REVIEW

赤い闇 スターリンの冷たい大地で

  • follow us in feedly
  • RSS
映画『赤い闇 スターリンの冷たい大地で』ジェームズ・ノートン

物語の舞台は1933年で、ヒトラー、スターリンという名前が出てくるので戦争映画かと思いきやそうではありません。本作は、ヒトラーに取材した経験を持つ若き英国人記者ガレス・ジョーンズが、世界中に恐慌が起こっているのにソビエト連邦だけが繁栄していることに疑問を持ち、スターリンに取材をしようと奔走するなか、驚愕の事実に直面するという実話を基にした物語。私のように情報を入れずに観ると(敢えていつも情報を極力入れずに観ています)、主人公ジョーンズと同じように「え?え?何が起こってるの?」と信じられない光景に衝撃を受けるはず。これは1933年に実際にあった出来事をもとにしていますが、今もどこかで起こっているのではないかと思えて、遠い話には思えません。国は国民のためにあるはずなのに、国民がこれだけ犠牲になっていたとは、何のための政治なんでしょうか。そんなことを投げかけてくる作品です。そして、ジャーナリズムの価値や意義を問う物語であり、ガレス・ジョーンズのように命を懸けて真実を世に伝えようとする人達の存在の大きさを考えさせられます。あと、『1984年』などで知られるジョージ・オーウェルが遺した『動物農場』との関連も興味深いところで、小説『動物農場』も読んでみたくなります。さらにガレス・ジョーンズを演じたジェームズ・ノートン、ウォルター・デュランティを演じたピーター・サースガードの演技も見もの。特にピーター・サースガードの怪演は、ウォルター・デュランティという人物の、というか権力に伏した人間の不気味さを際立たせています。そんないろいろな意味でゾッとさせられる本作には、多くの人に知って欲しい内容が詰まっています。

デート向き映画判定
映画『赤い闇 スターリンの冷たい大地で』ジェームズ・ノートン/ヴァネッサ・カービー

社会派で重い内容なので、デート向きとは言い難いですが、それぞれ登場人物達の気持ちになって、自分ならどんな決断をするかと議論をすれば、お互いの価値観が自然にわかりそうです。知られざる歴史を描いた作品ですが、歴史に詳しくなくてもついていける内容なので、2人とも関心があるならデートで観ても良いと思います。

キッズ&ティーン向き映画判定
映画『赤い闇 スターリンの冷たい大地で』ヴァネッサ・カービー/ピーター・サースガード

現代日本も格差社会になってきていると言われていますが、本作で映し出されているような状況は、今すぐでなくても、いつどこで起こってもおかしくないことだと思います。日本でも政府がいろいろなことを隠そうとしている様子がニュースなどからうかがえますが、国民に知られるとまずいこと、国外に知られてもまずいことはたくさんあるでしょう。私達はそれを知らないまま生活していますが、本作を観ると、真実を突き止めるために命を懸けている記者達の存在の尊さを改めて感じることができるでしょう。そう思うと、情報の受け手となる私達も誠意を持って情報に接する必要があるのではないでしょうか。そして、私達がいかに恵まれているかがわかる作品なので、ぜひキッズやティーンの皆さんにも観て欲しいです。

映画『赤い闇 スターリンの冷たい大地で』ジェームズ・ノートン/ヴァネッサ・カービー/ピーター・サースガード

『赤い闇 スターリンの冷たい大地で』
2020年8月14日より全国公開
PG-12
ハピネット
公式サイト

© FILM PRODUKCJA – PARKHURST – KINOROB – JONES BOY FILM – KRAKOW FESTIVAL OFFICE – STUDIO PRODUKCYJNE ORKA – KINO ŚWIAT – SILESIA FILM INSTITUTE IN KATOWICE

TEXT by Myson

関連記事
  • follow us in feedly
  • RSS

新着記事

映画『星の子』芦田愛菜 映画好きが推すイイ俳優ランキング【国内20代】演技力部門

映画好きが推すイイ俳優ランキング【国内20代編】番外編として、今回は<演技力部門>のランキングを発表します。

映画『蛇の道』柴咲コウ 蛇の道【レビュー】

本作は1998年に劇場公開された黒沢清監督の同名作品を、フランスを舞台にセルフリメイクした作品…

映画『オールド・フォックス 11歳の選択』バイ・ルンイン/リウ・グァンティン オールド・フォックス 11歳の選択【レビュー】

2023年に引退を表明したホウ・シャオシェンの最後のプロデュース作品といわれる本作は…

映画『母を亡くした時、僕は遺骨を食べたいと思った。』倍賞美津子 倍賞美津子【プロフィールと出演作一覧】

1946年11月22日生まれ。茨城県出身。1967年『純情二重奏』で…

映画『アキはハルとごはんを食べたい 2杯目!』赤澤遼太郎さん&高橋健介さんインタビュー 『アキはハルとごはんを食べたい 2杯目!』赤澤遼太郎さん&高橋健介さんインタビュー

『アキはハルとごはんを食べたい 2杯目!』の赤澤遼太郎さんと高橋健介さんにインタビューさせていただきました。お話中もお二人は和気あいあいとした雰囲気で、とても楽しいインタビューでした。

映画『Iké Boys イケボーイズ』Tシャツ 『Iké Boys イケボーイズ』監督サイン入りTシャツ 1名様プレゼント

映画『Iké Boys イケボーイズ』監督サイン入りTシャツ 1名様プレゼント

海外ドラマ『ファーストレディ』ヴィオラ・デイヴィス ファーストレディ【レビュー】

ミシェル・オバマ、ベティ・フォード、エレノア・ルーズベルト、3人のファーストレディの半生を描く本作は、複数の時代を行き来しながら…

映画『ライド・オン』来日舞台挨拶:ジャッキー・チェン、ラリー・ヤン監督/ジャッキーちゃん ジャッキー・チェン、突如〇〇を披露!会場から歓喜の声『ライド・オン』来日舞台挨拶

『ライド・オン』が絶賛公開中の2024年6月11日、ジャッキー・チェンと、ラリー・ヤン監督が来日…

映画『ホールドオーバーズ 置いてけぼりのホリディ』ポール・ジアマッティ/ダヴァイン・ジョイ・ランドルフ/ドミニク・セッサ ホールドオーバーズ 置いてけぼりのホリディ【レビュー】

アレクサンダー・ペイン監督とポール・ジアマッティが、『サイドウェイ』以来、2度目のタッグを…

映画『ディア・ファミリー』大泉洋/菅野美穂/福本莉子/新井美羽/川栄李奈 ディア・ファミリー【レビュー】

本作は、生まれつきの心臓疾患で余命10年と宣告された幼い娘のために、人工心臓を作ろうと…

部活・イベント

  1. 【ARUARU海ドラDiner】サムライデザート(カップデザート)
  2. 【ARUARU海ドラDiner】トーキョー女子映画部 × Mixalive TOKYO × SHIDAX
  3. 【ARUARU海ドラDiner】サポーター集会:パンチボール(パーティサイズ)
  4. 【ARUARU海ドラDiner】プレオープン
  5. 「ARUARU海ドラDiner」202303トークゲスト集合

本サイト内の広告について

本サイトにはアフィリエイト広告バナーやリンクが含まれます。

おすすめ記事

映画『星の子』芦田愛菜 映画好きが推すイイ俳優ランキング【国内20代】演技力部門

映画好きが推すイイ俳優ランキング【国内20代編】番外編として、今回は<演技力部門>のランキングを発表します。

映画『もしも徳川家康が総理大臣になったら』浜辺美波 映画好きが推すイイ俳優ランキング【国内20代】雰囲気部門

映画好きが推すイイ俳優ランキング【国内20代編】<雰囲気部門>のランキングを発表します。総合結果からガラッと順位が変わっています!

映画『デューン 砂の惑星PART2』ティモシー・シャラメ 映画好きが推すイイ俳優ランキング【海外10代、20代編】

今回は、海外10代、20代(1995年から2014年生まれ)のイイ俳優の中から、昨今活躍が目覚ましい方を編集部の独断で50名選抜し、正式部員の皆さんに投票していただきました。

REVIEW

  1. 映画『蛇の道』柴咲コウ
  2. 映画『オールド・フォックス 11歳の選択』バイ・ルンイン/リウ・グァンティン
  3. 海外ドラマ『ファーストレディ』ヴィオラ・デイヴィス
  4. 映画『ホールドオーバーズ 置いてけぼりのホリディ』ポール・ジアマッティ/ダヴァイン・ジョイ・ランドルフ/ドミニク・セッサ
  5. 映画『ディア・ファミリー』大泉洋/菅野美穂/福本莉子/新井美羽/川栄李奈

PRESENT

  1. 映画『Iké Boys イケボーイズ』Tシャツ
  2. 映画『大いなる不在』森山未來/藤竜也
  3. 映画『赤羽骨子のボディガード』ラウール
PAGE TOP