REVIEW

ベン・イズ・バック

  • follow us in feedly
  • RSS
映画『ベン・イズ・バック』ジュリア・ロバーツ/ルーカス・ヘッジズ

リハビリ施設を抜けだし実家に帰ってきた薬物依存症の息子と母親を中心とした物語で、母の愛は偉大で美しいというような美談ではなく、どんなに子どもを愛している母親でも、子どもに対してどうして良いかわからないこともあるし、正しいかどうか最後まで答えがわからない場合もあるという現実を突きつけられる内容です。「子どもを信じてあげられるのは自分だけ」という思いと、「守りたいからこそ子どもの嘘を見抜かなければ」という思いで葛藤を抱えながら息子と向き合う母親をジュリア・ロバーツが好演しており、こういう極端な状況でなくても、親はいつもこういう気持ちなんだなとリアルに体感させられます。
この作品に限らず語られていることですが、薬物依存症の原因として、非行から薬に手を出すだけではなく、怪我や病気の治療の一環として処方された薬がきっかけとなるケースがあります。だからこそ誰にでも起こりえることで、依存症になった人の人格や意志の弱さの問題だけではないことがわかって、身近な問題に思えるはずです。本作のベンも家族思いの優しい青年で、家族に心配、迷惑をかけまいと必死ですが、彼のように“まさか”という人物でもこういう問題に陥るという点で、他人事として観られません。そして、家族が大きな問題を抱えた時、やはり助けられるのは家族だけであり、お互いに失敗しても、答えが見つからなくても、向き合うことをやめてはいけないのだなと感じました。
本作の監督ピーター・ヘッジズと、ベンを演じたルーカス・ヘッジズは実際の親子で、ルーカスは父親の作品には絶対に出ないと言っていたのを、ジュリア・ロバーツが覆して出演を説得したそうですが、この深い家族の物語を才能ある本物の親子が携わって作ったと思うと、余計に感慨深いです。

デート向き映画判定
映画『ベン・イズ・バック』ルーカス・ヘッジズ/キャスリン・ニュートン

ロマンチックなムードになるストーリーではなく、重いテーマですが、大切な人を守るとはどういうことかを考えさせられる内容なので、鑑賞後に感想などを語り合うと、お互いの家族観を知ることができそうです。大切だからこそ心配をかけまいと本当のことを言わない時もありますが、そういう時こそお互いにどうするか決め事をするきっかけにするのも良いかも知れません。

キッズ&ティーン向き映画判定
映画『ベン・イズ・バック』ジュリア・ロバーツ/ルーカス・ヘッジズ

大きくなってくると、自分だけで責任を取らなければいけないと抱えこんだり、家族に心配をかけまいとして余計に泥沼に陥ったりする人もいるでしょう。家族がしつこく詮索してきたり、干渉してくるのがうっとうしいと感じることもあると思いますが、自分のことのように心配してくれるのは家族だからです。本作を観ると、どんなことがあっても簡単には切れない家族の絆を信じられるはずです。

映画『ベン・イズ・バック』ジュリア・ロバーツ/ルーカス・ヘッジズ

『ベン・イズ・バック』
2019年5月24日より全国公開
東和ピクチャーズ
公式サイト

©2018- BBP WEST BIB, LLC

TEXT by Myson

関連記事
  • follow us in feedly
  • RSS

新着記事

映画『チャイルド・プレイ』 チャイルド・プレイ

“チャイルド・プレイ”シリーズ第1作目は1988年に公開されたとのことで、始まってからもう30年も経ったんですね。本作は大ヒットホラー『IT/イット “それ”が見えたら、終わり。』の製作陣を迎え、新しい設定で…

映画『エクソシスト』 ワーナー・ブラザースが贈る新しいホラー体験【ワーナー ホラーエンターテイメント】が発足!

ワーナー・ブラザース映画が、ホラー作品をより多くの方に楽しんでもらいたいという思いから、このたび【ワーナー ホラーエンターテイメント】を立ち上げました! さらに公式Twitterアカウント<ワーナーホラー部>も始動。

映画『ニューヨーク 最高の訳あり物件』ハルク・ビルギナー ハルク・ビルギナー

1954年トルコ、イズミル生まれ。アンカラで自らの劇場を設立し、後にイスタンブールにも劇場を開く。トルコの国民的俳優で、カンヌ国際映画祭でパルム・ドールを受賞した…

映画『シンク・オア・スイム イチかバチか俺たちの夢』マチュー・アマルリック/ギョーム・カネ/ブノワ・ポールヴールド/ジャン=ユーグ・アングラード シンク・オア・スイム イチかバチか俺たちの夢

本作は、俳優としても活躍するジル・ルルーシュが監督と脚本(共同脚本:アメッド・アミディ、ジュリアン・ランブロスキーニ)を務め、マチュー・アマルリック、ギョーム・カネといった、フランスの人気実力派俳優が出演しています。個人的に…

映画『今日も嫌がらせ弁当』佐藤寛太 佐藤寛太(さとう かんた)

1996年6月16日生まれ、福岡県出身。2015年に「劇団EXILE」に加入し、俳優活動を開始。大ヒット映画“HiGH&LOW”シリーズ(2016~17年)のテッツ役で人気を博す。その後…

映画『Diner ダイナー』藤原竜也 藤原竜也(ふじわら たつや)

1982年5月15日、埼玉県生まれ。1997年、15歳のときに蜷川幸雄演出の舞台「身毒丸」のオーディションでグランプリを獲得し…

映画『五億円のじんせい』望月歩 五億円のじんせい

親の願う人生を子どもが背負うとはどういうことかというテーマを、すごくわかりやすい喩えで描いています。親が子に何かを願うのは…

おすすめ記事

イメージ写真:映画館 映画館で映画を観る最大の理由とは?&映画好き女子が伝えたい映画館への要望!

映画館についてのアンケート特集最終回!今回は、劇場公開してどのタイミングで観るのが好きか、映画館で映画を観たいと思う時、1番きっかけになることについて結果を発表。最後に、映画ファンの皆さんから映画館へ、熱いメッセージをたくさん載せています。

映画館【kino cinéma立川髙島屋S.C.館】 座席は毎回予約する?映画好き女子行きつけの映画館とは?

映画館についてのアンケート第3弾!今回は、劇場で映画鑑賞をする際に事前に座席予約をするのか、行きつけの映画館はあるのかについて結果発表。さらに、6月28日にオープンの【kino cinéma立川髙島屋S.C.館】についての情報も掲載!

【劇場で映画観賞をする一番の価値は?映画好き女子が一番重要視するポイント】 劇場で映画観賞をする一番の価値は?映画好き女子が一番重要視するポイント

映画館アンケート特集第2弾!今回は劇場で映画鑑賞をする際に、満足度に影響する要素&映画館のサービスで力を入れて欲しいことについての結果を発表。

【グランドシネマサンシャイン】外観 現在の劇場鑑賞料金、映画好き女子はどう感じている?

6月に一部の劇場で料金の値上げが行われたことにちなんで、今回は映画館についてのアンケートを実施!その第1弾として劇場鑑賞料金についての結果を発表します。また、7月に池袋にオープンする【グランドシネマサンシャイン】の情報も掲載!

映画”PARASITE(英題)”カンヌ国際映画祭 映画好き女子が映画賞・映画祭で気にするポイント!

カンヌ国際映画祭の時期にちなんだアンケート特集第3弾!今回は、映画好き女子が作品選びをする際にどの賞に影響を受けるのかについての結果を発表します。今年のパルムドール受賞作品のニュースも!

REVIEW

  1. 映画『チャイルド・プレイ』
  2. 映画『シンク・オア・スイム イチかバチか俺たちの夢』マチュー・アマルリック/ギョーム・カネ/ブノワ・ポールヴールド/ジャン=ユーグ・アングラード
  3. 映画『五億円のじんせい』望月歩
  4. 映画『マーウェン』スティーヴ・カレル
    マーウェン

  5. 海外ドラマ『ギフテッド 新世代X-MEN誕生 シーズン2』ジェイミー・チャン/ナタリー・アリン・リンド
  6. 映画『ハッピー・デス・デイ 2U』ジェシカ・ロース
  7. 映画『東京喰種 トーキョーグール【S】』窪田正孝
  8. 映画『トイ・ストーリー4』
  9. 映画『ワイルドライフ』ジェイク・ギレンホール/キャリー・マリガン
  10. 映画『ゴールデン・リバー』ジョン・C・ライリー/ホアキン・フェニックス

部活・イベント

  1. 映画『マローボーン家の掟』ジョージ・マッケイ/ミア・ゴス/チャーリー・ヒートン/マシュー・スタッグ
  2. トーキョー女子映画部ロゴ
PAGE TOP