REVIEW

アングスト/不安

  • follow us in feedly
  • RSS
映画『アングスト/不安』アーウィン・レダー

本作は、1983年に本国オーストリアで公開され、1週間で上映打ち切りとなった問題作で、実在する連続殺人鬼ヴェルナー・クニーセクによって起こされたオーストリアでの一家惨殺事件を基にしています。ヴェルナー・クニーセクは、1980年1月、約8年の刑期を経て釈放を1ヵ月後に控え、就職先を探すために3日間のみ外出を許された際に、この凶行に及んだとされています。本作の公式サイトには、「1983年公開当時、嘔吐する者や返金を求める観客が続出した本国オーストリアでは1週間で上映打切り。他のヨーロッパ全土は上映禁止、イギリスとドイツではビデオも発売禁止。アメリカではXXX指定を受けた配給会社が逃げた」とある通り、彼の犯行がいかに酷いもので、それを映画にしたことがいかにショックを与えたかを物語っています。なお、ヴェルナー・クニーセクは今なお獄中で生きているようです。
映画は冒頭からただならぬ雰囲気で、殺人鬼である主人公が得体の知れない存在だということを予告します。その後、彼が刑務所から出てくるところから、彼の独白によってストーリーが展開していきます。彼は“獲物”という言い方をしますが、目のアップや鼻、口のアップなど、まさに肉食動物が草食動物を狙っているかのようなカメラワークで、私達のいる世界とは次元の違う彼の世界に放り込まれた感覚にさせられます。彼の殺人への衝動は異常なもので、“獲物”が怯える姿を見ることにまず快感を覚えます。なのですぐに殺さず、殺した後の行動も理解不能です。一つひとつの動作を長く追いかけるシーンが多いのも印象的で、まるで防犯カメラに映っている犯行の様子をそのまま観ているような臨場感があり、映像から漂う変な静けさのようなものもすごく不気味です。彼の生い立ちも語られ、そこに何かしらのきっかけがあるとも考えられますが、だからといって同情の余地を感じられないくらい、彼は人間味を失っていて、こういった危険人物の扱いは法的にも医学的にも当時はまだ整備されていなかったと窺えて、野放しにされてしまっていた現実にゾッとします。1980年代に撮られた古い映像も余計に怖さを煽りますが、いろいろな意味で映画史上に残る作品として、映画好き女子は観てみてはどうでしょうか。

デート向き映画判定
映画『アングスト/不安』

吊り橋効果は通り越して、唖然としながら観るような映画なので、デートには全然不向きです(苦笑)。ただただ犯行に至るまでの行動や、犯行そのものを映していて、かなり引き込まれる内容なので、逆に隣で観ている人の存在を忘れてしまうかも知れません。そして、初デートや付き合いたてのカップルの場合、本作をデートで一緒に観ようと誘った真意は何だったのかと思われてしまう可能性もあるでしょう。1人でじっくり観るか、映画好きの友達と観るほうが存分に楽しめます。

キッズ&ティーン向き映画判定
映画『アングスト/不安』アーウィン・レダー

前述のレビューを読んで頂ければ、R指定が付いているのは想像頂けると思いますが、R-15はR-18でも良さそうな内容です。露骨には映していない部分もあるとはいえ、その行為自体が衝撃的なので、映画を観慣れていない15歳以上のティーンが観る上でも刺激が強いと思います。エンタテインメントを観るというよりは、ドキュメンタリーを観るようなテンションで、友達とキャッキャしながら怖がるホラーとは異なります。その点を考えてから観るか決めましょう。

映画『アングスト/不安』アーウィン・レダー

『アングスト/不安』
2020年7月3日より全国順次公開
R-15+
アンプラグド
公式サイト

©1983 Gerald Kargl Ges.m.b.H. Filmproduktion

TEXT by Myson

関連記事
  • follow us in feedly
  • RSS

新着記事

映画『ロード・オブ・カオス』ロリー・カルキン 俳優ファミリー特集Vol.1

この特集では親子、兄弟姉妹、親戚揃って活躍する俳優達をご紹介します。一度ではご紹介しきれないので、シリーズ化して、随時お届けしようと思います。今回はその第1弾です。

映画『ビバリウム』ジェシー・アイゼンバーグ/イモージェン・プーツ ビバリウム

「新居を探しに行ったらエライ目に遭ってもうた!」というストーリーで…

映画『聖なる犯罪者』バルトシュ・ビィエレニア バルトシュ・ビィエレニア

1992年5月15日ポーランド生まれ。2016年クラコフにある国立アカデミー・オブ・シアター・アーツを…

映画『ラスト・フル・メジャー 知られざる英雄の真実』セバスチャン・スタン/ウィリアム・ハート ラスト・フル・メジャー 知られざる英雄の真実

本作は、ベトナム戦争中の1966年4月11日に行われた救出作戦で、アメリカ空軍の落下傘救助隊の医療兵として60人以上の兵士達を救い戦死した、ウィリアム・H・ピッツェンバーガーについての実話…

海外ドラマ『シカゴ・ファイア シーズン7』ジェシー・スペンサー ジェシー・スペンサー

1979年2月12日、オーストラリアのビクトリア州生まれ。主な出演作に、ドラマ…

映画『ラーヤと龍の王国』 ラーヤと龍の王国

かつて聖なる龍達に守られていた“龍の国”クマンドラは、ドルーンと呼ばれる魔物に襲われ…

Netflix映画『Mank/マンク』チャールズ・ダンス チャールズ・ダンス

1946年10月10日、イギリス生まれ。俳優で映画監督。これまで多くの作品に俳優として…

Netflix映画『マルコム&マリー』ゼンデイヤ/ジョン・デヴィッド・ワシントン ここだけの話15:パートナーと収集のつかない喧嘩をした後、気持ちをどう整理する?

PodCast【トーキョー女子映画部ここだけの話】では、トーキョー女子映画部のマイソンが、記事には…

映画『太陽は動かない』藤原竜也/竹内涼真 太陽は動かない

心臓に爆弾を埋め込まれ、任務から逃げられない運命にある主人公の奮闘を…

Nerflixドラマ『ザ・ポリティシャン』ベン・プラット ベン・プラット

1993年9月24日アメリカ、ロサンゼルス生まれ。映画『ピッチ・パーフェクト』へ…

部活・イベント

  1. 映画『映画 えんとつ町のプペル』原作:西野亮廣
  2. 映画『パピチャ 未来へのランウェイ』リナ・クードリ/シリン・ブティラほか
  3. トーキョー女子映画部主宰:マイソン アバターイラスト10周年
  4. 映画『スキャンダル』シャーリーズ・セロン/ニコール・キッドマン/マーゴット・ロビー
  5. 海外ドラマ『SUITS︓ジェシカ・ピアソン』ジーナ・トーレス/モーガン・スペクター/シャンテル・ライリー/ベサニー・ジョイ・レンツ/サイモン・カシアニデス/ウェイン・デュヴァル

おすすめ記事

映画『レ・ミゼラブル』ヒュー・ジャックマン 映画好き女子が“もう一度、映画館で観たい”映画特集2:音楽&ラブロマンス編

今回は、音楽&ラブロマンス編です。音楽にまつわる伝記映画やミュージカル作品、そして思わず胸がキュンとしてしまう恋愛映画はたくさんありますが、部員の皆さんがスクリーンで堪能したい作品としてどんな映画が挙がったのでしょうか?

映画『1917 命をかけた伝令』ジョージ・マッケイ 映画好き女子が“もう一度、映画館で観たい”映画特集1:アクション&コメディ編

今回は、部員の皆さんにデジタル配信やDVDでも観られるけれど、やっぱり映画館で観るのが1番と思える作品を聞いてみました。まずはアクション&コメディ編をご紹介。

映画『美女と野獣』エマ・ワトソン 女子も惚れてしまう恋愛ヒロイン女優:海外編

映画には数々の恋愛ヒロインが登場しますが、中には同性目線でも惚れてしまうほど素敵なヒロインがたくさんいます。今回は、編集部独断で恋愛ヒロインを演じてきたハリウッド女優30名を選抜し、正式部員の皆さんに投票いただきました。

映画『WAR ウォー!!』リティク・ローシャン/タイガー・シュロフ 過小評価されていると思う映画特集:アクション&コメディ編

今回は皆さんが過小評価されていると感じる映画アクション&コメディ編をご紹介!

映画『2分の1の魔法』 トーキョー女子映画部が選ぶ 2020年ベスト5

年末恒例、編集部マイソンとシャミが独断で選ぶ【2020年ベスト5】を発表!

映画『映画 えんとつ町のプペル』原作:西野亮廣 映画好き女子のオススメ度はいかに?『映画 えんとつ町のプペル』部活リポート

映画好きの女子は本作をどう評価したのでしょうか?

映画『去年の冬、きみと別れ』岩田剛典、斎藤工 過小評価されていると思う映画特集:サスペンス&スリラー編

今回は、皆さんが過小評価されていると感じる映画サスペンス&スリラー編をご紹介します。前回のヒューマンドラマ編でもたくさんの作品についてコメントが寄せられましたが、今回はどんな作品が挙がっているのか、コメントにも注目です!

映画『ソング・トゥ・ソング』ルーニー・マーラ テンションが上がる!音楽映画特集

映画には音楽をテーマにした作品が多くありますが、音楽を楽しむだけでなく、感動したり、元気をもらえた経験がある方も多いのではないでしょうか。そこで今回は、編集部独断で音楽映画の代表作を選抜し、テンションが上がる作品を伺い、ランキングを出しました!

映画『だれもが愛しいチャンピオン』ハビエル・グティエレス 過小評価されていると思う映画特集:ヒューマンドラマ編

今回は、皆さんが過小評価されていると感じる映画について聞いてみました。たくさんコメントいただいた中からまずはヒューマンドラマ編をご紹介。

映画『パピチャ 未来へのランウェイ』リナ・クードリ/シリン・ブティラほか 女子として、夢を追う者として共感!『パピチャ 未来へのランウェイ』座談会リポート

今回本作にちなんで、ネジュマと同世代の女性に集まって頂き、オンライン座談会を行いました…

REVIEW

  1. 映画『ビバリウム』ジェシー・アイゼンバーグ/イモージェン・プーツ
    ビバリウム

  2. 映画『ラスト・フル・メジャー 知られざる英雄の真実』セバスチャン・スタン/ウィリアム・ハート
  3. 映画『ラーヤと龍の王国』
  4. 映画『太陽は動かない』藤原竜也/竹内涼真
  5. 映画『野球少女』イ・ジュヨン
    野球少女

  6. Netflixドラマ『エミリー、パリへ行く シーズン1』リリー・コリンズ
  7. Netflix映画『マルコム&マリー』ゼンデイヤ/ジョン・デヴィッド・ワシントン
  8. 映画『DAU. ナターシャ』ナターリヤ・ベレジナヤ/オリガ・シカバルニャ/リュック・ビジェ
  9. Netflix映画『時の面影』キャリー・マリガン/レイフ・ファインズ
    時の面影

  10. 映画『ターコイズの空の下で』柳楽優弥
PAGE TOP