REVIEW

エリザベート 1878【レビュー】

  • follow us in feedly
  • RSS
映画『エリザベート 1878』ヴィッキー・クリープス

ハプスブルク家の最後の皇妃として知られ、オーストリア皇妃であり、ハンガリー王妃を兼任したエリザベートは、ミュージカルで知る方も多いのではないでしょうか。本作は、エリザベートの半生を描きながら、一部史実とは異なる大胆なストーリーとなっていて、40歳となったエリザベートの1878年に焦点を当てています。
映画公式資料には、エリザベートは「ヨーロッパ宮廷随一と言われたその美貌で知られている」とあり、前半はエリザベートが窮屈なコルセットに体型を合わせるためにさまざまなトレーニングをしたり、体重をマメに量ったり、美容に時間と労力をかけている姿が印象的に映ります。劇中ではヴィッキー・クリープスが演じるエリザベートのウエストの細さに驚かされますよ。合わせて厳しい食事制限をしている様子も描かれています。さらに映画公式資料によると、エリザベートの髪は膝まであり、毎日結髪担当の女官が3時間お手入れしていたとあります。皇妃という象徴としての役割、そして周囲が求める美しさを保とうとするプレッシャーの重さは、想像以上のものだったと思います。自由奔放な性格のエリザベートからすると、一層窮屈なはずで、本作の原題が“CORSAGE(フランス語:コルサージュ)=胴衣”である点でも、彼女がいかに窮屈に耐えていたかを表現するストーリーであることが伝わってきます。
また、40歳という点も本作の肝になっています。現代よりも遙かに結婚や出産年齢が早く、平均寿命も短い当時では、“40歳”はかなり高齢というイメージなのでしょう。でも、老いることに対する抵抗感や無力感は、現代に生きる私達と同じです。さらに、自由奔放でアイデンティティを強く持ちながら、男性社会であるがゆえ、そして皇妃という立場であるがゆえに、自分らしさを封印しステータスと外見でもてはやされることしか選択できなかったエリザベートが、40歳という老いを感じる年齢になり、美貌にすら自信をなくすとなれば、どんなに苦痛か想像がつきません。
前半はエリザベートのユーモアが感じられるシーンが複数あるからこそ、後半のエリザベートがある決意を固めていく展開がよりシリアスに引き立ちます。同時に、人の強さと弱さは紙一重だと実感させられます。自分らしさを封印し続けると、人は無力になる。そんな怖さも感じるラストです。一方で、ラストの彼女の決断は意志を貫く強さであり彼女らしさであるという真逆の解釈もできます。皆さんはこのラストをどう受け取るか、ご自身の目で確かめてください。

デート向き映画判定
映画『エリザベート 1878』ヴィッキー・クリープス/フロリアン・タイヒトマイスター

本作では、エリザベートと皇帝フランツとのやり取りも物語の重要な鍵となっています。皇妃という立場では、一般女性よりも一層「世継ぎを残すこと」が役目とされます。それが女性にとって何を意味するのか、とても痛烈な形で描かれています。一生添い遂げるつもりのパートナーがいたら、一緒に観て相手の感想を聞いてみると、将来の自分達がどういう関係になるか少し占えるかもしれません。

キッズ&ティーン向き映画判定
映画『エリザベート 1878』ヴィッキー・クリープス

歴史好きな方は史実と照らし合わせて観るとおもしろさが増すので、勉強を兼ねて観るのも良いですね。ただ、大人向けの内容なので、いろいろな人生経験をしてから観るほうが登場人物に感情移入しやすいと思います。今観て、10年後、20年後…と、年を隔てて観てみるのもオススメです。

映画『エリザベート 1878』ヴィッキー・クリープス

『エリザベート 1878』
2023年8月25日より全国公開
PG-12
トランスフォーマー、ミモザフィルムズ
公式サイト

ムビチケ購入はこちら

© 2022 FILM AG – SAMSA FILM – KOMPLIZEN FILM – KAZAK PRODUCTIONS – ORF FILM/FERNSEH-ABKOMMEN – ZDF/ARTE – ARTE FRANCE CINEMA

TEXT by Myson

本ページの情報は2023年8月時点のものです。最新の販売状況や配信状況は各社サイトにてご確認ください。

関連記事
  • follow us in feedly
  • RSS

新着記事

映画『わたくしどもは。』小松菜奈 映画好きが推すイイ俳優ランキング【国内20代】個性部門

映画好きが推すイイ俳優ランキング【国内20代編】番外編として、今回は<個性部門>のランキングを発表します。個性的な俳優が揃うなか、どなたが上位にランクインしたのでしょうか?

映画『夜の外側 イタリアを震撼させた55日間』ファブリツィオ・ジフーニ 『夜の外側 イタリアを震撼させた55日間』先が必ず観たくなる!冒頭1時間特別試写会 5組10名様ご招待

映画『夜の外側 イタリアを震撼させた55日間』先が必ず観たくなる!冒頭1時間特別試写会 5組10名様ご招待

映画『フィリップ』エリック・クルム・ジュニア フィリップ【レビュー】

ポーランドの作家レオポルド・ティルマンドの自伝的小説「Filip」は、1961年にポーランドの検閲によって大幅に内容が削除された上で出版されつつも、すぐに発行禁止…

映画『あんのこと』河合優実/佐藤二朗/稲垣吾郎 ポッドキャスト【だからワタシ達は映画が好き11】2024年6月の「気になる映画とオススメ映画」

『あんのこと』『かくしごと』『違国日記』『ホールドオーバーズ 置いてけぼりのホリディ』『バッドボーイズ RIDE OR DIE』など邦画から洋画まで話題にしています。

映画『ザ・ウォッチャーズ』ダコタ・ファニング/ジョージナ・キャンベル ザ・ウォッチャーズ【レビュー】

M・ナイト・シャマランの娘、イシャナ・ナイト・シャマランが長編監督デビューを果たした本作は、一度入ったら…

映画『恋を知らない僕たちは』窪塚愛流 窪塚愛流【プロフィールと出演作一覧】

2003年10月3日生まれ。神奈川県横須賀市出身。2018年、『泣き虫しょったんの奇跡』で…

映画『朽ちないサクラ』杉咲花 朽ちないサクラ【レビュー】

本作は「孤狼の血」など複数の小説が映像化されている柚月裕子のサスペンスミステリー小説「朽ちないサクラ」を映画化…

映画『バッドボーイズ RIDE OR DIE』ウィル・スミス/マーティン・ローレンス バッドボーイズ RIDE OR DIE【レビュー】

シリーズ1作目が作られたのは1995年ということで、本シリーズは30年もの間、愛され続けて…

映画『ONE LIFE 奇跡が繋いだ6000の命』アンソニー・ホプキンス ONE LIFE 奇跡が繋いだ6000の命【レビュー】

本作はチェコスロヴァキアに逃れていたユダヤ人難民の子ども達669名の命を救ったニコラス・ウィントンの実話を…

映画『キングダム 大将軍の帰還』長澤まさみ 長澤まさみ【プロフィールと出演作一覧】

1987年6月3日生まれ。静岡県出身。2000年、第5回「東宝シンデレラ」オーディショングランプリを受賞し…

部活・イベント

  1. 【ARUARU海ドラDiner】サムライデザート(カップデザート)
  2. 【ARUARU海ドラDiner】トーキョー女子映画部 × Mixalive TOKYO × SHIDAX
  3. 【ARUARU海ドラDiner】サポーター集会:パンチボール(パーティサイズ)
  4. 【ARUARU海ドラDiner】プレオープン
  5. 「ARUARU海ドラDiner」202303トークゲスト集合

本サイト内の広告について

本サイトにはアフィリエイト広告バナーやリンクが含まれます。

おすすめ記事

映画『わたくしどもは。』小松菜奈 映画好きが推すイイ俳優ランキング【国内20代】個性部門

映画好きが推すイイ俳優ランキング【国内20代編】番外編として、今回は<個性部門>のランキングを発表します。個性的な俳優が揃うなか、どなたが上位にランクインしたのでしょうか?

映画『星の子』芦田愛菜 映画好きが推すイイ俳優ランキング【国内20代】演技力部門

映画好きが推すイイ俳優ランキング【国内20代編】番外編として、今回は<演技力部門>のランキングを発表します。

映画『もしも徳川家康が総理大臣になったら』浜辺美波 映画好きが推すイイ俳優ランキング【国内20代】雰囲気部門

映画好きが推すイイ俳優ランキング【国内20代編】<雰囲気部門>のランキングを発表します。総合結果からガラッと順位が変わっています!

REVIEW

  1. 映画『フィリップ』エリック・クルム・ジュニア
  2. 映画『ザ・ウォッチャーズ』ダコタ・ファニング/ジョージナ・キャンベル
  3. 映画『朽ちないサクラ』杉咲花
  4. 映画『バッドボーイズ RIDE OR DIE』ウィル・スミス/マーティン・ローレンス
  5. 映画『ONE LIFE 奇跡が繋いだ6000の命』アンソニー・ホプキンス

PRESENT

  1. 映画『夜の外側 イタリアを震撼させた55日間』ファブリツィオ・ジフーニ
  2. 映画『Iké Boys イケボーイズ』Tシャツ
  3. 映画『大いなる不在』森山未來/藤竜也
PAGE TOP