞に輝いた。さらに、アカデミー賞では監督賞を含む4部門にノミネート、ゴールデングローブ賞では脚本賞にノミネート。1999年『クレイドル・ウィル・ロック』(監督、脚本、製作)で、全米批評家協会の映画製作における特別功労賞を獲得。さらに、舞台化した“デッドマン・ウォーキング”は、全米170以上の大学で上演された。また、ティム・ロビンスを含めたアクターズ・ギャングの俳優達は定期的にカリフォルニアの刑務所でアートによる更生プログラムを行い、受刑者が参加するワークショップを開催したり、ロサンゼルス周辺の恵まれない地域の小中高校生に芸術教育を提供するための教育プログラムのスポンサーを務めるなど、さまざまな活動を行っている。

イイ男セレクション/出演作

『トップガン』『ハワード・ザ・ダック/暗黒魔王の陰謀』『さよならゲーム』『キャデラック・マン』『ジェイコブス・ラダー』『ザ・プレイヤー』『ボブ★ロバーツ』(兼監督、脚本)『ショート・カッツ』『未来は今』『ショーシャンクの空に』『プレタポルテ』『星に想いを』『ナッシング・トゥ・ルーズ』『隣人は静かに笑う』『オースティン・パワーズ:デラックス』『ミッション・トゥ・マーズ』『ハイ・フィデリティ』『サベイランス -監視-』『ヒューマン・ネイチュア』『ミスティック・リバー』『CODE46』『宇宙戦争』『あなたになら言える秘密のこと』『ザスーラ』『輝く夜明けに向かって』『テネイシャスD 運命のピックをさがせ!』『エンバー 失われた光の物語』『グリーン・ランタン』『恋人はセックス依存症』『ロープ/戦場の生命線』『ダーク・ウォーターズ 巨大企業が恐れた男』など

イイ俳優セレクション/イイ俳優ポイント

ティム・ロビンスといえば、いまだに『ショーシャンクの空に』を思い浮かべます。しばらく大きな作品では観ないなと思っていましたが、『ロープ/戦場の生命線』で登場した彼はやっぱり貫禄がありました。演劇界でも活躍しているとのことで、舞台の彼も観てみたいですね。(2022/1/11)

Recommended by Myson

出演作を観てみよう!

『ダーク・ウォーターズ 巨大企業が恐れた男』
2021年12月17日より全国公開

映画『ダーク・ウォーターズ 巨大企業が恐れた男』マーク・ラファロ

下記の作品は、ブルーレイ&DVDレンタル・発売中、デジタル配信中です。
ジャケット写真をクリックすると、Amazonのデジタル配信もしくはパッケージ販売に飛びますので、ぜひご覧ください。
※一部、ブルーレイorDVDのレンタル、発売、デジタル配信がないものもございます。

『トップガン』

『ハワード・ザ・ダック/暗黒魔王の陰謀』

『キャデラック・マン』

『ザ・プレイヤー』

『ショーシャンクの空に』

『星に想いを』

『ナッシング・トゥ・ルーズ』

『隣人は静かに笑う』

『オースティン・パワーズ:デラックス』

『ハイ・フィデリティ』

『ヒューマン・ネイチュア』

『ミスティック・リバー』

『宇宙戦争』

『あなたになら言える秘密のこと』

『ザスーラ』

『輝く夜明けに向かって』

『エンバー 失われた光の物語』

『グリーン・ランタン』

『恋人はセックス依存症』

『ロープ/戦場の生命線』

©2015,REPOSADOPRODUCCIONESS.L., MEDIAPRODUCCIÓNS.L.U.
© 2021 STORYTELLER DISTRIBUTION CO., LLC.

from 2018/2/7

  • follow us in feedly
  • RSS

新着記事

映画『ポーカー・フェイス/裏切りのカード』ラッセル・クロウ ポーカー・フェイス/裏切りのカード【レビュー】

本作は、ラッセル・クロウが『ディバイナー 戦禍に光を求めて』(2014)以来、2度目の主演と監督を兼任した作品です。億万長者のジェイク(ラッセル・クロウ)は…

映画『マッチング』土屋太鳳/佐久間大介 映画と人の研究12:洋画選択時・邦画選択時の「人気俳優出演作か」参考度の比較と全体のまとめ

今回は、「人気俳優」が出演しているかを参考にする度合いについて、●比較B:「洋画ファン」「邦画ファ…

映画『漫才協会 THE MOVIE ~舞台の上の懲りない面々~』 漫才協会 THE MOVIE ~舞台の上の懲りない面々~【レビュー】

浅草にある東洋館を拠点とする漫才協会には、2023年12月現在、124組、215名の芸人が所属しています。本作は2023年に協会の会長に就任したナイツの塙宣之が監督を務め…

映画『哀れなるものたち』NYプレミア、ラミー・ユセフ ラミー・ユセフ【プロフィールと出演作一覧】

『哀れなるものたち』NYプレミア1991年3月26日アメリカ生まれ。主な出演作に、テレビシ…

映画『サイレントラブ』山田涼介/浜辺美波 映画レビュー&ドラマレビュー総合アクセスランキング【2024年1月】

映画レビュー&ドラマレビュー【2024年1月】のアクセスランキングを発表!

映画『コットンテール』リリー・フランキー/錦戸亮 コットンテール【レビュー】

日本への留学経験があるイギリス人監督、パトリック・ディキンソンの長編劇映画デビュー作である本作は…

映画『コヴェナント/約束の救出』ジェイク・ギレンホール/ダール・サリム コヴェナント/約束の救出【レビュー】

スタイリッシュな作品が印象的なガイ・リッチー監督としては、今回珍しいジャンルに挑戦しています…

映画『ネクスト・ゴール・ウィンズ』トートバッグ 『ネクスト・ゴール・ウィンズ』オリジナルトートバッグ 2名様プレゼント

映画『ウィッシュ』ポストイットパッド&ステッカーシート 3名様プレゼント

映画『翔んで埼玉 ~琵琶湖より愛をこめて~』二階堂ふみ 二階堂ふみ【プロフィールと出演作一覧】

1994年9月21日生まれ。沖縄県出身。役所広司初監督作『ガマの油』(2009)のヒロイン役で…

映画『落下の解剖学』ザンドラ・ヒュラー/ミロ・マシャド・グラネール 落下の解剖学【レビュー】

雪山の山荘で暮らす家族に、ある日突然悲劇が起きます。目が不自由な息子ダニエルは…

部活・イベント

  1. 【ARUARU海ドラDiner】サムライデザート(カップデザート)
  2. 【ARUARU海ドラDiner】トーキョー女子映画部 × Mixalive TOKYO × SHIDAX
  3. 【ARUARU海ドラDiner】サポーター集会:パンチボール(パーティサイズ)
  4. 【ARUARU海ドラDiner】プレオープン
  5. 「ARUARU海ドラDiner」202303トークゲスト集合

本サイト内の広告について

本サイトにはアフィリエイト広告バナーやリンクが含まれます。

おすすめ記事

映画『テルマ&ルイーズ 4K』スーザン・サランドン/ジーナ・デイヴィス あの名作をリメイクするとしたら、誰をキャスティングする?『テルマ&ルイーズ』

今回は『テルマ&ルイーズ』のリメイクを作るとしたら…ということで、テルマ役のジーナ・デイヴィスとルイーズ役のスーザン・サランドンをそれぞれ誰が演じるのが良いか、正式部員の皆さんに聞いてみました。

映画『ミステリと言う勿れ』菅田将暉 映画好きが選んだ2023邦画ベスト

正式部員の皆さんに2023年の邦画ベストを選んでいただきました。どの作品が2023年の邦画ベストに輝いたのか、ランキングを発表!

映画『モリコーネ 映画が恋した音楽家』エンニオ・モリコーネ トーキョー女子映画部が選ぶ 2023年ベスト10

年末恒例、今回もマイソンとシャミで、2023年のMY BEST10を選びました。俳優はMVPとして1名選出。この冬休みの映画鑑賞の参考になれば嬉しいです。

REVIEW

  1. 映画『ポーカー・フェイス/裏切りのカード』ラッセル・クロウ
  2. 映画『漫才協会 THE MOVIE ~舞台の上の懲りない面々~』
  3. 映画『サイレントラブ』山田涼介/浜辺美波
  4. 映画『コットンテール』リリー・フランキー/錦戸亮
  5. 映画『コヴェナント/約束の救出』ジェイク・ギレンホール/ダール・サリム

PRESENT

  1. 映画『ネクスト・ゴール・ウィンズ』トートバッグ
  2. 映画『パストライブス/再会』グレタ・リー/ユ・テオ
  3. 映画『パリ・ブレスト 〜夢をかなえたスイーツ〜』リアド・ベライシュ
PAGE TOP