REVIEW

ウィーアーリトルゾンビーズ

  • follow us in feedly
  • RSS
映画『ウィーアーリトルゾンビーズ』二宮慶多/水野哲志/奥村門土/中島セナ

タイトルにゾンビとついてますが、ゾンビ映画ではありません。両親を失い、たまたま同じ時に葬儀場にいた4人の13歳の少年少女、ヒカリ、イシ、タケムラ、イクコが、失った心を取り戻していく心理的アドベンチャーです。普通ならさらけ出したくない感情を素直に受けとめながら、前に進んでいく4人。決して綺麗事だけを見ていては生きていられない人間社会を、彼らの目線を通して正直に描いている点でとても共感できます。RPGゲームを進んでいくような感覚で展開される演出が印象的ですが、特に音の使い方に長けていて、わざわざ見せないことで想像を膨らませる音を効果的に使ったシーンがたくさんあります。長久允監督は本作が長編映画初監督とのことですが、この独特の表現力は生まれ持ってのセンスとともに、CM業界で培ってきたセンスでもあるのかなと興味深く感じました。そして、4人がバンド“LITTLE ZOMBIES”を組んで歌う楽曲は、ブルックリンを拠点に活動していたLOVE SPREAD(RyotaとNarumiにより2014年に結成されるも、2018年11月にRyotaが急逝)によるもので、一度聴いたら耳に残る曲は、大きな存在感を放っています。さらにアーティスティックな衣装は、writtenafterwordsの山縣良和、ヘアメイクはハイブランドのランウェイを手掛ける加茂克也、美術セットデザインは、アーティストユニットmagmaが手掛けるなど、気鋭のアーティストがたくさん参加しているのも本作の魅力です。
この4人のキャラクターを演じた、二宮慶多、水野哲志、奥村門土、中島セナは、脇を固める超豪華俳優陣の演技にも負けない演技力で、感情があるのに、感情を表に出せないという難役を好演しています。中でも紅一点、イクコを演じた中島セナの大人びた雰囲気とクールな芝居が印象的で、将来大女優になるのではと期待大です。いろいろと見どころが詰まった作品ですが、この厳しさの中に優しさが溢れたストーリーは、老若男女問わず、硬くなってしまった心をほぐしてくれるはずです。

デート向き映画判定
映画『ウィーアーリトルゾンビーズ』二宮慶多/水野哲志/奥村門土/中島セナ/池松壮亮

物語はもちろん、音楽、アートと、いろいろな要素が見どころとなっているので、誰が観ても何かしら興味を持てるところはあると思います。独特な世界観なので多少好き嫌いが出てくる可能性はありますが、初デートでなければ、大丈夫だと思います。お子さんがいる夫婦で観ても、親目線で会話をするきっかけになるのではないでしょうか。

キッズ&ティーン向き映画判定
映画『ウィーアーリトルゾンビーズ』二宮慶多/水野哲志/中島セナ

13歳の4人の少年少女が主人公なので、ティーンの皆さんは等身大で感情移入できると思います。日頃、薄々疑問に思っていることや、解せないと思っていることを、4人のキャラクター達の物語を通して、自分なりに解釈するきっかけになると思います。120分と少々長めで、“死”という概念がテーマの1つとなっているので、キッズには少々難しいかも知れませんが、中学生以上なら、個性的な演出が施されているので、興味を持って観られるでしょう。

映画『ウィーアーリトルゾンビーズ』二宮慶多/水野哲志/奥村門土/中島セナ/佐々木蔵之介/工藤夕貴/池松壮亮/初音映莉子/村上淳/西田尚美/佐野史郎/菊地凛子/永瀬正敏

『ウィーアーリトルゾンビーズ』
2019年6月14日より全国公開
日活
公式サイト

©2019“WE ARE LITTLE ZOMBIES”FILM PARTNERS

TEXT by Myson

関連記事
  • follow us in feedly
  • RSS

新着記事

映画『オッペンハイマー』キリアン・マーフィー オッペンハイマー【レビュー】

クリストファー・ノーランが挑んだのは、“原爆の父”オッペンハイマーの…

映画『夜明けのすべて』松村北斗 松村北斗【プロフィールと出演作一覧】

1995年6月18日生まれ。静岡県出身。SixTONESとして…

映画『リバー、流れないでよ』藤谷理子/永野宗典/角田貴志/酒井善史/諏訪雅/石田剛太/中川晴樹/土佐和成/鳥越裕貴/本上まなみ/近藤芳正 ポッドキャスト【だからワタシ達は映画が好き】3〜MY 2023年ベスト10振り返り第2弾

「トーキョー女子映画部が選ぶ 2023年ベスト10」をもとに、4位から6位までの…

映画『PLAY! ~勝つとか負けるとかは、どーでもよくて~』奥平大兼/鈴鹿央士/小倉史也 PLAY! ~勝つとか負けるとかは、どーでもよくて~【レビュー】

徳島の高等専門学校を舞台に描かれている本作は、個性がバラバラの3人の生徒がeスポーツの大会に出場した実話を…

映画『FEAST -狂宴-』ココ・マーティン/ジャクリン・ホセ/グラディス・レイエス/リト・ラピッド FEAST -狂宴-【レビュー】

本作を観た後の印象はもしかしたら真っ二つに分かれるのかも…

【東京コミコン2023】テムエラ・モリソン テムエラ・モリソン【プロフィールと出演作一覧】

1960年12月26日ニュージーランド生まれ。1988年、“Never Say Die(原題)”に出演。1994年…

映画『ARGYLLE/アーガイル』ヘンリー・カヴィル/デュア・リパ ARGYLLE/アーガイル【レビュー】

どんだけ、どんでん返しがあるんだ!ってくらい、カラクリが施されていて…

映画『ストリートダンサー』 ストリートダンサー【レビュー】

歌とダンスが見せ場のインド映画で、ダンス映画となれば、どれだけダンスが盛り込まれるのだろうと思ったら…

映画『リトル・マーメイド』ハリー・ベイリー ハリー・ベイリー【プロフィールと出演作一覧】

2000年3月27日アメリカ、ジョージア州生まれ。3歳の頃から子役として活動を始め…

海外ドラマ『ラブ&デス』エリザベス・オルセン/ジェシー・プレモンス やましい人は震えが止まらなくなる【浮気のその先が怖すぎる】映画&ドラマ特集

11月22日は「夫婦の日」として知られていますが、毎月22日を「夫婦の日」とする説もあるようです。そこで掲載日の2024年2月22日の「22日」にちなんで、夫婦円満、カップル円満を願うべく、浮気防止に効きそうな映画をご紹介します。

部活・イベント

  1. 【ARUARU海ドラDiner】サムライデザート(カップデザート)
  2. 【ARUARU海ドラDiner】トーキョー女子映画部 × Mixalive TOKYO × SHIDAX
  3. 【ARUARU海ドラDiner】サポーター集会:パンチボール(パーティサイズ)
  4. 【ARUARU海ドラDiner】プレオープン
  5. 「ARUARU海ドラDiner」202303トークゲスト集合

本サイト内の広告について

本サイトにはアフィリエイト広告バナーやリンクが含まれます。

おすすめ記事

映画『テルマ&ルイーズ 4K』スーザン・サランドン/ジーナ・デイヴィス あの名作をリメイクするとしたら、誰をキャスティングする?『テルマ&ルイーズ』

今回は『テルマ&ルイーズ』のリメイクを作るとしたら…ということで、テルマ役のジーナ・デイヴィスとルイーズ役のスーザン・サランドンをそれぞれ誰が演じるのが良いか、正式部員の皆さんに聞いてみました。

映画『ミステリと言う勿れ』菅田将暉 映画好きが選んだ2023邦画ベスト

正式部員の皆さんに2023年の邦画ベストを選んでいただきました。どの作品が2023年の邦画ベストに輝いたのか、ランキングを発表!

映画『モリコーネ 映画が恋した音楽家』エンニオ・モリコーネ トーキョー女子映画部が選ぶ 2023年ベスト10

年末恒例、今回もマイソンとシャミで、2023年のMY BEST10を選びました。俳優はMVPとして1名選出。この冬休みの映画鑑賞の参考になれば嬉しいです。

REVIEW

  1. 映画『オッペンハイマー』キリアン・マーフィー
  2. 映画『PLAY! ~勝つとか負けるとかは、どーでもよくて~』奥平大兼/鈴鹿央士/小倉史也
  3. 映画『FEAST -狂宴-』ココ・マーティン/ジャクリン・ホセ/グラディス・レイエス/リト・ラピッド
  4. 映画『ARGYLLE/アーガイル』ヘンリー・カヴィル/デュア・リパ
  5. 映画『ストリートダンサー』

PRESENT

  1. 映画『青春 18×2 君へと続く道』シュー・グァンハン/清原果耶
  2. 映画『π〈パイ〉デジタルリマスター』ショーン・ガレット
  3. 映画『ネクスト・ゴール・ウィンズ』トートバッグ
PAGE TOP