REVIEW

ビーチ・バム まじめに不真面目

  • follow us in feedly
  • RSS
映画『ビーチ・バム まじめに不真面目』マシュー・マコノヒー

10代で『KIDS/キッズ』の脚本を手掛け、2012年には監督作『スプリング・ブレイカーズ』でも話題を呼んだハーモニー・コリンが、今回マシュー・マコノヒーとタッグを組んだということで、これは見逃すわけにはいきません。『スプリング・ブレイカーズ』と同様、今作もポップでカラフルな世界観が魅力となっていますが、ぶっ飛び方が陽気です。マシュー・マコノヒーが演じる主人公ムーンドッグは、名作を生み出してきた詩人。でも彼は酒と女性なしには生きられず、妻と娘がいながら、放浪先で豪遊しています。でも、そんなある日、彼に大きな転機が訪れ、これまでのようにはいかなくなります。ここから先は本編でご覧いただくとして、主人公がただ逆境を乗り越える綺麗なお話になっていないところに、ハーモニー・コリンらしさを感じます。まさに我が道をゆくムーンドッグの破天荒さが常識の枠を越えていて新鮮。ラストは、社会に縛られないムーンドッグの驚くべきユーモアが、社会のステレオタイプの価値観にもの申す破壊力にも見えて、その表現の巧みさに驚かされます。
そしてムーンドッグを始め、彼の妻ミニー、悪友ランジェリー、旅仲間のフリッカーといったキャラクターは強烈な個性を持っていて、マシュー・マコノヒー、アイラ・フィッシャー、スヌープ・ドッグ、ザック・エフロンがこの灰汁の強いキャラクターを見事に演じています。日本人からすると特に、主人公達は別次元にイッちゃってるので、わかりやすく笑えるコメディという感じではないかもしれませんが、「ま、いっか〜!」と陽気なムードに浸れるので、むしゃくしゃしている時に観てみると良さそうです。

デート向き映画判定
映画『ビーチ・バム まじめに不真面目』マシュー・マコノヒー/アイラ・フィッシャー

あからさま過ぎて逆にエロさはありませんが、セクシャルなシーンがちょいちょい出てくるので、初デートや付き合いが浅いカップルはちょっと気まずいでしょう。逆にベテランカップルは、ムーンドッグとミニーの関係にある意味共感できるところもありそうです。あと、周囲から自分達が浮いてしまっているように感じているカップルも、「自分達はこれでイイじゃん」と思えて、結束が深まるかもしれません(笑)。

キッズ&ティーン向き映画判定
映画『ビーチ・バム まじめに不真面目』マシュー・マコノヒー/ザック・エフロン

R15なので15歳未満の人は観られません。というか、年齢的にOKでも、ティーンが本作を観てどんな反応をするかが読めません(笑)。カラッと明るく能天気な要素が魅力的な作品なので、若さと勢いという部分では共感できるかもしれませんが、もしかしたら酸いも甘いも経験してから観たほうがより味わい深く感じるようにも思います。

映画『ビーチ・バム まじめに不真面目』マシュー・マコノヒー

『ビーチ・バム まじめに不真面目』
2021年4月30日より全国順次公開
キノシネマ
公式サイト

© 2019 BEACH BUM FILM HOLDINGS LLC. ALL RIGHTS RESERVED.

TEXT by Myson

関連記事
  • follow us in feedly
  • RSS

新着記事

映画『窓ぎわのトットちゃん』 窓ぎわのトットちゃん

原作者である黒柳徹子自身の幼少期を綴った自伝的小説…

映画『イコライザー THE FINAL』ダコタ・ファニング ダコタ・ファニング

1994年2月23日生まれ。アメリカ、ジョージア州コンヤーズ出身。幼少期からテレビドラマやCMに出演。2001年、映画『I am Sam アイ・アム・サム』に出演し…

映画『ウィッシュ』 ウィッシュ

ディズニー100周年を飾る本作には、まさにディズニーが100年間掲げてきた…

映画『ポッド・ジェネレーション』エミリア・クラーク エミリア・クラーク

1986年10月23日生まれ。イギリス、ロンドン出身。HBOのドラマシリーズ『ゲーム・オブ・スローンズ』のデナーリス・ターガリエン役で…

映画『隣人X -疑惑の彼女-』熊澤尚人監督インタビュー 『隣人X -疑惑の彼女-』熊澤尚人監督インタビュー

今回は『隣人X -疑惑の彼女-』でメガホンをとった熊澤尚人監督にお話を伺いました。群像劇だった小説を映画化する上で工夫された点や、上野樹里さん&林遣都さんと久しぶりにお仕事をされた感想を聞いてみました。

映画『ショータイム!』サブリナ・ウアザニ ショータイム!

観ればきっと行ってみたくなるユニークでアットホームな“農場キャバレー”にまつわる実話…

映画『極限境界線 救出までの18日間』ヒョンビン ヒョンビン

1982年9月25日生まれ。韓国出身。ドラマ『私の名前はキム・サムスン』『雪の女王』など…

映画『エクソシスト 信じる者』オリヴィア・オニール エクソシスト 信じる者

故ウィリアム・フリードキン監督による1973年製作『エクソシスト』から50年の時を経て作られた本作は…

映画『ファースト・カウ』ジョン・マガロ 『ファースト・カウ』一般試写会 15組30名様ご招待

映画『ファースト・カウ』一般試写会 15組30名様ご招待

映画『ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー』来日記者会見、オールデン・エアエンライク オールデン・エアエンライク

1989年11月22日アメリカ、ロサンゼルス生まれ。4才の頃から学校やサマーキャンプで劇をし…

部活・イベント

  1. 【ARUARU海ドラDiner】サムライデザート(カップデザート)
  2. 【ARUARU海ドラDiner】トーキョー女子映画部 × Mixalive TOKYO × SHIDAX
  3. 【ARUARU海ドラDiner】サポーター集会:パンチボール(パーティサイズ)
  4. 【ARUARU海ドラDiner】プレオープン
  5. 「ARUARU海ドラDiner」202303トークゲスト集合

本サイト内の広告について

本サイトにはアフィリエイト広告バナーやリンクが含まれます。

おすすめ記事

映画『劇場版 SPY×FAMILY CODE: White』 トーキョー女子映画部正式部員が推す!今観ているアニメシリーズ特集

今回はトーキョー女子映画部正式部員の方々に、「今観ているオススメのアニメシリーズ」について、聞いてみました。

映画『インファナル・アフェア 4K』アンディ・ラウ/トニー・レオン あの名作をリメイクするとしたら、誰をキャスティングする?『インファナル・アフェア』

今回は『インファナル・アフェア』のラウ役のアンディ・ラウとヤン役のトニー・レオンをそれぞれ誰が演じるのが良いか、正式部員の皆さんに考えていただきました。今回はどんなキャスティング案が挙がったのでしょうか?

映画『ヒッチコックの映画術』アルフレッド・ヒッチコック 映画好きが選んだアルフレッド・ヒッチコック監督人気作品ランキング

アルフレッド・ヒッチコックが監督をした作品(1950年以降に制作された作品)について正式部員の皆さんに投票いただきランキングを作成しました。名作揃いのなか、どの作品が1位となったのでしょうか?

TSUTAYA TV

REVIEW

  1. 映画『窓ぎわのトットちゃん』
  2. 映画『ウィッシュ』
    ウィッシュ

  3. 映画『ショータイム!』サブリナ・ウアザニ
  4. 映画『エクソシスト 信じる者』オリヴィア・オニール
  5. 映画『VORTEX ヴォルテックス』ダリオ・アルジェント/フランソワーズ・ルブラン

PRESENT

  1. 映画『ファースト・カウ』ジョン・マガロ
  2. 映画『バービー』マーゴット・ロビー/ライアン・ゴズリング
  3. 映画『アクアマン/失われた王国』ジェイソン・モモア
PAGE TOP