REVIEW

アウシュヴィッツの生還者

  • follow us in feedly
  • RSS
映画『アウシュヴィッツの生還者』ベン・フォスター

ユダヤ人であるというだけでアウシュビッツの強制収容所に入れられ、そこで生き抜くためにボクサーとして戦ったハリー・ハフトの実話です。ハリーの息子アラン・スコット・ハフトによる著書が原作です。これまでにも、強制収容所から生き伸びたユダヤ人の方々の実話を映画化した作品は複数ありましたが、まだまだ知られざる事実があるのだなと本当に驚きです。強制収容所で行われていたボクシングは、スポーツとして行われていたのではありません。それは人間を人間として扱わない、ナチスドイツの兵士達によるとても酷い仕打ちでした。真相は映画でご覧いただければと思います。ただ、そんな状況でもハリー・ハフト(ベン・フォスター)はボクシングをして生き続けなければいけない理由がありました。それは、自分の目の前でナチスに連れ去られた恋人との再会を果たすためです。彼は彼女が生きていると信じて、再会することだけを生き甲斐に苦難を乗り越えます。
ハリーは、多くのユダヤ人の犠牲の上に自分が生き延びたことへの罪悪感を強く感じています。彼が苦悩する姿を見ると、アウシュビッツから生還し、戦争が終わっても、彼はずっと過去に囚われて生きているのが伝わってきます。収容されている間の苦難が壮絶なのは当然ながら、生還後もどれだけ苦しかっただろうと想像を絶します。また、そんな彼を支える1人の女性ミリアム(ヴィッキー・クリープス)の献身的な姿も印象的です。本作は観ていて辛い内容ではありつつも、人の愛情がどれだけ重要で、人の心、そして命を守る力を持っているかを実感できます。
監督は、『グッドモーニング・ベトナム』『レインマン』『バグジー』などを手掛けたバリー・レヴィンソン、映画音楽はハンス・ジマーが務めています。キャストも豪華で、ベン・フォスター、ヴィッキー・クリープス、ピーター・サースガード、ジョン・レグイザモ、ダニー・デヴィート、ビリー・マグヌッセンといった実力派が揃っています。映画公式資料によると、ベン・フォスターはアウシュビッツで収容中のハリーを演じるにあたり28㎏も減量し、その後、14年後のハリーを演じるため、5ヶ月で元の体重に戻したとあります。その役作りの徹底ぶりは劇中の姿を観れば一目瞭然です。
極限状態にあっても愛する人を大切にする主人公の姿、そして主人公を支える人達の姿が観る者の胸を打つ作品です。絶望を突きつけつつも、最後は救いをもたらしてくれます。愛情深い人間の生きる力の強さをぜひご覧ください。

デート向き映画判定
映画『アウシュヴィッツの生還者』ベン・フォスター/ヴィッキー・クリープス

辛くて重い内容なのでデートムービーとはいえませんが、愛する者同士が支え合うストーリーという点ではデートで観るのもアリでしょう。ハリーが恋人のために生き続けようとする姿、ハリーを支える女性の姿を観ると、今一緒にいるパートナーの存在が尊く見えるのではないでしょうか。逆に「自分達も彼等のように支え合えるだろうか」と考えながら観てピンとこなかったら、相手に対してちょっと気持ちが冷めているのかもしれません(汗)。

キッズ&ティーン向き映画判定
映画『アウシュヴィッツの生還者』

かなりショッキングなシーンも含まれるので、観るなら中学生くらいになってからが良いように思います。ナチスドイツによるユダヤ人の迫害は社会の授業で必ず勉強すると思います。実際に何が起きていたのかを知る上で、実話の映画化作品はとても参考になるでしょう。本作を含め、ナチスドイツ、ユダヤ人に関してさまざまな視点で描いた作品は多くあります。社会科の勉強と同時に、人間とは何かを考えるきっかけに観てみるのはどうでしょうか。

映画『アウシュヴィッツの生還者』

『アウシュヴィッツの生還者』
2023年8月11日より全国公開
キノフィルムズ
公式サイト

© 2022 HEAVYWEIGHT HOLDINGS, LLC. ALL RIGHTS RESERVED.

TEXT by Myson

本ページの情報は2023年8月時点のものです。最新の販売状況や配信状況は各社サイトにてご確認ください。

関連記事
  • follow us in feedly
  • RSS

新着記事

映画『オッペンハイマー』キリアン・マーフィー オッペンハイマー【レビュー】

クリストファー・ノーランが挑んだのは、“原爆の父”オッペンハイマーの…

映画『夜明けのすべて』松村北斗 松村北斗【プロフィールと出演作一覧】

1995年6月18日生まれ。静岡県出身。SixTONESとして…

映画『リバー、流れないでよ』藤谷理子/永野宗典/角田貴志/酒井善史/諏訪雅/石田剛太/中川晴樹/土佐和成/鳥越裕貴/本上まなみ/近藤芳正 ポッドキャスト【だからワタシ達は映画が好き】3〜MY 2023年ベスト10振り返り第2弾

「トーキョー女子映画部が選ぶ 2023年ベスト10」をもとに、4位から6位までの…

映画『PLAY! ~勝つとか負けるとかは、どーでもよくて~』奥平大兼/鈴鹿央士/小倉史也 PLAY! ~勝つとか負けるとかは、どーでもよくて~【レビュー】

徳島の高等専門学校を舞台に描かれている本作は、個性がバラバラの3人の生徒がeスポーツの大会に出場した実話を…

映画『FEAST -狂宴-』ココ・マーティン/ジャクリン・ホセ/グラディス・レイエス/リト・ラピッド FEAST -狂宴-【レビュー】

本作を観た後の印象はもしかしたら真っ二つに分かれるのかも…

【東京コミコン2023】テムエラ・モリソン テムエラ・モリソン【プロフィールと出演作一覧】

1960年12月26日ニュージーランド生まれ。1988年、“Never Say Die(原題)”に出演。1994年…

映画『ARGYLLE/アーガイル』ヘンリー・カヴィル/デュア・リパ ARGYLLE/アーガイル【レビュー】

どんだけ、どんでん返しがあるんだ!ってくらい、カラクリが施されていて…

映画『ストリートダンサー』 ストリートダンサー【レビュー】

歌とダンスが見せ場のインド映画で、ダンス映画となれば、どれだけダンスが盛り込まれるのだろうと思ったら…

映画『リトル・マーメイド』ハリー・ベイリー ハリー・ベイリー【プロフィールと出演作一覧】

2000年3月27日アメリカ、ジョージア州生まれ。3歳の頃から子役として活動を始め…

海外ドラマ『ラブ&デス』エリザベス・オルセン/ジェシー・プレモンス やましい人は震えが止まらなくなる【浮気のその先が怖すぎる】映画&ドラマ特集

11月22日は「夫婦の日」として知られていますが、毎月22日を「夫婦の日」とする説もあるようです。そこで掲載日の2024年2月22日の「22日」にちなんで、夫婦円満、カップル円満を願うべく、浮気防止に効きそうな映画をご紹介します。

部活・イベント

  1. 【ARUARU海ドラDiner】サムライデザート(カップデザート)
  2. 【ARUARU海ドラDiner】トーキョー女子映画部 × Mixalive TOKYO × SHIDAX
  3. 【ARUARU海ドラDiner】サポーター集会:パンチボール(パーティサイズ)
  4. 【ARUARU海ドラDiner】プレオープン
  5. 「ARUARU海ドラDiner」202303トークゲスト集合

本サイト内の広告について

本サイトにはアフィリエイト広告バナーやリンクが含まれます。

おすすめ記事

映画『テルマ&ルイーズ 4K』スーザン・サランドン/ジーナ・デイヴィス あの名作をリメイクするとしたら、誰をキャスティングする?『テルマ&ルイーズ』

今回は『テルマ&ルイーズ』のリメイクを作るとしたら…ということで、テルマ役のジーナ・デイヴィスとルイーズ役のスーザン・サランドンをそれぞれ誰が演じるのが良いか、正式部員の皆さんに聞いてみました。

映画『ミステリと言う勿れ』菅田将暉 映画好きが選んだ2023邦画ベスト

正式部員の皆さんに2023年の邦画ベストを選んでいただきました。どの作品が2023年の邦画ベストに輝いたのか、ランキングを発表!

映画『モリコーネ 映画が恋した音楽家』エンニオ・モリコーネ トーキョー女子映画部が選ぶ 2023年ベスト10

年末恒例、今回もマイソンとシャミで、2023年のMY BEST10を選びました。俳優はMVPとして1名選出。この冬休みの映画鑑賞の参考になれば嬉しいです。

REVIEW

  1. 映画『オッペンハイマー』キリアン・マーフィー
  2. 映画『PLAY! ~勝つとか負けるとかは、どーでもよくて~』奥平大兼/鈴鹿央士/小倉史也
  3. 映画『FEAST -狂宴-』ココ・マーティン/ジャクリン・ホセ/グラディス・レイエス/リト・ラピッド
  4. 映画『ARGYLLE/アーガイル』ヘンリー・カヴィル/デュア・リパ
  5. 映画『ストリートダンサー』

PRESENT

  1. 映画『青春 18×2 君へと続く道』シュー・グァンハン/清原果耶
  2. 映画『π〈パイ〉デジタルリマスター』ショーン・ガレット
  3. 映画『ネクスト・ゴール・ウィンズ』トートバッグ
PAGE TOP