REVIEW

カセットテープ・ダイアリーズ

  • follow us in feedly
  • RSS
映画『カセットテープ・ダイアリーズ』ヴィヴェイク・カルラ/ディーン=チャールズ・チャップマン

本作の原作は、パキスタン生まれで、現在は英国ガーディアン紙のジャーナリストとして活躍するサンフラズ・マンズールの自伝的な回顧録です。物語の舞台は1987年。主人公のジャベドは、移民としてやってきたイギリスの田舎町で暮らしていて、人種差別や、厳しい父親のもと、恋に進路に友情に悩みながら成長していきます。そんな彼に大きな影響を与えたのは、米国を代表するシンガーソングライター、ブルース・スプリングスティーン。ジャベドは、ブルース・スプリングスティーンの歌を聞くことで勇気と自信を得て、本当に自分が進みたい道を見つけていきます。私も含めて、世代が違ったり、音楽に詳しくないと、ブルース・スプリングスティーンを全く知らないということもありますが、わかりやすく心に響く歌詞なので、ジャベドが素直に引き込まれていく気持ちもわかります。また本作は音楽もキャラクターの1人と言っても過言ではないと思いますが、音楽に疎くても、テーマが普遍的なので、誰でも共感できる作品となっています。さらに若者が一人で夢を追いかけるだけの話ではなく、大事に思ってくれる人達の存在を忘れないでいることの大切さを語っている点で、大きな気付きを与えてくれる作品です。若者はもちろん、大人も忘れている大切な感情や気持ちを思い起こすきっかけとできるので、幅広い世代にオススメしたいです。

デート向き映画判定
映画『カセットテープ・ダイアリーズ』ヴィヴェイク・カルラ

思春期の恋愛って、重要ですね。一生一緒にいる相手かどうかはわからないにしても、大人の言うことに耳を貸したくなくなるお年頃の人にとって、好きな人の影響力は計り知れないなと思いました。本作では主人公の好きな子が、彼にとって良い影響源となっているので、恋する人が共感できるストーリーになっています。親が恋の障害になっている状況の人は、特に勇気をもらえるでしょう。

キッズ&ティーン向き映画判定
映画『カセットテープ・ダイアリーズ』ヴィヴェイク・カルラ

大人に近くなってきたけど、まだ親の保護下にいるティーンの皆さんにとって、とても身近な内容です。自分なりに考えや意志が芽生えてきて、将来やりたいことも見えてきた。親と意見が食い違ってしまってるけど、親の言うことも無視できない…。こういった状況でどうしたら良いかわからないという人もいるでしょう。そんな人はぜひ本作を観て、「自分ならどうするか」をイメージしてみてください。親の気持ちも想像できるし、主人公の姿から勇気をもらえます。

映画『カセットテープ・ダイアリーズ』ヴィヴェイク・カルラ

『カセットテープ・ダイアリーズ』
2020年7月3日より全国公開
ポニーキャニオン
公式サイト

© 2019 Warner Bros. Entertainment Inc. All Rights Reserved.

TEXT by Myson

関連記事
  • follow us in feedly
  • RSS

新着記事

映画『ニューヨーク 親切なロシア料理店』タハール・ラヒム/ゾーイ・カザン ニューヨーク 親切なロシア料理店

2人の息子を連れて家を出たクララ(ゾーイ・カザン)、仕事に忙殺されて自分の人生について考える暇もない看護師のアリス…

映画『ファウンダー ハンバーガー帝国のヒミツ』ジョン・キャロル・リンチ ジョン・キャロル・リンチ

1963年8月1日アメリカ、コロラド州生まれ。妻で女優のブレンダ・ウィールとニューヨークで暮らす。ミネソタ州ミネアポリスの…

映画『100日間のシンプルライフ』フロリアン・ダーヴィト・フィッツ/マティアス・シュヴァイクホファー 100日間のシンプルライフ

モノが溢れている生活から一変、モノが0の状態からスタートして…

映画『詩人の恋』ヤン・イクチュン ヤン・イクチュン

1975年10月19日生まれ。大韓民国ソウル特別市出身。商業高校を卒業し…

映画『チャンシルさんには福が多いね』カン・マルグム 『チャンシルさんには福が多いね』 5組10名様 女性限定試写会ご招待

映画『チャンシルさんには福が多いね』 5組10名様 女性限定試写会ご招待

映画『サイレント・トーキョー』佐藤浩市/石田ゆり子/西島秀俊 サイレント・トーキョー

“クリスマス、東京”というキーワードだけ聞くと、キラキラしたラブストーリーを想像してしまいますが…

映画『ミセス・ノイズィ』天野千尋監督インタビュー 『ミセス・ノイズィ』天野千尋監督インタビュー

壮絶なご近所バトルから始まる人間ドラマ『ミセス・ノイズィ』を撮った天野千尋監督にインタビューをさせていただきました。1度会社員になってから、映画監督の道へ進んだ天野監督は、どんな経緯を辿ったのかなど、聞いてみました。

映画『アンダードッグ』勝地涼 勝地涼(かつじ りょう)

1986年8月20日、東京都生まれ。2000年に俳優デビュー。2005年…

映画『魔女がいっぱい』アン・ハサウェイ 魔女がいっぱい

『チャーリーとチョコレート工場』の原作者ロアルド・ダールによる「The Witches(邦題:魔女がいっぱい)」を…

映画『ソング・トゥ・ソング』ルーニー・マーラ テンションが上がる!音楽映画特集

映画には音楽をテーマにした作品が多くありますが、音楽を楽しむだけでなく、感動したり、元気をもらえた経験がある方も多いのではないでしょうか。そこで今回は、編集部独断で音楽映画の代表作を選抜し、テンションが上がる作品を伺い、ランキングを出しました!

部活・イベント

  1. 映画『映画 えんとつ町のプペル』原作:西野亮廣
  2. 映画『パピチャ 未来へのランウェイ』リナ・クードリ/シリン・ブティラほか
  3. トーキョー女子映画部主宰:マイソン アバターイラスト10周年
  4. 映画『スキャンダル』シャーリーズ・セロン/ニコール・キッドマン/マーゴット・ロビー
  5. 海外ドラマ『SUITS︓ジェシカ・ピアソン』ジーナ・トーレス/モーガン・スペクター/シャンテル・ライリー/ベサニー・ジョイ・レンツ/サイモン・カシアニデス/ウェイン・デュヴァル

おすすめ記事

映画『ソング・トゥ・ソング』ルーニー・マーラ テンションが上がる!音楽映画特集

映画には音楽をテーマにした作品が多くありますが、音楽を楽しむだけでなく、感動したり、元気をもらえた経験がある方も多いのではないでしょうか。そこで今回は、編集部独断で音楽映画の代表作を選抜し、テンションが上がる作品を伺い、ランキングを出しました!

映画『映画 えんとつ町のプペル』原作:西野亮廣 信じる力と挑戦する勇気をくれる『映画 えんとつ町のプペル』を全力で応援しよう部活参加者募集!

コロナ禍が続く状況が映画界にとっても試練となっていますが、そんななか劇場公開に踏み切った本作の挑戦を、ぜひ映画好きの皆さんに応援していただきたく、この度部活を企画しました。

映画『だれもが愛しいチャンピオン』ハビエル・グティエレス 過小評価されていると思う映画特集:ヒューマンドラマ編

今回は、皆さんが過小評価されていると感じる映画について聞いてみました。たくさんコメントいただいた中からまずはヒューマンドラマ編をご紹介。

映画『パピチャ 未来へのランウェイ』リナ・クードリ/シリン・ブティラほか 女子として、夢を追う者として共感!『パピチャ 未来へのランウェイ』座談会リポート

今回本作にちなんで、ネジュマと同世代の女性に集まって頂き、オンライン座談会を行いました…

映画『ディープ・ブルー3』 怖い?笑える?映画好き女子的サメ映画の魅力特集

サメ映画の魅力を再発見するべく、編集部独断でサメ映画の代表作を選抜し、各作品の魅力やオススメポイントについて部員の皆さんに聞いてみました!

映画『プラダを着た悪魔』アン・ハサウェイ/メリル・ストリープ あの名作をリメイクするとしたら、誰をキャスティングする?『プラダを着た悪魔』

「勝手にキャスティング企画!」第4回は『プラダを着た悪魔』。リメイクするとしたら、アン・ハサウェイが演じたアンドレア・サックス(=アンディ)、メリル・ストリープが演じたミランダ・プリーストリーを、誰が演じるのが良いか、考えて頂きました!

映画『オフィシャル・シークレット』マット・スミス/マシュー・グード ジャーナリズムの意義を問う映画特集

現代は情報に溢れており、不確かなニュースを判別することも難しくなってきました。でも、誰も正しい情報を伝えようとする努力をしなくなった時、世界はどうなって…

【恋のまち パリvsニューヨーク】特集イメージ:エッフェル塔&自由の女神 【恋のまち パリvsニューヨーク】特集

多くの恋愛映画の舞台となっているパリとニューヨーク。今回はそれぞれが舞台となっている恋愛映画の中で、どの作品が好きか投票を行い、ランキングと総合結果を出しました。パリvsニューヨークの結果はいかに!?

映画『劇場版おっさんずラブ ~LOVE or DEAD~』志尊淳 新世代スター期待度ランキング2020

毎年多くの若手俳優の中から新たなスターが誕生しますが、今回はこれからさらに人気が上昇しそうな俳優について、トーキョー女子映画部が独断で選出し、皆さんに投票して頂きました。

親子イメージ写真 皆様へ感謝!10周年記念特集:みんなの映画好きルーツ

トーキョー女子映画部10周年記念特集第2弾!トーキョー女子映画部には多くの映画好き女子が集まっていますが、皆さん何をきっかけに映画を好きになったのでしょうか?今回は皆さんが映画好きになったルーツについて聞いてみました。

REVIEW

  1. 映画『ニューヨーク 親切なロシア料理店』タハール・ラヒム/ゾーイ・カザン
  2. 映画『100日間のシンプルライフ』フロリアン・ダーヴィト・フィッツ/マティアス・シュヴァイクホファー
  3. 映画『サイレント・トーキョー』佐藤浩市/石田ゆり子/西島秀俊
  4. 映画『魔女がいっぱい』アン・ハサウェイ
  5. 映画『ノッティングヒルの洋菓子店』セリア・イムリー/シャノン・ターベット/シェリー・コン
  6. 映画『燃ゆる女の肖像』アデル・エネル
  7. 映画『アンダードッグ』森山未來/北村匠海/勝地涼
  8. 映画『ミセス・ノイズィ』篠原ゆき子
  9. 映画『バクラウ 地図から消された村』ソニア・ブラガ
  10. 映画『君の誕生日』ソル・ギョング/チョン・ドヨン
    君の誕生日

PAGE TOP