REVIEW

WALK UP【レビュー】

  • follow us in feedly
  • RSS
映画『WALK UP』クォン・ヘヒョ

REVIEW

ホン・サンス監督の長編第28作目となる本作は、ベルリン国際映画祭で5度目の銀熊賞を受賞しました。物語の舞台は、都会に佇む小さなアパートです。映画監督のビョンス(クォン・ヘヒョ)は、長らく疎遠になっていた娘のジョンス(パク・ミソ)と共に、インテリアデザイナーとして活躍する旧友のヘオク(イ・へヨン)が所有するアパートを訪れます。そのアパートは、地下がヘオクの作業場、1階はレストラン、2階は料理教室、3階は賃貸住宅、4階は芸術家向けのアトリエになっていて、こぢんまりとしながらも良い雰囲気の空間となっています。そして、このアパートが気に入った様子のビョンスと、4人の女性達の物語が展開していきます。

映画『WALK UP』クォン・ヘヒョ/イ・ヘヨン

ある意味、キャラクターの一種ともいえる、この小さなアパートは、モノクロのシーンにとても映えて、アパートの前に広がる景色もどこか異国のような風情を漂わせています。登場人物達の何気ない日常を切り取ったシーンも、絵画や小説の挿絵のような空気感があり、親近感や臨場感がありながら、おとぎ話を観ているような距離感も与えています。本作はビョンスを軸に観るおもしろさと、4人の女性を軸に観るおもしろさがあります。序盤で描かれる、家の外の顔と家の中の顔、どちらが“本当のその人”なのかというような議論を念頭において観ると、ビョンスは大変興味深い人物です。接する女性によって彼はさまざまな顔を見せます。また、彼は孤独を必要としているような描写がありながら、女性なしでは生きられないような生活を送っていて、その矛盾がいかにも人間的です。

映画『WALK UP』パク・ミソ/シン・ソクホ

ホン・サンス監督の作品は、何気ない会話の中で人間の本質を鋭く突く点が秀逸です。人との間の気まずさや、遠慮の中に垣間見える図々しさ、わがままに隠された愛や、関心に見える無関心というように、行間に描かれた人間味に溢れています。本作も何度も噛みしめたくなる1作です。

デート向き映画判定

映画『WALK UP』クォン・ヘヒョ/ソン・ソンミ

とあるキャラクターの恋愛模様が描かれていて、似たようなタイプと交際中の方からすると、「むむむむ!」と思うかもしれません(苦笑)。ただ、何がどうなったのかまでは良い意味で謎のままなので、恋愛における人間ウォッチングと思って観ると、カップルで観ても気まずいことはなさそうです。

キッズ&ティーン向き映画判定

映画『WALK UP』クォン・ヘヒョ/イ・ヘヨン/パク・ミソ

日常を切り取ったシーンで構成されていて、見た目に派手な出来事が起こるわけではないだけに、観る方によってはキョトンとしてしまうかもしれません。人生経験を積んで、いろいろなタイプの映画に慣れてから観たほうが、想像を膨らませて、さまざまな解釈で一層楽しめるようになると思います。

映画『WALK UP』クォン・ヘヒョ/イ・ヘヨン/ソン・ソンミ/チョ・ユニ

『WALK UP』
2024年6月28日より全国順次公開
ミモザフィルムズ
公式サイト

ムビチケ購入はこちら

© 2022 JEONWONSA FILM CO. ALL RIGHTS RESERVED.

TEXT by Myson

本ページには一部アフィリエイト広告のリンクが含まれます。
情報は2024年6月時点のものです。最新の販売状況や配信状況は各社サイトにてご確認ください。

  • follow us in feedly
  • RSS

新着記事

映画『SALAAR/サラール』プラバース ポッドキャスト【だからワタシ達は映画が好き13】2024年7月の「気になる映画とオススメ映画」

2024年6月後半から7月にかけて劇場公開される作品や、既に公開中の作品でオススメや、未見だけれど気になる作品について…

映画『墓泥棒と失われた女神』ジョシュ・オコナー/イザベラ・ロッセリーニ/アルバ・ロルヴァケル/カロル・ドゥアルテ/ヴィンチェンツォ・ネモラート 墓泥棒と失われた女神【レビュー】

『幸福なラザロ』を観てアリーチェ・ロルヴァケル監督作に魅了された者として、本作にも大いに期待し…

映画『サユリ』 『サユリ』キャスト&スタッフ登壇!完成披露試写会 10組20名様ご招待

映画『サユリ』キャスト&スタッフ登壇!完成披露試写会 10組20名様ご招待

映画『HOW TO HAVE SEX』ミア・マッケンナ=ブルース HOW TO HAVE SEX【レビュー】

本作は性的同意について問う内容となっています…

映画『フライ・ミー・トゥ・ザ・ムーン』スカーレット・ヨハンソン/チャニング・テイタム フライ・ミー・トゥ・ザ・ムーン【レビュー】

ジョン・F・ケネディ大統領が人類初の月面着陸を1960年代のうちに実現すると宣言してから8年が経った1969年、NASAでの宇宙開発は…

映画『呪葬』セリーナ・レン 2024夏、ひんやりしたいアナタにおくる、スリラー&ホラー映画特集

今年もホラーの夏がやってきました!“呪い”系がひしめくこの夏、存分にひんやりしてください。…

映画『ボストン1947』ハ・ジョンウ/イム・シワン 『ボストン1947』カン・ジェギュ監督舞台挨拶付き特別試写会 20組40名様ご招待

映画『ボストン1947』カン・ジェギュ監督舞台挨拶付き特別試写会 20組40名様ご招待

映画『もしも徳川家康が総理大臣になったら』浜辺美波/赤楚衛二/GACKT/ 髙嶋政宏/江口のりこ/池田鉄洋/音尾琢真/小手伸也/長井短/観月ありさ/竹中直人/野村萬斎 もしも徳川家康が総理大臣になったら【レビュー】

タイトルを聞いただけでも興味をそそりつつ、どうやって徳川家康が現代の総理大臣になるのかなと…

映画『怪盗グルーのミニオン超変身』 怪盗グルーのミニオン超変身【レビュー】

“怪盗グルー”シリーズは、本作で4作目、“ミニオン”シリーズを入れると6作目…

中国ドラマ『恋心が芽吹く頃~Blooming Days~』QUOカード、ピーター・ホー/ハー・ホンシャン 中国ドラマ『恋心が芽吹く頃~Blooming Days~』オリジナルQUOカード(500円分) 2名様プレゼント

中国ドラマ『恋心が芽吹く頃~Blooming Days~』オリジナルQUOカード(500円分) 2名様プレゼント

部活・イベント

  1. 【ARUARU海ドラDiner】サムライデザート(カップデザート)
  2. 【ARUARU海ドラDiner】トーキョー女子映画部 × Mixalive TOKYO × SHIDAX
  3. 【ARUARU海ドラDiner】サポーター集会:パンチボール(パーティサイズ)
  4. 【ARUARU海ドラDiner】プレオープン
  5. 「ARUARU海ドラDiner」202303トークゲスト集合

本サイト内の広告について

本サイトにはアフィリエイト広告バナーやリンクが含まれます。

おすすめ記事

Netflix映画『悪魔はいつもそこに』トム・ホランド 映画好きが推すイイ俳優ランキング【海外10代、20代編】演技力部門

映画好きが推すイイ俳優ランキング【海外10代、20代編】番外編として、今回は<演技力部門>のランキングを発表します。演技派揃いのなか、どのような結果になったのでしょうか。

海外ドラマ『THE GREAT 〜エカチェリーナの時々真実の物語〜』エル・ファニング 映画好きが推すイイ俳優ランキング【海外10代、20代編】雰囲気部門

映画好きが推すイイ俳優ランキング【海外10代、20代編】番外編として、今回は<雰囲気部門>のランキングを発表します。雰囲気の良さが特に評価されているのは、どの俳優でしょうか。

映画『わたくしどもは。』小松菜奈 映画好きが推すイイ俳優ランキング【国内20代】個性部門

映画好きが推すイイ俳優ランキング【国内20代編】番外編として、今回は<個性部門>のランキングを発表します。個性的な俳優が揃うなか、どなたが上位にランクインしたのでしょうか?

REVIEW

  1. 映画『墓泥棒と失われた女神』ジョシュ・オコナー/イザベラ・ロッセリーニ/アルバ・ロルヴァケル/カロル・ドゥアルテ/ヴィンチェンツォ・ネモラート
  2. 映画『HOW TO HAVE SEX』ミア・マッケンナ=ブルース
  3. 映画『フライ・ミー・トゥ・ザ・ムーン』スカーレット・ヨハンソン/チャニング・テイタム
  4. 映画『呪葬』セリーナ・レン
  5. 映画『もしも徳川家康が総理大臣になったら』浜辺美波/赤楚衛二/GACKT/ 髙嶋政宏/江口のりこ/池田鉄洋/音尾琢真/小手伸也/長井短/観月ありさ/竹中直人/野村萬斎

PRESENT

  1. 映画『サユリ』
  2. 映画『ボストン1947』ハ・ジョンウ/イム・シワン
  3. 中国ドラマ『恋心が芽吹く頃~Blooming Days~』QUOカード、ピーター・ホー/ハー・ホンシャン
PAGE TOP