REVIEW

ビリーブ 未来への大逆転【レビュー】

  • follow us in feedly
  • RSS
映画『ビリーブ 未来への大逆転』フェリシティ・ジョーンズ/アーミー・ハマー

核家族で、子育てをしながら名門ハーバード法科大学院に通い、同時に夫の看病をするだけでなく、同じ大学院に通う夫の分も代わりに授業を受けて、夫が回復したら夫の就職先に合わせて引っ越し。それに伴い、ハーバードからコロンビア大学法科大学院に移籍し、主席で卒業、弁護士資格も取得して…って、この主人公ルースは本当にスーパーウーマンです。「そんな人いるの?」って思っちゃいますが、これは実話で、ルースの実の甥が脚本化したとのことです。舞台は女性進出がまだまだ進んでいない1970年代で、こんなに優秀な彼女でも女性というだけで弁護士として就職先が決まりません。そんな彼女は一旦別の進路を辿りますが、性差別に関わる裁判に関わったことで、法の道、女性が活躍する道を切り拓いていきます。詳細は映画を観て頂くとして、彼女の諦めない精神と行動力に本当に勇気をもらえるし、合わせて彼女の夫マーティも素晴らし過ぎるんです。もし夫がこういう人でなかったら、ルースはもっと苦労しただろうし、もっといろいろと諦めていたと思うのですが、ルースの夢を応援すべく夫が支える姿が本当に素敵なんですよね。だからぜひこの映画は男性にも観て欲しい!おまけにアーミー・ハマーが演じているからなお惚れちゃう(笑)。さらに、ルースと娘の関係性にも胸を打たれます。娘からしてお母さんってお手本でもあり、反面教師でもあり、そんな複雑だけど、愛に満ちた関係が、リアルに描かれていて、性差別に戦う女性の話に留まらず、人間ドラマとして心に残る作品になっています。そして、もちろん法廷シーンも大きな見どころなのですが、法律、表現の巧みな解釈が観ていて爽快で、ウィットに富んだセリフが魅力的です。ちなみにルースさん御本人は80代後半(1933年3月15日生まれ)でもまだ現役の最高裁判事を務めていらっしゃるとのこと。後に続く女性のために戦い、社会の考え方を変化させるきっかけを作ってくれた彼女が法律の現場にいるのは心強いですね。

デート向き映画判定
映画『ビリーブ 未来への大逆転』フェリシティ・ジョーンズ/アーミー・ハマー/ケイリー・スピーニー

これはぜひぜひカップルで観て欲しいと思いますが、日本男子が観るとどんな反応を示すのかは気になるところ。結婚、出産で、いろいろなことを諦めたり、夫を優先するか妻を優先するかと二者択一になった時に、日本ではまだ男性の状況に女性が合わせるカップルが多いと思います。2人が納得の上でだったらもちろん全然問題ないとは思いますが、主人公ルースの躍進を観ていると、「私もやれるだけのことをやりたい!何も諦めたくない!」という気持ちが強くなるはずなので、そういう理解を得るきっかけに、結婚を考えている相手や、既婚の方は旦那さんを誘って観てみるのもありでしょう。

キッズ&ティーン向き映画判定
映画『ビリーブ 未来への大逆転』フェリシティ・ジョーンズ

何から何まで背負って頑張るお母さん、それを支えるお父さんという目線で観ると、普段はわからないような大人の苦労が感じ取れるかも知れません。法律のお話が出てくるので、キッズにはまだ内容が難しい部分もありますが、中学生以上ならついていけると思います。夢を諦めずに貫く主人公の姿は、男女問わず勇気をもらえるし、何より実話ということで説得力もあるので、ぜひ観てください。

映画『ビリーブ 未来への大逆転』フェリシティ・ジョーンズ/アーミー・ハマー

2019年3月22日より全国公開
ギャガ
公式サイト

© 2018 STORYTELLER DISTRIBUTION CO., LLC.

TEXT by Myson

関連記事

  • follow us in feedly
  • RSS

新着記事

映画『デッドデッドデーモンズデデデデデストラクション 後章』 デッドデッドデーモンズデデデデデストラクション 後章【レビュー】

本作では、門出と凰蘭が大学生となり、新たな友人や先輩が仲間に加わります。そして…

映画『関心領域』 関心領域【レビュー】

ユダヤ人虐殺を取り上げた作品はこれまでにたくさんあるなかで、本作のような角度から取り上げた作品は…

映画『告白 コンフェッション』生田斗真/ヤン・イクチュン 告白 コンフェッション【レビュー】

福本伸行(原作)と、かわぐちかいじ(作画)による「告白 コンフェッション」(講談社「ヤンマガKC」刊)を映画化した本作は、まず設定の巧さが…

映画『デューン 砂の惑星PART2』ティモシー・シャラメ 映画好きが推すイイ俳優ランキング【海外10代、20代編】

今回は、海外10代、20代(1995年から2014年生まれ)のイイ俳優の中から、昨今活躍が目覚ましい方を編集部の独断で50名選抜し、正式部員の皆さんに投票していただきました。

映画『バティモン5 望まれざる者』アンタ・ディアウ/アリストート・ルインドゥラ バティモン5 望まれざる者【レビュー】

『レ・ミゼラブル』で移民や低所得者が多く住む町の警察の腐敗問題を訴えかけたラジ・リ監督が、本作では…

映画『胸騒ぎ』 心理学から観る映画48:なぜ悪人を見抜けないのか【対人認知】

今回は、主人公一家が1つの出会いをきっかけに思いもしない事態に巻き込まれていく『胸騒ぎを題材に、対人認知の視点でキャラクター達の心理を考察します。

映画『からかい上手の高木さん』永野芽郁/高橋文哉 からかい上手の高木さん【レビュー】

こりゃピュア過ぎて、もどかし過ぎて…

韓国ドラマ『7 人の脱出』オム・ギジュン/ファン・ジョンウム/イ・ジュン/イ・ユビ 韓国ドラマ『7人の脱出』オリジナルQUOカード(500円分) 3名様プレゼント

韓国ドラマ『7人の脱出』オリジナルQUOカード(500円分) 3名様プレゼント

映画『QUEEN ROCK MONTREAL』フレディ・マーキュリー 音楽関連映画まとめ2024年5月16日号

今回は近日公開or配信予定(一部公開or配信中の作品も含む)の『ザ・ビートルズの軌跡 リヴァプールから世界へ』『アイ・アム セリーヌ・ディオン ~病との戦いの中で~』『プリンス ビューティフル・ストレンジ』他、音楽関連映画をまとめてご紹介!

Netflixドラマ『マスクガール』 マスクガール【レビュー】

どんな話なのかは知らず、調べず、直感的に…

部活・イベント

  1. 【ARUARU海ドラDiner】サムライデザート(カップデザート)
  2. 【ARUARU海ドラDiner】トーキョー女子映画部 × Mixalive TOKYO × SHIDAX
  3. 【ARUARU海ドラDiner】サポーター集会:パンチボール(パーティサイズ)
  4. 【ARUARU海ドラDiner】プレオープン
  5. 「ARUARU海ドラDiner」202303トークゲスト集合

本サイト内の広告について

本サイトにはアフィリエイト広告バナーやリンクが含まれます。

おすすめ記事

映画『デューン 砂の惑星PART2』ティモシー・シャラメ 映画好きが推すイイ俳優ランキング【海外10代、20代編】

今回は、海外10代、20代(1995年から2014年生まれ)のイイ俳優の中から、昨今活躍が目覚ましい方を編集部の独断で50名選抜し、正式部員の皆さんに投票していただきました。

映画『MIRRORLIAR FILMS Season5』横浜流星 映画好きが推すイイ俳優ランキング【国内20代編】

今回は、国内で活躍する20代(1995年から2004年生まれ)のイイ俳優の中から、昨今活躍が目覚ましい方を編集部の独断で70名選抜し、正式部員の皆さんに投票していただきました。

映画『ウォンカとチョコレート工場のはじまり』ティモシー・シャラメ 映画好きが選んだ2023洋画ベスト

正式部員の皆さんに2023年の洋画ベストを選んでいただきました。どの作品が2023年の洋画ベストに輝いたのでしょうか?

REVIEW

  1. 映画『デッドデッドデーモンズデデデデデストラクション 後章』
  2. 映画『関心領域』
  3. 映画『告白 コンフェッション』生田斗真/ヤン・イクチュン
  4. 映画『バティモン5 望まれざる者』アンタ・ディアウ/アリストート・ルインドゥラ
  5. 映画『からかい上手の高木さん』永野芽郁/高橋文哉

PRESENT

  1. 韓国ドラマ『7 人の脱出』オム・ギジュン/ファン・ジョンウム/イ・ジュン/イ・ユビ
  2. 映画『FARANG/ファラン』ナシム・リエス
  3. 映画『猿の惑星/キングダム』オリジナルTシャツ
PAGE TOP