REVIEW

ホリック xxxHOLiC

  • follow us in feedly
  • RSS
映画『ホリック xxxHOLiC』神木隆之介/柴咲コウ

色鮮やかでアーティスティックなこの世界観はやっぱり蜷川実花監督にしか作り出せないものだろうと思います。一方、この世界観はかなり個性的でインパクトがあるので、非現実的に見え過ぎる可能性があります。それでいて、現実の世界とファンタジーの世界の境界線が良い意味で曖昧で、バランスよく描かれています。だからこそ、四月一日=わたぬき(神木隆之介)が美しい蝶に導かれて訪れる侑子(柴咲コウ)の店が実際にどこかにあるようなリアリティを感じさせるのでしょう。
キャラクターも皆魅力的で悪い者か良い者かがわからず引き寄せられてしまう不気味さが、この物語の展開を盛り上げるのに一役買っています。俳優達も役にピッタリ合っていて、それぞれのキャラクターが立っている点にも好感が持てます。
本作はビジュアル・インパクトが強い点がまず魅力の1つでありつつ、ストーリーにもシンプルで強いメッセージが込められています、普段何気なく頭に描く理想が裏を返すと全然違ったものに見えたり、観る者に自分自身を客観視させるきっかけをくれます。アーティスティックな作品に興味がある方は、物事がうまくいかない日々に悶々としている方も気分転換に観てみてはいかがでしょうか。

デート向き映画判定
映画『ホリック xxxHOLiC』神木隆之介/柴咲コウ

個性が強い作品なので、正直なところ好き嫌いは分かれそうな気はします。でも、デートで観て気まずくなるようなシーンはないので、2人とも興味があればデートで観るのもアリでしょう。「もし、自分が侑子の店に行けたら願い事をするか?」など、観終わった後にいろいろ想像して話したくなる話題も出てくるのではないでしょうか。

キッズ&ティーン向き映画判定
映画『ホリック xxxHOLiC』神木隆之介/柴咲コウ/磯村勇斗/吉岡里帆

表面的なところだけ見て、「こうなりたい」「こうしたい」という願いはいろいろ出てくるかもしれませんが、「本当にそれでいいの?それはこういうことなんですよ」という新たな視点を提示してくれる物語です。なので自分の価値観を整理するきっかけになる部分があるかもしれません。高校生達の友情物語も描かれているので、皆さんの世代は一層等身大の気持ちで観られると思います。

映画『ホリック xxxHOLiC』神木隆之介/柴咲コウ/松村北斗/玉城ティナ/磯村勇斗/吉岡里帆

『ホリック xxxHOLiC』
2022年4月29日より全国公開
松竹、アスミック・エース
公式サイト

©2022映画「ホリック」製作委員会 ©CLAMP・ShigatsuTsuitachi CO.,LTD./講談社

TEXT by Myson

関連記事
  • follow us in feedly
  • RSS

新着記事

映画『マッチング』土屋太鳳 映画レビュー&ドラマレビュー総合アクセスランキング【2024年2月】

映画レビュー&ドラマレビュー【2024年2月】のアクセスランキングを発表!

映画『DOGMAN ドッグマン』ケイレブ・ランドリー・ジョーンズ DOGMAN ドッグマン【レビュー】

本作はリュック・ベッソンが実際の事件に着想を得て脚本、監督を担当し、ケイレブ・ランドリー・ジョーンズを主演に迎えて制作した…

映画『ウォンカとチョコレート工場のはじまり』ティモシー・シャラメ 映画好きが選んだ2023洋画ベスト

正式部員の皆さんに2023年の洋画ベストを選んでいただきました。どの作品が2023年の洋画ベストに輝いたのでしょうか?

映画『i ai』富田健太郎/堀家一希 i ai【レビュー】

GEZANのフロントマンであり、小説執筆や映画出演、フリーフェス「全感覚祭」や反戦デモの主催など…

映画『オッペンハイマー』キリアン・マーフィー オッペンハイマー【レビュー】

クリストファー・ノーランが挑んだのは、“原爆の父”オッペンハイマーの…

映画『夜明けのすべて』松村北斗 松村北斗【プロフィールと出演作一覧】

1995年6月18日生まれ。静岡県出身。SixTONESとして…

映画『リバー、流れないでよ』藤谷理子/永野宗典/角田貴志/酒井善史/諏訪雅/石田剛太/中川晴樹/土佐和成/鳥越裕貴/本上まなみ/近藤芳正 ポッドキャスト【だからワタシ達は映画が好き】3〜MY 2023年ベスト10振り返り第2弾

「トーキョー女子映画部が選ぶ 2023年ベスト10」をもとに、4位から6位までの…

映画『PLAY! ~勝つとか負けるとかは、どーでもよくて~』奥平大兼/鈴鹿央士/小倉史也 PLAY! ~勝つとか負けるとかは、どーでもよくて~【レビュー】

徳島の高等専門学校を舞台に描かれている本作は、個性がバラバラの3人の生徒がeスポーツの大会に出場した実話を…

映画『FEAST -狂宴-』ココ・マーティン/ジャクリン・ホセ/グラディス・レイエス/リト・ラピッド FEAST -狂宴-【レビュー】

本作を観た後の印象はもしかしたら真っ二つに分かれるのかも…

【東京コミコン2023】テムエラ・モリソン テムエラ・モリソン【プロフィールと出演作一覧】

1960年12月26日ニュージーランド生まれ。1988年、“Never Say Die(原題)”に出演。1994年…

部活・イベント

  1. 【ARUARU海ドラDiner】サムライデザート(カップデザート)
  2. 【ARUARU海ドラDiner】トーキョー女子映画部 × Mixalive TOKYO × SHIDAX
  3. 【ARUARU海ドラDiner】サポーター集会:パンチボール(パーティサイズ)
  4. 【ARUARU海ドラDiner】プレオープン
  5. 「ARUARU海ドラDiner」202303トークゲスト集合

本サイト内の広告について

本サイトにはアフィリエイト広告バナーやリンクが含まれます。

おすすめ記事

映画『ウォンカとチョコレート工場のはじまり』ティモシー・シャラメ 映画好きが選んだ2023洋画ベスト

正式部員の皆さんに2023年の洋画ベストを選んでいただきました。どの作品が2023年の洋画ベストに輝いたのでしょうか?

映画『テルマ&ルイーズ 4K』スーザン・サランドン/ジーナ・デイヴィス あの名作をリメイクするとしたら、誰をキャスティングする?『テルマ&ルイーズ』

今回は『テルマ&ルイーズ』のリメイクを作るとしたら…ということで、テルマ役のジーナ・デイヴィスとルイーズ役のスーザン・サランドンをそれぞれ誰が演じるのが良いか、正式部員の皆さんに聞いてみました。

映画『ミステリと言う勿れ』菅田将暉 映画好きが選んだ2023邦画ベスト

正式部員の皆さんに2023年の邦画ベストを選んでいただきました。どの作品が2023年の邦画ベストに輝いたのか、ランキングを発表!

REVIEW

  1. 映画『マッチング』土屋太鳳
  2. 映画『DOGMAN ドッグマン』ケイレブ・ランドリー・ジョーンズ
  3. 映画『i ai』富田健太郎/堀家一希
  4. 映画『オッペンハイマー』キリアン・マーフィー
  5. 映画『PLAY! ~勝つとか負けるとかは、どーでもよくて~』奥平大兼/鈴鹿央士/小倉史也

PRESENT

  1. 映画『青春 18×2 君へと続く道』シュー・グァンハン/清原果耶
  2. 映画『π〈パイ〉デジタルリマスター』ショーン・ガレット
  3. 映画『ネクスト・ゴール・ウィンズ』トートバッグ
PAGE TOP