REVIEW

アナログ【レビュー】

  • follow us in feedly
  • RSS
映画『アナログ』二宮和也/波瑠

ビートたけしによる原作を、二宮和也と波瑠の共演で映画化した本作では、携帯電話を使わずに交流する2人の男女の姿が映されています。建築デザイナーの悟(二宮和也)は、自身が手掛けた喫茶店“ピアノ”を訪れた際、みゆき(波瑠)という女性に出会います。その後も喫茶店で会った2人はお互いに惹かれるものを感じ、悟は連絡先を交換しようとしますが、みゆきは携帯電話を持っておらず、会いたい時は毎週木曜日の同じ時間帯に喫茶店に来る約束をします。
ここから先は映画でご覧いただくとして、本作を観ていると、携帯電話を持っていることが当たり前になった現代の恋愛を見つめ直すことができます。携帯電話がないと連絡が取れないので、待ち合わせに遅れたり、行けなくなっても、事情を伝えられないし、待っている側も相手に何が起こったのかわかりません。また、2人はお互いに来られない時があっても仕方がないというルールにしている点でお互いを縛っていません。喫茶店に行ってみないと相手が来ているかどうかもわからないし、喫茶店で待っていても相手が来るのかわからない。この状況は一見とても非効率でありながら、お互いを思いやる気持ちを醸成していくのかもしれないなと感じます。
みゆきが携帯電話を持っていない背景にもドラマがあり、もちろん携帯電話を否定するストーリーではありません。ただ、何でも便利になった状況によって、私達が日常で見落としているものが多くあるのではないかと気付かされます。また、情報過多の現代で、私達は以前よりも一層、人を表向きの情報だけで判断してしまうようになっているのかもしれません。本作は、直接会うことで感じ取れるものの大切さを教えてくれます。

デート向き映画判定
映画『アナログ』二宮和也/波瑠/リリー・フランキー

切なさもあり温かさもあるロマンチックなラブストーリーで、デートにもオススメです。気まずくなるようなシーンはないので、初デートで観ても大丈夫でしょう。ただ、秘密主義な方と交際している場合は、心穏やかに観られない展開も出てきます。そんな方は1人でじっくり観て、自分の気持ちに向き合い、今後どうするか考えるのはいかがでしょうか。

キッズ&ティーン向き映画判定
映画『アナログ』二宮和也/桐谷健太/浜野謙太

デジタル世代の皆さんが観ると、とても新鮮に思えるラブストーリーだと思います。日常では携帯電話を使っていても、好きな人とは敢えてアナログなやり取りを試してみるのも良さそうです。好きな相手に対してだけでなく、家族や友達に対しても、何でも携帯電話の連絡で済ませずに、直接会って、相手の表情を観察したり、一緒にいる時の空気感を共有する機会も大切にしてください。

映画『アナログ』二宮和也/波瑠

『アナログ』
2023年10月6日より全国公開
東宝、アスミック・エース
公式サイト

ムビチケ購入はこちら

©︎ 2023「アナログ」製作委員会 ©︎ T.N GON Co., Ltd.

TEXT by Myson

本ページの情報は2023年9月時点のものです。最新の販売状況や配信状況は各社サイトにてご確認ください。

関連記事
  • follow us in feedly
  • RSS

新着記事

映画『マンティコア 怪物』ナチョ・サンチェス マンティコア 怪物【レビュー】

何とも見事なストーリー!本作は、マンティコアという神話上の生き物をテーマに用いて…

映画『リバウンド』アン・ジェホン/イ・シニョン/チョン・ジヌン(2AM)/チョン・ゴンジュ/キム・テク/キム・ミン リバウンド【レビュー】

なんて素敵な映画なんでしょう!もう、笑ったりウルウルしたり忙しく、観終わった後は…

映画『陰陽師0』山﨑賢人 陰陽師0【レビュー】

陰陽師、安倍晴明の映画は以前にも作られていたのでそのイメージは強く残りながら観たものの、本作はまったく新しい…

映画『ザ・タワー』 ザ・タワー【レビュー】

これまでも建物内を舞台に、孤立無援となり生存が困難になった世界を描いた作品は…

中国ドラマ『消せない初恋』ヤン・ヤン/ワン・チューラン 中国ドラマ『消せない初恋』オリジナルQUOカード(500円分) 3名様プレゼント

中国ドラマ『消せない初恋』オリジナルQUOカード(500円分) 3名様プレゼント

海外ドラマ『三体』リーアム・カニンガム/ジェス・ホン 三体【レビュー】

“三体”ってどういうことなのか、タイトルだけ見ても想像がつきませんね。でも…

映画『52ヘルツのクジラたち』余貴美子 余貴美子【プロフィールと出演作一覧】

1956年5月12日生まれ。神奈川県出身。『あ、春』(1998)と『学校Ⅲ』(1998)で、日本ア…

映画『東京リベンジャーズ』吉沢亮/山田裕貴 ポッドキャスト【だからワタシ達は映画が好き】6〜ヤンキー映画の話

“東京リベンジャーズ”“今日から俺は!!”“ROOKIES”など、ヤンキー映画の魅力って何だろねって話から、中学生時代の映画鑑賞について話しています。

映画『ゴジラ-1.0』 傾向が似ている映画は?2023年の邦画人気作の相関分析をやってみた!【映画研究】映画人心解剖17

今回は、2023年邦画ベストの投票で得たデータをもとに、映画鑑賞頻度と作品の相関分析、作品同士の相関分析を行いました。

映画『不死身ラヴァーズ』見上愛 『不死身ラヴァーズ』監督登壇!トークイベント付き一般試写会 10組20名様ご招待

映画『不死身ラヴァーズ』監督登壇!トークイベント付き一般試写会 10組20名様ご招待

部活・イベント

  1. 【ARUARU海ドラDiner】サムライデザート(カップデザート)
  2. 【ARUARU海ドラDiner】トーキョー女子映画部 × Mixalive TOKYO × SHIDAX
  3. 【ARUARU海ドラDiner】サポーター集会:パンチボール(パーティサイズ)
  4. 【ARUARU海ドラDiner】プレオープン
  5. 「ARUARU海ドラDiner」202303トークゲスト集合

本サイト内の広告について

本サイトにはアフィリエイト広告バナーやリンクが含まれます。

おすすめ記事

映画『ウォンカとチョコレート工場のはじまり』ティモシー・シャラメ 映画好きが選んだ2023洋画ベスト

正式部員の皆さんに2023年の洋画ベストを選んでいただきました。どの作品が2023年の洋画ベストに輝いたのでしょうか?

映画『テルマ&ルイーズ 4K』スーザン・サランドン/ジーナ・デイヴィス あの名作をリメイクするとしたら、誰をキャスティングする?『テルマ&ルイーズ』

今回は『テルマ&ルイーズ』のリメイクを作るとしたら…ということで、テルマ役のジーナ・デイヴィスとルイーズ役のスーザン・サランドンをそれぞれ誰が演じるのが良いか、正式部員の皆さんに聞いてみました。

映画『ミステリと言う勿れ』菅田将暉 映画好きが選んだ2023邦画ベスト

正式部員の皆さんに2023年の邦画ベストを選んでいただきました。どの作品が2023年の邦画ベストに輝いたのか、ランキングを発表!

REVIEW

  1. 映画『マンティコア 怪物』ナチョ・サンチェス
  2. 映画『リバウンド』アン・ジェホン/イ・シニョン/チョン・ジヌン(2AM)/チョン・ゴンジュ/キム・テク/キム・ミン
  3. 映画『陰陽師0』山﨑賢人
  4. 映画『ザ・タワー』
  5. 海外ドラマ『三体』リーアム・カニンガム/ジェス・ホン

PRESENT

  1. 中国ドラマ『消せない初恋』ヤン・ヤン/ワン・チューラン
  2. 映画『不死身ラヴァーズ』見上愛
  3. ドラマ特区『ゴーストヤンキー』
PAGE TOP