REVIEW

OUT【レビュー】

  • follow us in feedly
  • RSS
映画『OUT』倉悠貴/醍醐虎汰朗/与田祐希(乃木坂46)/⽔上恒司/與那城奨(JO1)/⼤平祥⽣(JO1)/⾦城碧海(JO1)

REVIEW

累計発行部数650万部を越える人気漫画「OUT」を、大ヒット映画『ドロップ』の品川ヒロシが監督、脚本を担当し映画化。原作の「OUT」は原作者の井口達也の実録漫画(画はみずたまこと作)で、主人公の名前もそのまま井口達也です。井口達也(倉悠貴)は喧嘩に明け暮れる毎日を送るなか、遂に半年間少年院に入れられます。その後出所した達也は、地元から離れた西千葉で焼肉店を営む親戚の元で働くことになります。達也は次に問題を起こせば少年院戻りの保護観察中。でも、達也は近所にいる暴走族”斬人(きりひと)”の安倍要(水上恒司)と出会い、やがて大きな抗争に巻き込まれていきます。
これまでの数々のヤンキー映画の中でも、本作のアクションは見応えがあります。多少の怪我はありそうにしても、安全にこれをどうやって撮っているのかと不思議になるほど臨場感と迫力が満点です。スピード感もあり、立ち回りにも工夫が多く、それぞれのキャラクターの特徴を活かす見せ場もふんだんで、アクションへの並々ならぬこだわりを感じます。同時にそうしたアクションシーンは痛々しさも生々しく、緊張感があります。一方で、笑えるシーンも豊富で、緩急が絶妙です。私は序盤の達也が必死に喧嘩をするのを避けて、要とやり取りするシーンからツボに入り、その後も何度も爆笑レベルのツボにハマりました(笑)。
そして、何といってもキャストが良いです!主演の倉悠貴、岡田健史から改名し本作では安倍要を演じる水上恒司、”斬人”の新人総長あっちゃんを演じる醍醐虎汰朗をはじめ、これからの映画界を背負う若い世代の俳優達が魅力を発揮しています。続編もありそうな匂いを感じたので、キャストの人気上昇も含めて今後も期待したい作品です。ヤンキー映画が大好きな私も大満足だったので、ぜひ同類の皆さんにもオススメします。

デート向き映画判定
映画『OUT』倉悠貴/⽔上恒司

カップルで観て気まずいシーンはないものの、激しいバイオレンスシーンがあり、ギリギリのところで直接映さないにしても、結構音は生々しいです。相手がそもそもアクション映画が苦手な場合は、映画デートに誘うには不向きでしょう。ある程度、お互いの許容範囲がわかった状態なら良いと思います。笑えるシーンではツボが合うと一層心の距離も縮まりそうです。

キッズ&ティーン向き映画判定
映画『OUT』醍醐虎汰朗/⽔上恒司/與那城奨(JO1)/⼤平祥⽣(JO1)/⾦城碧海(JO1)

大人と一緒なら小学生でも観られるものの、刺激の強いバイオレンスシーンは怖いでしょうし、内容的にもせめて中学生以上になってから観るほうが良いと思います。高校生が主人公で、アホなやり取りが楽しいので、ティーンの皆さんは親近感が湧くでしょう。熱い友情も見どころで、仲の良い友達と観に行くとお互いの存在の大切さを一緒に再確認できそうです。

映画『OUT』倉悠貴/醍醐虎汰朗/与田祐希(乃木坂46)/⽔上恒司/與那城奨(JO1)/⼤平祥⽣(JO1)/⾦城碧海(JO1)

『OUT』
2023年11月17日より全国公開
PG-12
KADOKAWA
公式サイト

ムビチケ購入はこちら

©2023『OUT』製作委員会

TEXT by Myson

本ページには一部アフィリエイト広告のリンクが含まれます。
情報は2023年11月時点のものです。最新の販売状況や配信状況は各社サイトにてご確認ください。

関連記事
  • follow us in feedly
  • RSS

新着記事

2023年の洋画人気作はどんな因子で構成される?因子分析をやってみた!【映画研究】映画人心解剖18

今回は、2023年洋画ベストの投票で得たデータをもとに、因子分析を行いました。どんな因子構造になったのでしょうか。

映画『違国日記』新垣結衣/早瀬憩 違国日記【レビュー】

累計発行部数180万部を超える、ヤマシタトモコの人気コミック 「違国日記」を原作とした本作は…

映画『ナイトスイム』ケリー・コンドン ナイトスイム【レビュー】

難病の発症を機に引退した元メジャーリーガーのレイ(ワイアット・ラッセル)は、心機一転、新しい家を探し…

映画『ライド・オン』ジャッキー・チェン ライド・オン【レビュー】

ジャッキー・チェン50周年&70歳の記念となる本作は、スタントマンが主人公の物語…

映画『52ヘルツのクジラたち』杉咲花 杉咲花【プロフィールと出演作一覧】

1997年10月2日東京都生まれ。2016年『湯を沸かすほどの熱い愛』で…

映画『ルックバック』 アニメ映画まとめ2024年5月27日号

近日公開or配信予定(一部公開or配信中の作品も含む)のアニメ映画をまとめて紹介…

映画『わたくしどもは。』小松菜奈/松田龍平 わたくしどもは。【レビュー】

本作の設定やあらすじをまったく知らずに観ると、あるキャラクターと…

映画『アンダー・ユア・ベッド』SABU監督インタビュー 『アンダー・ユア・ベッド』SABU監督インタビュー

今回は『アンダー・ユア・ベッド』で韓国デビューを飾ったSABU監督にお話を伺いました。海外作品へ挑戦する理由、画作りについて、オリジナル作品へのこだわりなど、赤裸々に語っていただきました。

映画『アクアマン/失われた王国』ぬいぐるみ 『アクアマン/失われた王国』オリジナルアクアマンぬいぐるみ(グリーン) 2名様プレゼント

映画『ウォンカとチョコレート工場のはじまり』Tシャツ 2名様ご招待

映画『チャレンジャーズ』ゼンデイヤ チャレンジャーズ【レビュー】

REVIEWゼンデイヤ主演、ルカ・グァダニーノ監督作というくらいの情報だけで鑑賞し始めて、…

部活・イベント

  1. 【ARUARU海ドラDiner】サムライデザート(カップデザート)
  2. 【ARUARU海ドラDiner】トーキョー女子映画部 × Mixalive TOKYO × SHIDAX
  3. 【ARUARU海ドラDiner】サポーター集会:パンチボール(パーティサイズ)
  4. 【ARUARU海ドラDiner】プレオープン
  5. 「ARUARU海ドラDiner」202303トークゲスト集合

本サイト内の広告について

本サイトにはアフィリエイト広告バナーやリンクが含まれます。

おすすめ記事

映画『デューン 砂の惑星PART2』ティモシー・シャラメ 映画好きが推すイイ俳優ランキング【海外10代、20代編】

今回は、海外10代、20代(1995年から2014年生まれ)のイイ俳優の中から、昨今活躍が目覚ましい方を編集部の独断で50名選抜し、正式部員の皆さんに投票していただきました。

映画『MIRRORLIAR FILMS Season5』横浜流星 映画好きが推すイイ俳優ランキング【国内20代編】

今回は、国内で活躍する20代(1995年から2004年生まれ)のイイ俳優の中から、昨今活躍が目覚ましい方を編集部の独断で70名選抜し、正式部員の皆さんに投票していただきました。

映画『ウォンカとチョコレート工場のはじまり』ティモシー・シャラメ 映画好きが選んだ2023洋画ベスト

正式部員の皆さんに2023年の洋画ベストを選んでいただきました。どの作品が2023年の洋画ベストに輝いたのでしょうか?

REVIEW

  1. 映画『違国日記』新垣結衣/早瀬憩
  2. 映画『ナイトスイム』ケリー・コンドン
  3. 映画『ライド・オン』ジャッキー・チェン
  4. 映画『わたくしどもは。』小松菜奈/松田龍平
  5. 映画『チャレンジャーズ』ゼンデイヤ

PRESENT

  1. 映画『アクアマン/失われた王国』ぬいぐるみ
  2. 中国ドラマ『玉骨遥』QUOカード
  3. 韓国ドラマ『7 人の脱出』オム・ギジュン/ファン・ジョンウム/イ・ジュン/イ・ユビ
PAGE TOP