REVIEW

ボーイズ・イン・ザ・バンド

  • follow us in feedly
  • RSS
Netflix映画『ボーイズ・イン・ザ・バンド』ジム・パーソンズ/ザカリー・クイント(ザッカリー・クイント)/マット・ボマー/アンドリュー・ラネルズ/チャーリー・カーヴァー/ロビン・デ・ヘスス/ブライアン・ハッチソン/マイケル・ベンジャミン・ワシントン/タック・ワトキンス

本作は、1968年にニューヨークで上演された、マート・クローリーの舞台演劇“The Boys in the Band(真夜中のパーティー)”が原作となっており、本作(映画版)の脚本も原作者のマート・クローリー(ネッド・マーテルと共同脚本)が手掛けています。舞台初演当時の1968年はゲイが違法とされていて、カミングアウトする人もほとんどおらず、ゲイを真っ向から描いた革新的な作品として伝説となっています。
同じNetflixで配信されている『制作・出演陣が語るボーイズ・イン・ザ・バンド』によると、この戯曲は、“ストーンウォールの反乱”の前年となる1968年に、ニューヨークの小劇場で初演されました。3人のストレートと、6人のゲイの役者が所属事務所の反対を押し切って出演し、初演から50年経った2018年にブロードウェイでリバイバル上演された時には、全員ゲイをカミングアウトした役者が演じました。リバイバルされた舞台は2019年に第73回トニー賞を受賞し、このキャストがそのまま映画版となる本作でも同じ役を演じています。本作を観る前または後に『制作・出演陣が語るボーイズ・イン・ザ・バンド』を観ると、本作が辿ってきた時代背景はもちろん、ショービズ界の変遷、ゲイをカミングアウトした制作者や出演者の思いも知ることができるので、ぜひ合わせて観てください。
本作はある人物の誕生日パーティーに集まった、全く異なるタイプの9人のキャラクターが織り成す会話劇。ちょっとしたことが火種となって論争が起き、一見何気ない言葉で人間の奥深いところにまで切り込んでいく展開が何とも見事です。舞台と同じメンバーが演じているとあって息もピッタリで、全キャラクターがとてもリアルで活き活きとしています。セリフの一つひとつが本当に魅力的で、会話劇の醍醐味を味わうことができます。これがまたブロードウェイで上演されるなら、舞台でも観てみたくなる、素晴らしい作品です。

デート向き映画判定
Netflix映画『ボーイズ・イン・ザ・バンド』ジム・パーソンズ/ザッカリー・クイント

パーティーでの9人の会話を大きく展開させるテーマの中に愛があります。そのやり取りからは、彼らが愛にまつわるどんな経験をしてきたか、そしてこれからはどんな自分になろうとしているか、どう愛に向き合おうとしているかが描かれています。彼らが愛に臆病になりながらも一歩踏み出そうとする姿に、誰もが共感できるはずです。好きな人と一緒に観るのもアリだし、今の恋愛に疑問を感じている人は1人でじっくり観るのも良いでしょう。

キッズ&ティーン向き映画判定
Netflix映画『ボーイズ・イン・ザ・バンド』ジム・パーソンズ/アンドリュー・ラネルズ/マイケル・ベンジャミン・ワシントン/タック・ワトキンス

原作舞台演劇が初演された1968年がどんな時代だったのかを知った上で観て欲しいので『制作・出演陣が語るボーイズ・イン・ザ・バンド』と合わせて観ることをオススメします。初演当時、この作品を作ることも上演することも、それに出演することも、観ることも大きなリスクを伴う行為だったと思います。でも、彼らのような人達のチャレンジが社会を大きく変えるきっかけとなったと思うと、作品の意義を実感できると思います。本当の自分を偽っていることに辛い人もぜひ観て観てください。

Netflix映画『ボーイズ・イン・ザ・バンド』ジム・パーソンズ/マット・ボマー

『ボーイズ・イン・ザ・バンド』
2020年9月30日よりNetflixにて配信中
※15歳未満の未成年者の視聴は推奨しません。
公式サイト

Brian Bowen Smith

TEXT by Myson

関連記事
  • follow us in feedly
  • RSS

新着記事

海外ドラマ『ラブ&デス』エリザベス・オルセン/ジェシー・プレモンス やましい人は震えが止まらなくなる【浮気のその先が怖すぎる】映画&ドラマ特集

11月22日は「夫婦の日」として知られていますが、毎月22日を「夫婦の日」とする説もあるようです。そこで掲載日の2024年2月22日の「22日」にちなんで、夫婦円満、カップル円満を願うべく、浮気防止に効きそうな映画をご紹介します。

映画『マダム・ウェブ』ダコタ・ジョンソン/シドニー・スウィーニー/イザベラ・メルセド/セレステ・オコナー/タハール・ラヒム マダム・ウェブ【レビュー】

マーベル作品で蜘蛛といえば“スパイダーマン”ということで、何か関連が…

映画『青春 18×2 君へと続く道』シュー・グァンハン/清原果耶 『青春 18×2 君へと続く道』キャスト&監督登壇、完成披露試写会 18組36名様ご招待

映画『青春 18×2 君へと続く道』キャスト&監督登壇、完成披露試写会 18組36名様ご招待

映画『π〈パイ〉デジタルリマスター』ショーン・ガレット 『π〈パイ〉デジタルリマスター』一般試写会 5組10名様ご招待

映画『π〈パイ〉デジタルリマスター』一般試写会 5組10名様ご招待

映画『52ヘルツのクジラたち』杉咲花/志尊淳/桑名桃李 52ヘルツのクジラたち【レビュー】

2021年に本屋大賞を受賞した町田そのこの同名小説を映画化した本作は、声に出して助けを求められない孤独な人々が出会い…

映画『夜明けのすべて』上白石萌音 上白石萌音【プロフィールと出演作一覧】

1998年1月27日生まれ。鹿児島県出身。2011年、第7回東宝シンデレラオーディションで審査員特別賞を受賞。同年…

映画『ポーカー・フェイス/裏切りのカード』ラッセル・クロウ ポーカー・フェイス/裏切りのカード【レビュー】

本作は、ラッセル・クロウが『ディバイナー 戦禍に光を求めて』(2014)以来、2度目の主演と監督を兼任した作品です。億万長者のジェイク(ラッセル・クロウ)は…

映画『マッチング』土屋太鳳/佐久間大介 映画と人の研究12:洋画選択時・邦画選択時の「人気俳優出演作か」参考度の比較と全体のまとめ

今回は、「人気俳優」が出演しているかを参考にする度合いについて、●比較B:「洋画ファン」「邦画ファ…

映画『漫才協会 THE MOVIE ~舞台の上の懲りない面々~』 漫才協会 THE MOVIE ~舞台の上の懲りない面々~【レビュー】

浅草にある東洋館を拠点とする漫才協会には、2023年12月現在、124組、215名の芸人が所属しています。本作は2023年に協会の会長に就任したナイツの塙宣之が監督を務め…

映画『哀れなるものたち』NYプレミア、ラミー・ユセフ ラミー・ユセフ【プロフィールと出演作一覧】

『哀れなるものたち』NYプレミア1991年3月26日アメリカ生まれ。主な出演作に、テレビシ…

部活・イベント

  1. 【ARUARU海ドラDiner】サムライデザート(カップデザート)
  2. 【ARUARU海ドラDiner】トーキョー女子映画部 × Mixalive TOKYO × SHIDAX
  3. 【ARUARU海ドラDiner】サポーター集会:パンチボール(パーティサイズ)
  4. 【ARUARU海ドラDiner】プレオープン
  5. 「ARUARU海ドラDiner」202303トークゲスト集合

本サイト内の広告について

本サイトにはアフィリエイト広告バナーやリンクが含まれます。

おすすめ記事

映画『テルマ&ルイーズ 4K』スーザン・サランドン/ジーナ・デイヴィス あの名作をリメイクするとしたら、誰をキャスティングする?『テルマ&ルイーズ』

今回は『テルマ&ルイーズ』のリメイクを作るとしたら…ということで、テルマ役のジーナ・デイヴィスとルイーズ役のスーザン・サランドンをそれぞれ誰が演じるのが良いか、正式部員の皆さんに聞いてみました。

映画『ミステリと言う勿れ』菅田将暉 映画好きが選んだ2023邦画ベスト

正式部員の皆さんに2023年の邦画ベストを選んでいただきました。どの作品が2023年の邦画ベストに輝いたのか、ランキングを発表!

映画『モリコーネ 映画が恋した音楽家』エンニオ・モリコーネ トーキョー女子映画部が選ぶ 2023年ベスト10

年末恒例、今回もマイソンとシャミで、2023年のMY BEST10を選びました。俳優はMVPとして1名選出。この冬休みの映画鑑賞の参考になれば嬉しいです。

REVIEW

  1. 映画『マダム・ウェブ』ダコタ・ジョンソン/シドニー・スウィーニー/イザベラ・メルセド/セレステ・オコナー/タハール・ラヒム
  2. 映画『52ヘルツのクジラたち』杉咲花/志尊淳/桑名桃李
  3. 映画『ポーカー・フェイス/裏切りのカード』ラッセル・クロウ
  4. 映画『漫才協会 THE MOVIE ~舞台の上の懲りない面々~』
  5. 映画『サイレントラブ』山田涼介/浜辺美波

PRESENT

  1. 映画『青春 18×2 君へと続く道』シュー・グァンハン/清原果耶
  2. 映画『π〈パイ〉デジタルリマスター』ショーン・ガレット
  3. 映画『ネクスト・ゴール・ウィンズ』トートバッグ
PAGE TOP