REVIEW

MOTHER マザー

  • follow us in feedly
  • RSS
映画『MOTHER マザー』長澤まさみ/奥平大兼

本作は、2014年に埼玉県川口市で起きた実際の事件を取材した山村香著のノンフィクション「誰もボクを見ていない:なぜ17歳の少年は、祖父母を殺害したのか」(ポプラ文庫)を原案にしたフィクションとして描かれています。長澤まさみが演じる母親の秋子はシングルマザーですが、職を持たずパチンコに明け暮れ、幼い息子、周平を使って親(息子にとっては祖父母)や妹(秋子の)に金の無心をして生活しています。そして男ができると何日も家を空け、いつ戻ってくるのか聞く息子に金を振り込めという始末。さらには男と手を組み、第三者に恐喝めいたことまでしたりと、一見どうしようもない母親です。一方周平は母に従順で、理不尽な対応をされても母から離れようとしません。何度か周平が秋子から離れるチャンスはありますが、秋子が簡単に周平を手放すはずはなく、そうしている間に最悪の事態を招きます。彼らに一体何が起きるのかは本編を観て頂くとして、親子関係というものは本当に複雑だと感じます。合理的に考えると、早く秋子から周平を引き離して保護すべきなのですが、人間一人ひとりの話なのでそんなに機械的に事を進められません。そして、子どもはどんな親でも愛されたいんだなと感じるだけに、どうやったらこの親子を救えるのか考えてもなかなか出口が見つからず、観ているこちらも途方に暮れてしまいます。そんなどうしようもない感情が、本編のクライマックスで周平の口からズドーンと放たれ、無力感も押し寄せてきます。
本作の基になった17歳の少年が起こした衝撃的な事件は、決して遠い他人事ではありません。そして、この母親を単純に敵視することも無意味で、まずは彼女に何が起きていたのかを知りたいと思わずにはいられません。母親という存在を神格化する作品も多くありますが、こういった親子も現実にはいることを私達は知った上で、世の中で困っている子ども達をどう救うのか考えなければいけないなと痛感させられる作品です。

デート向き映画判定
映画『MOTHER マザー』長澤まさみ/阿部サダヲ

テーマが重く、本作はフィクションとは言え、実際の事件をモチーフにしているので、気楽には観られません。また複雑な親子関係の人や、家族に対して良い思い出がない人にとっては辛い内容だと思います。忌憚なく感想を述べ合えるカップルは良いですが、まだ距離感を掴めていないカップルはもう少し関係が深まってから観るほうが有意義な会話ができると思います。

キッズ&ティーン向き映画判定
映画『MOTHER マザー』長澤まさみ/奥平大兼

子ども目線で観ても本当に辛い内容です。もし周平と同じような境遇にいたら、どんな風に感じるのか想像もつきません。ただ、友達が家族のことで悩んでいたら、一緒に観ることで自然に家族の話をするきっかけにできるかも知れません。でも、他人が家族の話に踏み込むことが得策ではない場合もあり、無理矢理話を聞こうとしたり解決を手伝うべきとは言えませんが、せめて身近で困っている友達がいたら寄り添える気持ちを持てたら良いなと思います。

映画『MOTHER マザー』長澤まさみ/奥平大兼

『MOTHER マザー』
2020年7月3日より全国公開
スターサンズ、KADOKAWA
公式サイト

© 2020「MOTHER」製作委員会

TEXT by Myson

関連記事
  • follow us in feedly
  • RSS

新着記事

映画『ライド・オン』ジャッキー・チェン ライド・オン【レビュー】

ジャッキー・チェン50周年&70歳の記念となる本作は、スタントマンが主人公の物語…

映画『52ヘルツのクジラたち』杉咲花 杉咲花【プロフィールと出演作一覧】

1997年10月2日東京都生まれ。2016年『湯を沸かすほどの熱い愛』で…

映画『ルックバック』 アニメ映画まとめ2024年5月27日号

近日公開or配信予定(一部公開or配信中の作品も含む)のアニメ映画をまとめて紹介…

映画『わたくしどもは。』小松菜奈/松田龍平 わたくしどもは。【レビュー】

本作の設定やあらすじをまったく知らずに観ると、あるキャラクターと…

映画『アンダー・ユア・ベッド』SABU監督インタビュー 『アンダー・ユア・ベッド』SABU監督インタビュー

今回は『アンダー・ユア・ベッド』で韓国デビューを飾ったSABU監督にお話を伺いました。海外作品へ挑戦する理由、画作りについて、オリジナル作品へのこだわりなど、赤裸々に語っていただきました。

映画『アクアマン/失われた王国』ぬいぐるみ 『アクアマン/失われた王国』オリジナルアクアマンぬいぐるみ(グリーン) 2名様プレゼント

映画『ウォンカとチョコレート工場のはじまり』Tシャツ 2名様ご招待

映画『チャレンジャーズ』ゼンデイヤ チャレンジャーズ【レビュー】

REVIEWゼンデイヤ主演、ルカ・グァダニーノ監督作というくらいの情報だけで鑑賞し始めて、…

映画『あの花が咲く丘で、君とまた出会えたら。』福原遥 福原遥【プロフィールと出演作一覧】

1998年8月28日生まれ。埼玉県出身。 主な映画出演作に…

中国ドラマ『玉骨遥』QUOカード 中国ドラマ『玉骨遥』オリジナルQUOカード(500円分) 2名様プレゼント

中国ドラマ『玉骨遥』オリジナルQUOカード(500円分) 2名様プレゼント

映画『マッドマックス:フュリオサ』アニャ・テイラー=ジョイ/クリス・ヘムズワース マッドマックス:フュリオサ【レビュー】

直感的におもしろいと感じられるので、わざわざ言語化、文章化せずに…

部活・イベント

  1. 【ARUARU海ドラDiner】サムライデザート(カップデザート)
  2. 【ARUARU海ドラDiner】トーキョー女子映画部 × Mixalive TOKYO × SHIDAX
  3. 【ARUARU海ドラDiner】サポーター集会:パンチボール(パーティサイズ)
  4. 【ARUARU海ドラDiner】プレオープン
  5. 「ARUARU海ドラDiner」202303トークゲスト集合

本サイト内の広告について

本サイトにはアフィリエイト広告バナーやリンクが含まれます。

おすすめ記事

映画『デューン 砂の惑星PART2』ティモシー・シャラメ 映画好きが推すイイ俳優ランキング【海外10代、20代編】

今回は、海外10代、20代(1995年から2014年生まれ)のイイ俳優の中から、昨今活躍が目覚ましい方を編集部の独断で50名選抜し、正式部員の皆さんに投票していただきました。

映画『MIRRORLIAR FILMS Season5』横浜流星 映画好きが推すイイ俳優ランキング【国内20代編】

今回は、国内で活躍する20代(1995年から2004年生まれ)のイイ俳優の中から、昨今活躍が目覚ましい方を編集部の独断で70名選抜し、正式部員の皆さんに投票していただきました。

映画『ウォンカとチョコレート工場のはじまり』ティモシー・シャラメ 映画好きが選んだ2023洋画ベスト

正式部員の皆さんに2023年の洋画ベストを選んでいただきました。どの作品が2023年の洋画ベストに輝いたのでしょうか?

REVIEW

  1. 映画『ライド・オン』ジャッキー・チェン
  2. 映画『わたくしどもは。』小松菜奈/松田龍平
  3. 映画『チャレンジャーズ』ゼンデイヤ
  4. 映画『マッドマックス:フュリオサ』アニャ・テイラー=ジョイ/クリス・ヘムズワース
  5. 海外ドラマ『SHOGUN 将軍』真田広之

PRESENT

  1. 映画『アクアマン/失われた王国』ぬいぐるみ
  2. 中国ドラマ『玉骨遥』QUOカード
  3. 韓国ドラマ『7 人の脱出』オム・ギジュン/ファン・ジョンウム/イ・ジュン/イ・ユビ
PAGE TOP