REVIEW

ボーイズ・イン・ザ・バンド

  • follow us in feedly
  • RSS
Netflix映画『ボーイズ・イン・ザ・バンド』ジム・パーソンズ/ザカリー・クイント(ザッカリー・クイント)/マット・ボマー/アンドリュー・ラネルズ/チャーリー・カーヴァー/ロビン・デ・ヘスス/ブライアン・ハッチソン/マイケル・ベンジャミン・ワシントン/タック・ワトキンス

本作は、1968年にニューヨークで上演された、マート・クローリーの舞台演劇“The Boys in the Band(真夜中のパーティー)”が原作となっており、本作(映画版)の脚本も原作者のマート・クローリー(ネッド・マーテルと共同脚本)が手掛けています。舞台初演当時の1968年はゲイが違法とされていて、カミングアウトする人もほとんどおらず、ゲイを真っ向から描いた革新的な作品として伝説となっています。
同じNetflixで配信されている『制作・出演陣が語るボーイズ・イン・ザ・バンド』によると、この戯曲は、“ストーンウォールの反乱”の前年となる1968年に、ニューヨークの小劇場で初演されました。3人のストレートと、6人のゲイの役者が所属事務所の反対を押し切って出演し、初演から50年経った2018年にブロードウェイでリバイバル上演された時には、全員ゲイをカミングアウトした役者が演じました。リバイバルされた舞台は2019年に第73回トニー賞を受賞し、このキャストがそのまま映画版となる本作でも同じ役を演じています。本作を観る前または後に『制作・出演陣が語るボーイズ・イン・ザ・バンド』を観ると、本作が辿ってきた時代背景はもちろん、ショービズ界の変遷、ゲイをカミングアウトした制作者や出演者の思いも知ることができるので、ぜひ合わせて観てください。
本作はある人物の誕生日パーティーに集まった、全く異なるタイプの9人のキャラクターが織り成す会話劇。ちょっとしたことが火種となって論争が起き、一見何気ない言葉で人間の奥深いところにまで切り込んでいく展開が何とも見事です。舞台と同じメンバーが演じているとあって息もピッタリで、全キャラクターがとてもリアルで活き活きとしています。セリフの一つひとつが本当に魅力的で、会話劇の醍醐味を味わうことができます。これがまたブロードウェイで上演されるなら、舞台でも観てみたくなる、素晴らしい作品です。

デート向き映画判定
Netflix映画『ボーイズ・イン・ザ・バンド』ジム・パーソンズ/ザッカリー・クイント

パーティーでの9人の会話を大きく展開させるテーマの中に愛があります。そのやり取りからは、彼らが愛にまつわるどんな経験をしてきたか、そしてこれからはどんな自分になろうとしているか、どう愛に向き合おうとしているかが描かれています。彼らが愛に臆病になりながらも一歩踏み出そうとする姿に、誰もが共感できるはずです。好きな人と一緒に観るのもアリだし、今の恋愛に疑問を感じている人は1人でじっくり観るのも良いでしょう。

キッズ&ティーン向き映画判定
Netflix映画『ボーイズ・イン・ザ・バンド』ジム・パーソンズ/アンドリュー・ラネルズ/マイケル・ベンジャミン・ワシントン/タック・ワトキンス

原作舞台演劇が初演された1968年がどんな時代だったのかを知った上で観て欲しいので『制作・出演陣が語るボーイズ・イン・ザ・バンド』と合わせて観ることをオススメします。初演当時、この作品を作ることも上演することも、それに出演することも、観ることも大きなリスクを伴う行為だったと思います。でも、彼らのような人達のチャレンジが社会を大きく変えるきっかけとなったと思うと、作品の意義を実感できると思います。本当の自分を偽っていることに辛い人もぜひ観て観てください。

Netflix映画『ボーイズ・イン・ザ・バンド』ジム・パーソンズ/マット・ボマー

『ボーイズ・イン・ザ・バンド』
2020年9月30日よりNetflixにて配信中
※15歳未満の未成年者の視聴は推奨しません。
公式サイト

Brian Bowen Smith

TEXT by Myson

関連記事
  • follow us in feedly
  • RSS

新着記事

映画『インターステラー』マシュー・マコノヒー 映画好き女子が“もう一度、映画館で観たい”映画特集3:SF&ファンタジー編

今回は、SF&ファンタジー編!迫力あるシーンや美しい映像がたくさん登場するSF&ファンタジー作品ですが、今回はどんな作品が挙がったのでしょうか?

映画『ザ・スイッチ』ヴィンス・ヴォーン ヴィンス・ヴォーン

1970年3月28日アメリカ、ミネソタ州生まれ。1996年、カルトの傑作と称えられた『スウィンガーズ』に出演で…

映画『茜色に焼かれる』尾野真千子 茜色に焼かれる

本作は、7年前に理不尽な交通事故により夫を亡くした母と息子の物語。144分と長めの作品ではありますが…

映画『騙し絵の牙』松岡茉優 松岡茉優(まつおか まゆ)

1995年2月16日生まれ。東京都出身。2008年、『おはスタ』で“おはガール”として…

映画『いのちの停車場』吉永小百合/松坂桃李/広瀬すず/西田敏行 いのちの停車場

医師の仕事は、患者の病気や怪我を治すことというイメージはどうしてもありますが…

映画『ドリームランド』フィン・コール フィン・コール

1995年11月9日イギリス、ロンドン出身。俳優である兄ジョー・コールの後を追うように…

映画『ハチとパルマの物語』レオニド・バーソフ 『ハチとパルマの物語』10組20名様 キャスト登壇付き東京プレミア試写会ご招待

映画『ハチとパルマの物語』10組20名様 キャスト登壇付き東京プレミア試写会ご招待

映画『テスラ エジソンが恐れた天才』カイル・マクラクラン カイル・マクラクラン

1959年2月22日アメリカ、ワシントン州ヤキマ生まれ。映画『デューン/砂の惑星』で…

映画『ペトルーニャに祝福を』ゾリツァ・ヌシェヴァ ペトルーニャに祝福を

北マケドニアの小さな街で行われた伝統儀式で、女性が手にすることが禁じられている“幸せの十字架”を…

映画『旅立つ息子へ』ノアム・インベル ノアム・インベル

1998年イスラエル、ケフェア、サバ出身。第17回東京フィルメックスで特集上映された…

部活・イベント

  1. 映画『まともじゃないのは君も一緒』成田凌/清原果耶
  2. 映画『映画 えんとつ町のプペル』原作:西野亮廣
  3. 映画『パピチャ 未来へのランウェイ』リナ・クードリ/シリン・ブティラほか
  4. トーキョー女子映画部主宰:マイソン アバターイラスト10周年
  5. 映画『スキャンダル』シャーリーズ・セロン/ニコール・キッドマン/マーゴット・ロビー

おすすめ記事

映画『インターステラー』マシュー・マコノヒー 映画好き女子が“もう一度、映画館で観たい”映画特集3:SF&ファンタジー編

今回は、SF&ファンタジー編!迫力あるシーンや美しい映像がたくさん登場するSF&ファンタジー作品ですが、今回はどんな作品が挙がったのでしょうか?

映画『ミッション:インポッシブル/ゴースト・プロトコル』トム・クルーズ 映画好きとして観ておきたい映画ランキング:シリーズもの“洋画アクション編”

今回は、編集部独断で選抜した洋画シリーズアクション編(アニメーションを除く)についてアンケートを実施し、ランキングを出しました。

映画『バック・トゥ・ザ・フューチャー』マイケル・J・フォックス/クリストファー・ロイド 映画好きとして観ておきたい映画ランキング:シリーズもの“洋画SF&ファンタジー&アドベンチャー編”

映画好き女子がシリーズ作品をどれくらい観ているのかという観点から、映画好きとして観ておきたい作品を検証。今回は、洋画のシリーズもので、SF、ファンタジー、アドベンチャー作品についてアンケートを実施し、ランキングを出しました。

映画『君の名は。』 【今さら観てないなんて言いづらい映画】映画好き女子の鑑賞実態調査

記録的な興行収入を叩き出した作品の中には社会的に大きなムーブメントを起こした作品もありますが、今回は映画好き女子がそういった作品をどのくらい観ているのか部員の皆さんに聞いてみました。

映画『まともじゃないのは君も一緒』成田凌/清原果耶 『まともじゃないのは君も一緒』を観た女子が到達した“まともな恋愛”の定義とは?

“普通(まとも)”がわからない予備校講師と、“普通”をわかったつもりの女子高生が、普通の恋愛とはどんなものかを探求していく『まともじゃないのは君も一緒』。本作を観ると答えに辿り着けるのか、映画好き女子の皆さんと座談会を行いました。「私だったら、あの選択はしない」「私も彼女と同じようにするかも」など、いろいろな意見、解釈が飛び交いました!

映画『レ・ミゼラブル』ヒュー・ジャックマン 映画好き女子が“もう一度、映画館で観たい”映画特集2:音楽&ラブロマンス編

今回は、音楽&ラブロマンス編です。音楽にまつわる伝記映画やミュージカル作品、そして思わず胸がキュンとしてしまう恋愛映画はたくさんありますが、部員の皆さんがスクリーンで堪能したい作品としてどんな映画が挙がったのでしょうか?

映画『1917 命をかけた伝令』ジョージ・マッケイ 映画好き女子が“もう一度、映画館で観たい”映画特集1:アクション&コメディ編

今回は、部員の皆さんにデジタル配信やDVDでも観られるけれど、やっぱり映画館で観るのが1番と思える作品を聞いてみました。まずはアクション&コメディ編をご紹介。

映画『美女と野獣』エマ・ワトソン 女子も惚れてしまう恋愛ヒロイン女優:海外編

映画には数々の恋愛ヒロインが登場しますが、中には同性目線でも惚れてしまうほど素敵なヒロインがたくさんいます。今回は、編集部独断で恋愛ヒロインを演じてきたハリウッド女優30名を選抜し、正式部員の皆さんに投票いただきました。

映画『WAR ウォー!!』リティク・ローシャン/タイガー・シュロフ 過小評価されていると思う映画特集:アクション&コメディ編

今回は皆さんが過小評価されていると感じる映画アクション&コメディ編をご紹介!

映画『2分の1の魔法』 トーキョー女子映画部が選ぶ 2020年ベスト5

年末恒例、編集部マイソンとシャミが独断で選ぶ【2020年ベスト5】を発表!

REVIEW

  1. 映画『茜色に焼かれる』尾野真千子
  2. 映画『いのちの停車場』吉永小百合/松坂桃李/広瀬すず/西田敏行
  3. 映画『ペトルーニャに祝福を』ゾリツァ・ヌシェヴァ
  4. 映画『しあわせのマスカット』福本莉子
  5. 映画『地獄の花園』永野芽郁/広瀬アリス/菜々緒/川栄李奈/大島美幸/勝村政信/松尾諭/丸山智己/遠藤憲一/小池栄子
    地獄の花園

  6. 映画『ファーザー』アンソニー・ホプキンス/オリヴィア・コールマン
    ファーザー

  7. 映画『ジェントルメン』マシュー・マコノヒー/ミシェル・ドッカリー
  8. 映画『なんのちゃんの第二次世界大戦』西めぐみ
  9. 映画『大綱引の恋』三浦貴大/中村優一
    大綱引の恋

  10. 海外ドラマ『ファルコン&ウィンター・ソルジャー シーズン1』アンソニー・マッキー/セバスチャン・スタン
PAGE TOP