イイ俳優セレクション

永瀬正敏(ながせ まさとし)

  • follow us in feedly
  • RSS
映画『名も無い日』永瀬正敏

1966年7月15日、宮﨑県生まれ。1983年にデビュー以降、ジム・ジャームッシュ監督『ミステリー・トレイン』や、クララ・ロー監督『アジアン・ビート(香港編)オータム・ムーン』などに出演し、1991年に山田洋次監督作『息子』で、日本アカデミー賞最優秀助演男優賞を受賞したほか、国内外の100本近くの作品に出演し、数々の賞を受賞。2014年、台湾映画『KANO~1931 海の向こうの甲子園~』では、金馬映画祭史上初の中華圏以外の俳優で主演男優賞にノミネートされる快挙を達成。そのほか近年の主な出演作に『64-ロクヨン-前編』『64-ロクヨン-後編』『後妻業の女』などがある。また、写真家としても活動しており、現在までに多数の個展を開いて20年以上のキャリアを持つ。

イイ男セレクション/出演作

『ションベンライダー』『みゆき』『THE MODS 夜のハイウェイ』『メロドラマ』『ミステリー・トレイン』『喪の仕事』『東京の休日』『息子』『ラブ・フロム・テマセク – アジアン・ビート シンガポール篇』『サンライズ・イン・カンポン – アジアン・ビート マレーシア篇』『シャドー・オブ・ノクターン – アジアン・ビート 台湾篇』『オータム・ムーン – アジアン・ビート 香港篇』『パウダー・ロード』『男はつらいよ~寅次郎の青春』『死んでもいい』『オートバイ少女』『我が人生最悪の時』『遥かな時代の階段を』『コールド・フィーバー』『BeRLiN』『フラート』『罠』『ユーリ』『学校II』『虹をつかむ男』『誘拐』『スリー・ビジネスメン』『Beautiful Sunday』『アトランタ・ブギ』『白痴』『0cm4』『五条霊戦記』『実験映画』『閉じる日』『PARTY 7』『PARADICE』『STEREO FUTURE -episode 2002-』『真心』『ELECTRIC DRAGON 80000V』『けものがれ、俺らの猿と』『贅沢な骨』『ピストルオペラ』『自殺サークル』『クロエ』『海は見ていた』『SOMR GIRL』『AIKI』『偶然にも最悪な少年』『DEAD END RUN』『ラブドガン』『オペレッタ狸御殿』『隠し剣 鬼の爪』『ジーナ・K』『姑獲鳥の夏』『探偵事務所5』『天使』『紙屋悦子の青春』『ありがとう』『さくらん』『腑抜けども、悲しみの愛を見せろ』『chocolate』『夢のまにまに』『ゼラチンシルバーLOVE』『毎日かあさん』『スマグラー おまえの未来を運べ』『赤い季節』『戦争と一人の女』『まほろ駅前狂騒曲』『さいはてにて ~やさしい香りと待ちながら~』『KANO~1931海の向こうの甲子園~』『あん』『蜜のあわれ』『64-ロクヨン-前編』『64-ロクヨン-後編』『後妻業の女』『』『パターソン』『Vision』『パンク侍、斬られて候』『菊とギロチン』(ナレーションとして参加)『ウィーアーリトルゾンビーズ』『ある船頭の話』『最初の晩餐』『カツベン!』『星の子』『空に住む』『さくら』『茜色に焼かれる』『名も無い日』『ノイズ』『ちょっと思い出しただけ』『百花』『天間荘の三姉妹』など

イイ俳優セレクション/イイ俳優ポイント

アラフォー、アラフィフの映画好き女子ならば、1度は心を奪われたことがある俳優ではないでしょうか。ファンとまではいかなくても、永瀬正敏という俳優が日本の映画界で唯一無二の魅力を放ち続けていることは誰もが認めるところだと思います。相米慎二監督、ジム・ジャームッシュ監督、河瀬直美監督といった、そうそうたる映画人に愛され、自らも演技に身を捧げ続ける、生まれながらの役者。そんなイメージはデビュー以来ずっと変わらないまま、ますます円熟味を増していく彼の演技からは目が離せません。『光』では、写真に魂を注ぎ込んでいた天才カメラマンが視力を失うという“想像を絶する絶望”を見事に体現し、その演技力にあらためて驚かされました。今後も映画界で活躍してほしいと思うと同時に、『ママはアイドル』みたいな軽いタッチのテレビドラマにもまた出てほしいな~なんて思います(笑)。

Recommended by min

出演作を観てみよう!

『名も無い日』
2021年6月11日より全国公開

映画『名も無い日』永瀬正敏/オダギリジョー/金子ノブアキ/今井美樹/真木よう子

『茜色に焼かれる』
2021年5月21日より全国公開

映画『茜色に焼かれる』尾野真千子/和田庵

下記の作品は、ブルーレイ&DVDレンタル・発売中、デジタル配信中です。
ジャケット写真をクリックすると、Amazonのデジタル配信もしくはパッケージ販売に飛びますので、ぜひご覧ください。
※一部、ブルーレイorDVDのレンタル、発売、デジタル配信がないものもございます。

『ションベンライダー』

『息子』

『男はつらいよ~寅次郎の青春』

『我が人生最悪の時』

『コールド・フィーバー』

『学校II』

『虹をつかむ男』

『五条霊戦記』

『贅沢な骨』

『自殺サークル』

『海は見ていた』

『偶然にも最悪な少年』

『ラブドガン』

『隠し剣 鬼の爪』

『紙屋悦子の青春』

『さくらん』

『腑抜けども、悲しみの愛を見せろ』

『毎日かあさん』

『スマグラー おまえの未来を運べ』

『まほろ駅前狂騒曲』

『KANO~1931海の向こうの甲子園~』

『あん』

『蜜のあわれ』

『後妻業の女』

『光』

『パターソン』

『Vision』

『パンク侍、斬られて候』

『菊とギロチン』(ナレーションとして参加)

『ウィーアーリトルゾンビーズ』

『ある船頭の話』

『最初の晩餐』

『カツベン!』

『星の子』

『空に住む』

『さくら』

©2011映画「毎日かあさん」製作委員会 ©Rieko Saibara
©2014「まほろ駅前狂騒曲」製作委員会
©果子電影
© 映画『あん』製作委員会
©2015『蜜のあわれ』製作委員会
©2016「後妻業の女」製作委員会
©2017 “RADIANCE” FILM PARTNERS/KINOSHITA、COMME DES CINEMAS、KUMIE
Photo by MARY CYBULSKI ©2016 Inkhet Inc. All Rights Reserved.
©2018“Vision”LDH JAPAN, SLOT MACHINE, KUMIE INC.
©エイベックス通信放送
©2019“WE ARE LITTLE ZOMBIES”FILM PARTNERS
© 2019「ある船頭の話」製作委員会
©️2019『最初の晩餐』製作委員会
©2019 「カツベン!」製作委員会
© 2020「星の子」製作委員会
© 2020 HIGH BROW CINEMA
© 西加奈子/小学館 © 2020「さくら」製作委員会
© 2021『茜色に焼かれる』フィルムパートナーズ
©2021 『名も無い日』製作委員会

関連記事

from 2017/5/15

  • follow us in feedly
  • RSS

新着記事

映画『星の子』芦田愛菜 映画好きが推すイイ俳優ランキング【国内20代】演技力部門

映画好きが推すイイ俳優ランキング【国内20代編】番外編として、今回は<演技力部門>のランキングを発表します。

映画『蛇の道』柴咲コウ 蛇の道【レビュー】

本作は1998年に劇場公開された黒沢清監督の同名作品を、フランスを舞台にセルフリメイクした作品…

映画『オールド・フォックス 11歳の選択』バイ・ルンイン/リウ・グァンティン オールド・フォックス 11歳の選択【レビュー】

2023年に引退を表明したホウ・シャオシェンの最後のプロデュース作品といわれる本作は…

映画『母を亡くした時、僕は遺骨を食べたいと思った。』倍賞美津子 倍賞美津子【プロフィールと出演作一覧】

1946年11月22日生まれ。茨城県出身。1967年『純情二重奏』で…

映画『アキはハルとごはんを食べたい 2杯目!』赤澤遼太郎さん&高橋健介さんインタビュー 『アキはハルとごはんを食べたい 2杯目!』赤澤遼太郎さん&高橋健介さんインタビュー

『アキはハルとごはんを食べたい 2杯目!』の赤澤遼太郎さんと高橋健介さんにインタビューさせていただきました。お話中もお二人は和気あいあいとした雰囲気で、とても楽しいインタビューでした。

映画『Iké Boys イケボーイズ』Tシャツ 『Iké Boys イケボーイズ』監督サイン入りTシャツ 1名様プレゼント

映画『Iké Boys イケボーイズ』監督サイン入りTシャツ 1名様プレゼント

海外ドラマ『ファーストレディ』ヴィオラ・デイヴィス ファーストレディ【レビュー】

ミシェル・オバマ、ベティ・フォード、エレノア・ルーズベルト、3人のファーストレディの半生を描く本作は、複数の時代を行き来しながら…

映画『ライド・オン』来日舞台挨拶:ジャッキー・チェン、ラリー・ヤン監督/ジャッキーちゃん ジャッキー・チェン、突如〇〇を披露!会場から歓喜の声『ライド・オン』来日舞台挨拶

『ライド・オン』が絶賛公開中の2024年6月11日、ジャッキー・チェンと、ラリー・ヤン監督が来日…

映画『ホールドオーバーズ 置いてけぼりのホリディ』ポール・ジアマッティ/ダヴァイン・ジョイ・ランドルフ/ドミニク・セッサ ホールドオーバーズ 置いてけぼりのホリディ【レビュー】

アレクサンダー・ペイン監督とポール・ジアマッティが、『サイドウェイ』以来、2度目のタッグを…

映画『ディア・ファミリー』大泉洋/菅野美穂/福本莉子/新井美羽/川栄李奈 ディア・ファミリー【レビュー】

本作は、生まれつきの心臓疾患で余命10年と宣告された幼い娘のために、人工心臓を作ろうと…

部活・イベント

  1. 【ARUARU海ドラDiner】サムライデザート(カップデザート)
  2. 【ARUARU海ドラDiner】トーキョー女子映画部 × Mixalive TOKYO × SHIDAX
  3. 【ARUARU海ドラDiner】サポーター集会:パンチボール(パーティサイズ)
  4. 【ARUARU海ドラDiner】プレオープン
  5. 「ARUARU海ドラDiner」202303トークゲスト集合

本サイト内の広告について

本サイトにはアフィリエイト広告バナーやリンクが含まれます。

おすすめ記事

映画『星の子』芦田愛菜 映画好きが推すイイ俳優ランキング【国内20代】演技力部門

映画好きが推すイイ俳優ランキング【国内20代編】番外編として、今回は<演技力部門>のランキングを発表します。

映画『もしも徳川家康が総理大臣になったら』浜辺美波 映画好きが推すイイ俳優ランキング【国内20代】雰囲気部門

映画好きが推すイイ俳優ランキング【国内20代編】<雰囲気部門>のランキングを発表します。総合結果からガラッと順位が変わっています!

映画『デューン 砂の惑星PART2』ティモシー・シャラメ 映画好きが推すイイ俳優ランキング【海外10代、20代編】

今回は、海外10代、20代(1995年から2014年生まれ)のイイ俳優の中から、昨今活躍が目覚ましい方を編集部の独断で50名選抜し、正式部員の皆さんに投票していただきました。

REVIEW

  1. 映画『蛇の道』柴咲コウ
  2. 映画『オールド・フォックス 11歳の選択』バイ・ルンイン/リウ・グァンティン
  3. 海外ドラマ『ファーストレディ』ヴィオラ・デイヴィス
  4. 映画『ホールドオーバーズ 置いてけぼりのホリディ』ポール・ジアマッティ/ダヴァイン・ジョイ・ランドルフ/ドミニク・セッサ
  5. 映画『ディア・ファミリー』大泉洋/菅野美穂/福本莉子/新井美羽/川栄李奈

PRESENT

  1. 映画『Iké Boys イケボーイズ』Tシャツ
  2. 映画『大いなる不在』森山未來/藤竜也
  3. 映画『赤羽骨子のボディガード』ラウール
PAGE TOP