REVIEW

HOMELAND/ホームランド

  • follow us in feedly
  • RSS
海外ドラマ『HOMELAND/ホームランド ファイナル・シーズン』クレア・デインズ/マンディ・パティンキン

ファイナル・シーズン

前シーズンの最後でキャリーが散々な目に遭い、これ以上どんなストーリーにできるんだろうと思いましたが、ファイナルにふさわしくスケールが大きくて、良い意味で複雑さも極まり、すごく見応えがあります。やはりどんな問題にも結局“あの国”が絡んでくる展開には好き嫌いが出そうですが、国際問題がシンプルに解決できない背景にこういった駆け引きが常にあることがよくわかる内容となっていて、そのリアリティが観る者を惹きつけます。同時にツッコミ出したらキリがない部分もありますが(苦笑)、そこはエンタテインメントとしてのおもしろさを演出するための構成と解釈して、良しとしましょう!最後はどうやって解決するのか、観ると止まらなくなる展開でしたが、キャリーの最後の決断に、愛する人達への思いや、愛国心の深さが存分に感じられて、“ホームランド”というタイトルが意味するところが綺麗に収まる結末となっています。さまざまな思いに揺れ動くキャリーを演じたクレア・デインズの演技にも見入ってしまいますよ。シリーズを通して、後半からクライマックスにかけておもしろさが増しますので、シーズン3、4で挫折せずにぜひ最後まで観てください。

海外ドラマ『HOMELAND/ホームランド ファイナル・シーズン』クレア・デインズ
海外ドラマ『HOMELAND/ホームランド ファイナル・シーズン』クレア・デインズ

『HOMELAND/ホームランド ファイナル・シーズン』
2020年5月1日よりデジタル配信開始/12月16日DVDコレクターズ BOX発売
ウォルト・ディズニー・ジャパン
公式サイト

© 2020 Twentieth Century Fox Film Corporation.

TEXT by Myson


シーズン7

海外ドラマ『HOMELAND/ホームランド シーズン7』クレア・デインズ

『HOMELAND/ホームランド』って、シーズンが進む毎におもしろくなっていると個人的には思います。双極性障害を抱えながら、国家を救うために奔走するキャリーが、職場も立場もいろいろと変わりながら、同時に母になり、これまでとは違った選択を多く強いられるという点でドラマチックさがシーズン毎に増しています。娘のフラニーが成長し、だんだん母親のこと、自分のことを心配するようになってくるという状況の中で、国の緊急事態を見逃せないキャリーが現場に復帰せざるを得なくなるという展開は、シチュエーションは全く違えど、世のお母さん方が職場復帰しようとする時に出くわす苦悩と通じる部分があると思います。そういった人間味溢れるドラマがあってこそ、国家の危機を描いたサスペンスとのコントラストが際立って、より引き込まれます。そして、いろいろなテロや攻撃のタイプがこれまで出てきましたが、今回は情報戦争ということで、時代をすごく反映したストーリーも見どころになっています。

海外ドラマ『HOMELAND/ホームランド シーズン7』クレア・デインズ
海外ドラマ『HOMELAND/ホームランド シーズン7』クレア・デインズ/マンディ・パティンキン

『HOMELAND/ホームランド シーズン7』
2018年10月5日DVD発売&レンタル開始/デジタル配信中
20世紀フォックス ホーム エンターテイメント ジャパン
公式サイト

©2018 Twentieth Century Fox Home Entertainment LLC. All Rights Reserved.

TEXT by Myson


シーズン6

海外ドラマ『HOMELAND/ホームランド シーズン6』クレア・デインズ

舞台はまたアメリカ国内に移り、転換期という様相の今シーズンでは、キャリーは国内での陰謀解明に奔走します。“あの人”も大変危険な状態から回復したと見えますが、元の彼に戻ることは難しく、キャリーの心配は消えることはありません。また、娘との関係も複雑に絡んできて、母としての立場、国を守る立場の間で葛藤することに。
シーズン1、2あたりのテンションからだいぶ変わってきましたが、シリアスなテンションで、毎話緊張感があり、観る者を引き込むストーリー展開を維持しています。既存のキャラクターもまだ見えてない部分があり、CIAにはまだ問題などが残されているようです。ラストはすごくショッキングですが、解決したと見られる事件にまだ謎がありそうで、シーズン7も楽しみです。

海外ドラマ『HOMELAND/ホームランド シーズン6』マンディ・パティンキン
海外ドラマ『HOMELAND/ホームランド シーズン6』クレア・デインズ/マンディ・パティンキン/ルパート・フレンド

『HOMELAND/ホームランド シーズン6』
2017年8月9日デジタル配信開始/9月15日DVD発売&レンタル開始
20世紀フォックス ホーム エンターテイメント ジャパン
公式サイト

© 2017 Twentieth Century Fox Home Entertainment LLC. All Rights Reserved.

TEXT by Myson

シーズン1〜5のREVIEWはこちら

  • follow us in feedly
  • RSS

新着記事

映画『バッドボーイズ RIDE OR DIE』ウィル・スミス/マーティン・ローレンス バッドボーイズ RIDE OR DIE【レビュー】

シリーズ1作目が作られたのは1995年ということで、本シリーズは30年もの間、愛され続けて…

映画『ONE LIFE 奇跡が繋いだ6000の命』アンソニー・ホプキンス ONE LIFE 奇跡が繋いだ6000の命【レビュー】

本作はチェコスロヴァキアに逃れていたユダヤ人難民の子ども達669名の命を救ったニコラス・ウィントンの実話を…

映画『キングダム 大将軍の帰還』長澤まさみ 長澤まさみ【プロフィールと出演作一覧】

1987年6月3日生まれ。静岡県出身。2000年、第5回「東宝シンデレラ」オーディショングランプリを受賞し…

映画『星の子』芦田愛菜 映画好きが推すイイ俳優ランキング【国内20代】演技力部門

映画好きが推すイイ俳優ランキング【国内20代編】番外編として、今回は<演技力部門>のランキングを発表します。

映画『蛇の道』柴咲コウ 蛇の道【レビュー】

本作は1998年に劇場公開された黒沢清監督の同名作品を、フランスを舞台にセルフリメイクした作品…

映画『オールド・フォックス 11歳の選択』バイ・ルンイン/リウ・グァンティン オールド・フォックス 11歳の選択【レビュー】

2023年に引退を表明したホウ・シャオシェンの最後のプロデュース作品といわれる本作は…

映画『母を亡くした時、僕は遺骨を食べたいと思った。』倍賞美津子 倍賞美津子【プロフィールと出演作一覧】

1946年11月22日生まれ。茨城県出身。1967年『純情二重奏』で…

映画『アキはハルとごはんを食べたい 2杯目!』赤澤遼太郎さん&高橋健介さんインタビュー 『アキはハルとごはんを食べたい 2杯目!』赤澤遼太郎さん&高橋健介さんインタビュー

『アキはハルとごはんを食べたい 2杯目!』の赤澤遼太郎さんと高橋健介さんにインタビューさせていただきました。お話中もお二人は和気あいあいとした雰囲気で、とても楽しいインタビューでした。

映画『Iké Boys イケボーイズ』Tシャツ 『Iké Boys イケボーイズ』監督サイン入りTシャツ 1名様プレゼント

映画『Iké Boys イケボーイズ』監督サイン入りTシャツ 1名様プレゼント

海外ドラマ『ファーストレディ』ヴィオラ・デイヴィス ファーストレディ【レビュー】

ミシェル・オバマ、ベティ・フォード、エレノア・ルーズベルト、3人のファーストレディの半生を描く本作は、複数の時代を行き来しながら…

部活・イベント

  1. 【ARUARU海ドラDiner】サムライデザート(カップデザート)
  2. 【ARUARU海ドラDiner】トーキョー女子映画部 × Mixalive TOKYO × SHIDAX
  3. 【ARUARU海ドラDiner】サポーター集会:パンチボール(パーティサイズ)
  4. 【ARUARU海ドラDiner】プレオープン
  5. 「ARUARU海ドラDiner」202303トークゲスト集合

本サイト内の広告について

本サイトにはアフィリエイト広告バナーやリンクが含まれます。

おすすめ記事

映画『星の子』芦田愛菜 映画好きが推すイイ俳優ランキング【国内20代】演技力部門

映画好きが推すイイ俳優ランキング【国内20代編】番外編として、今回は<演技力部門>のランキングを発表します。

映画『もしも徳川家康が総理大臣になったら』浜辺美波 映画好きが推すイイ俳優ランキング【国内20代】雰囲気部門

映画好きが推すイイ俳優ランキング【国内20代編】<雰囲気部門>のランキングを発表します。総合結果からガラッと順位が変わっています!

映画『デューン 砂の惑星PART2』ティモシー・シャラメ 映画好きが推すイイ俳優ランキング【海外10代、20代編】

今回は、海外10代、20代(1995年から2014年生まれ)のイイ俳優の中から、昨今活躍が目覚ましい方を編集部の独断で50名選抜し、正式部員の皆さんに投票していただきました。

REVIEW

  1. 映画『バッドボーイズ RIDE OR DIE』ウィル・スミス/マーティン・ローレンス
  2. 映画『ONE LIFE 奇跡が繋いだ6000の命』アンソニー・ホプキンス
  3. 映画『蛇の道』柴咲コウ
  4. 映画『オールド・フォックス 11歳の選択』バイ・ルンイン/リウ・グァンティン
  5. 海外ドラマ『ファーストレディ』ヴィオラ・デイヴィス

PRESENT

  1. 映画『Iké Boys イケボーイズ』Tシャツ
  2. 映画『大いなる不在』森山未來/藤竜也
  3. 映画『赤羽骨子のボディガード』ラウール
PAGE TOP