REVIEW

MOTHER マザー

  • follow us in feedly
  • RSS
映画『MOTHER マザー』長澤まさみ/奥平大兼

本作は、2014年に埼玉県川口市で起きた実際の事件を取材した山村香著のノンフィクション「誰もボクを見ていない:なぜ17歳の少年は、祖父母を殺害したのか」(ポプラ文庫)を原案にしたフィクションとして描かれています。長澤まさみが演じる母親の秋子はシングルマザーですが、職を持たずパチンコに明け暮れ、幼い息子、周平を使って親(息子にとっては祖父母)や妹(秋子の)に金の無心をして生活しています。そして男ができると何日も家を空け、いつ戻ってくるのか聞く息子に金を振り込めという始末。さらには男と手を組み、第三者に恐喝めいたことまでしたりと、一見どうしようもない母親です。一方周平は母に従順で、理不尽な対応をされても母から離れようとしません。何度か周平が秋子から離れるチャンスはありますが、秋子が簡単に周平を手放すはずはなく、そうしている間に最悪の事態を招きます。彼らに一体何が起きるのかは本編を観て頂くとして、親子関係というものは本当に複雑だと感じます。合理的に考えると、早く秋子から周平を引き離して保護すべきなのですが、人間一人ひとりの話なのでそんなに機械的に事を進められません。そして、子どもはどんな親でも愛されたいんだなと感じるだけに、どうやったらこの親子を救えるのか考えてもなかなか出口が見つからず、観ているこちらも途方に暮れてしまいます。そんなどうしようもない感情が、本編のクライマックスで周平の口からズドーンと放たれ、無力感も押し寄せてきます。
本作の基になった17歳の少年が起こした衝撃的な事件は、決して遠い他人事ではありません。そして、この母親を単純に敵視することも無意味で、まずは彼女に何が起きていたのかを知りたいと思わずにはいられません。母親という存在を神格化する作品も多くありますが、こういった親子も現実にはいることを私達は知った上で、世の中で困っている子ども達をどう救うのか考えなければいけないなと痛感させられる作品です。

デート向き映画判定
映画『MOTHER マザー』長澤まさみ/阿部サダヲ

テーマが重く、本作はフィクションとは言え、実際の事件をモチーフにしているので、気楽には観られません。また複雑な親子関係の人や、家族に対して良い思い出がない人にとっては辛い内容だと思います。忌憚なく感想を述べ合えるカップルは良いですが、まだ距離感を掴めていないカップルはもう少し関係が深まってから観るほうが有意義な会話ができると思います。

キッズ&ティーン向き映画判定
映画『MOTHER マザー』長澤まさみ/奥平大兼

子ども目線で観ても本当に辛い内容です。もし周平と同じような境遇にいたら、どんな風に感じるのか想像もつきません。ただ、友達が家族のことで悩んでいたら、一緒に観ることで自然に家族の話をするきっかけにできるかも知れません。でも、他人が家族の話に踏み込むことが得策ではない場合もあり、無理矢理話を聞こうとしたり解決を手伝うべきとは言えませんが、せめて身近で困っている友達がいたら寄り添える気持ちを持てたら良いなと思います。

映画『MOTHER マザー』長澤まさみ/奥平大兼

『MOTHER マザー』
2020年7月3日より全国公開
スターサンズ、KADOKAWA
公式サイト

© 2020「MOTHER」製作委員会

TEXT by Myson

関連記事
  • follow us in feedly
  • RSS

新着記事

映画『くれなずめ』成田凌/若葉竜也/浜野謙太/藤原季節/目次立樹/高良健吾 くれなずめ

高校時代につるんでいた6人の仲間達は、友人の結婚披露宴の余興で赤いフンドシを付けて踊る…

映画『モンスターハンター』トニー・ジャー トニー・ジャー

1976年2月5日、タイのスリン県生まれ。15歳の時、タイ・アクション界の巨匠パンナー・リットグライのもとで…

映画『ブックセラーズ』 ブックセラーズ

文化的な歴史のなかで、本には長い歴史があります。今では…

映画『モンスターハンター』ミラ・ジョヴォヴィッチ ミラ・ジョヴォヴィッチ

1975年12月17日、ウクライナ・ソビエト社会主義共和国生まれ。1998年に『トゥー・ムーン』で…

映画『グランパ・ウォーズ おじいちゃんと僕の宣戦布告』ロバート・デ・ニーロ/オークス・フェグリー グランパ・ウォーズ おじいちゃんと僕の宣戦布告

本作は、とある事情で娘一家の家に移り住むことになったおじいちゃん(ロバート・デ・ニーロ)と、おじいちゃんに部屋を取られ…

映画『スプリー』ジョー・キーリー スプリー

SNSでバズろうと躍起になり、我を失う若者を描いた本作は、サンダンス映画祭で話題を呼び、全米では33館という小規模の公開ながら…

映画『すばらしき世界』六角精児 六角精児(ろっかく せいじ)

1962年6月24日生まれ。兵庫県出身。1982年に劇団”善人会議(現・扉座)”の旗揚げに参加し、…

Netflix映画『彼女』インタビュー:廣木隆一監督&さとうほなみさん Netflix映画『彼女』廣木隆一監督、さとうほなみさんインタビュー

Netflix映画『彼女』の廣木隆一監督、さとうほなみさんにインタビュー。監督、主演の立場から、本作の魅力をいろいろと語っていただきました。お2人の楽しい掛け合いから、撮影現場でも和気あいあいとされていたのかなというのが伝わってきました。

映画『SNS-少女たちの10日間-』 SNS-少女たちの10日間-

SNSが普及した昨今、ネット上で子ども達が危険な目に遭っていることが問題視されています。これは…

映画『るろうに剣心 最終章 The Beginning』安藤政信 安藤政信(あんどう まさのぶ)

1975年5月19日、神奈川県生まれ。1996年、北野武監督&脚本作…

部活・イベント

  1. 映画『まともじゃないのは君も一緒』成田凌/清原果耶
  2. 映画『映画 えんとつ町のプペル』原作:西野亮廣
  3. 映画『パピチャ 未来へのランウェイ』リナ・クードリ/シリン・ブティラほか
  4. トーキョー女子映画部主宰:マイソン アバターイラスト10周年
  5. 映画『スキャンダル』シャーリーズ・セロン/ニコール・キッドマン/マーゴット・ロビー

おすすめ記事

映画『バック・トゥ・ザ・フューチャー』マイケル・J・フォックス/クリストファー・ロイド 映画好きとして観ておきたい映画ランキング:シリーズもの“洋画SF&ファンタジー&アドベンチャー編”

映画好き女子がシリーズ作品をどれくらい観ているのかという観点から、映画好きとして観ておきたい作品を検証。今回は、洋画のシリーズもので、SF、ファンタジー、アドベンチャー作品についてアンケートを実施し、ランキングを出しました。

映画『君の名は。』 【今さら観てないなんて言いづらい映画】映画好き女子の鑑賞実態調査

記録的な興行収入を叩き出した作品の中には社会的に大きなムーブメントを起こした作品もありますが、今回は映画好き女子がそういった作品をどのくらい観ているのか部員の皆さんに聞いてみました。

映画『まともじゃないのは君も一緒』成田凌/清原果耶 『まともじゃないのは君も一緒』を観た女子が到達した“まともな恋愛”の定義とは?

“普通(まとも)”がわからない予備校講師と、“普通”をわかったつもりの女子高生が、普通の恋愛とはどんなものかを探求していく『まともじゃないのは君も一緒』。本作を観ると答えに辿り着けるのか、映画好き女子の皆さんと座談会を行いました。「私だったら、あの選択はしない」「私も彼女と同じようにするかも」など、いろいろな意見、解釈が飛び交いました!

映画『レ・ミゼラブル』ヒュー・ジャックマン 映画好き女子が“もう一度、映画館で観たい”映画特集2:音楽&ラブロマンス編

今回は、音楽&ラブロマンス編です。音楽にまつわる伝記映画やミュージカル作品、そして思わず胸がキュンとしてしまう恋愛映画はたくさんありますが、部員の皆さんがスクリーンで堪能したい作品としてどんな映画が挙がったのでしょうか?

映画『1917 命をかけた伝令』ジョージ・マッケイ 映画好き女子が“もう一度、映画館で観たい”映画特集1:アクション&コメディ編

今回は、部員の皆さんにデジタル配信やDVDでも観られるけれど、やっぱり映画館で観るのが1番と思える作品を聞いてみました。まずはアクション&コメディ編をご紹介。

映画『美女と野獣』エマ・ワトソン 女子も惚れてしまう恋愛ヒロイン女優:海外編

映画には数々の恋愛ヒロインが登場しますが、中には同性目線でも惚れてしまうほど素敵なヒロインがたくさんいます。今回は、編集部独断で恋愛ヒロインを演じてきたハリウッド女優30名を選抜し、正式部員の皆さんに投票いただきました。

映画『WAR ウォー!!』リティク・ローシャン/タイガー・シュロフ 過小評価されていると思う映画特集:アクション&コメディ編

今回は皆さんが過小評価されていると感じる映画アクション&コメディ編をご紹介!

映画『2分の1の魔法』 トーキョー女子映画部が選ぶ 2020年ベスト5

年末恒例、編集部マイソンとシャミが独断で選ぶ【2020年ベスト5】を発表!

映画『映画 えんとつ町のプペル』原作:西野亮廣 映画好き女子のオススメ度はいかに?『映画 えんとつ町のプペル』部活リポート

映画好きの女子は本作をどう評価したのでしょうか?

映画『去年の冬、きみと別れ』岩田剛典、斎藤工 過小評価されていると思う映画特集:サスペンス&スリラー編

今回は、皆さんが過小評価されていると感じる映画サスペンス&スリラー編をご紹介します。前回のヒューマンドラマ編でもたくさんの作品についてコメントが寄せられましたが、今回はどんな作品が挙がっているのか、コメントにも注目です!

REVIEW

  1. 映画『くれなずめ』成田凌/若葉竜也/浜野謙太/藤原季節/目次立樹/高良健吾
    くれなずめ

  2. 映画『ブックセラーズ』
  3. 映画『グランパ・ウォーズ おじいちゃんと僕の宣戦布告』ロバート・デ・ニーロ/オークス・フェグリー
  4. 映画『スプリー』ジョー・キーリー
    スプリー

  5. 映画『SNS-少女たちの10日間-』
  6. 映画『るろうに剣心 最終章 The Final/The Beginning』佐藤健/武井咲/新田真剣佑/青木崇高/蒼井優/有村架純/江口洋介
  7. Netflix映画『マ・レイニーのブラックボトム』ヴィオラ・デイヴィス/
  8. Netflix映画『私というパズル』ヴァネッサ・カービー/シャイア・ラブーフ
  9. 映画『AVA/エヴァ』ジェシカ・チャステイン
    AVA/エヴァ

  10. Netflix映画『彼女』水原希子/さとうほなみ
    彼女

PAGE TOP