REVIEW

赤い闇 スターリンの冷たい大地で

  • follow us in feedly
  • RSS
映画『赤い闇 スターリンの冷たい大地で』ジェームズ・ノートン

物語の舞台は1933年で、ヒトラー、スターリンという名前が出てくるので戦争映画かと思いきやそうではありません。本作は、ヒトラーに取材した経験を持つ若き英国人記者ガレス・ジョーンズが、世界中に恐慌が起こっているのにソビエト連邦だけが繁栄していることに疑問を持ち、スターリンに取材をしようと奔走するなか、驚愕の事実に直面するという実話を基にした物語。私のように情報を入れずに観ると(敢えていつも情報を極力入れずに観ています)、主人公ジョーンズと同じように「え?え?何が起こってるの?」と信じられない光景に衝撃を受けるはず。これは1933年に実際にあった出来事をもとにしていますが、今もどこかで起こっているのではないかと思えて、遠い話には思えません。国は国民のためにあるはずなのに、国民がこれだけ犠牲になっていたとは、何のための政治なんでしょうか。そんなことを投げかけてくる作品です。そして、ジャーナリズムの価値や意義を問う物語であり、ガレス・ジョーンズのように命を懸けて真実を世に伝えようとする人達の存在の大きさを考えさせられます。あと、『1984年』などで知られるジョージ・オーウェルが遺した『動物農場』との関連も興味深いところで、小説『動物農場』も読んでみたくなります。さらにガレス・ジョーンズを演じたジェームズ・ノートン、ウォルター・デュランティを演じたピーター・サースガードの演技も見もの。特にピーター・サースガードの怪演は、ウォルター・デュランティという人物の、というか権力に伏した人間の不気味さを際立たせています。そんないろいろな意味でゾッとさせられる本作には、多くの人に知って欲しい内容が詰まっています。

デート向き映画判定
映画『赤い闇 スターリンの冷たい大地で』ジェームズ・ノートン/ヴァネッサ・カービー

社会派で重い内容なので、デート向きとは言い難いですが、それぞれ登場人物達の気持ちになって、自分ならどんな決断をするかと議論をすれば、お互いの価値観が自然にわかりそうです。知られざる歴史を描いた作品ですが、歴史に詳しくなくてもついていける内容なので、2人とも関心があるならデートで観ても良いと思います。

キッズ&ティーン向き映画判定
映画『赤い闇 スターリンの冷たい大地で』ヴァネッサ・カービー/ピーター・サースガード

現代日本も格差社会になってきていると言われていますが、本作で映し出されているような状況は、今すぐでなくても、いつどこで起こってもおかしくないことだと思います。日本でも政府がいろいろなことを隠そうとしている様子がニュースなどからうかがえますが、国民に知られるとまずいこと、国外に知られてもまずいことはたくさんあるでしょう。私達はそれを知らないまま生活していますが、本作を観ると、真実を突き止めるために命を懸けている記者達の存在の尊さを改めて感じることができるでしょう。そう思うと、情報の受け手となる私達も誠意を持って情報に接する必要があるのではないでしょうか。そして、私達がいかに恵まれているかがわかる作品なので、ぜひキッズやティーンの皆さんにも観て欲しいです。

映画『赤い闇 スターリンの冷たい大地で』ジェームズ・ノートン/ヴァネッサ・カービー/ピーター・サースガード

『赤い闇 スターリンの冷たい大地で』
2020年8月14日より全国公開
PG-12
ハピネット
公式サイト

© FILM PRODUKCJA – PARKHURST – KINOROB – JONES BOY FILM – KRAKOW FESTIVAL OFFICE – STUDIO PRODUKCYJNE ORKA – KINO ŚWIAT – SILESIA FILM INSTITUTE IN KATOWICE

TEXT by Myson

関連記事
  • follow us in feedly
  • RSS

新着記事

映画『リバー、流れないでよ』藤谷理子/永野宗典/角田貴志/酒井善史/諏訪雅/石田剛太/中川晴樹/土佐和成/鳥越裕貴/本上まなみ/近藤芳正 ポッドキャスト【だからワタシ達は映画が好き】3〜MY 2023年ベスト10振り返り第2弾

「トーキョー女子映画部が選ぶ 2023年ベスト10」をもとに、4位から6位までの…

映画『PLAY! ~勝つとか負けるとかは、どーでもよくて~』奥平大兼/鈴鹿央士/小倉史也 PLAY! ~勝つとか負けるとかは、どーでもよくて~【レビュー】

徳島の高等専門学校を舞台に描かれている本作は、個性がバラバラの3人の生徒がeスポーツの大会に出場した実話を…

映画『FEAST -狂宴-』ココ・マーティン/ジャクリン・ホセ/グラディス・レイエス/リト・ラピッド FEAST -狂宴-【レビュー】

本作を観た後の印象はもしかしたら真っ二つに分かれるのかも…

【東京コミコン2023】テムエラ・モリソン、ダニエル・ローガン テムエラ・モリソン【プロフィールと出演作一覧】

1960年12月26日ニュージーランド生まれ。1988年、“Never Say Die(原題)”に出演。1994年…

映画『ARGYLLE/アーガイル』ヘンリー・カヴィル/デュア・リパ ARGYLLE/アーガイル【レビュー】

どんだけ、どんでん返しがあるんだ!ってくらい、カラクリが施されていて…

映画『ストリートダンサー』 ストリートダンサー【レビュー】

歌とダンスが見せ場のインド映画で、ダンス映画となれば、どれだけダンスが盛り込まれるのだろうと思ったら…

映画『リトル・マーメイド』ハリー・ベイリー ハリー・ベイリー【プロフィールと出演作一覧】

2000年3月27日アメリカ、ジョージア州生まれ。3歳の頃から子役として活動を始め…

海外ドラマ『ラブ&デス』エリザベス・オルセン/ジェシー・プレモンス やましい人は震えが止まらなくなる【浮気のその先が怖すぎる】映画&ドラマ特集

11月22日は「夫婦の日」として知られていますが、毎月22日を「夫婦の日」とする説もあるようです。そこで掲載日の2024年2月22日の「22日」にちなんで、夫婦円満、カップル円満を願うべく、浮気防止に効きそうな映画をご紹介します。

映画『マダム・ウェブ』ダコタ・ジョンソン/シドニー・スウィーニー/イザベラ・メルセド/セレステ・オコナー/タハール・ラヒム マダム・ウェブ【レビュー】

マーベル作品で蜘蛛といえば“スパイダーマン”ということで、何か関連が…

映画『青春 18×2 君へと続く道』シュー・グァンハン/清原果耶 『青春 18×2 君へと続く道』キャスト&監督登壇、完成披露試写会 【18組×2名=36名】ご招待

映画『青春 18×2 君へと続く道』キャスト&監督登壇、完成披露試写会 【18組×2名=36名】ご招待

部活・イベント

  1. 【ARUARU海ドラDiner】サムライデザート(カップデザート)
  2. 【ARUARU海ドラDiner】トーキョー女子映画部 × Mixalive TOKYO × SHIDAX
  3. 【ARUARU海ドラDiner】サポーター集会:パンチボール(パーティサイズ)
  4. 【ARUARU海ドラDiner】プレオープン
  5. 「ARUARU海ドラDiner」202303トークゲスト集合

本サイト内の広告について

本サイトにはアフィリエイト広告バナーやリンクが含まれます。

おすすめ記事

映画『テルマ&ルイーズ 4K』スーザン・サランドン/ジーナ・デイヴィス あの名作をリメイクするとしたら、誰をキャスティングする?『テルマ&ルイーズ』

今回は『テルマ&ルイーズ』のリメイクを作るとしたら…ということで、テルマ役のジーナ・デイヴィスとルイーズ役のスーザン・サランドンをそれぞれ誰が演じるのが良いか、正式部員の皆さんに聞いてみました。

映画『ミステリと言う勿れ』菅田将暉 映画好きが選んだ2023邦画ベスト

正式部員の皆さんに2023年の邦画ベストを選んでいただきました。どの作品が2023年の邦画ベストに輝いたのか、ランキングを発表!

映画『モリコーネ 映画が恋した音楽家』エンニオ・モリコーネ トーキョー女子映画部が選ぶ 2023年ベスト10

年末恒例、今回もマイソンとシャミで、2023年のMY BEST10を選びました。俳優はMVPとして1名選出。この冬休みの映画鑑賞の参考になれば嬉しいです。

REVIEW

  1. 映画『PLAY! ~勝つとか負けるとかは、どーでもよくて~』奥平大兼/鈴鹿央士/小倉史也
  2. 映画『FEAST -狂宴-』ココ・マーティン/ジャクリン・ホセ/グラディス・レイエス/リト・ラピッド
  3. 映画『ARGYLLE/アーガイル』ヘンリー・カヴィル/デュア・リパ
  4. 映画『ストリートダンサー』
  5. 映画『マダム・ウェブ』ダコタ・ジョンソン/シドニー・スウィーニー/イザベラ・メルセド/セレステ・オコナー/タハール・ラヒム

PRESENT

  1. 映画『青春 18×2 君へと続く道』シュー・グァンハン/清原果耶
  2. 映画『π〈パイ〉デジタルリマスター』ショーン・ガレット
  3. 映画『ネクスト・ゴール・ウィンズ』トートバッグ
PAGE TOP