REVIEW

僕らの世界が交わるまで【レビュー】

  • follow us in feedly
  • RSS
映画『僕らの世界が交わるまで』ジュリアン・ムーア/フィン・ウォルフハード

REVIEW

A24スタジオが手掛ける、ジェシー・アイゼンバーグ初監督作と聞いただけで、映画ファンなら観ずにいられませんよね。さらに本作の製作にはエマ・ストーンが名を連ねており、ジュリアン・ムーア、フィン・ウォルフハードが出演するなど、そそるポイントが満載です。公式資料のプロダクションノートには、ジェシー・アイゼンバーグが脚本、監督を務める初長編作品であることの他に、「エマ・ストーン、デイヴ・マッカリーが創立した製作会社フルート・ツリーの初製作作品」と記されていて、本作はジェシー・アイゼンバーグにとっても、エマとデイヴ夫妻にとっても記念すべき作品といえます。『ゾンビランド』で共演して以来の付き合いとなるエマ・ストーンが、「物語にはジェシー本人があちこちに垣間見える」(公式資料)と語るように、ジェシー・アイゼンバーグらしさが漂う世界観は、観れば納得がいくと思います。
本作に登場するカッツ家の母エヴリン(ジュリアン・ムーア)は、DV被害者を支援するシェルターの運営者で、息子のジギー(フィン・ウォルフハード)はネット上で動画配信をし、自作の歌を披露して投げ銭を稼いでいます。2人は異なる立場で”世界を救っている”と自負しているようでいて、どこか空虚さが漂います。ちなみに原題は「When You Finish Saving The World」で、世界を救おうとしている母と息子が、家庭では思いっきりすれ違っている状況にかなりジレンマを感じるストーリーとなっています。本作を観ていると、目の前に先に救うべき状況があるのに、外に目を逸らしている親子の姿に切なくなります。そして、家族って近いからこそややこしい関係であることを改めて客観視できます。キャラクターの複雑な心境を表現するジュリアン・ムーアとフィン・ウォルフハードの演技も絶妙で、観ている側にも、寂しさ、わびしさ、もどかしさ、やるせなさといった似て非なるさまざまな感情が一気にわきおこってきます。特に、エヴリンの狂気に向かいそうな危なっかしい部分を演じるジュリアン・ムーアのさじ加減には圧巻です。
現代社会のある種の病理を描くと同時に、普遍的な家族の物語を合わせて描いた本作。ジェシー・アイゼンバーグの今後の監督作にも期待が膨らみます。

デート向き映画判定

映画『僕らの世界が交わるまで』フィン・ウォルフハード/アリーシャ・ボー

友達以上恋人未満の方は、何か触発される部分がないともいえません。2人のやり取りでちぐはぐなところに目をつむったままデートをしている2人だとしたら、自分達を客観視しているようでちょっと気まずくなる展開があるかもしれません。こういった点で引っかかる部分がないなら、何も気にせず映画を堪能して、鑑賞後に家族の話もすると、お互いをもっと知る機会にできそうです。

キッズ&ティーン向き映画判定

映画『僕らの世界が交わるまで』ジュリアン・ムーア/フィン・ウォルフハード

気持ちがすれ違ったまま、お互いによそを向いてしまっている母と息子の物語です。そして、息子のジギー目線では、恋愛やアイデンティティの話でもあるので、ティーンの皆さんには、感情移入するポイントが多々あると思います。母エヴリンの姿を通して、普段子どもが目にしない母親の別の顔も観られます。普段何気なくとっている態度が積み重なって、親子関係が変わってしまったことに気づく場面もあるでしょう。家族だからこそ素直になるのが難しいこともありますが、本作を観ると、少し心がほどけるのではないでしょうか。

映画『僕らの世界が交わるまで』ジュリアン・ムーア/フィン・ウォルフハード

『僕らの世界が交わるまで』
2024年1月19日より全国公開
カルチュア・パブリッシャーズ
公式サイト

ムビチケ購入はこちら

© 2022 SAVING THE WORLD LLC. All Rights Reserved.

TEXT by Myson

本ページには一部アフィリエイト広告のリンクが含まれます。
情報は2024年1月時点のものです。最新の販売状況や配信状況は各社サイトにてご確認ください。

関連記事
  • follow us in feedly
  • RSS

新着記事

映画『π〈パイ〉デジタルリマスター』ショーン・ガレット 『π〈パイ〉デジタルリマスター』一般試写会 5組10名様ご招待

映画『π〈パイ〉デジタルリマスター』一般試写会 5組10名様ご招待

映画『52ヘルツのクジラたち』杉咲花/志尊淳/桑名桃李 52ヘルツのクジラたち【レビュー】

2021年に本屋大賞を受賞した町田そのこの同名小説を映画化した本作は、声に出して助けを求められない孤独な人々が出会い…

映画『夜明けのすべて』上白石萌音 上白石萌音【プロフィールと出演作一覧】

1998年1月27日生まれ。鹿児島県出身。2011年、第7回東宝シンデレラオーディションで審査員特別賞を受賞。同年…

映画『ポーカー・フェイス/裏切りのカード』ラッセル・クロウ ポーカー・フェイス/裏切りのカード【レビュー】

本作は、ラッセル・クロウが『ディバイナー 戦禍に光を求めて』(2014)以来、2度目の主演と監督を兼任した作品です。億万長者のジェイク(ラッセル・クロウ)は…

映画『マッチング』土屋太鳳/佐久間大介 映画と人の研究12:洋画選択時・邦画選択時の「人気俳優出演作か」参考度の比較と全体のまとめ

今回は、「人気俳優」が出演しているかを参考にする度合いについて、●比較B:「洋画ファン」「邦画ファ…

映画『漫才協会 THE MOVIE ~舞台の上の懲りない面々~』 漫才協会 THE MOVIE ~舞台の上の懲りない面々~【レビュー】

浅草にある東洋館を拠点とする漫才協会には、2023年12月現在、124組、215名の芸人が所属しています。本作は2023年に協会の会長に就任したナイツの塙宣之が監督を務め…

映画『哀れなるものたち』NYプレミア、ラミー・ユセフ ラミー・ユセフ【プロフィールと出演作一覧】

『哀れなるものたち』NYプレミア1991年3月26日アメリカ生まれ。主な出演作に、テレビシ…

映画『サイレントラブ』山田涼介/浜辺美波 映画レビュー&ドラマレビュー総合アクセスランキング【2024年1月】

映画レビュー&ドラマレビュー【2024年1月】のアクセスランキングを発表!

映画『コットンテール』リリー・フランキー/錦戸亮 コットンテール【レビュー】

日本への留学経験があるイギリス人監督、パトリック・ディキンソンの長編劇映画デビュー作である本作は…

映画『コヴェナント/約束の救出』ジェイク・ギレンホール/ダール・サリム コヴェナント/約束の救出【レビュー】

スタイリッシュな作品が印象的なガイ・リッチー監督としては、今回珍しいジャンルに挑戦しています…

部活・イベント

  1. 【ARUARU海ドラDiner】サムライデザート(カップデザート)
  2. 【ARUARU海ドラDiner】トーキョー女子映画部 × Mixalive TOKYO × SHIDAX
  3. 【ARUARU海ドラDiner】サポーター集会:パンチボール(パーティサイズ)
  4. 【ARUARU海ドラDiner】プレオープン
  5. 「ARUARU海ドラDiner」202303トークゲスト集合

本サイト内の広告について

本サイトにはアフィリエイト広告バナーやリンクが含まれます。

おすすめ記事

映画『テルマ&ルイーズ 4K』スーザン・サランドン/ジーナ・デイヴィス あの名作をリメイクするとしたら、誰をキャスティングする?『テルマ&ルイーズ』

今回は『テルマ&ルイーズ』のリメイクを作るとしたら…ということで、テルマ役のジーナ・デイヴィスとルイーズ役のスーザン・サランドンをそれぞれ誰が演じるのが良いか、正式部員の皆さんに聞いてみました。

映画『ミステリと言う勿れ』菅田将暉 映画好きが選んだ2023邦画ベスト

正式部員の皆さんに2023年の邦画ベストを選んでいただきました。どの作品が2023年の邦画ベストに輝いたのか、ランキングを発表!

映画『モリコーネ 映画が恋した音楽家』エンニオ・モリコーネ トーキョー女子映画部が選ぶ 2023年ベスト10

年末恒例、今回もマイソンとシャミで、2023年のMY BEST10を選びました。俳優はMVPとして1名選出。この冬休みの映画鑑賞の参考になれば嬉しいです。

REVIEW

  1. 映画『52ヘルツのクジラたち』杉咲花/志尊淳/桑名桃李
  2. 映画『ポーカー・フェイス/裏切りのカード』ラッセル・クロウ
  3. 映画『漫才協会 THE MOVIE ~舞台の上の懲りない面々~』
  4. 映画『サイレントラブ』山田涼介/浜辺美波
  5. 映画『コットンテール』リリー・フランキー/錦戸亮

PRESENT

  1. 映画『π〈パイ〉デジタルリマスター』ショーン・ガレット
  2. 映画『ネクスト・ゴール・ウィンズ』トートバッグ
  3. 映画『パストライブス/再会』グレタ・リー/ユ・テオ
PAGE TOP