REVIEW

ホモ・サピエンスの涙

  • follow us in feedly
  • RSS
映画『ホモ・サピエンスの涙』

ロイ・アンダーソン監督が描く淡いパステル調の風景は、北欧独特の色調からくる部分もあるとは思いますが、それがとてもかわいくて、お人形達の世界を観ているような気持ちにさせられます。町も建物もインテリアも、そしてそこにいる人間もどこか愛らしさを感じさせますが、シーンの数々はとても絵画的でもあり、神様が模型の町で人形遊びをするように、人間世界を覗いているような感覚に観る者を誘います。それはまさに“神の目”を体感するような感覚です。公式サイトでは、監督自身、実際に、200年前、またはそれ以上昔の絵画から大きな影響を受けていると述べていて、監督がそれを映画として表現するにあたり、どんなことにこだわっているのかを知ると、作品への理解が一層深まります。ぜひ公式サイトの監督のコメントも合わせて読んでみてください。
そして、今回特に印象に残ったのはナレーションです。いろいろな人の人生の1シーンについて一言添えられていくのですが、ナレーションがあるシーンとないシーンがあるんですよね。それに気付いてから後半は何か法則が隠されているのか考えながら観ましたが、1度では読み解けませんでした(笑)。でも、ロイ・アンダーソン監督の作品はそういったところが魅力なのではと思うのです。いろいろな時代、いろいろな場面が出てきますが、時を越え、場所を越え、性別を越え、世代を越え、何もかも取っ払って広く広く見てみると、人間って同じようなことを繰り返して、苦しみ、喜びながら、生きているのだと気付かされます。ロイ・アンダーソン監督作品はいろいろと想像を膨らませながら観るのがおもしろいので、何度でも観て、自分なりの解釈が出てくる楽しさを味わってください。

デート向き映画判定
映画『ホモ・サピエンスの涙』

好みは結構分かれそうな映画だと思います。なので、ある程度お互いの好みがわかった上で誘うならアリだと思いますが、初デートで観るには少々チャレンジングだなと思います。でも、観終わった後に「自分はこう思った」「私はこう解釈した」と意見を交換したくなるので、映画好きのカップルや議論好きのカップルにはオススメです。うまく解説できると、リスペクトも得られるかもしれないですね(笑)。

キッズ&ティーン向き映画判定
映画『ホモ・サピエンスの涙』

難しく考えてしまうとそのまま難しい映画に見えてしまう可能性もありますが、先入観なく子どもの目線で観ると、感覚的に楽しめる作品でもあるのではないでしょうか。派手な展開がないので、キッズは集中力が続かないように思いますが、中学生以上ならこういう作品を好きな人も出てくるのではと思います。美術的センスもくすぐられると思うので、芸術に興味がある人にも好んでもらえそうです。

映画『ホモ・サピエンスの涙』

『ホモ・サピエンスの涙』
2020年11月20日より全国順次公開
ビターズ・エンド
公式サイト

TEXT by Myson

© Studio 24

  • follow us in feedly
  • RSS

新着記事

映画『MIRRORLIAR FILMS Season5』横浜流星 映画好きが推すイイ俳優ランキング【国内20代編】

今回は、国内で活躍する20代(1995年から2004年生まれ)のイイ俳優の中から、昨今活躍が目覚ましい方を編集部の独断で70名選抜し、正式部員の皆さんに投票していただきました。

映画『マイ・スイート・ハニー』ユ・ヘジン/キム・ヒソン マイ・スイート・ハニー【レビュー】

『エクストリーム・ジョブ』のイ・ビョンホンが脚本を担当し、『無垢なる証人』のイ・ハンが監督を務めた本作。45歳の製菓会社研究員チャ・チホ(ユ・ヘジン)は…

映画『マンティコア 怪物』ナチョ・サンチェス マンティコア 怪物【レビュー】

何とも見事なストーリー!本作は、マンティコアという神話上の生き物をテーマに用いて…

映画『リバウンド』アン・ジェホン/イ・シニョン/チョン・ジヌン(2AM)/チョン・ゴンジュ/キム・テク/キム・ミン リバウンド【レビュー】

なんて素敵な映画なんでしょう!もう、笑ったりウルウルしたり忙しく、観終わった後は…

映画『陰陽師0』山﨑賢人 陰陽師0【レビュー】

陰陽師、安倍晴明の映画は以前にも作られていたのでそのイメージは強く残りながら観たものの、本作はまったく新しい…

映画『ザ・タワー』 ザ・タワー【レビュー】

これまでも建物内を舞台に、孤立無援となり生存が困難になった世界を描いた作品は…

中国ドラマ『消せない初恋』ヤン・ヤン/ワン・チューラン 中国ドラマ『消せない初恋』オリジナルQUOカード(500円分) 3名様プレゼント

中国ドラマ『消せない初恋』オリジナルQUOカード(500円分) 3名様プレゼント

海外ドラマ『三体』リーアム・カニンガム/ジェス・ホン 三体【レビュー】

“三体”ってどういうことなのか、タイトルだけ見ても想像がつきませんね。でも…

映画『52ヘルツのクジラたち』余貴美子 余貴美子【プロフィールと出演作一覧】

1956年5月12日生まれ。神奈川県出身。『あ、春』(1998)と『学校Ⅲ』(1998)で、日本ア…

映画『東京リベンジャーズ』吉沢亮/山田裕貴 ポッドキャスト【だからワタシ達は映画が好き】6〜ヤンキー映画の話

“東京リベンジャーズ”“今日から俺は!!”“ROOKIES”など、ヤンキー映画の魅力って何だろねって話から、中学生時代の映画鑑賞について話しています。

部活・イベント

  1. 【ARUARU海ドラDiner】サムライデザート(カップデザート)
  2. 【ARUARU海ドラDiner】トーキョー女子映画部 × Mixalive TOKYO × SHIDAX
  3. 【ARUARU海ドラDiner】サポーター集会:パンチボール(パーティサイズ)
  4. 【ARUARU海ドラDiner】プレオープン
  5. 「ARUARU海ドラDiner」202303トークゲスト集合

本サイト内の広告について

本サイトにはアフィリエイト広告バナーやリンクが含まれます。

おすすめ記事

映画『MIRRORLIAR FILMS Season5』横浜流星 映画好きが推すイイ俳優ランキング【国内20代編】

今回は、国内で活躍する20代(1995年から2004年生まれ)のイイ俳優の中から、昨今活躍が目覚ましい方を編集部の独断で70名選抜し、正式部員の皆さんに投票していただきました。

映画『ウォンカとチョコレート工場のはじまり』ティモシー・シャラメ 映画好きが選んだ2023洋画ベスト

正式部員の皆さんに2023年の洋画ベストを選んでいただきました。どの作品が2023年の洋画ベストに輝いたのでしょうか?

映画『テルマ&ルイーズ 4K』スーザン・サランドン/ジーナ・デイヴィス あの名作をリメイクするとしたら、誰をキャスティングする?『テルマ&ルイーズ』

今回は『テルマ&ルイーズ』のリメイクを作るとしたら…ということで、テルマ役のジーナ・デイヴィスとルイーズ役のスーザン・サランドンをそれぞれ誰が演じるのが良いか、正式部員の皆さんに聞いてみました。

REVIEW

  1. 映画『マイ・スイート・ハニー』ユ・ヘジン/キム・ヒソン
  2. 映画『マンティコア 怪物』ナチョ・サンチェス
  3. 映画『リバウンド』アン・ジェホン/イ・シニョン/チョン・ジヌン(2AM)/チョン・ゴンジュ/キム・テク/キム・ミン
  4. 映画『陰陽師0』山﨑賢人
  5. 映画『ザ・タワー』

PRESENT

  1. 中国ドラマ『消せない初恋』ヤン・ヤン/ワン・チューラン
  2. 映画『不死身ラヴァーズ』見上愛
  3. ドラマ特区『ゴーストヤンキー』
PAGE TOP