REVIEW

AND JUST LIKE THAT… / セックス・アンド・ザ・シティ新章

  • follow us in feedly
  • RSS
海外ドラマ『AND JUST LIKE THAT… シーズン2/セックス・アンド・ザ・シティ新章』サラ・ジェシカ・パーカー/シンシア・ニクソン/クリスティン・デイビスほか

シーズン2

シーズン1は大きな別れがあったので、キャリーにまた恋はできるのか心配でしたね。でも本シリーズは恋愛抜きでは語られないということで、またキャリーに恋の予感が訪れます。年を重ねたキャリーの恋愛の仕方は多少変わったのかと思いきや、少し落ち着いたように見えて、意外に変わってないところも魅力です。そして、まさかの“彼”が登場します。これは”セックス・アンド・ザ・シティ(以下、SATC)”を観ていた方にとってはかなりテンションが上がるはず。同時に結構ご都合主義的な展開もあり、ツッコミどころも満載です。まあでも、これはこれで、もしかしたらファンの期待に応える展開といえるのかもしれないですね。

海外ドラマ『AND JUST LIKE THAT… シーズン2/セックス・アンド・ザ・シティ新章』サラ・ジェシカ・パーカー/ジョン・コーベット

そして、”SATC”と大きく変わった点は、やっぱりミランダですよね。弁護士でもなくなっているし、もう一度学生もやっていて、ジェンダーレスで、まさに第二の人生を謳歌しているキャラクターとなっています。一方、スティーブ(デヴィッド・エイゲンバーグ)はイメチェンに入っている感があります。デヴィッド・エイゲンバーグは『シカゴ・ファイア』で消防士のクリストファー・ハーマンを演じていますが、本作のスティーブが若干ハーマンに寄ってきている感があるのは私だけでしょうか(笑)。筋トレ以外にも「そこも!?」というポイントが後半出てくるのでお楽しみに。

海外ドラマ『AND JUST LIKE THAT… シーズン2/セックス・アンド・ザ・シティ新章』シンシア・ニクソン/サラ・ラミ レス

この新章で一番おもしろいなと思うのがシャーロットです。すごく真面目で優しいお母さんで、たまに娘2人に舐められつつも、ここぞという時にはおかん感を振るう姿が笑えます。あとは、シャーロットの友達のアンソニーも欠かせないスパイスになっています。強気な発言と毒舌、どストレートに下品なトークが笑えます。それでいて急にしおらしくなったり、憎めないキャラクターです。
あと、私のお気に入りはニコール・アリ・パーカーが演じるリサです。彼女は品があって、とてもカッコ良い!義母のいびりに耐えながら、子育てと夫のサポート、自分のキャリアとすべて一生懸命で、強く逞しくスマートにこなす様子はリスペクトに値します。同時に夫にチクチクと自己主張する姿も可愛いです。

海外ドラマ『AND JUST LIKE THAT… シーズン2/セックス・アンド・ザ・シティ新章』サラ・ジェシカ・パーカー/クリスティン・デイビス/ニコール・アリ・パーカー/カレン・ピットマン

シーズン1は”SATC”の勘を取り戻しながら作られたような印象が強かったものの、シーズン2に入って”SATC”のノリが返ってきた印象です。だから、正直エグさも戻ってきました(笑)。そして、ニュースでご存じの方もいらっしゃるかもしれませんが、あの御方がちらっと登場しますよ。やっぱり、あの御方が出るだけで華やぎます。見た目もほぼ変わっていなくてビックリです。完全復活はなさそうですが、これで少し場外騒動に一区切りついたという感じでしょうか。本シリーズはシーズン3の制作も決まったとのことで、まだまだ楽しませてもらえそうです。

海外ドラマ『AND JUST LIKE THAT… シーズン2/セックス・アンド・ザ・シティ新章』サラ・ジェシカ・パーカー/シンシア・ニクソン/クリスティン・デイビスほか

『AND JUST LIKE THAT… / セックス・アンド・ザ・シティ新章 シーズン2』
2023年6月22日よりU-NEXTにて配信中
公式サイト U-NEXTで観る

©2023 WarnerMedia Direct, LLC. All Rights Reserved. HBO MaxTM is used under license.

TEXT by Myson

シーズン1

海外ドラマ『AND JUST LIKE THAT... / セックス・アンド・ザ・シティ新章』サラ・ジェシカ・パーカー/シンシア・ニクソン/クリスティン・デイビス

30代の個性豊かな独身女性4人の日常を赤裸々に描いた“セックス・アンド・ザ・シティ(SATC)”(1998~2006年作品/日本では2000年から放送)のその後を描いた本シリーズは、キャリー(サラ・ジェシカ・パーカー)、ミランダ(シンシア・ニクソン)、シャーロット(クリスティン・デイビス)の3人をメインキャラクターとして物語が構成されています。さまざまな噂は耳にしていたので、それらが本当だとすると仕方がないと思いつつ、やっぱりサマンサ(キム・キャトラル)がいないのはかなり寂しいです。姿は見せないものの、サマンサの存在は残るよう構成に工夫は見られますが、こうして彼女がいないストーリーを観ると、改めてオリジナルの4人のバランスの良さを感じずにはいられません。

海外ドラマ『AND JUST LIKE THAT... / セックス・アンド・ザ・シティ新章』サラ・ジェシカ・パーカー/シンシア・ニクソン/クリスティン・デイビス

ただ、キャリー達のリアルな日常を描くというスタイルは貫かれています。本シリーズでキャリー達は50代半ばという設定なので、老いもテーマに加わっています。“SATC”はセックスライフが赤裸々に語られている点で、放送当時とても先進的でした。それから十数年経ち、性について語ることにハードルが下がってきているなか、次のテーマにチャレンジしているのだなという姿勢が伝わってきます。何より、個人的に“SATC”から好きなポイントは、カッコ悪いところ、みっともない姿も見せちゃうところ。そういうスタンスは健在で、ありのままの自分や現状を受け入れて前進しようともがくキャリー達の姿に何だか癒されます。

海外ドラマ『AND JUST LIKE THAT... / セックス・アンド・ザ・シティ新章』サラ・ジェシカ・パーカー/シンシア・ニクソン/クリスティン・デイビス/ウィリー・ガーソン

そして、スティーブ、ハリー、スタンフォード、アンソニーなど、脇を固めるキャラクターも健在です。ただ、スタンフォードを演じていたウィリー・ガーソンは2021年9月に57歳の若さでガンで亡くなられたとのことです。とても寂しいですが、今シーズンの前半は懐かしい姿を観られるのでぜひ注目してください。また、ミランダやシャーロットの子ども達が大きくなっていて、親子のやり取りも印象的に描かれています。中でも個人的にツボだったのはシャーロットが娘にタ○ポ○の使い方を指南するエピソード。娘目線では“女子あるある”で笑えるし、母の立場であれやこれやと工夫して指南するシャーロットの言動もかなり可笑しくて、シャーロットのキャラクターが一層活かされているエピソードとなっています。
本シリーズの続編はあるのか、現時点(2022年5月30日現在)ではまだ正式な発表はありませんが、続きがあるならもう少し観てみたいと思います。

海外ドラマ『AND JUST LIKE THAT... / セックス・アンド・ザ・シティ新章』サラ・ジェシカ・パーカー/シンシア・ニクソン/クリスティン・デイビス

『AND JUST LIKE THAT… / セックス・アンド・ザ・シティ新章』
2021年12月29日よりU-NEXTにて配信中
公式サイト U-NEXTで観る

©2021 WarnerMedia Direct, LLC. All Rights Reserved. HBO Max™ is used under license.

TEXT by Myson

関連記事
  • follow us in feedly
  • RSS

新着記事

映画『ウォンカとチョコレート工場のはじまり』ティモシー・シャラメ ウォンカとチョコレート工場のはじまり

ワクワクさせる冒頭シーンからグッとハートを掴まれて…

映画『あの花が咲く丘で、 君とまた出会えたら。』福原遥/水上恒司 あの花が咲く丘で、君とまた出会えたら。

本作のヒロイン百合(福原遥)は、1945年の日本にタイムスリップしてしまい…

映画『正欲』稲垣吾郎 イイ俳優セレクション・アクセスランキング【2023年11月】

“イイ俳優セレクション”【2023年11月】のアクセスランキングを発表!

映画『Winter boy』ポール・キルシェ Winter boy

同性愛者の17歳の青年リュカは、父を事故で亡くしたことをきっかけに、心の中で何かがプツッと切れてしまったような状況に陥ります。そんななか…

ドラマ『ワンダーハッチ -空飛ぶ竜の島-』中島セナ/奥平大兼 『ワンダーハッチ -空飛ぶ竜の島-』配信記念ワールドプレミア 10組20名様ご招待

ドラマ『ワンダーハッチ -空飛ぶ竜の島-』配信記念ワールドプレミア 10組20名様ご招待

映画『ティル』ダニエル・デッドワイラー/ジェイリン・ホール ティル

1955年、アメリカ、ミシシッピ州のマネーで、アフリカ系アメリカ人の14歳の少年エメット・ティルが殺害された事件を映画化…

映画『翔んで埼玉 ~琵琶湖より愛をこめて~』片岡愛之助 片岡愛之助【プロフィールと出演作一覧】

1972年3月4日大阪府生まれ。1977年、松竹芸能子役オーディションに合格し…

映画『窓ぎわのトットちゃん』 窓ぎわのトットちゃん

原作者である黒柳徹子自身の幼少期を綴った自伝的小説…

映画『イコライザー THE FINAL』ダコタ・ファニング ダコタ・ファニング【プロフィールと出演作一覧】

1994年2月23日生まれ。アメリカ、ジョージア州コンヤーズ出身。幼少期からテレビドラマやCMに出演。2001年、映画『I am Sam アイ・アム・サム』に出演し…

映画『ウィッシュ』 ウィッシュ

ディズニー100周年を飾る本作には、まさにディズニーが100年間掲げてきた…

部活・イベント

  1. 【ARUARU海ドラDiner】サムライデザート(カップデザート)
  2. 【ARUARU海ドラDiner】トーキョー女子映画部 × Mixalive TOKYO × SHIDAX
  3. 【ARUARU海ドラDiner】サポーター集会:パンチボール(パーティサイズ)
  4. 【ARUARU海ドラDiner】プレオープン
  5. 「ARUARU海ドラDiner」202303トークゲスト集合

本サイト内の広告について

本サイトにはアフィリエイト広告バナーやリンクが含まれます。

おすすめ記事

映画『劇場版 SPY×FAMILY CODE: White』 トーキョー女子映画部正式部員が推す!今観ているアニメシリーズ特集

今回はトーキョー女子映画部正式部員の方々に、「今観ているオススメのアニメシリーズ」について、聞いてみました。

映画『インファナル・アフェア 4K』アンディ・ラウ/トニー・レオン あの名作をリメイクするとしたら、誰をキャスティングする?『インファナル・アフェア』

今回は『インファナル・アフェア』のラウ役のアンディ・ラウとヤン役のトニー・レオンをそれぞれ誰が演じるのが良いか、正式部員の皆さんに考えていただきました。今回はどんなキャスティング案が挙がったのでしょうか?

映画『ヒッチコックの映画術』アルフレッド・ヒッチコック 映画好きが選んだアルフレッド・ヒッチコック監督人気作品ランキング

アルフレッド・ヒッチコックが監督をした作品(1950年以降に制作された作品)について正式部員の皆さんに投票いただきランキングを作成しました。名作揃いのなか、どの作品が1位となったのでしょうか?

TSUTAYA TV

REVIEW

  1. 映画『ウォンカとチョコレート工場のはじまり』ティモシー・シャラメ
  2. 映画『あの花が咲く丘で、 君とまた出会えたら。』福原遥/水上恒司
  3. 映画『Winter boy』ポール・キルシェ
    Winter boy

  4. 映画『ティル』ダニエル・デッドワイラー/ジェイリン・ホール
    ティル

  5. 映画『窓ぎわのトットちゃん』

PRESENT

  1. ドラマ『ワンダーハッチ -空飛ぶ竜の島-』中島セナ/奥平大兼
  2. 映画『ファースト・カウ』ジョン・マガロ
  3. 映画『バービー』マーゴット・ロビー/ライアン・ゴズリング
PAGE TOP