REVIEW

ダーク・ウォーターズ 巨大企業が恐れた男

  • follow us in feedly
  • RSS
映画『ダーク・ウォーターズ 巨大企業が恐れた男』マーク・ラファロ

2016年1月6日、ニューヨーク・タイムズ紙に掲載された記事をきっかけに、環境活動家でもあるマーク・ラファロが主演、プロデューサーを兼任し本作が映画化されました。その内容とは、米ウェストバージニア州で起きた環境汚染問題をめぐり、1人の弁護士が十数年にもわたって大手化学メーカー、デュポン社と闘ってきたというもの。
まず、その地域の環境汚染の原因となった物質がいかに周辺の動物に害を与えてきたかがかなり衝撃的な描写で映し出されます。次に当然ながら動物だけでなく人間の生活にも大きな影響を及ぼしていることが明かされ、もう観ていて怖くて怖くて仕方がありません。巨大企業の中には利益のためにここまでやるところがあるのかという怖さはもちろん、これは遠いアメリカの一地域の話ではなく、世界中で使われているデュポン社のヒット商品に関わっていて、私達日本人も知らずに危険にさらされていたという怖さもあります。さらに映画化の基となった記事が出たのは2016年、私達が映画でこの事実に触れるのは今(2021年末)ということで、ずっと何も知らずにその危険にさらされていたと思うと、映画だけの話では済まされません。
誰も引き受けようとしない、誰もが諦めるような戦いに孤独に挑む弁護士ロブ・ビロットの長年の苦労にも頭が下がります。一方、外面は良く、裏で汚いやり口をどんどん繰り出してくるデュポン社には本当に腹が立ちますが、そこで働く社員達も犠牲になっていて、一部の人間の強欲のためにこんなことがまかり通るのかとこの世の不条理を痛感します。クライマックスのロブのセリフも印象的で、世の中にこういうおかしなことが起きていてもそれが放置されてしまう背景には、当事者だけの問題ではなく、私達自身のものの見方や態度にも大きく関わっているのだということを考えさせられます。困っている人に耳を傾ける、異常なことが起きている現実に目を向ける、そういうことってとても大切なんだなと反省の念も浮かびます。そうしたからといって簡単に解決するわけではありませんが、私達一人ひとりが当事者意識を持って、社会問題、環境問題、さまざまな問題を知ろうとするところから始めなければいけないのだなと感じました。世界中の99%の人がこの汚染にさらされたという衝撃的な事実があるので、皆さんも本作を観て何が世の中で起きているのか知っておくべきだと思います。

デート向き映画判定
映画『ダーク・ウォーターズ 巨大企業が恐れた男』アン・ハサウェイ

巨大企業を相手にすべてを投げ打って戦い続けるロブ・ビロットもスゴいですが、彼の妻サラ(アン・ハサウェイ)も大変な苦労を味わったのが本作から伝わってきます。夫が心配だし、子ども達がいる生活も不安になるなかで、どこまで相手を支えられるのか。ロブ達のような事態までではなくてもこういう立場に追い込まれた時にどうしたいか、どうあるべきか、本作を観ると客観視できる部分があると思います。ここはハッキリ価値観が分かれるところかなと思うので、夫婦だけでなく結婚を念頭に入れているカップルも敢えて一緒に観て語り合うと将来を占えるかもしれません。

キッズ&ティーン向き映画判定
映画『ダーク・ウォーターズ 巨大企業が恐れた男』マーク・ラファロ/ティム・ロビンス

裁判の駆け引きの部分はキッズにはまだ難しそうなところがありますが、全体的には何が起きているか理解できると思います。これは実話であり、似たようなことは世の中で他にも起きているので、ぜひ社会勉強としても若い世代の方に観て欲しいです。人間としてどうありたいかというのも考えさせられる内容なので、お手本にできる大人、反面教師となる大人、いろいろな大人をよく観察してください。

映画『ダーク・ウォーターズ 巨大企業が恐れた男』マーク・ラファロ

『ダーク・ウォーターズ 巨大企業が恐れた男』
2021年12月17日より全国公開
キノフィルムズ
公式サイト

TEXT by Myson

© 2021 STORYTELLER DISTRIBUTION CO., LLC.

関連記事
  • follow us in feedly
  • RSS

新着記事

映画『陰陽師0』山﨑賢人 陰陽師0【レビュー】

陰陽師、安倍晴明の映画は以前にも作られていたのでそのイメージは強く残りながら観たものの、本作はまったく新しい…

映画『ザ・タワー』 ザ・タワー【レビュー】

これまでも建物内を舞台に、孤立無援となり生存が困難になった世界を描いた作品は…

中国ドラマ『消せない初恋』ヤン・ヤン/ワン・チューラン 中国ドラマ『消せない初恋』オリジナルQUOカード(500円分) 3名様プレゼント

中国ドラマ『消せない初恋』オリジナルQUOカード(500円分) 3名様プレゼント

海外ドラマ『三体』リーアム・カニンガム/ジェス・ホン 三体【レビュー】

“三体”ってどういうことなのか、タイトルだけ見ても想像がつきませんね。でも…

映画『52ヘルツのクジラたち』余貴美子 余貴美子【プロフィールと出演作一覧】

1956年5月12日生まれ。神奈川県出身。『あ、春』(1998)と『学校Ⅲ』(1998)で、日本ア…

映画『東京リベンジャーズ』吉沢亮/山田裕貴 ポッドキャスト【だからワタシ達は映画が好き】6〜ヤンキー映画の話

“東京リベンジャーズ”“今日から俺は!!”“ROOKIES”など、ヤンキー映画の魅力って何だろねって話から、中学生時代の映画鑑賞について話しています。

映画『ゴジラ-1.0』 傾向が似ている映画は?2023年の邦画人気作の相関分析をやってみた!【映画研究】映画人心解剖17

今回は、2023年邦画ベストの投票で得たデータをもとに、映画鑑賞頻度と作品の相関分析、作品同士の相関分析を行いました。

映画『不死身ラヴァーズ』見上愛 『不死身ラヴァーズ』監督登壇!トークイベント付き一般試写会 10組20名様ご招待

映画『不死身ラヴァーズ』監督登壇!トークイベント付き一般試写会 10組20名様ご招待

映画『プリシラ』ケイリー・スピーニー/ジェイコブ・エロルディ プリシラ【レビュー】

REVIEWソフィア・コッポラ監督は、1985年に出版されたプリシラ・プレスリー著「私のエ…

映画『毒親<ドクチン>』チャン・ソヒ/カン・アンナ 絆を生むのか、壊すのか【家族のヒミツ】特集

強いインパクトを放つ家族の物語を描いた作品が続々と公開されるのにちなんで、今回は家族の秘密が鍵となる作品をご紹介します。

部活・イベント

  1. 【ARUARU海ドラDiner】サムライデザート(カップデザート)
  2. 【ARUARU海ドラDiner】トーキョー女子映画部 × Mixalive TOKYO × SHIDAX
  3. 【ARUARU海ドラDiner】サポーター集会:パンチボール(パーティサイズ)
  4. 【ARUARU海ドラDiner】プレオープン
  5. 「ARUARU海ドラDiner」202303トークゲスト集合

本サイト内の広告について

本サイトにはアフィリエイト広告バナーやリンクが含まれます。

おすすめ記事

映画『ウォンカとチョコレート工場のはじまり』ティモシー・シャラメ 映画好きが選んだ2023洋画ベスト

正式部員の皆さんに2023年の洋画ベストを選んでいただきました。どの作品が2023年の洋画ベストに輝いたのでしょうか?

映画『テルマ&ルイーズ 4K』スーザン・サランドン/ジーナ・デイヴィス あの名作をリメイクするとしたら、誰をキャスティングする?『テルマ&ルイーズ』

今回は『テルマ&ルイーズ』のリメイクを作るとしたら…ということで、テルマ役のジーナ・デイヴィスとルイーズ役のスーザン・サランドンをそれぞれ誰が演じるのが良いか、正式部員の皆さんに聞いてみました。

映画『ミステリと言う勿れ』菅田将暉 映画好きが選んだ2023邦画ベスト

正式部員の皆さんに2023年の邦画ベストを選んでいただきました。どの作品が2023年の邦画ベストに輝いたのか、ランキングを発表!

REVIEW

  1. 映画『陰陽師0』山﨑賢人
  2. 映画『ザ・タワー』
  3. 海外ドラマ『三体』リーアム・カニンガム/ジェス・ホン
  4. 映画『プリシラ』ケイリー・スピーニー/ジェイコブ・エロルディ
  5. 映画『オーメン:ザ・ファースト』ネル・タイガー・フリー

PRESENT

  1. 中国ドラマ『消せない初恋』ヤン・ヤン/ワン・チューラン
  2. 映画『不死身ラヴァーズ』見上愛
  3. ドラマ特区『ゴーストヤンキー』
PAGE TOP