部員参加記事

鑑賞後に答え合わせがしたくなる!『マローボーン家の掟』男女ペア限定部活リポート

  • follow us in feedly
  • RSS
映画『マローボーン家の掟』ジョージ・マッケイ/ミア・ゴス/チャーリー・ヒートン/マシュー・スタッグ

『マローボーン家の掟』
2019年4月12日より全国公開
公式サイト 作品詳細 映画批評&デート向き映画判定

映画『マローボーン家の掟』スニークプレビュー部活。今回は当部初の“男女ペア限定部活”として、さらにこれまた初の“スニークプレビュー”として、部活を行いました。タイトルや内容などは一切伏せて、“震撼スリラー”というヒントだけを出して募集をかけましたが、皆さんドキドキしながら参加して頂いたようで、鑑賞後にお話を聞くと、怖いのが苦手な方もいらっしゃってました。でも、そんな皆さんからも好評を得ることができました。今回は、当日のアンケート結果と、座談会リポートをお届けします。

「怖かった?」の反応が、男女で意外な結果に!

映画『マローボーン家の掟』男女ペア限定部活:鑑賞後アンケート回答

アンケート回答人数 51名
・女性:20代~40代の正式部員(1名スタッフ部員含む)26名
・お連れ様の男性25名

Q1:本作を観て、怖さについての感触は?

映画『マローボーン家の掟』男女ペア限定部活:鑑賞者アンケート
映画『マローボーン家の掟』男女ペア限定部活:鑑賞者アンケート

女性のほうが怖いものが苦手なイメージがありましたが、今回は男性のほうが「怖かった」の回答が多い結果となりました。もしかしたら怖さのツボが男女で違うということなのでしょうか。

Q2:本作を観た印象は?

映画『マローボーン家の掟』男女ペア限定部活:鑑賞者アンケート
映画『マローボーン家の掟』男女ペア限定部活:鑑賞者アンケート

「とてもおもしろかった」「おもしろかった」=女性:80.8%/男性:88.0%

Q3:クライマックスで、結末を知った時のインパクトは?

映画『マローボーン家の掟』男女ペア限定部活:鑑賞者アンケート
映画『マローボーン家の掟』男女ペア限定部活:鑑賞者アンケート

「すごく驚いた」「驚いた」=女性:77.0%

映画『マローボーン家の掟』

Q4:本作はデート向きだと思いますか?

「デートにオススメ」の理由
■情景が綺麗。ラブストーリーだから。(20代男性)
■映画を観てドキドキと愛を感じました。(30代男性)
■ホラー要素もあるが、温かい気持ちになれる部分もあったので。(30代男性)
■怖さもあるが、愛について考えられるから。(30代女性)
■2人でキャーと手を握れそう!(30代女性)

「デートにオススメでない」の理由
■怖いものが嫌いな女子が一緒だと辛いと思う。(20代女性)
■恐怖過ぎます。とても目を開けていられないところがあって、隣りに男性がいたからホッとした。(30代女性)

Q5:本作をオススメするなら、どんな方ですか? 
※複数選択可

映画『マローボーン家の掟』男女ペア限定部活:鑑賞者アンケート

映画『マローボーン家の掟』男女ペア限定部活:鑑賞者アンケート

PAGE TOP


これって、デート向き?それとも?

映画『マローボーン家の掟』男女ペア限定部活:座談会

今回の部活は、男女ペアで参加頂いたので、座談会も男女ペア(5組10名)で行いました。本作には伏線が張り巡らされており、最後にアッと驚く結末が待っています。ネタバレしてしまうので、ここでは具体的な内容は書けませんが、かなり深読みして観賞された方、あまり伏線を気にせずにドラマ性を楽しんだ方と、本当にいろいろな反応を頂きました。
ここでは、ネタバレ以外の話題で、いかにこの作品が多様な楽しみ方ができるかがわかるコメントをご紹介します。

誰と観たいか、男女それぞれの理由

マイソン:今回男女で参加頂いたのは、デートムービーに向いているかどうかをお聞きしたかったというのもあるのですが、いかがだったでしょうか?

女性Aさん:私はグロいのが苦手で、今回スニークプレビューで、ジャンルはスリラーということで覚悟はしていましたが、そこまで抵抗感なく観られました。あとはアリーがすごく強い女性で、男性は共感できるかどうかなど、鑑賞後に話し合うのもアリかなって思いました。

映画『マローボーン家の掟』アニャ・テイラー=ジョイ

マイソン:じゃあ怖すぎず、許容範囲だったんですね。

女性Aさん:はい、怖すぎず、グロすぎずでした。

マイソン:Bさんはいかがでしたか?

女性Bさん:やっぱり観終わった後にどの辺で真相に気付いたかとか、どんな伏線を見逃さなかったかとかを話し合うのが楽しいから、観た後にあれこれ話し合えて良いなと思いました。カップルに限定しなくても、女同士でも男同士でも誰かと一緒に観ると良いですよね。答え合わせをするのが楽しい映画だと思います。

マイソン:なるほど。吊り橋効果的なところで、Cさんはドキッとしたシーンはありましたか?

映画『マローボーン家の掟』ジョージ・マッケイ

男性Cさん:3回くらいありましたよね。ドーンという音とかでもまずドキッとはするかなと。

男性Dさん:僕は吊り橋効果はあんまり感じなかったんですけど、最初は何度か目を閉じてました(笑)。情景が綺麗で、終わり方も小説っぽいので観やすかったし、最後はラブストーリーという感じだったので、僕は普段あんまり怖い映画は観ないんですけど、これなら観ても大丈夫だって思いました。

マイソン: Eさんはいかがでしょう?

男性Eさん:あんまりどぎつい内容ではなかったので、デートで観るのも良いと思いました。あと先ほどもおっしゃっていましたが、終わった後に伏線を話し合うのはおもしろいですよね。

マイソン:そうですよね。デート向きではないと思った方にも、理由を聞いても良いですか?

女性Fさん:普通に男女じゃなくても楽しめる作品だなと思いました。私が伏線を把握しきれなくて、「え、あそこってどうだったっけ?」と聞くタイプなので、ちゃんと伏線を見逃さずに教えてくれる女の親友と観に行きたいです。

女性Gさん:私も本当に全然伏線に気付かず、いつもこういうのを観て、「これってどういう意味かな?」とか「あの人ってあれなのかな?」とか聞くので、すごくウザがられるんです(笑)。だから、めちゃめちゃ優しい、こういう映画が好きな男性とだったら一緒に観に行っても良さそうです。

マイソン:誘う相手を選ぶ感じですかね?確かに自分がわからないところを教えてくれなかったら寂しいですもんね。逆に1人で行くとどうですか?

女性Gさん:たぶんモヤモヤして、わからないままネットでネタバレの記事を全部チェックするという感じになると思います。

映画『マローボーン家の掟』ジョージ・マッケイ/ミア・ゴス/チャーリー・ヒートン/マシュー・スタッグ

マイソン:ハハハハ!逆にそういう手もあるってことですね。Hさんはなぜデート向きではないと思いましたか?

男性Hさん:ホラーのわりにラブストーリーとかも入っていて、なんとなくデート向きではあるのかなと思いました。デート向きでスリリングな映画だと、『クワイエット・プレイス』みたいなのをイメージしてましたが、そういうのとはまた違う、上質なというか、わりとしっとりした作品なので、デートじゃなくても、友達と語り合うのも良いのかなって思いました。

マイソン:逆に間口が広いというか。

男性Hさん:そうですね。だから自分はデートで観るというよりは、20代、30代あたりの人向けかなって思いました。

女性Iさん:私は誰かと観ても良いけど、1人で観るのも良いかなって。途中でいろいろ気付いてしまったり、逆にお家とか登場人物がおしゃれだなとか、そういうほうにも目が行ってしまったのですが、私好みではあったので、自分なりの楽しみ方を堪能するのも良いかなって思いました。結構年代によっても観方が違いそうですよね。

マイソン:確かにそうですね。Jさんはいかがですか?

男性Jさん:この作品は、結末をハッピーエンドと捉えるか、バッドエンドと捉えるかで意見が違った場合に、「え?」ってなっちゃうこともあるのかなと。だからカップルで観ると、2人の感性の違いが試されるんじゃないですかね。
マイソン:食い違った時に気まずい方もいるかも知れませんが、それはそれでおもしろいですね!

PAGE TOP

女性目線、男性目線で、この作品の最大の魅力は?

映画『マローボーン家の掟』ジョージ・マッケイ/ミア・ゴス

<女性のご意見>

■ストーリーと風景が綺麗だなと思いました。あとアリーが着ている服がちょっとレトロ感があって可愛いなと思いました。
■低音の音響でドキドキ感を煽っているというか、定番なんですけど王道を行っていておもしろいって思いました。
映画『マローボーン家の掟』ジョージ・マッケイ/ミア・ゴス■私も音響ですね。何かが起きそうな瞬間は不協和音というか、変な感じの音が聞こえてきたので、怖いのが苦手なのですが、「ここでくるぞ」っていう時に音で身構えられました。
■風景とか時代背景とか、登場人物の着ている衣装だとかそういうところがすごく美しいなと思いました。特に風景は子ども達の綺麗な世界を壊しちゃいけないというところを語っているのかなと。そのままでいて欲しいみたいな感じは受けましたね。
■兄妹愛がすごくジーンときて一番泣きそうでした。皆の想いやりというか、兄妹愛がすごく描かれていて、そこにすごく感動しました。

<男性のご意見>

■この手の映画は設定が命だと思うんですけど、その仕掛けに驚かされたので、ストーリーや設定など何も知らないまま、予備知識がない状態で観るほうが楽しめるんじゃないかなと。
■1960~70年代の古いアメリカの美しい風景が入っていて、謎ばかりに食い入らなくても楽しめると思いました。
■まずロケーションがすごいなと。ドクロのシーンとか、もちろん家も素晴らしかったです。あと『サスペリア』にも出ているミア・ゴス(長女ジェーン役)や、『スプリット』のアニャ・テイラー=ジョイ(アリー役)、そして男性陣もキャストがすごく良かったです。
■風景とかシチュエーションとかが綺麗だなと思いながら、ずっと観ていました。あと僕はアリーがジャックに会いに行った時にちょっとポロッと涙が出そうで危なかったです(笑)。たぶん泣くところじゃないんでしょうけど。
■食い入るように観なくても、綺麗な風景を観ているだけでおもしろいし、綺麗な風景の中で人間のすごく汚い部分が表れる行為が行われているっていう、そのギャップにもぞもぞするというのが良いなって、なんとなく感じました。

映画『マローボーン家の掟』

本作はスリラーであり、怖い映画ではありますが、座談会のお話からは、皆さんがいかにいろいろな視点で楽しんで頂けたかが、より伝わってきました。怖いだけではなく、伏線を回収するおもしろさ、兄弟愛、ラブストーリー、風景、衣装など、本当に見どころが詰まっています。鑑賞後に誰かと話したくなる話題が豊富なので、誰かを誘ってみたり、観た後に共有したい方にオススメしたり、皆さんで楽しんでください!

PAGE TOP

映画『マローボーン家の掟』ジョージ・マッケイ/ミア・ゴス/チャーリー・ヒートン/マシュー・スタッグ/アニャ・テイラー=ジョイ

『マローボーン家の掟』
2019年4月12日より全国公開
監督・脚本:セルヒオ・G・サンチェス
製作総指揮:J・A・バヨナ
出演:ジョージ・マッケイ/ミア・ゴス/チャーリー・ヒートン/マシュー・スタッグ/アニャ・テイラー=ジョイ
配給:キノフィルムズ、木下グル ープ
公式サイト 映画批評&デート向き映画判定

マローボーン家の4人兄妹は、不思議な”5つの掟”に従いながら、世間の目を逃れ、海沿いの森の中にひっそりとたたずむ大きな屋敷に暮らしていた。忌まわしい過去を振り切り、再出発を図る彼らだったが、心優しい母親が病死し、凶悪殺人鬼である父親を殺害したことをきっかけに、4人の希望に満ちた日々はもろく崩れ出していく…。

©2017 MARROWBONE, SLU; TELECINCO CINEMA, SAU; RUIDOS EN EL ATICO, AIE. All rights reserved.

TEXT by Myson

2019.2.22 event

関連記事
  • follow us in feedly
  • RSS

新着記事

海外ドラマ『シー・ハルク:ザ・アトーニー』タチアナ・マスラニー 楽しい妄想シリーズ:1日あの人になってみたい!〜海外ドラマのキャラクター アクション編〜

もし1日だけ海外ドラマに登場するアクションが得意なキャラクターになれるとしたら、誰になってみたいか正式部員の皆さんに妄想していただきました。今回も楽しい妄想コメントが集まりました。

海外ドラマ『ウィロー』ワールドプレミア、ワーウィック・デイヴィス、エリー・バンバー、ルビー・クルス、エリン・ケリーマン、トニー・レヴォロリ、アマール・チャーダ・パテル、デンプシー・ブリク、ジョアンヌ・ウォーリー他 グリーンカーペットにワーウィック・デイヴィスら豪華キャスト&スタッフが集結!『ウィロー』ワールドプレミア

ジョージ・ルーカスが原案と製作総指揮を務め、アロン・ハワードが監督を務めた映画『ウィロー』(1988)が、34年の時を経て蘇り、新作オリジナルシリーズ『ウィロー』として、現在ディズニープラス「スター」にて好評配信中です。先日、本作のワールドプレミアが開催され、主演のワーウィック・デイヴィスをはじめ豪華キャスト&スタッフが登場しました。

30周年を迎えたフランス映画祭にロマン・デュリス、バンジャマン・ヴォワザンなどフランス映画界の実力派が揃って来日

今回で30周年を迎える【フランス映画祭2022横浜】には3年ぶりに来日ゲストが大勢詰めかけました。

映画『あのこと』アナマリア・ヴァルトロメイ あのこと

中絶が違法だった1960年代のフランスが舞台の本作では、予期せず妊娠した大学生のアンヌの…

映画『アバター:ウェイ・オブ・ウォーター』オリジナルノートブック 『アバター:ウェイ・オブ・ウォーター』オリジナルノートブック&ステッカーセット 3名様プレゼント

映画『アバター:ウェイ・オブ・ウォーター』オリジナルノートブック&ステッカーセット 3名様プレゼント

映画『夜明けの詩』キム・サンホ キム・サンホ

1970年7月24日生まれ。1994年、舞台“鍾路の猫”で俳優デビュー。2007年…

映画『ブラックアダム』ドウェイン・ジョンソン 心理学から観る映画40:『ブラックパンサー/ワカンダ・フォーエバー』と『ブラックアダム』で求められるリーダーシップの違い

2022年冬の超大作として注目される『ブラックパンサー/ワカンダ・フォーエバー』と『ブラックアダム』。両作には共通点があります。それは、リーダー不在の状況が物語の鍵となっている点です…

映画『MEN 同じ顔の男たち』ジェシー・バックリー 『MEN 同じ顔の男たち』鑑賞券(ムビチケカード) 3組6名様プレゼント

映画『MEN 同じ顔の男たち』鑑賞券(ムビチケカード) 3組6名様プレゼント

映画『泣いたり笑ったり』アレッサンドロ・ガスマン/ファブリツィオ・ベンティヴォッリオ 泣いたり笑ったり

監督及び共同原案を手掛けたのは、注目の気鋭シモーネ・ゴーダノで…

映画『ブラックアダム』ドウェイン・ジョンソン ブラックアダム

圧倒的な強さを誇るキャラクターなので、これはロック様…

部活・イベント

  1. 映画『バーフバリ2 王の凱旋』プラバース
  2. 韓国ドラマ『赤い袖先』ジュノ(2PM)/イ・セヨン
  3. 海外ドラマ『Why Women Kill 〜ファビュラスな⼥たち〜』ルーシー・リュー
  4. 映画『ミーティング・ザ・ビートルズ・イン・インド』ザ・ビートルズ
  5. 海外ドラマ『超サイテーなスージーの日常』ビリー・パイパー

おすすめ記事

海外ドラマ『シー・ハルク:ザ・アトーニー』タチアナ・マスラニー 楽しい妄想シリーズ:1日あの人になってみたい!〜海外ドラマのキャラクター アクション編〜

もし1日だけ海外ドラマに登場するアクションが得意なキャラクターになれるとしたら、誰になってみたいか正式部員の皆さんに妄想していただきました。今回も楽しい妄想コメントが集まりました。

映画『ミッドサマー』フローレンス・ピュー なんでこんな映画作ったの?トラウマ映画特集2

「なんでこんな映画作ったの?トラウマ映画特集1」はマイソンが独自に選んだ作品をご紹介しました。今回はその第2弾として、正式部員の皆さんから寄せられた投稿コメントをもとに特集を組みました。

映画『バーフバリ2 王の凱旋』プラバース 素敵な映画との出会い方研究会:“バーフバリ”シリーズ編

「素敵な映画との出会い方研究会」は、過去のヒット作を題材にヒットの要因を探り、新たな映画と出会うヒントを得ようという企画です。今回は、現在好評公開中の映画『RRR』のS.S.ラージャマウリ監督の旧作“バーフバリ”シリーズを題材とし、人気の秘密を探りました。

映画『キュリー夫人 天才科学者の愛と情熱』ロザムンド・パイク/サム・ライリー 映画好きが選んだ偉人にまつわる映画<海外編>ランキング

今年の秋は、『キュリー夫人 天才科学者の愛と情熱』(10月14日公開)、『スペンサー ダイアナの決意』(10月14日公開)と、実在の偉人にまつわる映画が公開となります。そこで今回は偉人の人生や偉業を描いた映画<海外編>について正式部員の皆さんに投票していただいたランキングを発表します。

韓国ドラマ『赤い袖先』ジュノ(2PM)/イ・セヨン タイトルと予告編で観たくなる韓国ドラマランキング2022年秋号

韓国ドラマは、ユニークなタイトルが多いということで、今回はタイトルと予告編に着目して観たいドラマを選び、ランキングにしました。

海外ドラマ『Why Women Kill 〜ファビュラスな⼥たち〜』ルーシー・リュー 海外ドラマ最新作バトル2022年9月号Part2

「海外ドラマがたくさんあって、どれを選べば良いかわからない」という方に向けた本企画。今回も、新作海外ドラマをピックアップし、ジャンルや内容が近い組み合わせで、作品情報と予告編を観て、それぞれの魅力を比較してみました。今回はどんな作品が挙がったのでしょうか?ぜひ作品選びの参考にしてください。

映画『ミーティング・ザ・ビートルズ・イン・インド』ザ・ビートルズ 映画好き目線でそそる2022年9月公開の映画を紹介

2022年9月も気になる作品が目白押し!今回は、ポスター部門、予告編部門、大穴部門と分け、それぞれ映画好き目線でジャッジしました。

海外ドラマ『超サイテーなスージーの日常』ビリー・パイパー 海外ドラマ最新作バトル2022年9月号

「海外ドラマがたくさんあって、どれを選べば良いかわからない」という方に向けた本企画。第2回目の今回も、新作海外ドラマをピックアップし、ジャンルや内容が近い組み合わせで、作品情報と予告編を観て、それぞれの魅力を比較してみました。さらに今回は特別枠まで登場しますよ。ぜひ作品選びの参考にしてください。

映画『地下室のヘンな穴』アラン・シャバ/レア・ドリュッケール キャッチコピーと予告編で観たくなる最新映画ランキング2022年8月号

キャッチコピーと予告編は、映画の宣伝で重要な役割を果たしています。ということで、この企画ではキャッチコピーと予告編に着目して観たい映画を選ぶとどうなるのかランキングにしています。今回はどんな作品が挙がったのでしょうか?

海外ドラマ『キャシアン・アンドー』ディエゴ・ルナ 海外ドラマ最新作バトル2022年8月号

本企画では、新作海外ドラマをピックアップして、ジャンルや内容が近い組合せで、それぞれの魅力を比較してみました。ぜひ作品選びの参考にしてください。

REVIEW

  1. 映画『あのこと』アナマリア・ヴァルトロメイ
    あのこと

  2. 映画『泣いたり笑ったり』アレッサンドロ・ガスマン/ファブリツィオ・ベンティヴォッリオ
  3. 映画『ブラックアダム』ドウェイン・ジョンソン
  4. 映画『ルイス・ウェイン 生涯愛した妻とネコ』ベネディクト・カンバーバッチ/クレア・フォイ
  5. 映画『シスター 夏のわかれ道』チャン・ツィフォン/シャオ・ヤン
  6. 映画『ストレンジ・ワールド/もうひとつの世界』
  7. 海外ドラマ『ロード・オブ・ザ・リング:力の指輪』モーフィッド・クラーク
  8. 映画『グリーン・ナイト』デヴ・パテル
  9. 映画『マリー・クワント スウィンギング・ロンドンの伝説』マリー・クワント
  10. 映画『魔法にかけられて2』エイミー・アダムス/マヤ・ルドルフ

PRESENT

  1. 映画『アバター:ウェイ・オブ・ウォーター』オリジナルノートブック
  2. 映画『MEN 同じ顔の男たち』ジェシー・バックリー
  3. 映画『ブレット・トレイン』オリジナルノートPCケース
PAGE TOP