キャリア・仕事

あなただけのキャリア2-1:「好きな仕事をする」の意味を考える<1>

  • follow us in feedly
  • RSS
映画『ソニック・ザ・ムービー』ジム・キャリー

数々の名作に出演し、俳優だけでなく、プロデューサーをやったり、絵本や小説を出したりとマルチに活躍するジム・キャリーは、『ソニック・ザ・ムービー』の公式資料によると、2014年5月にアイオワ州フェアフィールドにあるマハリシ経営大学から名誉博士号を贈られ、その大学の卒業式でこうスピーチしたそうです。

映画『ソニック・ザ・ムービー』ジム・キャリー
ソニック・ザ・ムービー
2020年6月26日より全国公開
©2019 PARAMOUNT PICTURES AND SEGA OF AMERICA, INC. ALL RIGHTS RESERVED.

好きでない仕事で失敗することもあるのだから、
好きな仕事をする可能性に賭けてみたほうがいい

なんて素敵な言葉でしょう!でも、「好きな仕事をする」って、どういうことをさすのでしょうか?ちまたでは、好きな仕事をすることに肯定派と反対派がいますが、そもそも「好きな仕事」の概念が異なるので、どちらが正しいということではないように思います。では、「好きな仕事をする」を現実的に叶えるために、その解釈、背景を考えてみたいと思います。

まず“好き”の対象をイメージする時、例えば「私は映画が好きだから、映画に関わる仕事をしたいです」と思うのは自然です。
でも、映画に関わる仕事といってもたくさんある中で、何でも良いのかというと、きっと皆さんそうではないですよね。また、「映画が好き」の背景に何があるのかを考えてみると、少し見え方が変わってくると思います。

映画関連のお仕事で皆さんが良く知る役割を例に考えてみましょう。俳優、監督、プロデューサー、カメラマン、音響、照明…とこれだけでも、やることが全然違うのがわかります。映画制作の現場以外の仕事では、宣伝、買付、営業(劇場に対してなど)、映画館運営、パンフレット制作、グッズ制作、映画媒体ライターや編集者…と本当にたくさんの仕事があります。映画監督や俳優、制作系以外で、映画の仕事をしたいと思った時、就職先としてすぐに思いつくのは映画会社だと思いますが、前述のように多種多様な職種があることを踏まえてイメージすると、就職先は無数にあると言えます。

さらに、本業として映画に携わっている会社もあれば、本業は別の業種で、一部の部署またはグループ会社の1つが映画に携わっているというケースもあります。また、出版社などでいうと、ファッション雑誌やスポーツ雑誌を扱うのと同列で映画雑誌を取り扱う部門があったり、広告代理店の中で映画担当がいたりと、職種が先にあり、その中で何を扱うかが決まっているというケースもあります。

そう考えると、ただ“映画が好き”というだけでは、好きな仕事が何かを考えるにはまだ不十分で、むしろ“映画”は扱う商品、ジャンルでしかないので、「映画にまつわる何をしたいのか」から考えたほうがより具体的にイメージしやすいでしょう。そして、映画が好きだからといって、仕事で映画に関わることが得策かは個々に異なります。仕事にするまでは映画を気楽に観ていられたとしても、仕事となると向き合い方が変わります。自分が好みの映画ばかりに接するわけでもなく、知らなかったほうが良かった裏側を知ることになる場合もあります。

一方で、映画に関わる仕事で、なりたい職種も決めたとします。でも、自分に向いているか、自分がそのポジションで役に立てるかという問題もあります。『モンスターズ・ユニバーシティ』では、怖がらせ屋になりたいとモンスターズ・ユニバーシティの怖がらせ学部に入ったマイクと、怖がらせ屋として有望視されるサリーが、どうやって名コンビになっていったのかを描いています。ここで注目して欲しいのは、マイクです。マイクは全然怖くなく、落ちこぼれ扱いされてしまい、将来の夢に全然近づけません。でも、マイクは自分が役に立てることを見つけていき、サリーの最高のパートナーになっていきます。マイクを観ていると、視点や考え方を変えることで、好きな仕事をするチャンスがつかめるのだなと勇気をもらえます。

最後に性格特性と職業のマッチングを考える上で参考になる理論を1つご紹介します。ホランドの類型学的理論では、各々の職業には対応した固有のパーソナリティが関連するとして、パーソナリティを6つの類型に分けています。これをRIASEC(リアセック)と言います。

R(realistic)=現実的:物、機械、動物などを対象として、手腕的、機械技術的に対応するもので、順応的、具体的で率直なパーソナリティを示す。
I(investigative)=研究的:科学者や医者に多く、抽象的あるいは具体的な対象に対して研究活動を行うもので、知的、分析的で内省的なパーソナリティを示す。
A(artistic)=芸術的:芸術関係の職業に適するもので、想像性と情感が豊かで個性的なパーソナリティを示す。
S(social)=社会的:教育やカウンセリングに適していいるもので、対人関係能力に優れ、社交的で援助的なパーソナリティを示す。
E(enterprise)=企業的:組織・企業活動に適したもので、指導性や社交性のある活動的なパーソナリティを示す。
C(conventional)=慣習的:書記的・数的能力に優れ、銀行員や事務員に適したもので、秩序を重視し抑制的で従順なパーソナリティを示す。

[佐々木士師二(1996) 「産業心理学への招待」(有斐閣)]

上記の6つを六角形で示したものを“ホランドの六角形モデル”といいますが、隣り合っているパーソナリティは類似性が高いとされています(六角形にした時に、Rのもう1つの隣りはCになります)。この中で自分はどのパーソナリティが強いのか、傾向を知るための「VPI職業興味検査」というのがあります。これはある程度、世の中にあるさまざまな職業についてのイメージがないと答えにくいため、短大生、大学生以上を対象にした検査となっています。就職相談などで実施される場合もあると思いますが、興味がある人は機会があればやってみると良いかも知れません。ただ、興味の範囲が広いと、分散されてしまい、結果的にどれもまんべんなくという結果になることもあったり、これが絶対という結果ではなく、あくまで参考にというスタンスでやってみてもらえればと思います。検査は受けなくても、上記のどの傾向が自分にあるかイメージするだけでも、自分にどんな職業があっているのか、少し具体的に考えられるのではないでしょうか。

“好きな仕事”については、1回ではお伝えしきれないので、次回引き続き考えたいと思います。

オススメのお仕事映画

『モンスターズ・ユニバーシティ』
Amazonプライムビデオにて配信中(レンタル、セルもあり)
ブルーレイ・DVDレンタル&発売中

REVIEW/デート向き映画判定/キッズ&ティーン向き映画判定

好きな仕事に就くって奥が深い!サリーにも苦労があり、マイクにも苦労があり、2人の頑張る姿に勇気をもらえます。これからの将来をイメージする上で子ども達に観て欲しいのはもちろん、学生や大人もより現実的な自身の仕事観を捉える上でとても参考になるストーリーです。

モンスターズ・ユニバーシティ (字幕版)

©2013 Disney/Pixar.All rights reserved.

TEXT by Myson(国家資格キャリアコンサルタント/認定心理士)

関連記事
  • follow us in feedly
  • RSS

新着記事

映画『美女と野獣』エマ・ワトソン 女子も惚れてしまう恋愛ヒロイン女優:海外編

映画には数々の恋愛ヒロインが登場しますが、中には同性目線でも惚れてしまうほど素敵なヒロインがたくさんいます。今回は、編集部独断で恋愛ヒロインを演じてきたハリウッド女優30名を選抜し、正式部員の皆さんに投票いただきました。

映画『天空の結婚式』サルヴァトーレ・エスポジト/クリスティアーノ・カッカモ 天空の結婚式

2016年にイタリアの下院議会で同性カップルの結婚に準ずる権利を認めるシビル・ユニオン法が…

映画『滑走路』吉村界人 吉村界人

1993年2月2日、東京都生まれ。2014年、『PORTRAIT -ポルトレ-』で…

映画『Merry Christmas! ~ロンドンに奇跡を起こした男~』ダン・スティーヴンス 小説家で観る映画特集Vol.1

この特集では実在の小説家自身の物語や、その小説家に影響を受けた人物が主人公の作品、またはその作家の小説の映画化作品にフォーカスを当ててご紹介します。一度ではご紹介しきれないので、最初からシリーズ化し、今回は第1弾としてお届けします。

映画『さんかく窓の外側は夜』岡田将生/志尊淳 さんかく窓の外側は夜

霊が見える男と、霊を祓える男が主人公ということで、ホラーだなとは予測…

映画『野球少女』イ・ジュヨン 『野球少女』10名様 日本最速オンライン試写会ご招待

映画『野球少女』10名様 日本最速オンライン試写会ご招待

映画『トルーマン・カポーティ 真実のテープ』トルーマン・カポーティ トルーマン・カポーティ

1924年9月30日アメリカ、ルイジアナ州ニューオーリンズ生まれ。19歳のときに執筆した…

映画『Swallow/スワロウ』ヘイリー・ベネット 心理学から観る映画26:異食症はなぜ起こる?

幼児に多く見られると言われる異食症ですが、大人にもその症状がある場合、どんなことが起こっているのでしょうか?今回は映画『Swallow/スワロウ』を題材に考えてみます。

Netflix映画『ボーイズ・イン・ザ・バンド』ジム・パーソンズ/ザカリー・クイント(ザッカリー・クイント)/マット・ボマー/アンドリュー・ラネルズ/チャーリー・カーヴァー/ロビン・デ・ヘスス/ブライアン・ハッチソン/マイケル・ベンジャミン・ワシントン/タック・ワトキンス ボーイズ・イン・ザ・バンド

本作は、1968年にニューヨークで上演された、マート・クローリーの舞台演劇“The Boys in the Band(真夜中のパーティー)”が…

映画『100日間のシンプルライフ』マティアス・シュヴァイクホファー マティアス・シュヴァイクホファー

1981年3月11日ドイツ、アンクラム生まれ。『ワルキューレ』(08)で…

部活・イベント

  1. 映画『映画 えんとつ町のプペル』原作:西野亮廣
  2. 映画『パピチャ 未来へのランウェイ』リナ・クードリ/シリン・ブティラほか
  3. トーキョー女子映画部主宰:マイソン アバターイラスト10周年
  4. 映画『スキャンダル』シャーリーズ・セロン/ニコール・キッドマン/マーゴット・ロビー
  5. 海外ドラマ『SUITS︓ジェシカ・ピアソン』ジーナ・トーレス/モーガン・スペクター/シャンテル・ライリー/ベサニー・ジョイ・レンツ/サイモン・カシアニデス/ウェイン・デュヴァル

おすすめ記事

映画『美女と野獣』エマ・ワトソン 女子も惚れてしまう恋愛ヒロイン女優:海外編

映画には数々の恋愛ヒロインが登場しますが、中には同性目線でも惚れてしまうほど素敵なヒロインがたくさんいます。今回は、編集部独断で恋愛ヒロインを演じてきたハリウッド女優30名を選抜し、正式部員の皆さんに投票いただきました。

映画『WAR ウォー!!』リティク・ローシャン/タイガー・シュロフ 過小評価されていると思う映画特集:アクション&コメディ編

今回は皆さんが過小評価されていると感じる映画アクション&コメディ編をご紹介!

映画『2分の1の魔法』 トーキョー女子映画部が選ぶ 2020年ベスト5

年末恒例、編集部マイソンとシャミが独断で選ぶ【2020年ベスト5】を発表!

映画『映画 えんとつ町のプペル』原作:西野亮廣 映画好き女子のオススメ度はいかに?『映画 えんとつ町のプペル』部活リポート

映画好きの女子は本作をどう評価したのでしょうか?

映画『去年の冬、きみと別れ』岩田剛典、斎藤工 過小評価されていると思う映画特集:サスペンス&スリラー編

今回は、皆さんが過小評価されていると感じる映画サスペンス&スリラー編をご紹介します。前回のヒューマンドラマ編でもたくさんの作品についてコメントが寄せられましたが、今回はどんな作品が挙がっているのか、コメントにも注目です!

映画『ソング・トゥ・ソング』ルーニー・マーラ テンションが上がる!音楽映画特集

映画には音楽をテーマにした作品が多くありますが、音楽を楽しむだけでなく、感動したり、元気をもらえた経験がある方も多いのではないでしょうか。そこで今回は、編集部独断で音楽映画の代表作を選抜し、テンションが上がる作品を伺い、ランキングを出しました!

映画『だれもが愛しいチャンピオン』ハビエル・グティエレス 過小評価されていると思う映画特集:ヒューマンドラマ編

今回は、皆さんが過小評価されていると感じる映画について聞いてみました。たくさんコメントいただいた中からまずはヒューマンドラマ編をご紹介。

映画『パピチャ 未来へのランウェイ』リナ・クードリ/シリン・ブティラほか 女子として、夢を追う者として共感!『パピチャ 未来へのランウェイ』座談会リポート

今回本作にちなんで、ネジュマと同世代の女性に集まって頂き、オンライン座談会を行いました…

映画『ディープ・ブルー3』 怖い?笑える?映画好き女子的サメ映画の魅力特集

サメ映画の魅力を再発見するべく、編集部独断でサメ映画の代表作を選抜し、各作品の魅力やオススメポイントについて部員の皆さんに聞いてみました!

映画『プラダを着た悪魔』アン・ハサウェイ/メリル・ストリープ あの名作をリメイクするとしたら、誰をキャスティングする?『プラダを着た悪魔』

「勝手にキャスティング企画!」第4回は『プラダを着た悪魔』。リメイクするとしたら、アン・ハサウェイが演じたアンドレア・サックス(=アンディ)、メリル・ストリープが演じたミランダ・プリーストリーを、誰が演じるのが良いか、考えて頂きました!

REVIEW

  1. 映画『天空の結婚式』サルヴァトーレ・エスポジト/クリスティアーノ・カッカモ
    天空の結婚式

  2. 映画『さんかく窓の外側は夜』岡田将生/志尊淳
  3. Netflix映画『ボーイズ・イン・ザ・バンド』ジム・パーソンズ/ザカリー・クイント(ザッカリー・クイント)/マット・ボマー/アンドリュー・ラネルズ/チャーリー・カーヴァー/ロビン・デ・ヘスス/ブライアン・ハッチソン/マイケル・ベンジャミン・ワシントン/タック・ワトキンス
  4. 映画『パリの調香師 しあわせの香りを探して』エマニュエル・ドゥヴォス
  5. 映画『キング・オブ・シーヴズ』マイケル・ケイン/ジム・ブロードベント/トム・コートネイ/チャーリー・コックス/ポール・ホワイトハウス/レイ・ウィンストン/マイケル・ガンボン
  6. 映画『聖なる犯罪者』バルトシュ・ビィエレニア
    聖なる犯罪者

  7. 映画『エマの秘密に恋したら』アレクサンドラ・ダダリオ/タイラー・ホークリン
  8. Netflixドラマ『ザ・ポリティシャン シーズン1』ベン・プラット
  9. 映画『スタントウーマン ハリウッドの知られざるヒーローたち』ミシェル・ロドリゲス
  10. 映画『おとなの事情 スマホをのぞいたら』東山紀之/常盤貴子/益岡徹/田口浩正/木南晴夏/淵上泰史/鈴木保奈美
PAGE TOP