イイ男セレクション

村上淳(むらかみ じゅん)

  • follow us in feedly
  • RSS
映画『ウィーアーリトルゾンビーズ』村上淳

1973年7月23日、大阪府生まれ。1992年『アルファベット2/3』でドラマデビューし、1993年に『ぷるぷる 天使的休日』で映画デビューを果たした。『ナビィの恋』『不貞の季節』『新・仁義なき戦い』の3作品で、第22回ヨコハマ映画祭助演男優賞を受賞。近年の主な出演作に『2つ目の窓』『新宿スワン』『グラスホッパー』『PとJK』『AMY SAID エイミー・セッド』などがある。また、息子の村上虹郎も俳優として活動中。

イイ男セレクション/出演作

『ぷるぷる 天使的休日』『右向け左』『のぞき屋』『人でなしの恋』『ありがとう』『バウンスkoGALS』『失楽園』『元気の神様』『dead BEAT』TRANCE MISSION』『ナビィの恋』『RAINBOW』『天使に見捨てられた夜』『双生児』『金融腐蝕列島』『ランデブー』『不貞の季節』『SWEET SWEET GHOST』『新・仁義なき戦い』『天国までの百マイル』『式日』『HYSTERIC』『SWING MAN』『人間の屑』『RED SHADOW赤影』『STEREO FUTURE』『コンセント』『フィラメント』『とらばいゆ』『紅色の夢』『美脚迷路』『船を降りたら彼女の島』『Border Line』『BLUE』『17才』『ホテル・ハイビスカス』『月の砂漠』『ヴァイブレーター』『アイデン&ティティ』『この世の外へ~クラブ進駐軍~』『キューティーハニー』『透光の樹』『69~sixty nine~』『L’amant ラマン』『ZOO』『夢の中へ』『欲望』『イヌゴエ』『COLORS』『オボエテイル~遠い記憶~』『ユモレスク 逆さまの蝶』『酒井家のしあわせ』『病葉流れて』『SweetRain 死神の精度』『幸福』『男たちの詩』『七夜待』『禅 ZEN』『ニセ札』『カラスコライダー』『のんちゃんのり弁』『すべては海になる』『信さん・炭坑町のセレナーデ』『必死剣鳥刺し』『雷桜』『ヘヴンズストーリー』『ゲゲゲの女房』『海炭市叙景』『The Depths』『スリー★ポイント』『軽蔑』『極道兵器』『家族X』『DOG×POLICE 純白の絆』『ヒミズ』『生きているものはいないのか』『かぞくのくに』『莫逆家族 バクギャクファミーリア』『希望の国』『赤い季節』『Playback』『戦争と一人の女』『モンスター』『100回泣くこと』『オー!ファーザー』『2つ目の窓』『水の声を聞く』『不気味なものの肌に触れる』『シャンティ デイズ 365日、幸せな呼吸』『チョコリエッタ』『さよなら歌舞伎町』『さいはてにて ~やさしい香りと待ちながら~』『ソレダケ / that’s it』『新宿スワン』『グラスホッパー』『太陽』『新宿スワンⅡ』『PとJK』『AMY SAID エイミー・セッド』『月と雷』『blank13』『素敵なダイナマイトスキャンダル』『パンク侍、斬られて候』『』『母を亡くした時、僕は遺骨を食べたいと思った。』『空母いぶき』『ウィーアーリトルゾンビーズ』など

イイ男セレクション/イイ男ポイント

ポップな世界観でも、ダークな世界観でもハマる俳優というイメージです。本当にたくさんの作品に出ていますが、監督が使いたくなる俳優なんだろうなというのが何となく伝わってきます。色気と灰汁が良い感じ。

Recommended by Myson

©2017「blank13」製作委員会
© 吉本興業
©宮川サトシ/新潮社 ©2019「母を亡くした時、僕は遺骨を食べたいと思った。」製作委員会
©かわぐちかいじ・惠谷治・小学館/『空母いぶき』フィルムパートナーズ

from 2018/1/5

  • follow us in feedly
  • RSS

新着記事

映画『チャイルド・プレイ』 チャイルド・プレイ

“チャイルド・プレイ”シリーズ第1作目は1988年に公開されたとのことで、始まってからもう30年も経ったんですね。本作は大ヒットホラー『IT/イット “それ”が見えたら、終わり。』の製作陣を迎え、新しい設定で…

映画『エクソシスト』 ワーナー・ブラザースが贈る新しいホラー体験【ワーナー ホラーエンターテイメント】が発足!

ワーナー・ブラザース映画が、ホラー作品をより多くの方に楽しんでもらいたいという思いから、このたび【ワーナー ホラーエンターテイメント】を立ち上げました! さらに公式Twitterアカウント<ワーナーホラー部>も始動。

映画『ニューヨーク 最高の訳あり物件』ハルク・ビルギナー ハルク・ビルギナー

1954年トルコ、イズミル生まれ。アンカラで自らの劇場を設立し、後にイスタンブールにも劇場を開く。トルコの国民的俳優で、カンヌ国際映画祭でパルム・ドールを受賞した…

映画『シンク・オア・スイム イチかバチか俺たちの夢』マチュー・アマルリック/ギョーム・カネ/ブノワ・ポールヴールド/ジャン=ユーグ・アングラード シンク・オア・スイム イチかバチか俺たちの夢

本作は、俳優としても活躍するジル・ルルーシュが監督と脚本(共同脚本:アメッド・アミディ、ジュリアン・ランブロスキーニ)を務め、マチュー・アマルリック、ギョーム・カネといった、フランスの人気実力派俳優が出演しています。個人的に…

映画『今日も嫌がらせ弁当』佐藤寛太 佐藤寛太(さとう かんた)

1996年6月16日生まれ、福岡県出身。2015年に「劇団EXILE」に加入し、俳優活動を開始。大ヒット映画“HiGH&LOW”シリーズ(2016~17年)のテッツ役で人気を博す。その後…

映画『Diner ダイナー』藤原竜也 藤原竜也(ふじわら たつや)

1982年5月15日、埼玉県生まれ。1997年、15歳のときに蜷川幸雄演出の舞台「身毒丸」のオーディションでグランプリを獲得し…

映画『五億円のじんせい』望月歩 五億円のじんせい

親の願う人生を子どもが背負うとはどういうことかというテーマを、すごくわかりやすい喩えで描いています。親が子に何かを願うのは…

おすすめ記事

イメージ写真:映画館 映画館で映画を観る最大の理由とは?&映画好き女子が伝えたい映画館への要望!

映画館についてのアンケート特集最終回!今回は、劇場公開してどのタイミングで観るのが好きか、映画館で映画を観たいと思う時、1番きっかけになることについて結果を発表。最後に、映画ファンの皆さんから映画館へ、熱いメッセージをたくさん載せています。

映画館【kino cinéma立川髙島屋S.C.館】 座席は毎回予約する?映画好き女子行きつけの映画館とは?

映画館についてのアンケート第3弾!今回は、劇場で映画鑑賞をする際に事前に座席予約をするのか、行きつけの映画館はあるのかについて結果発表。さらに、6月28日にオープンの【kino cinéma立川髙島屋S.C.館】についての情報も掲載!

【劇場で映画観賞をする一番の価値は?映画好き女子が一番重要視するポイント】 劇場で映画観賞をする一番の価値は?映画好き女子が一番重要視するポイント

映画館アンケート特集第2弾!今回は劇場で映画鑑賞をする際に、満足度に影響する要素&映画館のサービスで力を入れて欲しいことについての結果を発表。

【グランドシネマサンシャイン】外観 現在の劇場鑑賞料金、映画好き女子はどう感じている?

6月に一部の劇場で料金の値上げが行われたことにちなんで、今回は映画館についてのアンケートを実施!その第1弾として劇場鑑賞料金についての結果を発表します。また、7月に池袋にオープンする【グランドシネマサンシャイン】の情報も掲載!

映画”PARASITE(英題)”カンヌ国際映画祭 映画好き女子が映画賞・映画祭で気にするポイント!

カンヌ国際映画祭の時期にちなんだアンケート特集第3弾!今回は、映画好き女子が作品選びをする際にどの賞に影響を受けるのかについての結果を発表します。今年のパルムドール受賞作品のニュースも!

REVIEW

  1. 映画『チャイルド・プレイ』
  2. 映画『シンク・オア・スイム イチかバチか俺たちの夢』マチュー・アマルリック/ギョーム・カネ/ブノワ・ポールヴールド/ジャン=ユーグ・アングラード
  3. 映画『五億円のじんせい』望月歩
  4. 映画『マーウェン』スティーヴ・カレル
    マーウェン

  5. 海外ドラマ『ギフテッド 新世代X-MEN誕生 シーズン2』ジェイミー・チャン/ナタリー・アリン・リンド
  6. 映画『ハッピー・デス・デイ 2U』ジェシカ・ロース
  7. 映画『東京喰種 トーキョーグール【S】』窪田正孝
  8. 映画『トイ・ストーリー4』
  9. 映画『ワイルドライフ』ジェイク・ギレンホール/キャリー・マリガン
  10. 映画『ゴールデン・リバー』ジョン・C・ライリー/ホアキン・フェニックス

部活・イベント

  1. 映画『マローボーン家の掟』ジョージ・マッケイ/ミア・ゴス/チャーリー・ヒートン/マシュー・スタッグ
  2. トーキョー女子映画部ロゴ
PAGE TOP