REVIEW

ストレンジャー・シングス 未知の世界

  • follow us in feedly
  • RSS
Netflixドラマ『ストレンジャー・シングス 未知の世界 シーズン4』ミリー・ボビー・ブラウン/フィン・ヴォルフハルト/ノア・シュナップ/チャーリー・ヒートン/エドゥアルド・フランコ

シーズン4

まずはエルことイレブン(ミリー・ボビー・ブラウン)を含めた年少組の成長ぶりに驚きます。育ち盛りど真ん中ですもんね(笑)。そんななか、今シーズンではイレブンの幼少期が多く映るので、どうやって撮影したのか気になるはず。調べてみたら、一部はCG、一部はイレブン役のミリー・ボビー・ブラウンに似た子役を起用しているとのことです。この回想シーンはシリーズ全体としても肝になる部分で、とても巧妙にできている点でも見どころの1つです。
ストーリーはというと、シーズン3迄でもかなり壮絶だったのに、それが序章だったかのような展開が続いていてビックリします。そして、今シーズンでは向こうの世界とイレブンにどんな関係があるのかが明かされます。その鍵を握るキャラクターにはゾッとするものがあり、心理的な不気味さもある点が今シーズンの特徴的な魅力にもなっています。

Netflixドラマ『ストレンジャー・シングス』ナタリア・ダイアー/ジョー・キーリー/マヤ・ホーク/ジョセフ・クイン

また、今シーズンでは年長組が大活躍。クセが強い新キャラも複数加わります。まずはピザ屋で働くアーガイル(エドゥアルド・フランコ)。のらりくらりとしていてほぼいつも“ハイ”ですが、時折ファインプレイをかますので笑えます。本筋と全然関係ありませんが、パイナップルが乗ったピザのくだりが歴史を匂わせていてサイコーです!幼きイレブンのお世話役(ジェイミー・キャンベル・バウアー)も要チェック。登場するなり神秘的なムードを放っていてグッと惹きつけられます。そして、ヘルファイア・クラブを率いるエディ(ジョセフ・クイン)がとても良い味を出しています。屋根の上のシーンはしびれますよ。

Netflixドラマ『ストレンジャー・シングス』

他にも大人達にもドラマチックな展開があり、今シーズンは離ればなれになりながらもチームワークで戦う頭脳戦が印象的です。最終話は2時間越えですが、あっという間に全9話観ちゃうおもしろさです。まだ本シリーズを観たことがない方も今からなら楽勝で追いつけます。映画好きにもたまらないオマージュもたくさん詰まっているので、映画ファンにもオススメです。

Netflixドラマ『ストレンジャー・シングス』フィン・ヴォルフハルト/ミリー・ボビー・ブラウン/ノア・シュナップ/ガテン・マタラッツォ/ケイレブ・マクラフリン/ジョー・キーリー

『ストレンジャー・シングス 未知の世界 シーズン4』
Vol.1:2022年5月27日、Vol.2:7月1日よりNetflixにて独占配信中
R-15+
Netflix公式サイト

シーズン1〜3

海外ドラマ『ストレンジャー・シングス 未知の世界 シーズン3』フィン・ヴォルフハルト

以前から気になっていたシリーズで、ようやく観賞しました。クリーチャーが登場するSFで、映画や海外ドラマをたくさん観ていると、オーソドックスな設定に感じて、シーズン1の3話目くらいまでは他と比べて特別おもしろいとは感じなかったのですが、4話目あたりから急におもしろくなってきて、シーズン3まで一気に観てしまいました。何がおもしろいかというのは観る人によってそれぞれ異なりそうですが、まず私が感じた魅力は1980年代という舞台設定です。ちょうど主人公達と同じくらいの年頃で1980年代を生きてきた人なら、おもちゃやゲームなど懐かしいものがたくさん出てくるし、1980年代はハリウッド映画も全盛期だったので、誰もが知るハリウッド映画の名作に向けたオマージュの数々に嬉しくて堪らなくなるはずです。
そしてキャラクターがすごく良くて、観れば観るほど、どのキャラクターにも愛着が湧いてきます。超能力を持ったイレブン(通称エル)がカッコイイのはもちろん、デヴィッド・ハーバーが演じるジム・ホッパーはチャーミングだし、仲良し男子4人組もそれぞれに魅力的です。私の特にお気に入りはダスティンで、オタクってカッコイイって惚れてしまうし、何よりキャラがカワイイんです。ダスティンだけでなく、オタク男子同士のやりとりや、エルやマックスといった女子との絡みもすごく微笑ましくて、癒されるのはもちろん、シーズン2以降は特に思春期ならではの”あるある”描写に笑っちゃうシーンも豊富です。あと、スティーブの成長ぶりも見どころの一つ。アメリカの学園ものではお約束の設定が本作にも出てきますが、そのステレオタイプを壊すキャラクターとしてシーズン2からすごく共感できます。他、ウィノナ・ライダーが母親を演じているのも新鮮だし、シーズン2では、”ロード・オブ・ザ・リング”シリーズでサム役を演じたショーン・アスティンも登場します。彼はこれまた意外な活躍をするので要注目ですよ。

Netflix『ストレンジャー・シングス 未知の世界 シーズン3』

1から3へとどんどんストーリーもスケールアップしていくので飽きないし、どのキャラクターもどんどん深掘りされていくので、何より人間ドラマとして見応えがあるのも本作の魅力。シーズン3では、夢を追いかけるナンシーのエピソードが、女子にとって共感できる内容になっていたり、最初は幼さがまだあったマイクやイレブン達が、男女それぞれの成長を見せていく展開も万国共通で老若男女共感できます。という感じで、多くの人がこの作品にハマるのも納得。とりあえずシーズン3まで観るということでもキリがよい結末になっているし、ハマればシーズン4の制作も決まっているのでご安心を。大人もティーン(R15なので15歳以上)も楽しめる作品で、映画好きには特にオススメですよ。

Netflix『ストレンジャー・シングス 未知の世界 シーズン3』

『ストレンジャー・シングス 未知の世界 シーズン1〜3』
Netflixにて配信中
R-15+
Netflix公式サイト

TEXT by Myson

関連記事
  • follow us in feedly
  • RSS

新着記事

映画『オッペンハイマー』キリアン・マーフィー オッペンハイマー【レビュー】

クリストファー・ノーランが挑んだのは、“原爆の父”オッペンハイマーの…

映画『夜明けのすべて』松村北斗 松村北斗【プロフィールと出演作一覧】

1995年6月18日生まれ。静岡県出身。SixTONESとして…

映画『リバー、流れないでよ』藤谷理子/永野宗典/角田貴志/酒井善史/諏訪雅/石田剛太/中川晴樹/土佐和成/鳥越裕貴/本上まなみ/近藤芳正 ポッドキャスト【だからワタシ達は映画が好き】3〜MY 2023年ベスト10振り返り第2弾

「トーキョー女子映画部が選ぶ 2023年ベスト10」をもとに、4位から6位までの…

映画『PLAY! ~勝つとか負けるとかは、どーでもよくて~』奥平大兼/鈴鹿央士/小倉史也 PLAY! ~勝つとか負けるとかは、どーでもよくて~【レビュー】

徳島の高等専門学校を舞台に描かれている本作は、個性がバラバラの3人の生徒がeスポーツの大会に出場した実話を…

映画『FEAST -狂宴-』ココ・マーティン/ジャクリン・ホセ/グラディス・レイエス/リト・ラピッド FEAST -狂宴-【レビュー】

本作を観た後の印象はもしかしたら真っ二つに分かれるのかも…

【東京コミコン2023】テムエラ・モリソン テムエラ・モリソン【プロフィールと出演作一覧】

1960年12月26日ニュージーランド生まれ。1988年、“Never Say Die(原題)”に出演。1994年…

映画『ARGYLLE/アーガイル』ヘンリー・カヴィル/デュア・リパ ARGYLLE/アーガイル【レビュー】

どんだけ、どんでん返しがあるんだ!ってくらい、カラクリが施されていて…

映画『ストリートダンサー』 ストリートダンサー【レビュー】

歌とダンスが見せ場のインド映画で、ダンス映画となれば、どれだけダンスが盛り込まれるのだろうと思ったら…

映画『リトル・マーメイド』ハリー・ベイリー ハリー・ベイリー【プロフィールと出演作一覧】

2000年3月27日アメリカ、ジョージア州生まれ。3歳の頃から子役として活動を始め…

海外ドラマ『ラブ&デス』エリザベス・オルセン/ジェシー・プレモンス やましい人は震えが止まらなくなる【浮気のその先が怖すぎる】映画&ドラマ特集

11月22日は「夫婦の日」として知られていますが、毎月22日を「夫婦の日」とする説もあるようです。そこで掲載日の2024年2月22日の「22日」にちなんで、夫婦円満、カップル円満を願うべく、浮気防止に効きそうな映画をご紹介します。

部活・イベント

  1. 【ARUARU海ドラDiner】サムライデザート(カップデザート)
  2. 【ARUARU海ドラDiner】トーキョー女子映画部 × Mixalive TOKYO × SHIDAX
  3. 【ARUARU海ドラDiner】サポーター集会:パンチボール(パーティサイズ)
  4. 【ARUARU海ドラDiner】プレオープン
  5. 「ARUARU海ドラDiner」202303トークゲスト集合

本サイト内の広告について

本サイトにはアフィリエイト広告バナーやリンクが含まれます。

おすすめ記事

映画『テルマ&ルイーズ 4K』スーザン・サランドン/ジーナ・デイヴィス あの名作をリメイクするとしたら、誰をキャスティングする?『テルマ&ルイーズ』

今回は『テルマ&ルイーズ』のリメイクを作るとしたら…ということで、テルマ役のジーナ・デイヴィスとルイーズ役のスーザン・サランドンをそれぞれ誰が演じるのが良いか、正式部員の皆さんに聞いてみました。

映画『ミステリと言う勿れ』菅田将暉 映画好きが選んだ2023邦画ベスト

正式部員の皆さんに2023年の邦画ベストを選んでいただきました。どの作品が2023年の邦画ベストに輝いたのか、ランキングを発表!

映画『モリコーネ 映画が恋した音楽家』エンニオ・モリコーネ トーキョー女子映画部が選ぶ 2023年ベスト10

年末恒例、今回もマイソンとシャミで、2023年のMY BEST10を選びました。俳優はMVPとして1名選出。この冬休みの映画鑑賞の参考になれば嬉しいです。

REVIEW

  1. 映画『オッペンハイマー』キリアン・マーフィー
  2. 映画『PLAY! ~勝つとか負けるとかは、どーでもよくて~』奥平大兼/鈴鹿央士/小倉史也
  3. 映画『FEAST -狂宴-』ココ・マーティン/ジャクリン・ホセ/グラディス・レイエス/リト・ラピッド
  4. 映画『ARGYLLE/アーガイル』ヘンリー・カヴィル/デュア・リパ
  5. 映画『ストリートダンサー』

PRESENT

  1. 映画『青春 18×2 君へと続く道』シュー・グァンハン/清原果耶
  2. 映画『π〈パイ〉デジタルリマスター』ショーン・ガレット
  3. 映画『ネクスト・ゴール・ウィンズ』トートバッグ
PAGE TOP