心理学

心理学から観る映画46:【映画でウェルビーイングを見つける】Vol.3『ミッション・ジョイ 〜困難な時に幸せを見出す方法〜』

  • follow us in feedly
  • RSS
映画『ミッション・ジョイ ~困難な時に幸せを見出す方法~』ダライ・ラマ14世/デズモンド・ツツ

今回は、ダライ・ラマ法王十四世とデズモンド・ツツ大主教、2人のノーベル平和賞受賞者が、宗教の垣根を越えて一緒に過ごした1週間を追ったドキュメンタリー『ミッション・ジョイ 〜困難な時に幸せを見出す方法〜』(以下、『ミッション・ジョイ』と記す)をご紹介します。本作のテーマは、ウェルビーイングそのものです。

ウェルビーイング(Well-being)とは
●身体的・精神的・社会的に良い状態にあること(文部科学省)
●持続的な幸福のあり方(セリグマン,2014)
→さらに詳細はこちら

本コーナー前2回は、セリグマン(2014)の定義をもとに、5つの構成要素に映画の内容を照らし合わせながらウェルビーイングを考えました。今回は視点を変えて、ダライ・ラマ法王十四世とデズモンド・ツツ大主教のお話から、ウェルビーイングを考えます。

今回の題材映画

映画『ミッション・ジョイ ~困難な時に幸せを見出す方法~』ダライ・ラマ14世/デズモンド・ツツ
映画『ミッション・ジョイ ~困難な時に幸せを見出す方法~』ダライ・ラマ14世/デズモンド・ツツ

『ミッション・ジョイ 〜困難な時に幸せを見出す方法〜』
2024年1月12日より全国順次公開
ユナイテッドピープル
原作:「よろこびの書 変わりゆく世界のなかで幸せに生きるということ」(以下、「よろこびの書」と記す)
監督:ルイ・シホヨス/ペギー・キャラハン
出演:ダライ・ラマ法王十四世/デズモンド・ツツ大主教他
公式サイト 

本作は、インドに亡命中のダライ・ラマ法王十四世のもとに、デズモンド・ツツ大主教が訪れ、ダライ・ラマ法王の80歳の誕生日を祝い、共に過ごし、語らう姿を映し出したドキュメンタリーです。スタッフには、ルイ・プシホヨス監督(『ザ・コーヴ』でアカデミー賞受賞)、マーク・モンロー(プロデューサー/『イカロス』『ザ・コーヴ』でアカデミー賞受賞)ダーラ・K・アンダーソン( 製作総指揮/『リメンバー・ミー』『トイ・ストーリー3』でアカデミー賞受賞)、アンドリュー・バックランド(編集/『フォード vs フェラーリ』でアカデミー賞受賞)といった、4人のアカデミー賞受賞者が名を連ねています。

©Miranda Penn Turin ©Tenzin Choejor

映画『ミッション・ジョイ ~困難な時に幸せを見出す方法~』ダライ・ラマ14世/デズモンド・ツツ

映画『ミッション・ジョイ』の原作「よろこびの書 変わりゆく世界のなかで幸せに生きるということ」のイントロダクションには、「ダライ・ラマと大主教は、喜びが実際に私たちの生得権であり、幸せよりも根源的なものであることを私たちに思い出させる」と書かれています。さらに、ツツ大主教の言葉として「喜びはー(中略)幸せよりもはるかに大きい。幸せは往々にして外部の状況次第とみなされるが、喜びはそうではない」と記されています。

“幸せ”という概念は、「何をもって幸せとするのか」が人によって千差万別でつかみどころが難しいともいえます。一方、”喜び”は感情として表にも出るし、自覚しやすい。いきなり「幸せになるにはどうすれば良いか」というところから入ると、正直途方もない旅路が待ち受けているように感じてしまいます。でも、”喜び”は日常的な感情の動きである点で身近であり、入口としては入り易く感じます。

映画『ミッション・ジョイ ~困難な時に幸せを見出す方法~』デズモンド・ツツ

また、「幸せは往々にして外部の状況次第とみなされるが、喜びはそうではない」というツツ大主教の言葉から、”喜び”は自らコントロールできるものであると捉えられます。だから、私達はまず、日々のなかで”喜び”を感じるところから始めればいいのだと、ハードルが少し下がります。ただし、ツツ大主教がいう”喜び”は幸せも包含しています。だから、求めているものは同じなのだとわかります(ダライ・ラマほか,2018)。

映画『ミッション・ジョイ ~困難な時に幸せを見出す方法~』ダライ・ラマ14世

一方、ダライ・ラマ法王は、「人生の目的は幸せを見出すことだと思い至りました。(中略)幸せの究極の源は私たちの内側にあります」と語っています。そして、貧困、暴力、戦争といった現代の多くの問題は人間自身によって生み出され、それを解決するには頭と心が重要であると述べています(ダライ・ラマほか,2018)。

ここからは、『ミッション・ジョイ』を観ていただくか「よろこびの書」を読んでいただくほうが、お2人のそれぞれの言葉をストレートに受け取れると思います。お2人共本当にお茶目で、冗談を言い合う姿はまるで少年です。何より、ダライ・ラマ法王とツツ大主教のお2人の仲睦まじい姿が幸せな気持ちにさせてくれます。ぜひ、映画、書籍共に触れてみてください。

今回は学術的な方向からではなく、この時代、この世界を代表する2人の”人生の大先輩”から学べるウェルビーイングをご紹介しました。今後も、さまざまな角度からウェルビーイングについて考える機会をくれる映画をご紹介していきます。

<参考・引用文献>
ダライ・ラマ、デズモンド・ツツ、ダグラス・エイブラムス(2018)(菅靖彦 訳)「よろこびの書 変わりゆく世界のなかで幸せに生きるということ」河出書房新社
文部科学省「ウェルビーイングの向上について(次期教育振興基本計画における方向性)」中央教育審議会教育振興基本計画部会(第13回)会議資料【資料8】
マーティン・セリグマン(2014)(宇野カオリ訳)『ポジティブ心理学の挑戦“幸福”から“持続的幸福”へ』ディスカヴァー・トゥエンティワン,東京

TEXT by Myson(武内三穂・認定心理士)

本ページには一部アフィリエイト広告のリンクが含まれます。
情報は2024年1月時点のものです。最新の販売状況や配信状況は各社サイトにてご確認ください。

関連記事
  • follow us in feedly
  • RSS

新着記事

映画『π〈パイ〉デジタルリマスター』ショーン・ガレット 『π〈パイ〉デジタルリマスター』一般試写会 5組10名様ご招待

映画『π〈パイ〉デジタルリマスター』一般試写会 5組10名様ご招待

映画『52ヘルツのクジラたち』杉咲花/志尊淳/桑名桃李 52ヘルツのクジラたち【レビュー】

2021年に本屋大賞を受賞した町田そのこの同名小説を映画化した本作は、声に出して助けを求められない孤独な人々が出会い…

映画『夜明けのすべて』上白石萌音 上白石萌音【プロフィールと出演作一覧】

1998年1月27日生まれ。鹿児島県出身。2011年、第7回東宝シンデレラオーディションで審査員特別賞を受賞。同年…

映画『ポーカー・フェイス/裏切りのカード』ラッセル・クロウ ポーカー・フェイス/裏切りのカード【レビュー】

本作は、ラッセル・クロウが『ディバイナー 戦禍に光を求めて』(2014)以来、2度目の主演と監督を兼任した作品です。億万長者のジェイク(ラッセル・クロウ)は…

映画『マッチング』土屋太鳳/佐久間大介 映画と人の研究12:洋画選択時・邦画選択時の「人気俳優出演作か」参考度の比較と全体のまとめ

今回は、「人気俳優」が出演しているかを参考にする度合いについて、●比較B:「洋画ファン」「邦画ファ…

映画『漫才協会 THE MOVIE ~舞台の上の懲りない面々~』 漫才協会 THE MOVIE ~舞台の上の懲りない面々~【レビュー】

浅草にある東洋館を拠点とする漫才協会には、2023年12月現在、124組、215名の芸人が所属しています。本作は2023年に協会の会長に就任したナイツの塙宣之が監督を務め…

映画『哀れなるものたち』NYプレミア、ラミー・ユセフ ラミー・ユセフ【プロフィールと出演作一覧】

『哀れなるものたち』NYプレミア1991年3月26日アメリカ生まれ。主な出演作に、テレビシ…

映画『サイレントラブ』山田涼介/浜辺美波 映画レビュー&ドラマレビュー総合アクセスランキング【2024年1月】

映画レビュー&ドラマレビュー【2024年1月】のアクセスランキングを発表!

映画『コットンテール』リリー・フランキー/錦戸亮 コットンテール【レビュー】

日本への留学経験があるイギリス人監督、パトリック・ディキンソンの長編劇映画デビュー作である本作は…

映画『コヴェナント/約束の救出』ジェイク・ギレンホール/ダール・サリム コヴェナント/約束の救出【レビュー】

スタイリッシュな作品が印象的なガイ・リッチー監督としては、今回珍しいジャンルに挑戦しています…

部活・イベント

  1. 【ARUARU海ドラDiner】サムライデザート(カップデザート)
  2. 【ARUARU海ドラDiner】トーキョー女子映画部 × Mixalive TOKYO × SHIDAX
  3. 【ARUARU海ドラDiner】サポーター集会:パンチボール(パーティサイズ)
  4. 【ARUARU海ドラDiner】プレオープン
  5. 「ARUARU海ドラDiner」202303トークゲスト集合

本サイト内の広告について

本サイトにはアフィリエイト広告バナーやリンクが含まれます。

おすすめ記事

映画『テルマ&ルイーズ 4K』スーザン・サランドン/ジーナ・デイヴィス あの名作をリメイクするとしたら、誰をキャスティングする?『テルマ&ルイーズ』

今回は『テルマ&ルイーズ』のリメイクを作るとしたら…ということで、テルマ役のジーナ・デイヴィスとルイーズ役のスーザン・サランドンをそれぞれ誰が演じるのが良いか、正式部員の皆さんに聞いてみました。

映画『ミステリと言う勿れ』菅田将暉 映画好きが選んだ2023邦画ベスト

正式部員の皆さんに2023年の邦画ベストを選んでいただきました。どの作品が2023年の邦画ベストに輝いたのか、ランキングを発表!

映画『モリコーネ 映画が恋した音楽家』エンニオ・モリコーネ トーキョー女子映画部が選ぶ 2023年ベスト10

年末恒例、今回もマイソンとシャミで、2023年のMY BEST10を選びました。俳優はMVPとして1名選出。この冬休みの映画鑑賞の参考になれば嬉しいです。

REVIEW

  1. 映画『52ヘルツのクジラたち』杉咲花/志尊淳/桑名桃李
  2. 映画『ポーカー・フェイス/裏切りのカード』ラッセル・クロウ
  3. 映画『漫才協会 THE MOVIE ~舞台の上の懲りない面々~』
  4. 映画『サイレントラブ』山田涼介/浜辺美波
  5. 映画『コットンテール』リリー・フランキー/錦戸亮

PRESENT

  1. 映画『π〈パイ〉デジタルリマスター』ショーン・ガレット
  2. 映画『ネクスト・ゴール・ウィンズ』トートバッグ
  3. 映画『パストライブス/再会』グレタ・リー/ユ・テオ
PAGE TOP