REVIEW

赤い闇 スターリンの冷たい大地で

  • follow us in feedly
  • RSS
映画『赤い闇 スターリンの冷たい大地で』ジェームズ・ノートン

物語の舞台は1933年で、ヒトラー、スターリンという名前が出てくるので戦争映画かと思いきやそうではありません。本作は、ヒトラーに取材した経験を持つ若き英国人記者ガレス・ジョーンズが、世界中に恐慌が起こっているのにソビエト連邦だけが繁栄していることに疑問を持ち、スターリンに取材をしようと奔走するなか、驚愕の事実に直面するという実話を基にした物語。私のように情報を入れずに観ると(敢えていつも情報を極力入れずに観ています)、主人公ジョーンズと同じように「え?え?何が起こってるの?」と信じられない光景に衝撃を受けるはず。これは1933年に実際にあった出来事をもとにしていますが、今もどこかで起こっているのではないかと思えて、遠い話には思えません。国は国民のためにあるはずなのに、国民がこれだけ犠牲になっていたとは、何のための政治なんでしょうか。そんなことを投げかけてくる作品です。そして、ジャーナリズムの価値や意義を問う物語であり、ガレス・ジョーンズのように命を懸けて真実を世に伝えようとする人達の存在の大きさを考えさせられます。あと、『1984年』などで知られるジョージ・オーウェルが遺した『動物農場』との関連も興味深いところで、小説『動物農場』も読んでみたくなります。さらにガレス・ジョーンズを演じたジェームズ・ノートン、ウォルター・デュランティを演じたピーター・サースガードの演技も見もの。特にピーター・サースガードの怪演は、ウォルター・デュランティという人物の、というか権力に伏した人間の不気味さを際立たせています。そんないろいろな意味でゾッとさせられる本作には、多くの人に知って欲しい内容が詰まっています。

デート向き映画判定
映画『赤い闇 スターリンの冷たい大地で』ジェームズ・ノートン/ヴァネッサ・カービー

社会派で重い内容なので、デート向きとは言い難いですが、それぞれ登場人物達の気持ちになって、自分ならどんな決断をするかと議論をすれば、お互いの価値観が自然にわかりそうです。知られざる歴史を描いた作品ですが、歴史に詳しくなくてもついていける内容なので、2人とも関心があるならデートで観ても良いと思います。

キッズ&ティーン向き映画判定
映画『赤い闇 スターリンの冷たい大地で』ヴァネッサ・カービー/ピーター・サースガード

現代日本も格差社会になってきていると言われていますが、本作で映し出されているような状況は、今すぐでなくても、いつどこで起こってもおかしくないことだと思います。日本でも政府がいろいろなことを隠そうとしている様子がニュースなどからうかがえますが、国民に知られるとまずいこと、国外に知られてもまずいことはたくさんあるでしょう。私達はそれを知らないまま生活していますが、本作を観ると、真実を突き止めるために命を懸けている記者達の存在の尊さを改めて感じることができるでしょう。そう思うと、情報の受け手となる私達も誠意を持って情報に接する必要があるのではないでしょうか。そして、私達がいかに恵まれているかがわかる作品なので、ぜひキッズやティーンの皆さんにも観て欲しいです。

映画『赤い闇 スターリンの冷たい大地で』ジェームズ・ノートン/ヴァネッサ・カービー/ピーター・サースガード

『赤い闇 スターリンの冷たい大地で』
2020年8月14日より全国公開
PG-12
ハピネット
公式サイト

© FILM PRODUKCJA – PARKHURST – KINOROB – JONES BOY FILM – KRAKOW FESTIVAL OFFICE – STUDIO PRODUKCYJNE ORKA – KINO ŚWIAT – SILESIA FILM INSTITUTE IN KATOWICE

TEXT by Myson

関連記事
  • follow us in feedly
  • RSS

新着記事

映画『TOVE/トーベ』アルマ・ポウスティ あなただけのキャリア10:偶然の出来事をチャンスにできるか【計画的な偶発性理論】

キャリア形成において、自分の特性と職業、働き方のの性質をマッチングさせて考える理論もありますが、今回は未決定であることが望ましいというユニークな考え方に基づく、ジョン・クランボルツによる【計画的な偶発性理論】をご紹介します。

映画『G.I.ジョー:漆黒のスネークアイズ』ヘンリー・ゴールディング G.I.ジョー:漆黒のスネークアイズ

チャニング・テイタムが主演を務めていた“G.I.ジョー”シリーズ前2作からメンバーを一新した今作は…

映画『アミューズメント・パーク』リンカーン・マーゼル アミューズメント・パーク

本作は『ナイト・オブ・ザ・リビングデッド』(1968)や『ゾンビ』(1978)などで知られるジョージ・A・ロメロ監督が1973年に手掛けた未発表の映画で…

映画『クワイエット・プレイス 破られた沈黙』ミリセント・シモンズ ミリセント・シモンズ

2003年3月1日アメリカ生まれ。アメリカ全国規模のオーディションの末、『ワンダーストラック』(2017)で…

映画『47歳 人生のステータス』オースティン・エイブラムス オースティン・エイブラムス

1996年9月2日アメリカ生まれ。俳優、プロデューサー。『L.A. ギャング ストーリー』『ペーパータウン』…

映画『THE MOLE(ザ・モール)』ウルリク・ラーセン THE MOLE(ザ・モール)

本作はデンマークの平凡な⼀般市⺠が、CIAさえ情報を容易に掴めなかった北朝鮮の国際的な闇取引(武器密輸)の…

映画『〈主婦〉の学校』 〈主婦〉の学校

本作は、アイスランドのレイキャビクで1942年に創立された伝統ある“主婦の学校”の様子が映し出された…

映画『護られなかった者たちへ』緒形直人 緒形直人(おがた なおと)

1967年9月22日神奈川県生まれ。1988年に『優駿 ORACION』でデビューし、日本アカデミー賞新人俳優賞…

映画『最後の決闘裁判』マット・デイモン、ベン・アフレック、アダム・ドライバー、ジョディ・カマー 最後の決闘裁判

実話を基にしているということを思い出すと余計に驚愕するような内容で、時代や国は異なれど…

映画『Our Friend/アワー・フレンド』ケイシー・アフレック/ダコタ・ジョンソン Our Friend/アワー・フレンド

一組の夫婦とその親友が過ごした日々を綴った本作は、2015年、「Esquire」に掲載され全米雑誌賞を受賞したマシュー・ティーグ…

部活・イベント

  1. 映画『おとなの事情』
  2. MOPIE PARK(ムーピー・パーク)zoom開催イメージ
  3. 映画『映画 太陽の子』柳楽優弥/有村架純/三浦春馬
  4. 映画『まともじゃないのは君も一緒』成田凌/清原果耶
  5. 映画『映画 えんとつ町のプペル』原作:西野亮廣

おすすめ記事

映画『キングスマン:ファースト・エージェント』レイフ・ファインズ/ハリス・ディキンソン お気に入りのスパイ映画はどれ?スパイ映画人気ランキング

シリアスな展開やハラハラドキドキするアクションシーンも楽しめるスパイ映画。今年は、『007/ノー・タイム・トゥ・ダイ』『キングスマン:ファースト・エージェント』など超目玉作品の公開が続きます。そこで今回は、編集部独断でスパイ映画の代表作を選抜し、皆さんのお気に入りの作品を聞いてみました!

映画『ブライズ・スピリット〜夫をシェアしたくはありません!』ダン・スティーヴンス/レスリー・マン/アイラ・フィッシャー 好きな人が付き合っていた人ってどんな存在?『ブライズ・スピリット〜夫をシェアしたくはありません!』アンケート特集

驚異の2000回上演を果たしたノエル・カワードの名作戯曲「陽気な幽霊」を原案とし、『ダウントン・アビー』のスタッフとキャストが作った本作。今回は副題にある「夫をシェアしたくはありません!」というテーマにそったアンケートを実施し、映画好きの皆さんの本音を調査しました。

映画『真夜中の五分前』三浦春馬/リウ・シーシー(中国) 映画好き女子が“もう一度、映画館で観たい”映画特集4:ドラマ、サスペンス、ホラー編

本特集はついに最終回!今回は、ドラマ、サスペンス、ホラー編を紹介します。

映画『映画 太陽の子』柳楽優弥/有村架純/三浦春馬 今の私達と変わらない若者達の本音に共感『映画 太陽の子』部活リポート

今回は、太平洋戦争末期に行われていたとされる“F研究”と呼ばれる日本の原爆開発の事実を基に、その研究に関わった若者達やその家族達の葛藤を描いた青春群像劇『映画 太陽の子』を観て、座談会を行いました。当時の若者達がどんなことを思っていたのか、本心はどうだったのかと想像しながら、自分達ならどうしていたか、いろいろな視点で語っていただきました。

映画『ナイト ミュージアム/エジプト王の秘密』ベン・スティラー/ロビン・ウィリアムズ/ベン・キングズレー他 映画好きとして観ておきたい映画ランキング:シリーズもの“洋画恋愛、コメディ、ドラマ、クライム編”

今回は、編集部独断で選抜した洋画シリーズ、恋愛、コメディ、ドラマ、クライム編(アニメーションを除く)についてアンケートを実施し、ランキングを出しました。映画好き女子による思い入れあるコメントにも注目です!

映画『レイダース失われたアーク《聖櫃》』ハリソン・フォード あの名作をリメイクするとしたら、誰をキャスティングする?『インディ・ジョーンズ』

「勝手にキャスティング企画!」第5弾は、『インディ・ジョーンズ』。ハリソン・フォードが演じたインディ・ジョーンズ役、ショーン・コネリーが演じたヘンリー・ジョーンズ(インディの父親)役を新たに演じるとしたら誰が良いか挙げていただきました。

映画『IT/イット THE END “それ”が見えたら、終わり。』ビル・スカルスガルド 映画好きとして観ておきたい映画ランキング:シリーズもの“洋画ホラー、スリラー、サスペンス、ダークファンタジー編”

今回は、編集部独断で選抜した洋画シリーズ、ホラー、スリラー、サスペンス、ダークファンタジーについてアンケートを実施し、ランキングを出しました。ぜひ参考にしてみてください!

映画『インターステラー』マシュー・マコノヒー 映画好き女子が“もう一度、映画館で観たい”映画特集3:SF&ファンタジー編

今回は、SF&ファンタジー編!迫力あるシーンや美しい映像がたくさん登場するSF&ファンタジー作品ですが、今回はどんな作品が挙がったのでしょうか?

映画『ミッション:インポッシブル/ゴースト・プロトコル』トム・クルーズ 映画好きとして観ておきたい映画ランキング:シリーズもの“洋画アクション編”

今回は、編集部独断で選抜した洋画シリーズアクション編(アニメーションを除く)についてアンケートを実施し、ランキングを出しました。

映画『バック・トゥ・ザ・フューチャー』マイケル・J・フォックス/クリストファー・ロイド 映画好きとして観ておきたい映画ランキング:シリーズもの“洋画SF&ファンタジー&アドベンチャー編”

映画好き女子がシリーズ作品をどれくらい観ているのかという観点から、映画好きとして観ておきたい作品を検証。今回は、洋画のシリーズもので、SF、ファンタジー、アドベンチャー作品についてアンケートを実施し、ランキングを出しました。

REVIEW

  1. 映画『G.I.ジョー:漆黒のスネークアイズ』ヘンリー・ゴールディング
  2. 映画『アミューズメント・パーク』リンカーン・マーゼル
  3. 映画『THE MOLE(ザ・モール)』ウルリク・ラーセン
  4. 映画『〈主婦〉の学校』
  5. 映画『最後の決闘裁判』マット・デイモン、ベン・アフレック、アダム・ドライバー、ジョディ・カマー
  6. 映画『Our Friend/アワー・フレンド』ケイシー・アフレック/ダコタ・ジョンソン
  7. 映画『かそけきサンカヨウ』志田彩良/井浦新
  8. 映画『キャンディマン』
  9. 映画『PITY ある不幸な男』ヤニス・ドラコプロス
  10. 映画『メインストリーム』アンドリュー・ガーフィールド
PAGE TOP