REVIEW

僕らの世界が交わるまで【レビュー】

  • follow us in feedly
  • RSS
映画『僕らの世界が交わるまで』ジュリアン・ムーア/フィン・ウォルフハード

REVIEW

A24スタジオが手掛ける、ジェシー・アイゼンバーグ初監督作と聞いただけで、映画ファンなら観ずにいられませんよね。さらに本作の製作にはエマ・ストーンが名を連ねており、ジュリアン・ムーア、フィン・ウォルフハードが出演するなど、そそるポイントが満載です。公式資料のプロダクションノートには、ジェシー・アイゼンバーグが脚本、監督を務める初長編作品であることの他に、「エマ・ストーン、デイヴ・マッカリーが創立した製作会社フルート・ツリーの初製作作品」と記されていて、本作はジェシー・アイゼンバーグにとっても、エマとデイヴ夫妻にとっても記念すべき作品といえます。『ゾンビランド』で共演して以来の付き合いとなるエマ・ストーンが、「物語にはジェシー本人があちこちに垣間見える」(公式資料)と語るように、ジェシー・アイゼンバーグらしさが漂う世界観は、観れば納得がいくと思います。
本作に登場するカッツ家の母エヴリン(ジュリアン・ムーア)は、DV被害者を支援するシェルターの運営者で、息子のジギー(フィン・ウォルフハード)はネット上で動画配信をし、自作の歌を披露して投げ銭を稼いでいます。2人は異なる立場で”世界を救っている”と自負しているようでいて、どこか空虚さが漂います。ちなみに原題は「When You Finish Saving The World」で、世界を救おうとしている母と息子が、家庭では思いっきりすれ違っている状況にかなりジレンマを感じるストーリーとなっています。本作を観ていると、目の前に先に救うべき状況があるのに、外に目を逸らしている親子の姿に切なくなります。そして、家族って近いからこそややこしい関係であることを改めて客観視できます。キャラクターの複雑な心境を表現するジュリアン・ムーアとフィン・ウォルフハードの演技も絶妙で、観ている側にも、寂しさ、わびしさ、もどかしさ、やるせなさといった似て非なるさまざまな感情が一気にわきおこってきます。特に、エヴリンの狂気に向かいそうな危なっかしい部分を演じるジュリアン・ムーアのさじ加減には圧巻です。
現代社会のある種の病理を描くと同時に、普遍的な家族の物語を合わせて描いた本作。ジェシー・アイゼンバーグの今後の監督作にも期待が膨らみます。

デート向き映画判定

映画『僕らの世界が交わるまで』フィン・ウォルフハード/アリーシャ・ボー

友達以上恋人未満の方は、何か触発される部分がないともいえません。2人のやり取りでちぐはぐなところに目をつむったままデートをしている2人だとしたら、自分達を客観視しているようでちょっと気まずくなる展開があるかもしれません。こういった点で引っかかる部分がないなら、何も気にせず映画を堪能して、鑑賞後に家族の話もすると、お互いをもっと知る機会にできそうです。

キッズ&ティーン向き映画判定

映画『僕らの世界が交わるまで』ジュリアン・ムーア/フィン・ウォルフハード

気持ちがすれ違ったまま、お互いによそを向いてしまっている母と息子の物語です。そして、息子のジギー目線では、恋愛やアイデンティティの話でもあるので、ティーンの皆さんには、感情移入するポイントが多々あると思います。母エヴリンの姿を通して、普段子どもが目にしない母親の別の顔も観られます。普段何気なくとっている態度が積み重なって、親子関係が変わってしまったことに気づく場面もあるでしょう。家族だからこそ素直になるのが難しいこともありますが、本作を観ると、少し心がほどけるのではないでしょうか。

映画『僕らの世界が交わるまで』ジュリアン・ムーア/フィン・ウォルフハード

『僕らの世界が交わるまで』
2024年1月19日より全国公開
カルチュア・パブリッシャーズ
公式サイト

ムビチケ購入はこちら

© 2022 SAVING THE WORLD LLC. All Rights Reserved.

TEXT by Myson

本ページには一部アフィリエイト広告のリンクが含まれます。
情報は2024年1月時点のものです。最新の販売状況や配信状況は各社サイトにてご確認ください。

関連記事
  • follow us in feedly
  • RSS

新着記事

映画『お隣さんはヒトラー?』デヴィッド・ヘイマン/ウド・キアー お隣さんはヒトラー?【レビュー】

タイトルは『お隣さんはヒトラー?』で、物語の舞台は1960年のコロンビア…。「むむむ?アドルフ・ヒトラーって…

映画『ロイヤルホテル』ジュリア・ガーナー/ジェシカ・ヘンウィック ロイヤルホテル【レビュー】

『アシスタント』のキティ・グリーン監督と、主演を務めたジュリア・ガーナーが再びタッグを組んだ本作は…

映画『チャレンジャーズ』ゼンデイヤ 映画好きが推すイイ俳優ランキング【海外10代、20代編】個性部門

映画好きが推すイイ俳優ランキング【海外10代、20代編】番外編として、今回は<個性部門>のランキングを発表します。特に個性が光る俳優としてどの俳優に投票が集まったのでしょうか?

映画『幸せのイタリアーノ』ピエルフランチェスコ・ファヴィーノ/ミリアム・レオーネ 幸せのイタリアーノ【レビュー】

本作は、『パリ、嘘つきな恋』(2018)の舞台をイタリアに移したリメイク作品となっています。主人公のジャンニ(ピエルフランチェスコ・ファヴィーノ)は…

映画『ヤング・ウーマン・アンド・シー』デイジー・リドリー ヤング・ウーマン・アンド・シー【レビュー】

1926年、女性で初めて遠泳による英仏海峡横断を達成した水泳選手トゥルーディー・イーダリーの実話を、デイジー・リドリー主演で…

映画『あまろっく』中条あやみ 中条あやみ【プロフィールと出演作一覧】

1997年2月4日生まれ。大阪府出身。14歳で芸能界に入り…

映画『SALAAR/サラール』プラバース ポッドキャスト【だからワタシ達は映画が好き13】2024年7月の「気になる映画とオススメ映画」

2024年6月後半から7月にかけて劇場公開される作品や、既に公開中の作品でオススメや、未見だけれど気になる作品について…

映画『墓泥棒と失われた女神』ジョシュ・オコナー/イザベラ・ロッセリーニ/アルバ・ロルヴァケル/カロル・ドゥアルテ/ヴィンチェンツォ・ネモラート 墓泥棒と失われた女神【レビュー】

『幸福なラザロ』を観てアリーチェ・ロルヴァケル監督作に魅了された者として、本作にも大いに期待し…

映画『サユリ』 『サユリ』キャスト&スタッフ登壇!完成披露試写会 10組20名様ご招待

映画『サユリ』キャスト&スタッフ登壇!完成披露試写会 10組20名様ご招待

映画『HOW TO HAVE SEX』ミア・マッケンナ=ブルース HOW TO HAVE SEX【レビュー】

本作は性的同意について問う内容となっています…

部活・イベント

  1. 【ARUARU海ドラDiner】サムライデザート(カップデザート)
  2. 【ARUARU海ドラDiner】トーキョー女子映画部 × Mixalive TOKYO × SHIDAX
  3. 【ARUARU海ドラDiner】サポーター集会:パンチボール(パーティサイズ)
  4. 【ARUARU海ドラDiner】プレオープン
  5. 「ARUARU海ドラDiner」202303トークゲスト集合

本サイト内の広告について

本サイトにはアフィリエイト広告バナーやリンクが含まれます。

おすすめ記事

映画『チャレンジャーズ』ゼンデイヤ 映画好きが推すイイ俳優ランキング【海外10代、20代編】個性部門

映画好きが推すイイ俳優ランキング【海外10代、20代編】番外編として、今回は<個性部門>のランキングを発表します。特に個性が光る俳優としてどの俳優に投票が集まったのでしょうか?

Netflix映画『悪魔はいつもそこに』トム・ホランド 映画好きが推すイイ俳優ランキング【海外10代、20代編】演技力部門

映画好きが推すイイ俳優ランキング【海外10代、20代編】番外編として、今回は<演技力部門>のランキングを発表します。演技派揃いのなか、どのような結果になったのでしょうか。

海外ドラマ『THE GREAT 〜エカチェリーナの時々真実の物語〜』エル・ファニング 映画好きが推すイイ俳優ランキング【海外10代、20代編】雰囲気部門

映画好きが推すイイ俳優ランキング【海外10代、20代編】番外編として、今回は<雰囲気部門>のランキングを発表します。雰囲気の良さが特に評価されているのは、どの俳優でしょうか。

REVIEW

  1. 映画『お隣さんはヒトラー?』デヴィッド・ヘイマン/ウド・キアー
  2. 映画『ロイヤルホテル』ジュリア・ガーナー/ジェシカ・ヘンウィック
  3. 映画『幸せのイタリアーノ』ピエルフランチェスコ・ファヴィーノ/ミリアム・レオーネ
  4. 映画『ヤング・ウーマン・アンド・シー』デイジー・リドリー
  5. 映画『墓泥棒と失われた女神』ジョシュ・オコナー/イザベラ・ロッセリーニ/アルバ・ロルヴァケル/カロル・ドゥアルテ/ヴィンチェンツォ・ネモラート

PRESENT

  1. 映画『サユリ』
  2. 映画『ボストン1947』ハ・ジョンウ/イム・シワン
  3. 中国ドラマ『恋心が芽吹く頃~Blooming Days~』QUOカード、ピーター・ホー/ハー・ホンシャン
PAGE TOP