心理学

心理学から観る映画46:【映画でウェルビーイングを見つける】Vol.3『ミッション・ジョイ 〜困難な時に幸せを見出す方法〜』

  • follow us in feedly
  • RSS
映画『ミッション・ジョイ ~困難な時に幸せを見出す方法~』ダライ・ラマ14世/デズモンド・ツツ

今回は、ダライ・ラマ法王十四世とデズモンド・ツツ大主教、2人のノーベル平和賞受賞者が、宗教の垣根を越えて一緒に過ごした1週間を追ったドキュメンタリー『ミッション・ジョイ 〜困難な時に幸せを見出す方法〜』(以下、『ミッション・ジョイ』と記す)をご紹介します。本作のテーマは、ウェルビーイングそのものです。

ウェルビーイング(Well-being)とは
●身体的・精神的・社会的に良い状態にあること(文部科学省)
●持続的な幸福のあり方(セリグマン,2014)
→さらに詳細はこちら

本コーナー前2回は、セリグマン(2014)の定義をもとに、5つの構成要素に映画の内容を照らし合わせながらウェルビーイングを考えました。今回は視点を変えて、ダライ・ラマ法王十四世とデズモンド・ツツ大主教のお話から、ウェルビーイングを考えます。

今回の題材映画

映画『ミッション・ジョイ ~困難な時に幸せを見出す方法~』ダライ・ラマ14世/デズモンド・ツツ
映画『ミッション・ジョイ ~困難な時に幸せを見出す方法~』ダライ・ラマ14世/デズモンド・ツツ

『ミッション・ジョイ 〜困難な時に幸せを見出す方法〜』
2024年1月12日より全国順次公開
ユナイテッドピープル
原作:「よろこびの書 変わりゆく世界のなかで幸せに生きるということ」(以下、「よろこびの書」と記す)
監督:ルイ・シホヨス/ペギー・キャラハン
出演:ダライ・ラマ法王十四世/デズモンド・ツツ大主教他
公式サイト 

本作は、インドに亡命中のダライ・ラマ法王十四世のもとに、デズモンド・ツツ大主教が訪れ、ダライ・ラマ法王の80歳の誕生日を祝い、共に過ごし、語らう姿を映し出したドキュメンタリーです。スタッフには、ルイ・プシホヨス監督(『ザ・コーヴ』でアカデミー賞受賞)、マーク・モンロー(プロデューサー/『イカロス』『ザ・コーヴ』でアカデミー賞受賞)ダーラ・K・アンダーソン( 製作総指揮/『リメンバー・ミー』『トイ・ストーリー3』でアカデミー賞受賞)、アンドリュー・バックランド(編集/『フォード vs フェラーリ』でアカデミー賞受賞)といった、4人のアカデミー賞受賞者が名を連ねています。

©Miranda Penn Turin ©Tenzin Choejor

映画『ミッション・ジョイ ~困難な時に幸せを見出す方法~』ダライ・ラマ14世/デズモンド・ツツ

映画『ミッション・ジョイ』の原作「よろこびの書 変わりゆく世界のなかで幸せに生きるということ」のイントロダクションには、「ダライ・ラマと大主教は、喜びが実際に私たちの生得権であり、幸せよりも根源的なものであることを私たちに思い出させる」と書かれています。さらに、ツツ大主教の言葉として「喜びはー(中略)幸せよりもはるかに大きい。幸せは往々にして外部の状況次第とみなされるが、喜びはそうではない」と記されています。

“幸せ”という概念は、「何をもって幸せとするのか」が人によって千差万別でつかみどころが難しいともいえます。一方、”喜び”は感情として表にも出るし、自覚しやすい。いきなり「幸せになるにはどうすれば良いか」というところから入ると、正直途方もない旅路が待ち受けているように感じてしまいます。でも、”喜び”は日常的な感情の動きである点で身近であり、入口としては入り易く感じます。

映画『ミッション・ジョイ ~困難な時に幸せを見出す方法~』デズモンド・ツツ

また、「幸せは往々にして外部の状況次第とみなされるが、喜びはそうではない」というツツ大主教の言葉から、”喜び”は自らコントロールできるものであると捉えられます。だから、私達はまず、日々のなかで”喜び”を感じるところから始めればいいのだと、ハードルが少し下がります。ただし、ツツ大主教がいう”喜び”は幸せも包含しています。だから、求めているものは同じなのだとわかります(ダライ・ラマほか,2018)。

映画『ミッション・ジョイ ~困難な時に幸せを見出す方法~』ダライ・ラマ14世

一方、ダライ・ラマ法王は、「人生の目的は幸せを見出すことだと思い至りました。(中略)幸せの究極の源は私たちの内側にあります」と語っています。そして、貧困、暴力、戦争といった現代の多くの問題は人間自身によって生み出され、それを解決するには頭と心が重要であると述べています(ダライ・ラマほか,2018)。

ここからは、『ミッション・ジョイ』を観ていただくか「よろこびの書」を読んでいただくほうが、お2人のそれぞれの言葉をストレートに受け取れると思います。お2人共本当にお茶目で、冗談を言い合う姿はまるで少年です。何より、ダライ・ラマ法王とツツ大主教のお2人の仲睦まじい姿が幸せな気持ちにさせてくれます。ぜひ、映画、書籍共に触れてみてください。

今回は学術的な方向からではなく、この時代、この世界を代表する2人の”人生の大先輩”から学べるウェルビーイングをご紹介しました。今後も、さまざまな角度からウェルビーイングについて考える機会をくれる映画をご紹介していきます。

<参考・引用文献>
ダライ・ラマ、デズモンド・ツツ、ダグラス・エイブラムス(2018)(菅靖彦 訳)「よろこびの書 変わりゆく世界のなかで幸せに生きるということ」河出書房新社
文部科学省「ウェルビーイングの向上について(次期教育振興基本計画における方向性)」中央教育審議会教育振興基本計画部会(第13回)会議資料【資料8】
マーティン・セリグマン(2014)(宇野カオリ訳)『ポジティブ心理学の挑戦“幸福”から“持続的幸福”へ』ディスカヴァー・トゥエンティワン,東京

TEXT by Myson(武内三穂・認定心理士)

本ページには一部アフィリエイト広告のリンクが含まれます。
情報は2024年1月時点のものです。最新の販売状況や配信状況は各社サイトにてご確認ください。

関連記事
  • follow us in feedly
  • RSS

新着記事

映画『ヤング・ウーマン・アンド・シー』デイジー・リドリー ヤング・ウーマン・アンド・シー【レビュー】

1926年、女性で初めて遠泳による英仏海峡横断を達成した水泳選手トゥルーディー・イーダリーの実話を、デイジー・リドリー主演で…

映画『あまろっく』中条あやみ 中条あやみ【プロフィールと出演作一覧】

1997年2月4日生まれ。大阪府出身。14歳で芸能界に入り…

映画『SALAAR/サラール』プラバース ポッドキャスト【だからワタシ達は映画が好き13】2024年7月の「気になる映画とオススメ映画」

2024年6月後半から7月にかけて劇場公開される作品や、既に公開中の作品でオススメや、未見だけれど気になる作品について…

映画『墓泥棒と失われた女神』ジョシュ・オコナー/イザベラ・ロッセリーニ/アルバ・ロルヴァケル/カロル・ドゥアルテ/ヴィンチェンツォ・ネモラート 墓泥棒と失われた女神【レビュー】

『幸福なラザロ』を観てアリーチェ・ロルヴァケル監督作に魅了された者として、本作にも大いに期待し…

映画『サユリ』 『サユリ』キャスト&スタッフ登壇!完成披露試写会 10組20名様ご招待

映画『サユリ』キャスト&スタッフ登壇!完成披露試写会 10組20名様ご招待

映画『HOW TO HAVE SEX』ミア・マッケンナ=ブルース HOW TO HAVE SEX【レビュー】

本作は性的同意について問う内容となっています…

映画『フライ・ミー・トゥ・ザ・ムーン』スカーレット・ヨハンソン/チャニング・テイタム フライ・ミー・トゥ・ザ・ムーン【レビュー】

ジョン・F・ケネディ大統領が人類初の月面着陸を1960年代のうちに実現すると宣言してから8年が経った1969年、NASAでの宇宙開発は…

映画『呪葬』セリーナ・レン 2024夏、ひんやりしたいアナタにおくる、スリラー&ホラー映画特集

今年もホラーの夏がやってきました!“呪い”系がひしめくこの夏、存分にひんやりしてください。…

映画『ボストン1947』ハ・ジョンウ/イム・シワン 『ボストン1947』カン・ジェギュ監督舞台挨拶付き特別試写会 20組40名様ご招待

映画『ボストン1947』カン・ジェギュ監督舞台挨拶付き特別試写会 20組40名様ご招待

映画『もしも徳川家康が総理大臣になったら』浜辺美波/赤楚衛二/GACKT/ 髙嶋政宏/江口のりこ/池田鉄洋/音尾琢真/小手伸也/長井短/観月ありさ/竹中直人/野村萬斎 もしも徳川家康が総理大臣になったら【レビュー】

タイトルを聞いただけでも興味をそそりつつ、どうやって徳川家康が現代の総理大臣になるのかなと…

部活・イベント

  1. 【ARUARU海ドラDiner】サムライデザート(カップデザート)
  2. 【ARUARU海ドラDiner】トーキョー女子映画部 × Mixalive TOKYO × SHIDAX
  3. 【ARUARU海ドラDiner】サポーター集会:パンチボール(パーティサイズ)
  4. 【ARUARU海ドラDiner】プレオープン
  5. 「ARUARU海ドラDiner」202303トークゲスト集合

本サイト内の広告について

本サイトにはアフィリエイト広告バナーやリンクが含まれます。

おすすめ記事

Netflix映画『悪魔はいつもそこに』トム・ホランド 映画好きが推すイイ俳優ランキング【海外10代、20代編】演技力部門

映画好きが推すイイ俳優ランキング【海外10代、20代編】番外編として、今回は<演技力部門>のランキングを発表します。演技派揃いのなか、どのような結果になったのでしょうか。

海外ドラマ『THE GREAT 〜エカチェリーナの時々真実の物語〜』エル・ファニング 映画好きが推すイイ俳優ランキング【海外10代、20代編】雰囲気部門

映画好きが推すイイ俳優ランキング【海外10代、20代編】番外編として、今回は<雰囲気部門>のランキングを発表します。雰囲気の良さが特に評価されているのは、どの俳優でしょうか。

映画『わたくしどもは。』小松菜奈 映画好きが推すイイ俳優ランキング【国内20代】個性部門

映画好きが推すイイ俳優ランキング【国内20代編】番外編として、今回は<個性部門>のランキングを発表します。個性的な俳優が揃うなか、どなたが上位にランクインしたのでしょうか?

REVIEW

  1. 映画『ヤング・ウーマン・アンド・シー』デイジー・リドリー
  2. 映画『墓泥棒と失われた女神』ジョシュ・オコナー/イザベラ・ロッセリーニ/アルバ・ロルヴァケル/カロル・ドゥアルテ/ヴィンチェンツォ・ネモラート
  3. 映画『HOW TO HAVE SEX』ミア・マッケンナ=ブルース
  4. 映画『フライ・ミー・トゥ・ザ・ムーン』スカーレット・ヨハンソン/チャニング・テイタム
  5. 映画『呪葬』セリーナ・レン

PRESENT

  1. 映画『サユリ』
  2. 映画『ボストン1947』ハ・ジョンウ/イム・シワン
  3. 中国ドラマ『恋心が芽吹く頃~Blooming Days~』QUOカード、ピーター・ホー/ハー・ホンシャン
PAGE TOP