REVIEW

ドロップアウト〜シリコンバレーを騙した女【レビュー】

  • follow us in feedly
  • RSS
海外ドラマ『ドロップアウト〜シリコンバレーを騙した女』アマンダ・セイフライド

REVIEW

これが実話だとは信じられないような内容で、いろいろな面でゾッとします。真面目で勉強熱心なエリザベス・ホームズ(アマンダ・セイフライド)は、スタンフォード大学に入学します。エリザベスは在学中に画期的なアイデアを思い付き、ビジネスを立ち上げようと決意して、スティーブ・ジョブズやビル・ゲイツに倣い、大学を中退します。そして、大学の学費になっていたはずのお金を親に投資してもらい、セラノスという会社を設立します。セラノスでは、指先を針で指して採取する一滴の血液であらゆる検査が一度にできるキットを開発すると公言していました。本来、医療技術の開発には、長い時間と高度な設備、優秀な人材が必要で、巨額の資金を要します。エリザベスは根気よく資金集めを続けていきますが、製品完成の目処がなかなかたたず追い込まれていきます。

海外ドラマ『ドロップアウト〜シリコンバレーを騙した女』アマンダ・セイフライド/ナヴィーン・アンドリュース

始めはエリザベスの奮闘を観て、応援したくなります。ただ、窮地に追い込まれた時についた嘘がきっかけで、どんどん歯車が狂っていきます。医療技術は直接人命に関わるため、確約できないことがあって当然です。同時に、人助けになるかもしれない製品だとしても、いつまでも製品ができなければ投資家は撤退してしまい、開発が続けられないというジレンマがつきまといます。そんな状況で、根本は人のためになると信じているアイデアだからこそ、エリザベスの中に歪んだ正義感、肯定感が生まれてしまったのかもしれません。

海外ドラマ『ドロップアウト〜シリコンバレーを騙した女』アマンダ・セイフライド/ナヴィーン・アンドリュース

10代で起業したエリザベスは、自分が女性であること、まだ若いことで、大人の投資家達に舐められるのではないかと疑心暗鬼になります。実際にそういう目で見られる場面もあれば、逆に期待を得る場面もあります。女性だから、若いから優秀な経営者になれないということはありません。ただ、彼女が常にそういう恐れを胸に抱えながら経営をしていたことで、虚栄心が異常に膨らんでしまい、その後の桁外れの自己中心的な言動に結びついたように思えてなりません。あるキャラクターのセリフには「善人の暴走」という言葉がありました。「良かれと思って」という言い訳が悪事に使われると計り知れない破壊を生むのだということをまざまざと見せつけられるストーリーです。

海外ドラマ『ドロップアウト〜シリコンバレーを騙した女』アマンダ・セイフライド

本作で描かれている出来事はとても厄介でタチが悪いです。保身に走り過ぎたエリザベスも憎らしくて仕方がない存在になっていきます。一方で、真摯な姿勢で開発に情熱を注ぐ科学者達の姿も印象に残ります。ラストは、少女時代、青春時代を過ごさず大人になったエリザベスにとって、“普通の女の子”としての経験が意味するものを示していたように思います。現在、彼女がどうしているか気になる方は、ネットで調べてみてください。

海外ドラマ『ドロップアウト〜シリコンバレーを騙した女』アマンダ・セイフライド

『ドロップアウト〜シリコンバレーを騙した女』
2022年4月7日よりディズニープラス スターにて配信中
ディズニープラス作品ページ

© 2024 Disney and related entities

TEXT by Myson

関連記事
  • follow us in feedly
  • RSS

新着記事

映画『フィリップ』エリック・クルム・ジュニア フィリップ【レビュー】

ポーランドの作家レオポルド・ティルマンドの自伝的小説「Filip」は、1961年にポーランドの検閲によって大幅に内容が削除された上で出版されつつも、すぐに発行禁止…

映画『あんのこと』河合優実/佐藤二朗/稲垣吾郎 ポッドキャスト【だからワタシ達は映画が好き11】2024年6月の「気になる映画とオススメ映画」

『あんのこと』『かくしごと』『違国日記』『ホールドオーバーズ 置いてけぼりのホリディ』『バッドボーイズ RIDE OR DIE』など邦画から洋画まで話題にしています。

映画『ザ・ウォッチャーズ』ダコタ・ファニング/ジョージナ・キャンベル ザ・ウォッチャーズ【レビュー】

M・ナイト・シャマランの娘、イシャナ・ナイト・シャマランが長編監督デビューを果たした本作は、一度入ったら…

映画『恋を知らない僕たちは』窪塚愛流 窪塚愛流【プロフィールと出演作一覧】

2003年10月3日生まれ。神奈川県横須賀市出身。2018年、『泣き虫しょったんの奇跡』で…

映画『朽ちないサクラ』杉咲花 朽ちないサクラ【レビュー】

本作は「孤狼の血」など複数の小説が映像化されている柚月裕子のサスペンスミステリー小説「朽ちないサクラ」を映画化…

映画『バッドボーイズ RIDE OR DIE』ウィル・スミス/マーティン・ローレンス バッドボーイズ RIDE OR DIE【レビュー】

シリーズ1作目が作られたのは1995年ということで、本シリーズは30年もの間、愛され続けて…

映画『ONE LIFE 奇跡が繋いだ6000の命』アンソニー・ホプキンス ONE LIFE 奇跡が繋いだ6000の命【レビュー】

本作はチェコスロヴァキアに逃れていたユダヤ人難民の子ども達669名の命を救ったニコラス・ウィントンの実話を…

映画『キングダム 大将軍の帰還』長澤まさみ 長澤まさみ【プロフィールと出演作一覧】

1987年6月3日生まれ。静岡県出身。2000年、第5回「東宝シンデレラ」オーディショングランプリを受賞し…

映画『星の子』芦田愛菜 映画好きが推すイイ俳優ランキング【国内20代】演技力部門

映画好きが推すイイ俳優ランキング【国内20代編】番外編として、今回は<演技力部門>のランキングを発表します。

映画『蛇の道』柴咲コウ 蛇の道【レビュー】

本作は1998年に劇場公開された黒沢清監督の同名作品を、フランスを舞台にセルフリメイクした作品…

部活・イベント

  1. 【ARUARU海ドラDiner】サムライデザート(カップデザート)
  2. 【ARUARU海ドラDiner】トーキョー女子映画部 × Mixalive TOKYO × SHIDAX
  3. 【ARUARU海ドラDiner】サポーター集会:パンチボール(パーティサイズ)
  4. 【ARUARU海ドラDiner】プレオープン
  5. 「ARUARU海ドラDiner」202303トークゲスト集合

本サイト内の広告について

本サイトにはアフィリエイト広告バナーやリンクが含まれます。

おすすめ記事

映画『星の子』芦田愛菜 映画好きが推すイイ俳優ランキング【国内20代】演技力部門

映画好きが推すイイ俳優ランキング【国内20代編】番外編として、今回は<演技力部門>のランキングを発表します。

映画『もしも徳川家康が総理大臣になったら』浜辺美波 映画好きが推すイイ俳優ランキング【国内20代】雰囲気部門

映画好きが推すイイ俳優ランキング【国内20代編】<雰囲気部門>のランキングを発表します。総合結果からガラッと順位が変わっています!

映画『デューン 砂の惑星PART2』ティモシー・シャラメ 映画好きが推すイイ俳優ランキング【海外10代、20代編】

今回は、海外10代、20代(1995年から2014年生まれ)のイイ俳優の中から、昨今活躍が目覚ましい方を編集部の独断で50名選抜し、正式部員の皆さんに投票していただきました。

REVIEW

  1. 映画『フィリップ』エリック・クルム・ジュニア
  2. 映画『ザ・ウォッチャーズ』ダコタ・ファニング/ジョージナ・キャンベル
  3. 映画『朽ちないサクラ』杉咲花
  4. 映画『バッドボーイズ RIDE OR DIE』ウィル・スミス/マーティン・ローレンス
  5. 映画『ONE LIFE 奇跡が繋いだ6000の命』アンソニー・ホプキンス

PRESENT

  1. 映画『Iké Boys イケボーイズ』Tシャツ
  2. 映画『大いなる不在』森山未來/藤竜也
  3. 映画『赤羽骨子のボディガード』ラウール
PAGE TOP