アンケート特集

ジャーナリズムの意義を問う映画特集

  • follow us in feedly
  • RSS
映画『オフィシャル・シークレット』マット・スミス/マシュー・グード

現代は情報に溢れており、不確かなニュースを判別することも難しくなってきました。でも、誰も正しい情報を伝えようとする努力、正しい情報を得ようとする努力をしなくなった時、世界はどうなってしまうのでしょうか?今回はそんなことを考えさせられる映画、命や人生をかけて正しい情報を世に伝えようとした人々の実話をご紹介します。

ジャケット写真やタイトルの文字リンクをクリックすると、Amazonのデジタル配信もしくはパッケージ販売に飛びますので、ぜひご覧ください。旧作はすべてブルーレイ&DVDレンタル・発売中、デジタル配信中です。
※一部、ブルーレイorDVDのレンタル、発売、デジタル配信がないものもございます。

ジャーナリストとして権威と闘う!

映画『赤い闇 スターリンの冷たい大地で』ジェームズ・ノートン/ヴァネッサ・カービー/ピーター・サースガード

赤い闇 スターリンの冷たい大地で

2020年8月14日(金)より全国公開
PG-12
監督:アグニェシュカ・ホランド
出演:ジェームズ・ノートン/ヴァネッサ・カービー/ピーター・サースガード

強くて豊かな国が“演出”されている裏で、人々が飢えに苦しんでいる様子を、若きジャーナリストが暴いたものの…。何が何でも封じ込めようとする国家権力の恐ろしさも同時にわかります。

REVIEW/デート向き映画判定/キッズ&ティーン向き映画判定
アグニェシュカ・ホランド監督インタビュー

ジャーナリズムの意義を問う映画特集用アンケート結果:Q:テレビの報道番組の情報を信じますか?
Q:テレビの報道番組の情報を信じますか?(15歳以上の女性337名が回答)

ニュースの真相

監督・脚本・製作:ジェームズ・ヴァンダービルト
出演:ケイト・ブランシェット/ロバート・レッドフォード/エリザベス・モス/トファー・グレイス/デニス・クエイド/ステーシー・キーチ

情報を受け取る側の反応がいかに影響力を持つかということにフォーカスした作品。ジャーナリストだけが努力するのではなく、受け取る私達にも責任があると同時にパワーがあることを教えてくれます。

REVIEW/デート向き映画判定/キッズ&ティーン向き映画判定

ニュースの真相(字幕版)

ジャーナリズムの意義を問う映画特集用アンケート結果:Q:新聞社が発信する情報を信じますか?
Q:新聞社が発信する情報を信じますか?(15歳以上の女性337名が回答)

ペンタゴン・ペーパーズ/最高機密文書

監督:スティーヴン・スピルバーグ
出演:メリル・ストリープ/トム・ハンクス/サラ・ポールソン/ボブ・オデンカーク/トレイシー・レッツ/ブラッドリー・
ウィット・フォード/ブルース・グリーンウッド/マシュー・リス/アリソン・ブリー

絶対的な権力に屈しないジャーナリスト達の努力によって、私達が真実を知ることで、民主主義を守ることにも繋がるんですね。

REVIEW/デート向き映画判定/キッズ&ティーン向き映画判定

ペンタゴン・ペーパーズ/最高機密文書 (字幕版)

記者たち~衝撃と畏怖の真実~

監督:ロブ・ライナー
出演:ウディ・ハレルソン/ジェームズ・マースデン/ジェシカ・ビール/ミラ・ジョヴォヴィッチ/ロブ・ライナー/トミー・リー・ジョーンズ

誰が真実を語っているかということに、企業や媒体の規模の大小は関係ない。疑いの目を持ちながら、情報に接するのも大事ですね。

REVIEW/デート向き映画判定/キッズ&ティーン向き映画判定
ロブ・ライナー監督来日会見

記者たち 衝撃と畏怖の真実(字幕版)

スポットライト 世紀のスクープ

監督:トム・マッカーシー 
脚本:トム・マッカーシー/ジョシュ・シンガー
出演:マイケル・キートン/マーク・ラファロ/レイチェル・マクアダムス/スタンリー・トゥッチ/リーヴ・シュレイバー

信仰という名の下に、聖職者によって行われている性的虐待。信者が声をあげにくいからこそ、ジャーナリスト達の闘いは救いになったのではないでしょうか。

REVIEW/デート向き映画判定/キッズ&ティーン向き映画判定

スポットライト 世紀のスクープ (字幕版)

個人で権力に立ち向かった人々

映画『オフィシャル・シークレット』キーラ・ナイトレイ/マット・スミス/レイフ・ファインズ

オフィシャル・シークレット

2020年8月28日より全国公開
監督:ギャヴィン・フッド
出演:キーラ・ナイトレイ/マット・スミス/マシュー・グード /レイフ・ファインズ

正しいことをしても犯罪者にされてしまう立場で、主人公はよくぞ立ち上がったと思います。どんなに怖かったかと想像がつきませんが、それでも国民の1人として、国民全体のことを思った彼女のような人がいるからこそ、まだ世界は保たれているのかも知れません。

REVIEW/デート向き映画判定/キッズ&ティーン向き映画判定

デビルズ・ダブルーある影武者の物語ー

監督:リー・タマホリ
出演:ドミニク・クーパー/リュディヴィーヌ・サニエ

独裁者サダム・フセインの悪名高き息子ウダイ・フセインの影武者にされてしまったラティフ・ヤヒア氏の実体験を映画化。ご本人が来日した会見に参加しましたが、信じられないくらい辛い体験をされてもなお、事実を伝えようと尽力されていて、世界には知るべきことがたくさんあることを教わりました。

REVIEW/デート向き映画判定/キッズ&ティーン向き映画判定
ラティフ・ヤヒア氏来日会見

デビルズ・ダブル −ある影武者の物語− (字幕版)

バグダッド・スキャンダル

監督:ペール・フライ
出演:テオ・ジェームズ/ベン・キングズレー/ジャクリーン・ビセット/ベルシム・ビルギ/デビッド・デンシック/ロッシフ・サザーランド/レイチェル・ウィルソン

国連職員としてイラク現地に飛び、善い行いの裏で行われている汚職の実態を目の辺りにしたマイケル・スーサン氏の小説を映画化。国連ですらこうなっているとは残念ですが、彼の決死の努力で今は改善されていることを祈ります。

REVIEW/デート向き映画判定/キッズ&ティーン向き映画判定

バグダッド・スキャンダル(字幕版)

ジャーナリズムの意義を問う映画特集用アンケート結果:Q:日本政府が発信する情報を信じますか?
Q:日本政府が発信する情報を信じますか?(15歳以上の女性337名が回答)
映画『シチズンフォー スノーデンの暴露』エドワード・スノーデン

シチズンフォー スノーデンの暴露

監督・撮影・プロデューサー:ローラ・ポイトラス
製作総指揮:スティーヴン・ソダーバーグ
出演:エドワード・スノーデン/ローラ・ポイトラス/グレン・グリーンウォルド

シチズンフォー スノーデンの暴露(字幕版)

スノーデン

監督・脚本:オリバー・ストーン
出演:ジョセフ・ゴードン=レヴィット/シャイリーン・ウッドリー/メリッサ・レオ/ザッカリー・クイント/トム・ウィルキンソン/スコット・イーストウッド/リス・エヴァンス/ニコラス・ケイジ

一時は、日本でもスノーデン氏の話題で持ちきりでしたね。CIA(中央情報局)、NSA(国家安全保障局)で実際に働いていた人が、国家による一般市民の通信データ収集の実態を告発したことで、映画やドラマでよく描かれている出来事はやっぱり本当なんだと衝撃を受けました。

REVIEW/デート向き映画判定/キッズ&ティーン向き映画判定
オリバー・ストーン監督来日会見

スノーデン(字幕版)

ジャーナリズムの意義を問う映画特集用アンケート結果:Q:ネットニュースの情報を信じますか?
Q:ネットニュースの情報を信じますか?(15歳以上の女性337名が回答)

この人にごまかしは効かない!突撃取材でお馴染みマイケル・ムーア

映画『華氏119』マイケル・ムーア

華氏119

監督:マイケル・ムーア
出演:アメリカ合衆国大統領ドナルド・トランプ 

映画にすることで、私達によりわかりやすく、とっつきやすい形で、世の中で起きている問題に興味を持たせてくれるマイケル・ムーア監督。どんな大物にもひるまずにマイクを向けるマイケル・ムーア監督のような人は本当に貴重な存在です。

REVIEW/デート向き映画判定/キッズ&ティーン向き映画判定

華氏119(字幕版)

日本の報道について、一般の方の生の声をご紹介!

※グラフで示した結果とともに、「あなたの情報処理の仕方」アンケートとして実施。15歳以上の女性337名(トーキョー女子映画部正式部員)に回答頂いた中から一部ご紹介。

  • 芸能人の私生活について必要以上に報道したり、見てもらうための大げさな表現が多いなと感じます。(10代後半)
  • 先日の吉村知事のイソジンニュースもそうだったが、メディアから発せられる情報になんの疑いも持たずに思考停止している人達が、「民意」となってしまっていると感じる。情報を多角的に捉え、複数のソースを当たり、すべて鵜呑みにしないという姿勢が必要だと思う。(20代前半)
  • 政府への忖度がある報道なども多いように個人的に感じています。同時にワイドショーなどでは一般の方の特に根拠なき井戸端会議が垂れ流しになっているような気がして、テレビで流れる情報の価値は低くなってきたのでは、と考えています。自分では積極的に多数の視点から話を捉えられるよう複数メディアで情報を得ようと努めていますが、誰もが信頼性のある情報、特に専門家からの客観的事実を得られるような環境になればいいのにな と感じています。(20代前半)
  • 正しい情報を受け取るようにする能力も必要だが、情報によって自分が傷つかないように、自分を情報から守る能力も必要だと思う。(20代前半)
  • テレビは都合のいいとこを切り取って放送する、新聞は○○派などの偏った見方が多い、週刊誌は会社によっては事実でないことも発刊す、政府は大事なことを伝えない。 同じ事柄でも、たくさんの媒体から1つのニュースを多角的に見て判断する必要がある。(20代後半)
  • 日本の情報バラエティ番組は専門外の人が井戸端会議レベルのコメントを述べるだけ、報道番組は情報に偏りがあり重要なことを報道しない、ネットニュースはデマや差別扇動が多く、社会に悪影響を与えている。重要な情報を収集するためにも、精神衛生のためにも、報道のひとつひとつを取捨選択しなければならない時代だと常日頃から思います。(20代後半)
  • 不誠実な取材に基づく偏った報道が多く、国民の知る権利に寄与していないと思います。 もうマスメディアの役割は一個人が担っており、単に発信力がある厄介な機関になってしまっていると感じております。(20代後半)。
  • 真実よりも早く発表することや、批判を避けるような報道が多い。(30代前半)
  • 新聞記者』という映画を観たら、報道が信じられなくなりました。報道は、誰かから見た真実ではないかと疑問に感じています。(30代後半)
  • 明らかに間違った政府や検察の対応に対して、切り込んだ取材やコメントをするメディアが少なすぎる。 国民に真実を伝えようとする気概が感じられない。(40代前半)
  • 以前は当たり前に受け止められていたことが、事実として受け止められなくなった。報道とは何か、誰のためのものなのかと考えさせられます。(40代後半)
  • おもしろ可笑しく、他人の不幸や失敗を取り上げる風潮には反対。(50代)
  • その後が報じられるようにしてほしい。(50代)
  • インスタ映えするもの、大衆に受けが良いもの、インパクトの強いもの、そんなニュースばかり取り上げているように思える。世界にはもっと深刻で重要な出来事がいっぱいあるはず! 独自の取材ではなく、一般人のSNS頼みのニュースが多いのでは?(60代)
ジャーナリズムの意義を問う映画特集用アンケート結果:Q:週刊誌の情報を信じますか?
Q:週刊誌の情報を信じますか?(15歳以上の女性337名が回答)

アンケートから、メディアによって信用度の違いがあることがわかりますが、どのメディアも完全に信じているという人は少ないですね。情報がたくさんあるからこそ複数のメディア、媒体を自分で調べて比較するようにしているというご意見も多かったです。こういったアンケートは、もともと意識の高い方が答えてくださる傾向があるので、一般的な信用度は少し違ったものかも知れませんが、本アンケートからは、流れてくる情報を受動的に鵜呑みにせず、能動的に扱う姿勢を取っている方が増えてきている感触がありました。

情報の種類にもいろいろあり、人を傷つけるゴシップ記事もあれば、世に伝わるべきニュースもあります。映画がきっかけで、長年隠された真実を後から知ることも多々ありますが、その情報がいかに自分達の運命を左右しうるものだったかを知ると、受け取る側も情報を丁寧に扱わなければと実感します。

©2018 OFFICIAL SECRETS HOLDINGS, LLC. ALL RIGHTS RESERVED.
© FILM PRODUKCJA – PARKHURST – KINOROB – JONES BOY FILM – KRAKOW FESTIVAL OFFICE – STUDIO PRODUKCYJNE ORKA – KINO ŚWIAT – SILESIA FILM INSTITUTE IN KATOWICE
©2018 Midwestern Films LLC 2018

TEXT by トーキョー女子映画部正式部員&Myson

  • follow us in feedly
  • RSS

新着記事

映画『ロード・オブ・カオス』ロリー・カルキン 俳優ファミリー特集Vol.1

この特集では親子、兄弟姉妹、親戚揃って活躍する俳優達をご紹介します。一度ではご紹介しきれないので、シリーズ化して、随時お届けしようと思います。今回はその第1弾です。

映画『ビバリウム』ジェシー・アイゼンバーグ/イモージェン・プーツ ビバリウム

「新居を探しに行ったらエライ目に遭ってもうた!」というストーリーで…

映画『聖なる犯罪者』バルトシュ・ビィエレニア バルトシュ・ビィエレニア

1992年5月15日ポーランド生まれ。2016年クラコフにある国立アカデミー・オブ・シアター・アーツを…

映画『ラスト・フル・メジャー 知られざる英雄の真実』セバスチャン・スタン/ウィリアム・ハート ラスト・フル・メジャー 知られざる英雄の真実

本作は、ベトナム戦争中の1966年4月11日に行われた救出作戦で、アメリカ空軍の落下傘救助隊の医療兵として60人以上の兵士達を救い戦死した、ウィリアム・H・ピッツェンバーガーについての実話…

海外ドラマ『シカゴ・ファイア シーズン7』ジェシー・スペンサー ジェシー・スペンサー

1979年2月12日、オーストラリアのビクトリア州生まれ。主な出演作に、ドラマ…

映画『ラーヤと龍の王国』 ラーヤと龍の王国

かつて聖なる龍達に守られていた“龍の国”クマンドラは、ドルーンと呼ばれる魔物に襲われ…

Netflix映画『Mank/マンク』チャールズ・ダンス チャールズ・ダンス

1946年10月10日、イギリス生まれ。俳優で映画監督。これまで多くの作品に俳優として…

Netflix映画『マルコム&マリー』ゼンデイヤ/ジョン・デヴィッド・ワシントン ここだけの話15:パートナーと収集のつかない喧嘩をした後、気持ちをどう整理する?

PodCast【トーキョー女子映画部ここだけの話】では、トーキョー女子映画部のマイソンが、記事には…

映画『太陽は動かない』藤原竜也/竹内涼真 太陽は動かない

心臓に爆弾を埋め込まれ、任務から逃げられない運命にある主人公の奮闘を…

Nerflixドラマ『ザ・ポリティシャン』ベン・プラット ベン・プラット

1993年9月24日アメリカ、ロサンゼルス生まれ。映画『ピッチ・パーフェクト』へ…

部活・イベント

  1. 映画『映画 えんとつ町のプペル』原作:西野亮廣
  2. 映画『パピチャ 未来へのランウェイ』リナ・クードリ/シリン・ブティラほか
  3. トーキョー女子映画部主宰:マイソン アバターイラスト10周年
  4. 映画『スキャンダル』シャーリーズ・セロン/ニコール・キッドマン/マーゴット・ロビー
  5. 海外ドラマ『SUITS︓ジェシカ・ピアソン』ジーナ・トーレス/モーガン・スペクター/シャンテル・ライリー/ベサニー・ジョイ・レンツ/サイモン・カシアニデス/ウェイン・デュヴァル

おすすめ記事

映画『レ・ミゼラブル』ヒュー・ジャックマン 映画好き女子が“もう一度、映画館で観たい”映画特集2:音楽&ラブロマンス編

今回は、音楽&ラブロマンス編です。音楽にまつわる伝記映画やミュージカル作品、そして思わず胸がキュンとしてしまう恋愛映画はたくさんありますが、部員の皆さんがスクリーンで堪能したい作品としてどんな映画が挙がったのでしょうか?

映画『1917 命をかけた伝令』ジョージ・マッケイ 映画好き女子が“もう一度、映画館で観たい”映画特集1:アクション&コメディ編

今回は、部員の皆さんにデジタル配信やDVDでも観られるけれど、やっぱり映画館で観るのが1番と思える作品を聞いてみました。まずはアクション&コメディ編をご紹介。

映画『美女と野獣』エマ・ワトソン 女子も惚れてしまう恋愛ヒロイン女優:海外編

映画には数々の恋愛ヒロインが登場しますが、中には同性目線でも惚れてしまうほど素敵なヒロインがたくさんいます。今回は、編集部独断で恋愛ヒロインを演じてきたハリウッド女優30名を選抜し、正式部員の皆さんに投票いただきました。

映画『WAR ウォー!!』リティク・ローシャン/タイガー・シュロフ 過小評価されていると思う映画特集:アクション&コメディ編

今回は皆さんが過小評価されていると感じる映画アクション&コメディ編をご紹介!

映画『2分の1の魔法』 トーキョー女子映画部が選ぶ 2020年ベスト5

年末恒例、編集部マイソンとシャミが独断で選ぶ【2020年ベスト5】を発表!

映画『映画 えんとつ町のプペル』原作:西野亮廣 映画好き女子のオススメ度はいかに?『映画 えんとつ町のプペル』部活リポート

映画好きの女子は本作をどう評価したのでしょうか?

映画『去年の冬、きみと別れ』岩田剛典、斎藤工 過小評価されていると思う映画特集:サスペンス&スリラー編

今回は、皆さんが過小評価されていると感じる映画サスペンス&スリラー編をご紹介します。前回のヒューマンドラマ編でもたくさんの作品についてコメントが寄せられましたが、今回はどんな作品が挙がっているのか、コメントにも注目です!

映画『ソング・トゥ・ソング』ルーニー・マーラ テンションが上がる!音楽映画特集

映画には音楽をテーマにした作品が多くありますが、音楽を楽しむだけでなく、感動したり、元気をもらえた経験がある方も多いのではないでしょうか。そこで今回は、編集部独断で音楽映画の代表作を選抜し、テンションが上がる作品を伺い、ランキングを出しました!

映画『だれもが愛しいチャンピオン』ハビエル・グティエレス 過小評価されていると思う映画特集:ヒューマンドラマ編

今回は、皆さんが過小評価されていると感じる映画について聞いてみました。たくさんコメントいただいた中からまずはヒューマンドラマ編をご紹介。

映画『パピチャ 未来へのランウェイ』リナ・クードリ/シリン・ブティラほか 女子として、夢を追う者として共感!『パピチャ 未来へのランウェイ』座談会リポート

今回本作にちなんで、ネジュマと同世代の女性に集まって頂き、オンライン座談会を行いました…

REVIEW

  1. 映画『ビバリウム』ジェシー・アイゼンバーグ/イモージェン・プーツ
    ビバリウム

  2. 映画『ラスト・フル・メジャー 知られざる英雄の真実』セバスチャン・スタン/ウィリアム・ハート
  3. 映画『ラーヤと龍の王国』
  4. 映画『太陽は動かない』藤原竜也/竹内涼真
  5. 映画『野球少女』イ・ジュヨン
    野球少女

  6. Netflixドラマ『エミリー、パリへ行く シーズン1』リリー・コリンズ
  7. Netflix映画『マルコム&マリー』ゼンデイヤ/ジョン・デヴィッド・ワシントン
  8. 映画『DAU. ナターシャ』ナターリヤ・ベレジナヤ/オリガ・シカバルニャ/リュック・ビジェ
  9. Netflix映画『時の面影』キャリー・マリガン/レイフ・ファインズ
    時の面影

  10. 映画『ターコイズの空の下で』柳楽優弥
PAGE TOP