REVIEW

バーフバリ 伝説誕生

  • follow us in feedly
  • RSS
映画『バーフバリ 伝説誕生』プラバース

すごく話題になっていたのに観そびれたままで、遅ればせながらようやく観賞しました(苦笑)。何でもありの豪快さが観ていて気持ち良くて、熱狂的なファンを掴んだのも納得です。本作は2部作の前編にあたりますが、タイトルにある通り、“バーフバリ”という人物の物語で、王位継承の問題が起こり、王国から連れて逃がされた赤ん坊ジブドゥが成長し、自分のルーツに近づいていく様子が描かれています。「どんだけ怪力やねん!」っていうシーンが何度も出てきて、「こいつはただ者でない!」というニオイをぷんぷん放つのですが、伝説の王バーフバリ不在の時代に生きていた者達が、ジブドゥの姿を目撃して、「バーフバリ!」と復活を喜び、何度も声をあげるシーンがとても印象に残ります。これはまさに“インド人もビックリ”な表情(笑)。あと個人的にツボだったのが、ジブドゥが育てられた村から高い高い滝を登り切った先で見かけた女性に恋をし、戯れるシーン。女性が身体に撒いている布をクルクルと外していくシーンがありますが、日本の時代劇にある「あ〜れ〜」的なちょっとエッチなシーンと演出的には一緒で、「こういうノリって万国共通?」と笑えました。「あ〜れ〜」なシーンと言って通じるのって、昭和生まれの人だけだったりして(苦笑)。とにかく、浮かれた気分を表現するシーンの浮かれ具合が飛び抜けていてかなり楽しいのは間違いありません。
同時に、マッチョ要素がふんだんにあり、戦闘シーンがかなり激しいので、メリハリがかなり効いています。R-15+になっているのは、それくらい強烈なところは強烈だからでしょう。そんなこんなで138分もあっという間で、続きを早く観たいという気持ちにさせられます。

デート向き映画判定
映画『バーフバリ 伝説誕生』タマンナー

アクションシーンが痛々しい部分もあるので、アクションが苦手な人と観ると許容範囲に収まるかわかりませんが、アクションのスケールは壮大で、ラブストーリーあり、歌と踊りありの本当に華やかなインド映画なので、大半の人は楽しめると思います。どうせ観るなら、続編『バーフバリ2 王の凱旋』と合わせて一気に観ちゃうと良いでしょう。

キッズ&ティーン向き映画判定
映画『バーフバリ 伝説誕生』ラーナー・ダッグバーティ

R-15+なので15歳になってからしか観られませんが、インド映画デビューにもってこいの作品です。エンタテインメント性が抜群で、スピード感もあり、アクションもすごく迫力があるので、観ていて飽きません。「なんでやねん」とツッコミを入れたくなる、何でもありのノリも魅力の1つです。

映画『バーフバリ 伝説誕生』プラバース

『バーフバリ 伝説誕生』
2017年7月5日ブルーレイ、DVD発売&レンタル開始
R-15+
ツイン
公式サイト

© ARKA MEDIAWORKS PROPERTY, ALL RIGHTS RESERVED.

TEXT by Myson

関連記事
  • follow us in feedly
  • RSS

新着記事

【映画館における換気実験】 映画館の空気の流れが一目瞭然!<映画館における換気実証実験>が実施

「映画館は密閉空間ではない」ということをわかりやすく理解して頂くため、専門家の指導のもと映画館内での空気の流れを“可視化”する実験が実施されました。

映画『ハニーボーイ』ノア・ジュプ ハニーボーイ

本作は、シャイア・ラブーフが“トランスフォーマー”シリーズで一躍スターの仲間入りをした後、飲酒などのトラブルを起こし、リハビリ施設で治療の一環として書き上げたという自伝的脚本を映画化したもの…

映画『赤い闇 スターリンの冷たい大地で』ジェームズ・ノートン ジェームズ・ノートン

1985年7月18日イギリス、ロンドン生まれ。トルストイの『戦争と平和』をドラマ化したBBCのミニシリーズなどに出演して人気を博している。主な映画出演作に…

映画『ブレスレット 鏡の中の私』メリッサ・ゲール 心理学から観る映画19:あなたも知らぬ間に使ってる!?戦術的な自己呈示

「私は私のことを1番わかってる」「あなたのことは私が1番わかってる」なんてことを言ったり、考えたりすることは誰にでもありますよね。どれも正解に思えるし、どれも間違えていると思えます。それは人には表に見せている面、隠している面があるからです。そこで今回は、自己呈示について考えます。

映画『グレース・オブ・ゴッド 告発の時』スワン・アルロー スワン・アルロー

1981年11月30日フランス、フォントネー=オー=ローズ生まれ。祖父が役者、父が舞台装置家、母が舞台監督&チーフキャスティングといった芸能一家で育つ。2010年…

映画『ジョーンの秘密』トム・ヒューズ トム・ヒューズ

1986年4月18日イギリス生まれ。2009年バーバリーのキャンペーンモデルに抜擢。アンソニー・ホプキンスやケネス・ブラナーなどの名優を送り出した王立演劇学校(=RADA)を卒業後…

映画『17歳のウィーン フロイト教授人生のレッスン』ジーモン・モルツェ ジーモン・モルツェ

1996年に俳優である両親の間にウィーンで生まれた。10歳でニコラウス・ライトナー監督のテレビドラマ“DIE ENTSCHEIDUNG(原題)”でデビューを果たす。その後テレビ番組“Hannas Entscheidung(原題)”(2012)“Die Freischwimmerin(原題)”…

映画『赤い闇 スターリンの冷たい大地で』ジェームズ・ノートン 赤い闇 スターリンの冷たい大地で

物語の舞台は1933年で、ヒトラー、スターリンという名前が出てくるので戦争映画かと思いきやそうではありません。本作は、ヒトラーに取材した経験を持つ若き英国人記者ガレス・ジョーンズが…

映画『劇場版おっさんずラブ ~LOVE or DEAD~』志尊淳 新世代スター期待度ランキング2020

毎年多くの若手俳優の中から新たなスターが誕生しますが、今回はこれからさらに人気が上昇しそうな俳優について、トーキョー女子映画部が独断で選出し、皆さんに投票して頂きました。

映画『午前0時、キスしに来てよ』眞栄田郷敦 眞栄田郷敦(まえだ ごうどん)

2000年1月9日アメリカ生まれ。父は俳優の千葉真一、兄は俳優の新田真剣佑。2019年に映画『小さな恋のうた』で俳優デビューを飾る。また…

おすすめ記事

映画『劇場版おっさんずラブ ~LOVE or DEAD~』志尊淳 新世代スター期待度ランキング2020

毎年多くの若手俳優の中から新たなスターが誕生しますが、今回はこれからさらに人気が上昇しそうな俳優について、トーキョー女子映画部が独断で選出し、皆さんに投票して頂きました。

親子イメージ写真 皆様へ感謝!10周年記念特集:みんなの映画好きルーツ

トーキョー女子映画部10周年記念特集第2弾!トーキョー女子映画部には多くの映画好き女子が集まっていますが、皆さん何をきっかけに映画を好きになったのでしょうか?今回は皆さんが映画好きになったルーツについて聞いてみました。

トーキョー女子映画部主宰:マイソン アバターイラスト10周年 皆様へ感謝!10周年記念特集:トーキョー女子映画部のまだまだ短い歴史

2020年7月で、トーキョー女子映画部は開設10周年を迎えました!ここまで続けてこられたのも皆さんのおかげです。本当に、本当にありがとうございます!他の多くの企業やWEBサイトに比べれば、10年なんてまだまだ若いですが、超マイペースでちゃらんぽらんな私からすると「10年ももった!」というのが本音です(笑)。そんなトーキョー女子映画部ですが、今回はこの機会にこの10年を振り返らせて頂きます。

映画『メン・イン・ブラック3』ウィル・スミス 楽しい妄想シリーズ:1日あの人になってみたい!〜コメディ俳優編〜

楽しい妄想シリーズ「1日あの人になってみたい!」企画第2弾!今回は“コメディ俳優編”です。皆さんがもし1日だけコメディ俳優になって映画に出られるとしたら、誰になってみたいですか?今回も楽しく妄想して頂きました!

映画『レヴェナント:蘇えりし者』レオナルド・ディカプリオ イイ男セレクションランキング2020<海外40代俳優 総合ランキング>

今回はついに総合ランキングを発表!各部門で接戦を繰り広げた海外40代俳優ですが、総合ランキングはどんな結果になったのでしょうか?

コロナ渦のみんなの映画生活調査2イメージ 自粛期間中、映画生活スタイルはどう変わった?:コロナ禍のみんなの映画生活調査2

前回に引き続き、皆さんのコロナ禍の映画生活調査の後編をお送りします。自粛期間中は映画館が休業となっていましたが、皆さんの映画生活スタイルに変化はあったのでしょうか?

コロナ渦のみんなの映画生活調査1イメージ 映画館休業中、映画好き女子は何で映画を楽しむ?:コロナ禍のみんなの映画生活調査1

新型コロナウィルスの影響による緊急事態宣言が解除されつつありますが、まだまだ気を緩められませんね。そんな状況のなか、皆さんは映画をどう楽しんでいるのでしょうか?今回はコロナ禍の映画生活について、調査しました。

銃イメージ画像 あの名作をリメイクするとしたら、誰をキャスティングする?『レオン』

「勝手にキャスティング企画!」第3回は『レオン』。まだ子役だったナタリー・ポートマンが、当時から可愛くて、演技も素晴らしく、虜になった方も多かったのではないでしょうか?今回はそんな本作をリメイクするとしたら、ジャン・レノが演じたレオン・モンタナ、ナタリー・ポートマンが演じたマチルダ・ランドーを、誰が演じるのが良いか、考えて頂きました!

映画『アトミック・ブロンド』シャーリーズ・セロン 楽しい妄想シリーズ:1日あの人になってみたい!〜アクション俳優編〜

楽しい妄想シリーズとして、新たに「1日あの人になってみたい!」企画をスタート。第1弾は“アクション俳優編”です。皆さんがもし1日だけアクション俳優になって映画に出られるとしたら、誰になってみたいですか?今回も楽しく妄想しながら回答頂きました!

映画『タイタニック』レオナルド・ディカプリオ/ケイト・ウィンスレット あの名作をリメイクするとしたら、誰をキャスティングする?『タイタニック』

「勝手にキャスティング企画!」第2回は『タイタニック』。名作中の名作で、日本でも一大ムーブメントを起こしたあの頃が懐かしいですね。今回はそんな本作をリメイクするとしたら、レオナルド・ディカプリオが演じたジャック・ドーソン、ケイト・ウィンスレットが演じたローズ・デウィット・ブカターを、誰が演じるのが良いか、考えて頂きました!

REVIEW

  1. 映画『ハニーボーイ』ノア・ジュプ
  2. 映画『赤い闇 スターリンの冷たい大地で』ジェームズ・ノートン
  3. 映画『ジョーンの秘密』ジュディ・デンチ/ベン・マイルズ
  4. 映画『思い、思われ、ふり、ふられ』浜辺美波/北村匠海/福本莉子/赤楚衛二
  5. 映画『ブレスレット 鏡の中の私』メリッサ・ゲール
  6. 映画『ディック・ロングはなぜ死んだのか?』
  7. 映画『もったいないキッチン』ダーヴィド・グロス/塚本ニキ
  8. 映画『17歳のウィーン フロイト教授人生のレッスン』ジーモン・モルツェ/ブルーノ・ガンツ
  9. 映画『ぼくが性別「ゼロ」に戻るとき 空と木の実の9年間』林空雅
  10. 映画『コンフィデンスマンJP プリンセス編』長澤まさみ/東出昌大/小日向文世

部活・イベント

  1. トーキョー女子映画部主宰:マイソン アバターイラスト10周年
  2. 映画『スキャンダル』シャーリーズ・セロン/ニコール・キッドマン/マーゴット・ロビー
  3. 海外ドラマ『SUITS︓ジェシカ・ピアソン』ジーナ・トーレス/モーガン・スペクター/シャンテル・ライリー/ベサニー・ジョイ・レンツ/サイモン・カシアニデス/ウェイン・デュヴァル
  4. 映画『ダウントン・アビー』ヒュー・ボネヴィル/エリザベス・マクガヴァーン/マギー・スミス/ミシェル・ドッカリー/ローラ・カーマイケル/アレン・リーチ/ブレンダン・コイル/ジョアン・フロガット/ロブ・ジェームス=コリアー/レスリー・ニコル/ソフィー・マックシェラ/マシュー・グード/ジム・カーター/イメルダ・スタウントン
  5. 映画『おいしい家族』完成披露試写会(第105回部活)松本穂香、ふくだももこ監督
PAGE TOP