特集

素敵な映画との出会い方研究会:“バーフバリ”シリーズ編

  • follow us in feedly
  • RSS
映画『バーフバリ2 王の凱旋』プラバース

「素敵な映画との出会い方研究会」は、過去のヒット作を題材にヒットの要因を探り、新たな映画と出会うヒントを得ようという企画です。今回は、現在好評公開中の映画『RRR』のS.S.ラージャマウリ監督の旧作“バーフバリ”シリーズを題材とし、人気の秘密を探りました。

『バーフバリ 伝説誕生』
DVD好評レンタル、発売中/デジタル配信中

Amazonプライムビデオで観る
REVIEW/デート向き映画判定/キッズ&ティーン向き映画判定

『バーフバリ2 王の凱旋』
DVD好評レンタル、発売中/デジタル配信中

Amazonプライムビデオで観る
REVIEW/デート向き映画判定/キッズ&ティーン向き映画判定

①“バーフバリ”について観る前と観た後の印象トーク

映画『バーフバリ 伝説誕生』プラバース
『バーフバリ 伝説誕生』

マイソン:
正直なところ最初は興味がなかったのですが、あまりに話題になっていたので気になって観ました。

クリスさん:
私も同じ!SNSで盛り上がっていてそんなにおもしろいの?と思いました。

マイソン:
実際に観たら話題になる理由がわかりました。いろいろ斬新ですよね(笑)。

クリスさん:
漫画的な表現を実写でドンと見せていて、あの力強さが良かったんだと思います。服に火を付けたら鎧がバンと出てきたり(笑)。嘘だとわかっていてもカッコ良いから許したくなっちゃう。

一同:
ハハハハハ!

シャミ:
最初はコントのように見えるけど、慣れてくると作品の世界観にどっぷり浸って観られますよね。

マイソン:
個人的にお気に入りなのは、あるラブシーンで帯をほどいていく日本の古典芸のような表現があって爆笑しました。

一同:
わかる~(笑)!!

映画『バーフバリ2 王の凱旋』プラバース/アヌシュカ・シェッティ
『バーフバリ2 王の凱旋』

マイソン:
あとは、“バーフバリ”シリーズに限らずインド映画は、踊っている時の笑顔やキメ顔も素敵ですよね!あれは他にはないインド独特の場面だなと思います。

シャミ:
男女共にキメ顔のシーンが必ず差し込まれますよね(笑)。

マイソン:
慣れてくるとそのシーンを待っちゃうんですよね。

クリスさん:
そうやってハマっていくんですよね。

一同:
うんうん!

クリスさん:
あとは、美男美女揃いで目の保養になりますよね。音楽も良かったと思います。歌詞がわからなくても耳に残る音楽でした。

シャミ:
わかりやすいストーリーだけど、ちゃんと伏線があるのも良いですよね。

マイソン:
監督の熱量をすごく感じますよね。インドならではなのかわかりませんが、何かものすごい勢いを感じました。

一同:
うんうん!

映画『バーフバリ 伝説誕生』ラーナー・ダッグバーティ
『バーフバリ 伝説誕生』

マイソン:
インド映画には「そのアイデアはなかった!」と思う部分が多いですよね。

クリスさん:
映画のおもしろさの秘訣は、やっぱりアイデアの豊富さですよね。

シャミ:
“バーフバリ”の場合、エンタメへの振り切り具合が潔いですよね!

クリスさん:
できるできないではなく、監督の「これを見せたいんだ!」という想いの強さを感じます。“アベンジャーズ”などもそうですが、新しいものを見せたいという欲があって、それが映画に対する熱量なんだと思います。

一同:
そうそう!

その後もトークは白熱!議論の結果、次に「新しいものを作りたいという熱量や欲を感じる」他の監督や作品を挙げてみようとなりました。

②新しいものを作りたいという熱量や欲を感じる他の監督や作品は?

M・ナイト・シャマラン

『シックス・センス』

Amazonプライムビデオで観る

<編集部コメント>
■ヒットしてもしなくても、いつも何かやってくれるんじゃないかと常に期待してしまう。

ガス・ヴァン・サント

『グッド・ウィル・ハンティング/旅立ち』

Amazonプライムビデオで観る

ギャスパー・ノエ

『アレックス』

映画『アレックス STRAIGHT CUT』モニカ・ベルッチ
『アレックス STRAIGHT CUT』

Amazonプライムビデオで観る
『アレックス STRAIGHT CUT』REVIEW/デート向き映画判定/キッズ&ティーン向き映画判定

ギレルモ・デル・トロ

『パシフィック・リム』

映画『パシフィック・リム』チャーリー・ハナム/菊地凛子

Amazonプライムビデオで観る
REVIEW/デート向き映画判定/キッズ&ティーン向き映画判定

『ヘルボーイ』

クリストファー・ノーラン

『インセプション』

映画『インセプション』レオナルド・ディカプリオ/ジョセフ・ゴードン=レヴィット

Amazonプライムビデオで観る
REVIEW/デート向き映画判定/キッズ&ティーン向き映画判定

『インソムニア』

『ダークナイト』

Amazonプライムビデオで観る

『ダンケルク』

映画『ダンケルク』ハリー・スタイルズ/フィオン・ホワイトヘッド

Amazonプライムビデオで観る
REVIEW/デート向き映画判定/キッズ&ティーン向き映画判定

『メメント』

Amazonプライムビデオで観る

<編集部コメント>
■『メメント』は何回も観返したくなる構成で、その術中にハマった!
■『インソムニア』を観てこの監督はすごいと思った。
■『ダークナイト』はヒース・レジャーらキャストも良かったし、アクションも素晴らしかった。

ジョージ・ミラー

『マッドマックス 怒りのデス・ロード』

映画『マッドマックス 怒りのデス・ロード』トム・ハーディ

Amazonプライムビデオで観る
REVIEW/デート向き映画判定/キッズ&ティーン向き映画判定

<編集部コメント>
■話としては単純なのに、目に焼き付く演出で、笑っちゃうくらいスゴい!漫画でやりそうなことを実写でやっているのがスゴい!

ジョン・カーペンター

『遊星からの物体X』

Amazonプライムビデオで観る

<編集部コメント>
■映像を見せる時の独特のリズムがすごく上手い!

スティーヴン・スピルバーグ

『激突!』

Amazonプライムビデオで観る

『ジュラシック・パーク』

Amazonプライムビデオで観る

『ジョーズ』

Amazonプライムビデオで観る

<編集部コメント>
■『激突!』はシンプルな演出ながらすごく怖かった。
■本当に怖いものを撮らせたらすごく怖く作れるんだろうけど、エンタメ要素を上手くミックスしている。

スティーヴン・スピルバーグ特集:人気作品ランキング

デイヴィッド・クローネンバーグ

『ヴィデオドローム』

『ザ・フライ』

Amazonプライムビデオで観る

『シーバース/人喰い生物の島』

ピーター・ジャクソン

『ロード・オブ・ザ・リング』

Amazonプライムビデオで観る

<編集部コメント>
■『ロード・オブ・ザ・リング』は、今まで誰も観たことがないものを見せてくれた!

ラース・フォン・トリアー

『ダンサー・イン・ザ・ダーク』

Amazonプライムビデオで観る

『ドッグヴィル』

<編集部コメント>
■後味の悪さが最高!監督の頭の中がどうなっているんだろうと気になる。

リュック・ベッソン

『グラン・ブルー』

Amazonプライムビデオで観る

『ジャンヌ・ダルク』

Amazonプライムビデオで観る

『LEON』

Amazonプライムビデオで観る

<編集部コメント>
■不作といわれるものもあるけれど、特に昔の作品で作りたい気持ち全開で作ったのが伝わってきた作品は素晴らしい。

上田慎一郎

『カメラを止めるな!』

映画『カメラを止めるな!』濱津隆之

Amazonプライムビデオで観る
REVIEW/デート向き映画判定/キッズ&ティーン向き映画判定

<編集部コメント>
■低予算でもアイデアで勝負した代表格!公開時のSNSでの盛り上がりがすごかった。

是枝裕和

『万引き家族』

映画『万引き家族』リリー・フランキー/安藤サクラ/松岡茉優/城桧吏/佐々木みゆ/樹木希林

Amazonプライムビデオで観る
REVIEW/デート向き映画判定/キッズ&ティーン向き映画判定

『ベイビー・ブローカー』

映画『ベイビー・ブローカー』ソン・ガンホ/カン・ドンウォン/イ・ジウン

REVIEW/デート向き映画判定/キッズ&ティーン向き映画判定
来日記念舞台挨拶:ソン・ガンホ、カン・ドンウォン、イ・ジウン(IU)、イ・ジュヨン、是枝裕和監督

<編集部コメント>
■いつも自分のやりたいテーマの作品を一貫して作っている。

城定秀夫

『アルプススタンドのはしの方』

Amazonプライムビデオで観る

<編集部コメント>
■『アルプススタンドのはしの方』がすごく良かった。高校の舞台をもとにしていて、あんなにおもしろくできるのかと思った。

ナ・ホンジン

『チェイサー』

Amazonプライムビデオで観る

<編集部コメント>
■そこまでやるのかと思う描写があり、お国柄の違いも感じつつ、おもしろさを感じた。

パク・チャヌク

『オールド・ボーイ』

Amazonプライムビデオで観る

『お嬢さん』

映画『お嬢さん』キム・テリ/キム・ミニ/ハ・ジョンウ/チョ・ジヌン

Amazonプライムビデオで観る
REVIEW/デート向き映画判定/キッズ&ティーン向き映画判定

ポン・ジュノ

『パラサイト 半地下の家族』

映画『パラサイト 半地下の家族』ソン・ガンホ/チェ・ウシク/パク・ソダム/イ・ジョンウン/チャン・ヘジン

Amazonプライムビデオで観る
REVIEW/デート向き映画判定/キッズ&ティーン向き映画判定

編集部で話し合った結果、今回挙がった監督の作品は「今まで誰もやったことがないものを作りたいという監督の意志を感じる」「作り手の伝えたい想いの熱量が観客にも伝わってくる」という結論に至りました。今回挙げた作品はどれも名作揃いで、映画にハマり始めたけど、何から観たら良いのかわからないという方には特にオススメです。今回題材となった“バーフバリ”シリーズや、新作『RRR』もお見逃しなく!

“バーフバリ”シリーズ、S.S.ラージャマウリ監督の新作をチェック

映画『RRR』N・T・ラーマ・ラオ・Jr./ラーム・チャラン

『RRR』
2022年10月21日より全国公開
ツイン
公式サイト REVIEW/デート向き映画判定キッズ&ティーン向き映画判定

今回の編集メンバーPROFILE

クリス from トーキョー女子映画部正式部員
ブロガー(アメブロ)
インスタ隆盛前はモニターでいろんなものを試しまくって記事にしていた。今は映画と本の感想メイン。元々は洋画ファンだったが近頃は韓国ドラマの方がおもしろく思える。ブルース・リーとオーランド・ブルームに永遠の愛を捧げている。

シャミ from 編集部
映画好きの両親の影響で、子どもの頃から映画に興味を持つ。ジャンルは、人間ドラマやラブコメが特に好き。他ジャンルも幅広く鑑賞し、奥深い映画の世界に魅了されている。

マイソン from 編集部
父の影響で幼少の頃から映画を観て育つ。観る映画はジャンルも製作国も規模も問わない。ハッピーエンドも好きだし、バッドエンドも大歓迎。トラウマ映画も好き。監督や俳優の過去作を辿って観るのも好き。

『バーフバリ 伝説誕生』『バーフバリ2 王の凱旋』© ARKA MEDIAWORKS PROPERTY, ALL RIGHTS RESERVED.
『RRR』©2021 DVV ENTERTAINMENTS LLP.ALL RIGHTS RESERVED.
『アレックス STRAIGHT CUT』© 2020 / STUDIOCANAL – Les Cinémas de la Zone – 120 Films. All rights reserved.
Photographer : EMILY DE LA HOSSERAY
『お嬢さん』© 2016 CJ E&M CORPORATION, MOHO FILM, YONG FILM ALL RIGHTS RESERVED
『カメラを止めるな!』©ENBUゼミナール
『ダンケルク』© 2017 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC. ALL RIGHTS RESERVED.
『パシフィック・リム』©2013 WARNER BROS.ENTERTAINMENT INC.AND LEGENDARY PICTURES FUNDING,LCC
『パラサイト 半地下の家族』© 2019 CJ ENM CORPORATION, BARUNSON E&A ALL RIGHTS RESERVED
『ビリーバーズ』© 山本直樹・小学館/「ビリーバーズ」製作委員会
『ベイビー・ブローカー』©2022 ZIP CINEMA & CJ ENM Co., Ltd., ALL RIGHTS RESERVED
『マッドマックス 怒りのデス・ロード』© 2015 VILLAGE ROADSHOW FILMS (BVI) LIMITED
『万引き家族』©2018フジテレビジョン ギャガ AOI Pro.

  • follow us in feedly
  • RSS

新着記事

海外ドラマ『シー・ハルク:ザ・アトーニー』タチアナ・マスラニー 楽しい妄想シリーズ:1日あの人になってみたい!〜海外ドラマのキャラクター アクション編〜

もし1日だけ海外ドラマに登場するアクションが得意なキャラクターになれるとしたら、誰になってみたいか正式部員の皆さんに妄想していただきました。今回も楽しい妄想コメントが集まりました。

海外ドラマ『ウィロー』ワールドプレミア、ワーウィック・デイヴィス、エリー・バンバー、ルビー・クルス、エリン・ケリーマン、トニー・レヴォロリ、アマール・チャーダ・パテル、デンプシー・ブリク、ジョアンヌ・ウォーリー他 グリーンカーペットにワーウィック・デイヴィスら豪華キャスト&スタッフが集結!『ウィロー』ワールドプレミア

ジョージ・ルーカスが原案と製作総指揮を務め、アロン・ハワードが監督を務めた映画『ウィロー』(1988)が、34年の時を経て蘇り、新作オリジナルシリーズ『ウィロー』として、現在ディズニープラス「スター」にて好評配信中です。先日、本作のワールドプレミアが開催され、主演のワーウィック・デイヴィスをはじめ豪華キャスト&スタッフが登場しました。

30周年を迎えたフランス映画祭にロマン・デュリス、バンジャマン・ヴォワザンなどフランス映画界の実力派が揃って来日

今回で30周年を迎える【フランス映画祭2022横浜】には3年ぶりに来日ゲストが大勢詰めかけました。

映画『あのこと』アナマリア・ヴァルトロメイ あのこと

中絶が違法だった1960年代のフランスが舞台の本作では、予期せず妊娠した大学生のアンヌの…

映画『アバター:ウェイ・オブ・ウォーター』オリジナルノートブック 『アバター:ウェイ・オブ・ウォーター』オリジナルノートブック&ステッカーセット 3名様プレゼント

映画『アバター:ウェイ・オブ・ウォーター』オリジナルノートブック&ステッカーセット 3名様プレゼント

映画『夜明けの詩』キム・サンホ キム・サンホ

1970年7月24日生まれ。1994年、舞台“鍾路の猫”で俳優デビュー。2007年…

映画『ブラックアダム』ドウェイン・ジョンソン 心理学から観る映画40:『ブラックパンサー/ワカンダ・フォーエバー』と『ブラックアダム』で求められるリーダーシップの違い

2022年冬の超大作として注目される『ブラックパンサー/ワカンダ・フォーエバー』と『ブラックアダム』。両作には共通点があります。それは、リーダー不在の状況が物語の鍵となっている点です…

映画『MEN 同じ顔の男たち』ジェシー・バックリー 『MEN 同じ顔の男たち』鑑賞券(ムビチケカード) 3組6名様プレゼント

映画『MEN 同じ顔の男たち』鑑賞券(ムビチケカード) 3組6名様プレゼント

映画『泣いたり笑ったり』アレッサンドロ・ガスマン/ファブリツィオ・ベンティヴォッリオ 泣いたり笑ったり

監督及び共同原案を手掛けたのは、注目の気鋭シモーネ・ゴーダノで…

映画『ブラックアダム』ドウェイン・ジョンソン ブラックアダム

圧倒的な強さを誇るキャラクターなので、これはロック様…

部活・イベント

  1. 映画『バーフバリ2 王の凱旋』プラバース
  2. 韓国ドラマ『赤い袖先』ジュノ(2PM)/イ・セヨン
  3. 海外ドラマ『Why Women Kill 〜ファビュラスな⼥たち〜』ルーシー・リュー
  4. 映画『ミーティング・ザ・ビートルズ・イン・インド』ザ・ビートルズ
  5. 海外ドラマ『超サイテーなスージーの日常』ビリー・パイパー

おすすめ記事

海外ドラマ『シー・ハルク:ザ・アトーニー』タチアナ・マスラニー 楽しい妄想シリーズ:1日あの人になってみたい!〜海外ドラマのキャラクター アクション編〜

もし1日だけ海外ドラマに登場するアクションが得意なキャラクターになれるとしたら、誰になってみたいか正式部員の皆さんに妄想していただきました。今回も楽しい妄想コメントが集まりました。

映画『ミッドサマー』フローレンス・ピュー なんでこんな映画作ったの?トラウマ映画特集2

「なんでこんな映画作ったの?トラウマ映画特集1」はマイソンが独自に選んだ作品をご紹介しました。今回はその第2弾として、正式部員の皆さんから寄せられた投稿コメントをもとに特集を組みました。

映画『バーフバリ2 王の凱旋』プラバース 素敵な映画との出会い方研究会:“バーフバリ”シリーズ編

「素敵な映画との出会い方研究会」は、過去のヒット作を題材にヒットの要因を探り、新たな映画と出会うヒントを得ようという企画です。今回は、現在好評公開中の映画『RRR』のS.S.ラージャマウリ監督の旧作“バーフバリ”シリーズを題材とし、人気の秘密を探りました。

映画『キュリー夫人 天才科学者の愛と情熱』ロザムンド・パイク/サム・ライリー 映画好きが選んだ偉人にまつわる映画<海外編>ランキング

今年の秋は、『キュリー夫人 天才科学者の愛と情熱』(10月14日公開)、『スペンサー ダイアナの決意』(10月14日公開)と、実在の偉人にまつわる映画が公開となります。そこで今回は偉人の人生や偉業を描いた映画<海外編>について正式部員の皆さんに投票していただいたランキングを発表します。

韓国ドラマ『赤い袖先』ジュノ(2PM)/イ・セヨン タイトルと予告編で観たくなる韓国ドラマランキング2022年秋号

韓国ドラマは、ユニークなタイトルが多いということで、今回はタイトルと予告編に着目して観たいドラマを選び、ランキングにしました。

海外ドラマ『Why Women Kill 〜ファビュラスな⼥たち〜』ルーシー・リュー 海外ドラマ最新作バトル2022年9月号Part2

「海外ドラマがたくさんあって、どれを選べば良いかわからない」という方に向けた本企画。今回も、新作海外ドラマをピックアップし、ジャンルや内容が近い組み合わせで、作品情報と予告編を観て、それぞれの魅力を比較してみました。今回はどんな作品が挙がったのでしょうか?ぜひ作品選びの参考にしてください。

映画『ミーティング・ザ・ビートルズ・イン・インド』ザ・ビートルズ 映画好き目線でそそる2022年9月公開の映画を紹介

2022年9月も気になる作品が目白押し!今回は、ポスター部門、予告編部門、大穴部門と分け、それぞれ映画好き目線でジャッジしました。

海外ドラマ『超サイテーなスージーの日常』ビリー・パイパー 海外ドラマ最新作バトル2022年9月号

「海外ドラマがたくさんあって、どれを選べば良いかわからない」という方に向けた本企画。第2回目の今回も、新作海外ドラマをピックアップし、ジャンルや内容が近い組み合わせで、作品情報と予告編を観て、それぞれの魅力を比較してみました。さらに今回は特別枠まで登場しますよ。ぜひ作品選びの参考にしてください。

映画『地下室のヘンな穴』アラン・シャバ/レア・ドリュッケール キャッチコピーと予告編で観たくなる最新映画ランキング2022年8月号

キャッチコピーと予告編は、映画の宣伝で重要な役割を果たしています。ということで、この企画ではキャッチコピーと予告編に着目して観たい映画を選ぶとどうなるのかランキングにしています。今回はどんな作品が挙がったのでしょうか?

海外ドラマ『キャシアン・アンドー』ディエゴ・ルナ 海外ドラマ最新作バトル2022年8月号

本企画では、新作海外ドラマをピックアップして、ジャンルや内容が近い組合せで、それぞれの魅力を比較してみました。ぜひ作品選びの参考にしてください。

REVIEW

  1. 映画『あのこと』アナマリア・ヴァルトロメイ
    あのこと

  2. 映画『泣いたり笑ったり』アレッサンドロ・ガスマン/ファブリツィオ・ベンティヴォッリオ
  3. 映画『ブラックアダム』ドウェイン・ジョンソン
  4. 映画『ルイス・ウェイン 生涯愛した妻とネコ』ベネディクト・カンバーバッチ/クレア・フォイ
  5. 映画『シスター 夏のわかれ道』チャン・ツィフォン/シャオ・ヤン
  6. 映画『ストレンジ・ワールド/もうひとつの世界』
  7. 海外ドラマ『ロード・オブ・ザ・リング:力の指輪』モーフィッド・クラーク
  8. 映画『グリーン・ナイト』デヴ・パテル
  9. 映画『マリー・クワント スウィンギング・ロンドンの伝説』マリー・クワント
  10. 映画『魔法にかけられて2』エイミー・アダムス/マヤ・ルドルフ

PRESENT

  1. 映画『アバター:ウェイ・オブ・ウォーター』オリジナルノートブック
  2. 映画『MEN 同じ顔の男たち』ジェシー・バックリー
  3. 映画『ブレット・トレイン』オリジナルノートPCケース
PAGE TOP