キャリア・仕事

あなただけのキャリア12:転機によって自分を知る【シュロスバーグの3つの転機】

  • follow us in feedly
  • RSS
映画『マイ・ニューヨーク・ダイアリー』マーガレット・クアリー/シガニー・ウィーバー

人生には転機がつきものです。転機の中には、自分のキャリアを大きく変化させるものがあります。今回は、キャリアを考える上での転機について、ナンシィ・シュロスバーグの理論をご紹介します。また転機とキャリアについて、映画『マイ・ニューヨーク・ダイアリー』を題材に考えてみます。

ネタバレ注意!『マイ・ニューヨーク・ダイアリー』

シュロスバーグは、転機を下記の3つのタイプに分けて定義しています。
■予測していた転機
■予測していなかった転機
■期待していたものが起こらなかった転機

渡辺(2018)

ここでいう転機というのは、仕事に関わることに限りません。3つのタイプに当てはまる転機は人によって異なるところはありますが、具体例として、“予測していた転機”は、進学や就職といった多くの人が生きていく上で経験するようなこと、“予測していなかった転機”は、転校、離婚、事故、失業といったこと、期待していたものが起こらなかった転機は、結婚するつもりがしなかったとか、昇進できると思っていたのにできなかったといったことが挙げられるでしょう。

映画『マイ・ニューヨーク・ダイアリー』の主人公は、あらゆる面で転機を迎えています。まず彼女は小説家になるという夢を追い求めてニューヨークにやってきました。ここで生活そのものも、周囲との付き合いもがらりと変わります。そして、夢を追うにも生活費は必要なので、出版エージェンシーでアシスタントの仕事を見つけました。さらに彼女は地元に恋人がいましたが、途中から彼とは連絡を取らなくなり、ニューヨークで別の男性と新しい関係を築きます。彼女の引っ越しと就職は彼女の意志で行ったことなので“予測していた転機”、地元に残してきた恋人との別れとニューヨークでできた新しい彼氏については”予測していなかった転機“と捉えられそうです。

映画『マイ・ニューヨーク・ダイアリー』マーガレット・クアリー

これらの転機は彼女のキャリアにどんな影響を与えたか、私なりの解釈をしてみます。ニューヨークに出てきて、著名な作家の小説を手掛ける出版エージェンシーのアシスタントになれたことは、小説家を目指す主人公にとっては一歩夢に近づけた事柄と言えるでしょう。そして、恋愛については一見キャリアに直接関係はなさそうですが、彼女が自分の価値観を見つめ直す上でとても重要な要素となっています。自分のことを大切にしてくれている相手なのかという観点で彼女は自分の恋愛を振り返り、何を求めてニューヨークにやってきたのかを思い出したのではないかと受け取れます。

また彼女は“期待していたものが起こらなかった転機”も体験します。これが彼女のキャリアに大きなインパクトを与えたと思います。ちょっとひねった解釈になりますが、私は彼女の転機をこう解釈しました。彼女は仕事で手柄を立てて昇進を持ちかけられます。もし彼女が昇進を心から望んでいて、将来も出版エージェントとしてやっていきたいという気持ちに変わっていたのなら、これは期待していた転機ということになるでしょう。でも昇進の喜びはわかなかったことで、この昇進は彼女が望んだものではないとわかります。つまり、彼女は昇進の喜び(=期待していたもの)がわかなかったことで、自分の本心を知り、自分が目指すものはやっぱり小説家だと気付くのです。

映画『マイ・ニューヨーク・ダイアリー』マーガレット・クアリー

本作で主人公は出版エージェンシーの仕事が決まった時点で、夢に大きく近づいたように見えます。もし、私達が彼女と同じ立場でもきっと夢に大きく近づいたと感じるでしょう。でも、中身は似て非なるもの。出版エージェントも小説家も同じく“小説”に携わる立場であっても、全く異なる職業です。ただ、現実的には、小説家になりたかったけれどエージェントをやってみたらそっちのほうが自分に合っていたと感じる人もいれば、まだ小説家になりたい気持ちはあるけれど、せっかくエージェントで昇進できるのならそれでも良いかなと考える人もいるでしょう。主人公のようにやっぱり初志貫徹で小説家になることを諦めないという人もいると思います。結局それは自分で決めることであって、どれが正解というのはありません。

とにかく大事にしたいのは、自分の気持ちや意志です。どんな職業に就きたいか、何者になりたいかは、生きていく間に変化していきます。それはあらゆる転機を経験していくなかで変わっていき、それを自分がどう捉えるか、そこで何を選択するかによって決まっていくと思います。転機に一喜一憂するに留まらず、これから生きていくために大きなヒントを得られると思って、その転機をどう解釈して乗り越えるか、これまで以上に意識を向けるだけで、一層自分が望むキャリアを築けるのではないでしょうか。

<参考・引用文献>
渡辺三枝子ほか(2018)「新版 キャリアの心理学[第2版]キャリア支援への発達的アプローチ」ナカニシヤ出版

オススメのお仕事映画

映画『マイ・ニューヨーク・ダイアリー』マーガレット・クアリー/シガニー・ウィーバー

『マイ・ニューヨーク・ダイアリー』
2022年5月6日より全国公開

REVIEW/デート向き映画判定/キッズ&ティーン向き映画判定

同じ小説に携わる仕事でも、主人公がなりたいのは小説家。彼女がその思いを改めて自覚するプロセスは、仕事の内容が自分に合っているのか悩んでいる方にはすごくリアルに参考になると思います。

9232-2437 Québec Inc – Parallel Films (Salinger) Dac © 2020 All rights reserved.

映画『劇場版ラジエーションハウス』窪田正孝/本田翼/広瀬アリス/浜野謙太/丸山智己/山口紗弥加/遠藤憲一/八嶋智人

『劇場版ラジエーションハウス』
2022年4月29日(金)より全国公開中

浜野謙太さんインタビュー

自分がやりたい仕事をやっていて、もっと上を目指したいと思う時、何のためにその仕事をやっているのかという原点に戻ると、次に何をするべきなのかわかるのかもしれません。

©2022横幕智裕・モリタイシ/集英社・映画「ラジエーションハウス」製作委員会

TEXT by Myson(国家資格キャリアコンサルタント/認定心理士)

  • follow us in feedly
  • RSS

新着記事

映画『1950 鋼の第7中隊』ウー・ジン 1950 鋼の第7中隊

ツイ・ハーク、チェン・カイコー、ダンテ・ラムが監督を務め、製作費270億円が投じられた本作は…

映画『NOPE/ノープ』キキ・パーマー キキ・パーマー

1993年8月26日アメリカ、イリノイ州ハーヴェイ生まれ。シンガー、俳優、声優など…

映画『ドライビング・バニー』エシー・デイヴィス/トーマシン・マッケンジー ドライビング・バニー

キービジュアルから、ポップで可愛い映画なのかと思いきや…

映画『ぼくらのよあけ』 『ぼくらのよあけ』一斉試写会 10組20名様ご招待

映画『ぼくらのよあけ』一斉試写会 10組20名様ご招待

映画『スーパー30 アーナンド先生の教室』リティク・ローシャン リティク・ローシャン

1974年1月10日インド、ムンバイ生まれ。父はプロデューサー、監督、脚本家、俳優である…

映画『アムステルダム』ワールドプレミア、クリスチャン・ベール夫妻 クリスチャン・ベール、マーゴット・ロビーら豪華キャスト&スタッフ集結!『アムステルダム』ワールドプレミア

デヴィッド・O・ラッセル監督による7年ぶりの新作『アムステルダム』が、2022年10月28日より全国公開となります。先日、ニューヨークにてワールドプレミアが開催され、クリスチャン・ベール、マーゴット・ロビー、ジョン・デヴィッド・ワシントンをはじめ、ラミ・マレック、ロバート・デ・ニーロら豪華キャスト&スタッフが一堂に会しました。

海外ドラマ『デビアスなメイドたち シーズン1』アナ・オルティス/ダニア・ラミレス/ロゼリン・サンチェス/ジュディ・レイズ デビアスなメイドたち

『デスパレートな妻たち』が好きな人にオススメ!

映画『グッバイ・クルエル・ワールド』片岡礼子 片岡礼子(かたおか れいこ)

1971年12月20日生まれ。愛媛県出身。 1993年、『二十歳の微熱』でデビュー。『愛の新世界』(1994)で…

海外ドラマ『Why Women Kill 〜ファビュラスな⼥たち〜』ルーシー・リュー 海外ドラマ最新作バトル2022年9月号Part2

「海外ドラマがたくさんあって、どれを選べば良いかわからない」という方に向けた本企画。今回も、新作海外ドラマをピックアップし、ジャンルや内容が近い組み合わせで、作品情報と予告編を観て、それぞれの魅力を比較してみました。今回はどんな作品が挙がったのでしょうか?ぜひ作品選びの参考にしてください。

映画『あの娘は知らない』福地桃子さんインタビュー 『あの娘は知らない』福地桃子さんインタビュー

喪失感を抱えて⽣きる男⼥が出会い、お互いの孤独に寄り添いながら少しずつ前に歩み出していく様が描かれている映画『あの娘は知らない』。今回は、本作で主演を飾った福地桃子さんにお話をうかがいました。撮影現場で感じたことや、俳優のお仕事を始めたきっかけについて聞いてみました。

部活・イベント

  1. 記事作成部活20220720:初秋最新作
  2. 記事作成部活20220720:初秋最新作
  3. Pixabayによる写真:大人の女性2人おしゃべりイメージ
  4. Pixabayによる写真:若いビジネスウーマン2人おしゃべりイメージ
  5. Pixabayによる写真:若い女性2人おしゃべりイメージ

おすすめ記事

海外ドラマ『Why Women Kill 〜ファビュラスな⼥たち〜』ルーシー・リュー 海外ドラマ最新作バトル2022年9月号Part2

「海外ドラマがたくさんあって、どれを選べば良いかわからない」という方に向けた本企画。今回も、新作海外ドラマをピックアップし、ジャンルや内容が近い組み合わせで、作品情報と予告編を観て、それぞれの魅力を比較してみました。今回はどんな作品が挙がったのでしょうか?ぜひ作品選びの参考にしてください。

映画『ミーティング・ザ・ビートルズ・イン・インド』ザ・ビートルズ 映画好き目線でそそる2022年9月公開の映画を紹介

2022年9月も気になる作品が目白押し!今回は、ポスター部門、予告編部門、大穴部門と分け、それぞれ映画好き目線でジャッジしました。

海外ドラマ『超サイテーなスージーの日常』ビリー・パイパー 海外ドラマ最新作バトル2022年9月号

「海外ドラマがたくさんあって、どれを選べば良いかわからない」という方に向けた本企画。第2回目の今回…

記事作成部活20220720:初秋最新作 あなたの映画愛、ドラマ愛を形に!【記事作成部活】2022年9月度参加者募集

9月は韓国ドラマの回もオンラインで実施します!

映画『地下室のヘンな穴』アラン・シャバ/レア・ドリュッケール キャッチコピーと予告編で観たくなる最新映画ランキング2022年8月号

キャッチコピーと予告編は、映画の宣伝で重要な役割を果たしています。ということで、この企画ではキャッチコピーと予告編に着目して観たい映画を選ぶとどうなるのかランキングにしています。今回はどんな作品が挙がったのでしょうか?

海外ドラマ『キャシアン・アンドー』ディエゴ・ルナ 海外ドラマ最新作バトル2022年8月号

本企画では、新作海外ドラマをピックアップして、ジャンルや内容が近い組合せで、それぞれの魅力を比較してみました。ぜひ作品選びの参考にしてください。

映画『ソニック・ザ・ムービー/ソニック VS ナックルズ』ジム・キャリー “俳優引退!?”記念 ジム・キャリー人気作品ランキング

『マスク』『エターナル・サンシャイン』『トゥルーマン・ショー』など、数々の名作に出演の名俳優、ジム…

映画『ブレット・トレイン』ブラッド・ピット/アーロン・テイラー=ジョンソン 映画好き目線でそそる2022年初秋公開映画を紹介

今回は一足お先に初秋の映画をご紹介。正式部員から立候補してくださった皆さんと「映画好き目線でそそる初秋公開映画」を選びました。そそる項目も皆で決めてチャートも作ってみました。参考にしてみてください。

映画『なまず』イ・ジュヨン キャッチコピーと予告編で観たくなる最新映画ランキング2022年7月号

キャッチコピーと予告編は、映画の宣伝で重要な役割を果たしています。ということで、この企画ではキャッ…

映画『ショーシャンクの空に』ティム・ロビンス/モーガン・フリーマン あの名作をリメイクするとしたら、誰をキャスティングする?『ショーシャンクの空に』

今回は『ショーシャンクの空に』4Kデジタルリマスター版の劇場公開にちなんで、「勝手にキャスティング企画!」としてアンディ(アンドリュー・デュフレーン)役のティム・ロビンスとレッド(エリス・ボイド・レディング)役のモーガン・フリーマンをそれぞれ誰が演じるのが良いか、正式部員の皆さんに考えていただきました。

REVIEW

  1. 映画『1950 鋼の第7中隊』ウー・ジン
  2. 映画『ドライビング・バニー』エシー・デイヴィス/トーマシン・マッケンジー
  3. 海外ドラマ『デビアスなメイドたち シーズン1』アナ・オルティス/ダニア・ラミレス/ロゼリン・サンチェス/ジュディ・レイズ
  4. 映画『マイ・ブロークン・マリコ』永野芽郁
  5. 映画『アイ・アム まきもと』阿部サダヲ
  6. 映画『ダウントン・アビー/新たなる時代へ』ヒュー・ボネヴィル/ローラ・カーマイケル/ジム・カーター/ブレンダン・コイル/ミシェル・ドッカリー/ケヴィン・ドイル/ジョアン・フロガット/マシュー・グード/ハリー・ハッデン=パトン/デヴィッド・ヘイグ/ジェラルディン・ジェームズ/ロブ・ジェームス=コリアー/サイモン・ジョーンズ/アレン・リーチ/フィリス・ローガン/エリザベス・マクガヴァン/ソフィー・マックシェラ/タペンス・ミドルトン/スティーヴン・キャンベル・ムーア/レスリー・ニコル/ケイト・フィリップス/マギー・スミス/イメルダ・スタウントン/ペネロープ・ウィルトン/ヒュー・ダンシー/ローラ・ハドック/ナタリー・バイ/ドミニク・ウェスト
  7. 映画『スーパー30 アーナンド先生の教室』リティク・ローシャン
  8. 映画『秘密の森の、その向こう』ジョセフィーヌ・サンス/ガブリエル・サンス
  9. 映画『LAMB/ラム』ノオミ・ラパス/ヒルミル・スナイル・グズナソン
    LAMB/ラム

  10. 映画『犬も食わねどチャーリーは笑う』香取慎吾/岸井ゆきの
PAGE TOP