ドラマ

前代未聞、京都のど真ん中で撮影! Apple TV+『サニー』来日舞台挨拶にラシダ・ジョーンズ、西島秀俊らが登壇

  • follow us in feedly
  • RSS
Apple TV+『サニー』来日舞台挨拶:ラシダ・ジョーンズ(主演・製作総指揮)、西島秀俊、ジョアンナ・ソトムラ、annie the clumsy、ジュディ・オング、國村隼、ケイティ・ロビンス(ショーランナー)、ルーシー・チェルニアク(製作総指揮・1〜4&6話監督)

Apple TV+『サニー』来日舞台挨拶:ラシダ・ジョーンズ(主演・製作総指揮)、西島秀俊、ジョアンナ・ソトムラ、annie the clumsy、ジュディ・オング、國村隼、ケイティ・ロビンス(ショーランナー)、ルーシー・チェルニアク(製作総指揮・1〜4&6話監督)

A24が製作し、Apple TV+にて2024年7月10日から配信開始される『サニー』の特別試写会が開かれ、キャスト、スタッフが登壇しました。

Apple TV+『サニー』来日舞台挨拶:ラシダ・ジョーンズ

主演で製作総指揮も兼任するラシダ・ジョーンズは、「コンバンハ。キョウハ、キテクレテアリガトウゴザイマス」と日本語で挨拶。
本シリーズがコリン・オサリヴァンの“The Dark Manual”を原作としていること、そして、同作を映像化しようと考えた経緯、日本を題材にした作品になぜ参加しようと思ったのか聞かれたラシダは、「本当に私は恵まれていて、私のところにこの企画が来た時にはある程度固まっていました。素晴らしいエグゼクティブ・プロデューサー兼ショーランナーであるケイティ・ロビンスさん、監督兼脚本家のルーシー・チェルニアクさんの手によって、この世界が出来上がっていて、ビジュアルも脚本もありました。使われる音楽、参考となるプレイリストも用意されていたんです。それを見た時にとても惹かれましたし、そもそもスージー・サカモトという役柄もその時点で非常にクリアに描かれていました。だから、ぜひやりたいと思いました」と答えました。日本を題材にした作品に参加した理由については、「ニホンガスキデス」と日本語で返し、会場から拍手が湧きました。

Apple TV+『サニー』来日舞台挨拶:ラシダ・ジョーンズ

ロボットのサニーとの共演についてラシダは「サニーには、皆さんもとても人間らしさを感じると思います。それもロボット周りの素晴らしいチームの皆さんのおかげです。幸運なことにここにいるジョアンナさんが演じてくださって、相手がしっかりそこにいるような形を作ってくださいました。ジョアンナさんが(撮影用の)ヘルメットを被って、サニーのエッセンスを演じてくださって、ジョアンナさんの表情を中継のような方法でロボット自体に映し出し、それに対して演じました。そして、ジョアンナさんの声をそのまま使って、演じることができました。そういう方法で命が吹き込まれたロボットと共演しました。時にはチャレンジもありましたが、ロボットとの共演というのはそういうことですからね」と撮影を振り返りました。さらにラシダは、日本人キャストやスタッフについても絶賛しました。

Apple TV+『サニー』来日舞台挨拶:西島秀俊

本作でハリウッドデビューとなった西島秀俊は、本作の制作について感想を聞かれると、「ショーランナーのケイティ、ディレクターのルーシー、そしてラシダさんと最初はzoomでミーティングをして、そのなかで最初に本読みを始めて、それがとても楽しくて、2人で吹き出しながらセリフを読んでたんです。それがスタートで、(現場で)演技をする前に気持ちが通じ合ったというか、とても素晴らしい関係を築けていたというのが本当に幸運なデビューだったと思います。とにかくギリギリまで良いものにしようとする努力を惜しまないですね。だから、脚本もどんどんどんどんバージョンが変わって、新しいことがどんどんどんどん増えていくので、僕も(自分が演じた)マサ(マサヒコ・サカモト)はこういう役なんだな、良い夫で、良い父で素敵な役なんだなと思って始めていたら、台本が来る毎にどんどん「あれ?マサってどんな人なんだろう?」って、いろんなマサの面が表れてきて。きっとケイティが僕の中に何かこう邪悪な部分とか悪い部分を見たのかもしれないですけれど…、冗談ですよ、冗談(笑)。そうやって、キャラクターもストーリーも関係性も、常により良いものにしていこうとする力がものすごくあると、強く感じた現場でした」と話しました。

Apple TV+『サニー』来日舞台挨拶:國村隼

國村隼とジュディ・オングは、ラシダの演技について、どこから芝居でどこから本人なのかわからないくらい自然だったと称賛しました。

Apple TV+『サニー』来日舞台挨拶:ジュディ・オング

サニー役を演じたジョアンナは、「私が演じるこのロボットは3フィートほどの身長の白いロボットで、スージーへお土産として託されたものなんです。とても明るくて、名前の通り太陽のようにサンサンと照っているようなキャラクターです。一方、スージーは壊れたダークなキャラクターなので、この対称的なでこぼこコンビを演じるのがすごく楽しかったです。こんなにすごく著名な方々と共演できて、ロボットを演じられるのは私にとっては夢のような経験でした。サニーの声をどうやって見つけていったのかというと、それはそれほど難しくはなかったです。というのは、ケイティとルーシーさんが本当に素晴らしいストーリーを紡いでくださったので、あとは自分の素で声を高めにしつつ演じました。物理的にはヘルメットを被って、カメラ、ライトと、いろいろな器具を装着しながら、自分は脇のどこかに隠れながら、壁の向こうのどこかにいるサニーをコントロールしながら、隠れて演じていました。サニーと繋がっていて、自分の表情がそのままサニーの顔として映るので、とても奇妙な体験ではあったのですが、とても楽しかったし、早く皆さんと共有したくて仕方がありません。ロボティクスチームを編成して取り組んだ大がかりな作業だったのですが、私の顔にカメラが向けられ、私の表情がリアルタイムにそのままサニーの表情になるんです。CGとかではなくて。口元、目元、全部サニーの顔になるんです。目が大きなロボットでまばたきすると目立つので、なるべくまばたきをしないように気を付けていました」と撮影の裏側を語りました。

Apple TV+『サニー』来日舞台挨拶:ジョアンナ・ソトムラ

本作で俳優デビューとなったannie the clumsyは、学ぶことしかなかったと撮影を振り返りました。

Apple TV+『サニー』来日舞台挨拶:annie the clumsy

最後にラシダ・ジョーンズは、「とにかく楽しんでいただきたい作品です。いろいろなものが入っている作品です。ダークコメディでもあり、スリラーでもあり、ミステリーでもあり、そして、非常に深遠なテーマをたくさん掘り下げている作品です。近未来の日本も非常に美しく描写しています。登場するキャラクターはおもしろいと同時に、大きな短所を持っています。そんなさまざまなキャラクターも含めて楽しんでいただけたら嬉しいです」と挨拶しました。

Apple TV+『サニー』来日舞台挨拶:西島秀俊

西島秀俊は、「僕は日本の俳優で、日本でたくさんロケーションをしてますけど、本当に初めて京都のど真ん中で撮影をしました。これは本当に驚くべきことで、これからも恐らくないだろうと思います。だから、京都の古い文化も映っていますし、今の日本、近い未来の日本の文化、新しい世界みたいなものがミックスされた世界が映っています。それは日本人の僕らにとっては新鮮な体験になると思います。物語は人とロボットとの繋がりだったり、そこでどうやって生きていくかという話なんですけども、その先には突き詰めていくと人と人との繋がりであったり、人とは何か、魂とは何かという根源的なテーマに繋がっていく素晴らしいストーリーとなっています。スタートから本当に楽しいので、ぜひ最後まで、毎週楽しみに観ていただければとても嬉しいです」と締めました。

Apple TV+『サニー』来日舞台挨拶:ラシダ・ジョーンズ(主演・製作総指揮)、西島秀俊

皆さんのお話を聞いていると、どんなストーリーなんだろうと気になりますね。本シリーズは全部で10話、2024年7月10日は最初の2話が配信、その後、毎週水曜日に1話ずつ配信開始となります。お楽しみに!

Apple TV+『サニー』来日舞台挨拶:ラシダ・ジョーンズ(主演・製作総指揮)、西島秀俊、ジョアンナ・ソトムラ、annie the clumsy、ジュディ・オング、國村隼、ケイティ・ロビンス(ショーランナー)、ルーシー・チェルニアク(製作総指揮・1〜4&6話監督)
左からジョアンナ・ソトムラ、annie the clumsy、ラシダ・ジョーンズ、西島秀俊、ジュディ・オング、國村隼、ケイティ・ロビンス、ルーシー・チェルニアク

P.S.ラシダ・ジョーンズの過去の出演作『セレステ∞ジェシー』もオススメです!

Apple TV+『サニー』来日舞台挨拶:
2024年6月25日取材 PHOTO&TEXT by Myson

Apple TV+『サニー』ラシダ・ジョーンズ

Apple TV+『サニー』
2024年7月10日よりApple TV+にて全世界同時配信開始
公式サイト 

画像提供 Apple TV+

  • follow us in feedly
  • RSS

新着記事

映画『ヤング・ウーマン・アンド・シー』デイジー・リドリー ヤング・ウーマン・アンド・シー【レビュー】

1926年、女性で初めて遠泳による英仏海峡横断を達成した水泳選手トゥルーディー・イーダリーの実話を、デイジー・リドリー主演で…

映画『あまろっく』中条あやみ 中条あやみ【プロフィールと出演作一覧】

1997年2月4日生まれ。大阪府出身。14歳で芸能界に入り…

映画『SALAAR/サラール』プラバース ポッドキャスト【だからワタシ達は映画が好き13】2024年7月の「気になる映画とオススメ映画」

2024年6月後半から7月にかけて劇場公開される作品や、既に公開中の作品でオススメや、未見だけれど気になる作品について…

映画『墓泥棒と失われた女神』ジョシュ・オコナー/イザベラ・ロッセリーニ/アルバ・ロルヴァケル/カロル・ドゥアルテ/ヴィンチェンツォ・ネモラート 墓泥棒と失われた女神【レビュー】

『幸福なラザロ』を観てアリーチェ・ロルヴァケル監督作に魅了された者として、本作にも大いに期待し…

映画『サユリ』 『サユリ』キャスト&スタッフ登壇!完成披露試写会 10組20名様ご招待

映画『サユリ』キャスト&スタッフ登壇!完成披露試写会 10組20名様ご招待

映画『HOW TO HAVE SEX』ミア・マッケンナ=ブルース HOW TO HAVE SEX【レビュー】

本作は性的同意について問う内容となっています…

映画『フライ・ミー・トゥ・ザ・ムーン』スカーレット・ヨハンソン/チャニング・テイタム フライ・ミー・トゥ・ザ・ムーン【レビュー】

ジョン・F・ケネディ大統領が人類初の月面着陸を1960年代のうちに実現すると宣言してから8年が経った1969年、NASAでの宇宙開発は…

映画『呪葬』セリーナ・レン 2024夏、ひんやりしたいアナタにおくる、スリラー&ホラー映画特集

今年もホラーの夏がやってきました!“呪い”系がひしめくこの夏、存分にひんやりしてください。…

映画『ボストン1947』ハ・ジョンウ/イム・シワン 『ボストン1947』カン・ジェギュ監督舞台挨拶付き特別試写会 20組40名様ご招待

映画『ボストン1947』カン・ジェギュ監督舞台挨拶付き特別試写会 20組40名様ご招待

映画『もしも徳川家康が総理大臣になったら』浜辺美波/赤楚衛二/GACKT/ 髙嶋政宏/江口のりこ/池田鉄洋/音尾琢真/小手伸也/長井短/観月ありさ/竹中直人/野村萬斎 もしも徳川家康が総理大臣になったら【レビュー】

タイトルを聞いただけでも興味をそそりつつ、どうやって徳川家康が現代の総理大臣になるのかなと…

部活・イベント

  1. 【ARUARU海ドラDiner】サムライデザート(カップデザート)
  2. 【ARUARU海ドラDiner】トーキョー女子映画部 × Mixalive TOKYO × SHIDAX
  3. 【ARUARU海ドラDiner】サポーター集会:パンチボール(パーティサイズ)
  4. 【ARUARU海ドラDiner】プレオープン
  5. 「ARUARU海ドラDiner」202303トークゲスト集合

本サイト内の広告について

本サイトにはアフィリエイト広告バナーやリンクが含まれます。

おすすめ記事

Netflix映画『悪魔はいつもそこに』トム・ホランド 映画好きが推すイイ俳優ランキング【海外10代、20代編】演技力部門

映画好きが推すイイ俳優ランキング【海外10代、20代編】番外編として、今回は<演技力部門>のランキングを発表します。演技派揃いのなか、どのような結果になったのでしょうか。

海外ドラマ『THE GREAT 〜エカチェリーナの時々真実の物語〜』エル・ファニング 映画好きが推すイイ俳優ランキング【海外10代、20代編】雰囲気部門

映画好きが推すイイ俳優ランキング【海外10代、20代編】番外編として、今回は<雰囲気部門>のランキングを発表します。雰囲気の良さが特に評価されているのは、どの俳優でしょうか。

映画『わたくしどもは。』小松菜奈 映画好きが推すイイ俳優ランキング【国内20代】個性部門

映画好きが推すイイ俳優ランキング【国内20代編】番外編として、今回は<個性部門>のランキングを発表します。個性的な俳優が揃うなか、どなたが上位にランクインしたのでしょうか?

REVIEW

  1. 映画『ヤング・ウーマン・アンド・シー』デイジー・リドリー
  2. 映画『墓泥棒と失われた女神』ジョシュ・オコナー/イザベラ・ロッセリーニ/アルバ・ロルヴァケル/カロル・ドゥアルテ/ヴィンチェンツォ・ネモラート
  3. 映画『HOW TO HAVE SEX』ミア・マッケンナ=ブルース
  4. 映画『フライ・ミー・トゥ・ザ・ムーン』スカーレット・ヨハンソン/チャニング・テイタム
  5. 映画『呪葬』セリーナ・レン

PRESENT

  1. 映画『サユリ』
  2. 映画『ボストン1947』ハ・ジョンウ/イム・シワン
  3. 中国ドラマ『恋心が芽吹く頃~Blooming Days~』QUOカード、ピーター・ホー/ハー・ホンシャン
PAGE TOP