特集

あなただけのキャリア1:コロナ禍の新卒者はどうしてる?

  • follow us in feedly
  • RSS
映画『オズランド 笑顔の魔法おしえます。』波瑠/西島秀俊

今年は新型コロナウィルス感染症で変化の年になりました。働き方も大きく見直され、業界毎に慣習を見直す必要性も出てきました。同時に個々にこれからの生き方を考えるきっかけとなり、自身のキャリアについて見直している人も多いのではないでしょうか。そこで、キャリアについて考える連載を今回からスタートします。キャリアコンサルタントとしての見地と、私自身の経験から、皆さんそれぞれに合ったキャリアを築いていくためのヒントを少しでもご提供できればと思いますので、よろしくお願いします。

初回となる今回は、「コロナ禍の新卒者はどうしてる?」ということで、新卒者の生の声をお届けします。アンケートに答えてくれたのは、弊社が運営する(現在はお休み中)学生映画宣伝局で在学中にエージェントとして活動してくれた、皆2020年3月に卒業したメンバーです。

Aさん
●業界:IT
●今苦労していること、楽しいと思うこと
苦労しているのは同期との繋がりが薄いこと。本来なら集合研修で実際に顔を合わせて仲を深めることができたが、研修がすべてオンラインになってしまったので、距離を縮めるのが難しい。また、6月から配属となったが、他の社員がコロナ禍のイレギュラーな対応に忙しそうにしている中で、新入社員である自分がお荷物になっているような気がして少しつらい。楽しいと思うことは、日々学ぶことばかりで、伸びしろがあること。新入社員という肩書きだけで、みんな優しく親切にしてくれること。あとは研修していただけなのに、学生時代の倍くらいのお給料をもらえたこと(笑)。
●働く前の想像と違ったこと
IT企業に就職したので、都心のオフィスでパソコンをいじって…という業務を想像していた。しかし実際は、田んぼに囲まれた郊外の現場を訪れることも多く、かなり想像と違った。自宅で黙々とオンライン研修を受けるよりは、現場でいろいろ見させてもらった方が楽しいので、ポジティブに捉えている(笑)。

Bさん
●業界:エンタメ
●今苦労していること、楽しいと思うこと
コロナウイルスの関係で仕事が始まって3週間しか経っていないこともあり、今はまだすべてが新鮮で楽しく感じています!任せてもらえるお仕事は簡単なものばかりですが、資料をまとめたり外部の方とお話をしている時は、会社の1人として働いてるということを実感できて楽しいです!苦労していることは業界用語とマナーです。初めて聞く言葉が多く、会議では聞くだけで精一杯になっている点に苦労しています。また、マナーについては学生の頃に社会人マナーの講義で学んでいましたが、実際に働いてみると知らないことが多くあり日々勉強しています。
●働く前の想像と違ったこと
良い意味で違ったことは、業界のイメージとして男性が多く殺伐とした雰囲気を想像していたのですが、実際は女性が多く明るい雰囲気だったので驚きました(笑)。

Cさん
●業界:放送(テレビ)
●今苦労していること、楽しいと思うこと
覚えることが多く、覚えてもそれを仕事で上手く使えなくて苦戦することが多い。仕事上速さと正確さが求められるので尚更混乱してしまう。多くの人に観てもらう機会があり、反響を身をもって感じることができる。それが今の仕事のモチベーションになっており、自分が作ったものが世に流れているのを見ると嬉しいと感じる。
●働く前の想像と違ったこと
正直想像していた通りだった。この業界は忙しいし、長時間働かないと仕事が回らない。しかし、その分ちゃんと休みも取れるしお給料も働いた分貰える。また、私の就職した会社に限った話しかもしれないが上司がとても優しいし、フレンドリーだったことが驚きだった。

Dさん
●業界:広告
●今苦労していること、楽しいと思うこと
4月は自宅待機、5月になりzoomでのリモート研修、6月からはやっと週2〜3回出社しながらお仕事をしています。苦労することは3ヶ月経った今もまだ直接お会いできていない部署の方がいることで、まだ部署の皆さんと仲良く会話をできないことです。ですが、今は天職なんじゃないかと思うほど仕事が楽しく、この会社に出会って良かったと思う日々が続いています。
●働く前の想像と違ったこと
私達はアフターコロナ世代。コロナの前の会社を知りません。だからこそ「前はこうやったのに…」と感じることはなくすべてをすんなり受け入れられます。zoomでの会議も時差出勤も何もかも、それが普通の考えから始められます。その前を知らないという点は良くも悪くもあると思いますが、考え方次第でなんでも変えられるなと思っています。会社に対するギャップという意味では、なんていい人たちなんだといういい意味でのギャップしかなく、まだ始まったばかりで気が張っているのか毎朝すっきり起きられます。大きく会社も世界も変わっている今をアフターコロナの私達が新しい風を吹かせられるように頑張っていきたいと思います!楽しみです!

とても前向きで積極的な彼女達だからこそ、この状況でも見方を変えてうまく適応しているんだなと感じます。そして、新入社員はいろいろなことがわからなくて当たり前。その特権を活かせるのは今のうちです。今の自分ができることできないことを自覚しながらも、何とか役に立つようにという気持ちや姿勢があれば、上司や先輩達はいろいろと教えたくなるし、助けてくれるはずです。
そして次に紹介するお2人は独自の就活をしたケースです。

Xさん
マスコミ・メディア業界に内定。実はまだ大学生で2020年9月卒業で、2021年4月に入社予定です。留学から帰ってきて就活したので1年遅れる結果になりました。コロナ禍で内定先研修もオンライン上なので、まだなかなか実感が湧きませんが、とりあえずは卒論を頑張ります!

留学したいけれど、就活が遅れてしまうことを不安に思う学生も多そうですが、皆から就活の遅れを取っていることよりも、留学で何を学んできてそれを仕事でどう活かせるかを自覚しているかどうかが肝心です。就職活動、転職活動をする上で、まず自己理解、仕事理解が大切とされますが、自分の強みが何なのかを意識し、留学する前も何を得て帰ってくるのかという意識を忘れなければ、それがきっと強みになります。

Yさん
今私はCGの制作でプロの方に弟子入りしている状況です。去年1年間(在学中)、CGで映画祭に出す作品制作をやってみて、すごく楽しくて、この道に進みたいと思うようになりました。ですが、何せ独学で映画祭用の動画制作に集中していたため、就活に必要な技術などはありませんでした。なので、一度就職してお金を貯めてから学校に通おうかなと思い、4月に自分の時間も作れるような事務系の仕事に就いたところでした。そんな時にコロナの影響で仕事のシフトがかなり減ったため、チャンスかなとCGの就職ができる技術をオンラインで学んでいました。その中で物は試しとプロの方に弟子入りを申し出たところ受け入れてくださることになり、この状況になります。
流石に仕事と弟子入りの両立は不可能だったので、今はCGを学びながらフリーターです。

独学でCG制作を学び、自分が進みたい道に進むために試行錯誤したYさんのお話を聞くと、「習ってないから」とか「専門学校に行ってないから」というような枠に囚われずにチャレンジすれば、道が開けるという希望をもらえますね。そして同時に、彼女は自分のやりたい仕事を目指す道を歩みたいからこそ、今の生活を維持する術もちゃんと考えた行動を取っています。夢を追うために現実もしっかり受けとめて両立させる!これはとても重要なことだと思います。

映画『オズランド 笑顔の魔法おしえます。』波瑠/西島秀俊

学生の皆さんはやりたい仕事に就ける就職先はどこかを考えるところからスタートすると思いますが、意外に道はいろいろあるものです。「絶対にここに入りたい」という強い思いも時には必要ですが、視野を広げてみるともっと可能性がたくさんあることに気付くでしょう。ではどういう風に視野を広げれば良いのか。それは次回お届けします。

オススメのお仕事映画

『オズランド 笑顔の魔法おしえます。』
Amazonプライムビデオにて配信中(レンタル、セルもあり)
ブルーレイ・DVDレンタル&発売中

REVIEW/デート向き映画判定/キッズ&ティーン向き映画判定
波多野貴文監督インタビュー

憧れの仕事に就いたのに想像と違う!でも、それって早合点かも。まずはその仕事をいろいろな角度から学んだ上で、自分ができることは何かを見つけて、いつかやりたい仕事をやらせてもらえるように頑張りましょう。

オズランド 笑顔の魔法おしえます。

©小森陽一/集英社 ©2018 映画「オズランド」製作委員会

TEXT by Myson(国家資格キャリアコンサルタント)

関連記事
  • follow us in feedly
  • RSS

新着記事

映画『リバー、流れないでよ』藤谷理子/永野宗典/角田貴志/酒井善史/諏訪雅/石田剛太/中川晴樹/土佐和成/鳥越裕貴/本上まなみ/近藤芳正 ポッドキャスト【だからワタシ達は映画が好き】3〜MY 2023年ベスト10振り返り第2弾

「トーキョー女子映画部が選ぶ 2023年ベスト10」をもとに、4位から6位までの…

映画『PLAY! ~勝つとか負けるとかは、どーでもよくて~』奥平大兼/鈴鹿央士/小倉史也 PLAY! ~勝つとか負けるとかは、どーでもよくて~【レビュー】

徳島の高等専門学校を舞台に描かれている本作は、個性がバラバラの3人の生徒がeスポーツの大会に出場した実話を…

映画『FEAST -狂宴-』ココ・マーティン/ジャクリン・ホセ/グラディス・レイエス/リト・ラピッド FEAST -狂宴-【レビュー】

本作を観た後の印象はもしかしたら真っ二つに分かれるのかも…

【東京コミコン2023】テムエラ・モリソン、ダニエル・ローガン テムエラ・モリソン【プロフィールと出演作一覧】

1960年12月26日ニュージーランド生まれ。1988年、“Never Say Die(原題)”に出演。1994年…

映画『ARGYLLE/アーガイル』ヘンリー・カヴィル/デュア・リパ ARGYLLE/アーガイル【レビュー】

どんだけ、どんでん返しがあるんだ!ってくらい、カラクリが施されていて…

映画『ストリートダンサー』 ストリートダンサー【レビュー】

歌とダンスが見せ場のインド映画で、ダンス映画となれば、どれだけダンスが盛り込まれるのだろうと思ったら…

映画『リトル・マーメイド』ハリー・ベイリー ハリー・ベイリー【プロフィールと出演作一覧】

2000年3月27日アメリカ、ジョージア州生まれ。3歳の頃から子役として活動を始め…

海外ドラマ『ラブ&デス』エリザベス・オルセン/ジェシー・プレモンス やましい人は震えが止まらなくなる【浮気のその先が怖すぎる】映画&ドラマ特集

11月22日は「夫婦の日」として知られていますが、毎月22日を「夫婦の日」とする説もあるようです。そこで掲載日の2024年2月22日の「22日」にちなんで、夫婦円満、カップル円満を願うべく、浮気防止に効きそうな映画をご紹介します。

映画『マダム・ウェブ』ダコタ・ジョンソン/シドニー・スウィーニー/イザベラ・メルセド/セレステ・オコナー/タハール・ラヒム マダム・ウェブ【レビュー】

マーベル作品で蜘蛛といえば“スパイダーマン”ということで、何か関連が…

映画『青春 18×2 君へと続く道』シュー・グァンハン/清原果耶 『青春 18×2 君へと続く道』キャスト&監督登壇、完成披露試写会 【18組×2名=36名】ご招待

映画『青春 18×2 君へと続く道』キャスト&監督登壇、完成披露試写会 【18組×2名=36名】ご招待

部活・イベント

  1. 【ARUARU海ドラDiner】サムライデザート(カップデザート)
  2. 【ARUARU海ドラDiner】トーキョー女子映画部 × Mixalive TOKYO × SHIDAX
  3. 【ARUARU海ドラDiner】サポーター集会:パンチボール(パーティサイズ)
  4. 【ARUARU海ドラDiner】プレオープン
  5. 「ARUARU海ドラDiner」202303トークゲスト集合

本サイト内の広告について

本サイトにはアフィリエイト広告バナーやリンクが含まれます。

おすすめ記事

映画『テルマ&ルイーズ 4K』スーザン・サランドン/ジーナ・デイヴィス あの名作をリメイクするとしたら、誰をキャスティングする?『テルマ&ルイーズ』

今回は『テルマ&ルイーズ』のリメイクを作るとしたら…ということで、テルマ役のジーナ・デイヴィスとルイーズ役のスーザン・サランドンをそれぞれ誰が演じるのが良いか、正式部員の皆さんに聞いてみました。

映画『ミステリと言う勿れ』菅田将暉 映画好きが選んだ2023邦画ベスト

正式部員の皆さんに2023年の邦画ベストを選んでいただきました。どの作品が2023年の邦画ベストに輝いたのか、ランキングを発表!

映画『モリコーネ 映画が恋した音楽家』エンニオ・モリコーネ トーキョー女子映画部が選ぶ 2023年ベスト10

年末恒例、今回もマイソンとシャミで、2023年のMY BEST10を選びました。俳優はMVPとして1名選出。この冬休みの映画鑑賞の参考になれば嬉しいです。

REVIEW

  1. 映画『PLAY! ~勝つとか負けるとかは、どーでもよくて~』奥平大兼/鈴鹿央士/小倉史也
  2. 映画『FEAST -狂宴-』ココ・マーティン/ジャクリン・ホセ/グラディス・レイエス/リト・ラピッド
  3. 映画『ARGYLLE/アーガイル』ヘンリー・カヴィル/デュア・リパ
  4. 映画『ストリートダンサー』
  5. 映画『マダム・ウェブ』ダコタ・ジョンソン/シドニー・スウィーニー/イザベラ・メルセド/セレステ・オコナー/タハール・ラヒム

PRESENT

  1. 映画『青春 18×2 君へと続く道』シュー・グァンハン/清原果耶
  2. 映画『π〈パイ〉デジタルリマスター』ショーン・ガレット
  3. 映画『ネクスト・ゴール・ウィンズ』トートバッグ
PAGE TOP