イイ男セレクション

シルベスター・スタローン

  • follow us in feedly
  • RSS
映画『ランボー ラスト・ブラッド』シルベスター・スタローン

1946年7月6日アメリカ、ニューヨーク市生まれ。フィラデルフィア郊外の学校で学び、そこで演技を始めると共にフットボールのスター選手になった。マイアミ大学ではドラマを専攻し、脚本を書き始める。演技キャリアを積むために大学を去り、ニューヨークに戻りオーディションを受け続けるもほとんど成功しなかった。この時期に執筆活動も盛んに行い、演技でのブレイクを街ながら、数多くの脚本を書いた。そして1974年、『ブルックリンの青春』の主人公の1人にキャスティングされ、さらに本作で追加のセリフを書き、脚本家としても初めてクレジットされた。その報酬を基にニューヨークからハリウッドへと移り、再びキャスティング事務所を回り、その傍らで脚本も書いていた。その時期に『ロッキー』のキャラクターが誕生し、数名のプロデューサーがこの脚本を買い、名のあるスターを主演にしたいとオファーされたが、自分で演じることにこだわり断った。そしてついに自分の意見が貫き通されて成功する時がやってくる。1976年、自らの脚本を書き、主演した『ロッキー』がアカデミー賞最優秀作品賞を受賞。それ以降、俳優、脚本家、監督としてその名を世に轟かせている。『ロッキー』の続編は5本製作され、さらにスピンオフの“クリード”シリーズにも、ロッキー役として出演している。さらに1984年から“ランボー”シリーズでは、脚本と主演を兼任し、『ランボー 最後の戦場』では監督も務めた。2010年には『エクスペンダブルズ』が公開。本作では、脚本、監督、主演を務め、ジェイソン・ステイサム、ジェット・リー、ドルフ・ラングレン、ミッキー・ローク、ブルース・ウィリス、アーノルド・シュワルツェネッガーらとの豪華競演を果たした。そのほかの主演、脚本、監督として携わった作品に『パラダイス・アレイ』など、出演と共同脚本に『フィスト』『クラブ・ラインストーン/今夜は最高!』など、主演作に『デモリションマン』『スペシャリスト』『暗殺者』『デイライト』『バレット』『大脱出』などがある。

イイ男セレクション/出演作

『ブルックリンの青春』『ロッキー』『フィスト』『パラダイス・アレイ』『ナイトホークス』『ロッキー2』『勝利への脱出』『ロッキー3』『ランボー』『ロッキー4』『クラブ・ラインストーン/今夜は最高!』『ランボー/怒りの脱出』『コブラ』『オーバー・ザ・トップ』『ランボー3/怒りのアフガン』『ロックアップ』『デッドフォール』『ロッキー5/最後のドラマ』『オスカー』『刑事ジョー ママにお手上げ』『クリフハンガー』『スペシャリスト』『ジャッジ・ドレッド』『暗殺者』『デイライト』『コップランド』『追撃者』『ドリヴン』『D-TOX』『シルベスター・スタローン ザ・ボディガード』『スパイキッズ3-D:ゲームオーバー』『シェイド』『ロッキー・ザ・ファイナル』『ランボー/最後の戦場』『エクスペンダブルズ』『エクスペンダブルズ2』『バレット』『大脱出』『リベンジ・マッチ』『バトルフロント』『エクスペンダブルズ3 ワールドミッション』『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:リミックス』『クリード チャンプを継ぐ男』『クリード 炎の宿敵』『ランボー ラスト・ブラッド』など

イイ男セレクション/イイ男ポイント

俳優として素晴らしいのはもちろん、脚本家、監督としての才能も素晴らしく、経歴を振り返ると、改めてすごさを感じます。70代(2020年現在)となった今でも現役でアクションをバリバリこなす姿もカッコ良い!!今後も映画界を引っ張っていって欲しいと思います。

Recommended by Shamy

出演作を観てみよう!

『ランボー ラスト・ブラッド』
2020年6月26日より全国公開

映画『ランボー ラスト・ブラッド』シルベスター・スタローン

下記の作品は、ブルーレイ&DVDレンタル・発売中、デジタル配信中です。
ジャケット写真をクリックすると、Amazonのデジタル配信もしくはパッケージ販売に飛びますので、ぜひご覧ください。
※一部、ブルーレイorDVDのレンタル、発売、デジタル配信がないものもございます。

『ロッキー』

『パラダイス・アレイ』

『ロッキー2』

『ロッキー3』

『ランボー』

『ロッキー4』

『ランボー/怒りの脱出』

『コブラ』

『オーバー・ザ・トップ』

『ランボー3/怒りのアフガン』

『ロックアップ』

『ロッキー5』

『クリフハンガー』

『ジャッジ・ドレッド』

『デイライト』

『コップランド』

『ロッキー・ザ・ファイナル』

『ランボー/最後の戦場』

『エクスペンダブルズ』

『エクスペンダブルズ2』

『バレット』

『大脱出』

『リベンジ・マッチ』

『バトルフロント』

『エクスペンダブルズ3 ワールドミッション』

『クリード チャンプを継ぐ男』

『クリード 炎の宿敵』

©2018 METRO-GOLDWYN-MAYER PICTURES INC. AND WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC.
© 2019 RAMBO V PRODUCTIONS, INC.

from 2018/12/26

  • follow us in feedly
  • RSS

新着記事

映画『どん底作家の人生に幸あれ!』デヴ・パテル どん底作家の人生に幸あれ!

本作は、イギリスの国民的作家チャールズ・ディケンズの半自伝的小説「デイヴィッド・コパフィールド」を映画化…

映画『滑走路』寄川歌太 寄川歌太(よりかわ うた)

2004年3月11日生まれ、大阪府出身。2010年、歌舞伎平成中村座で…

映画『美女と野獣』エマ・ワトソン 女子も惚れてしまう恋愛ヒロイン女優:海外編

映画には数々の恋愛ヒロインが登場しますが、中には同性目線でも惚れてしまうほど素敵なヒロインがたくさんいます。今回は、編集部独断で恋愛ヒロインを演じてきたハリウッド女優30名を選抜し、正式部員の皆さんに投票いただきました。

映画『天空の結婚式』サルヴァトーレ・エスポジト/クリスティアーノ・カッカモ 天空の結婚式

2016年にイタリアの下院議会で同性カップルの結婚に準ずる権利を認めるシビル・ユニオン法が…

映画『滑走路』吉村界人 吉村界人

1993年2月2日、東京都生まれ。2014年、『PORTRAIT -ポルトレ-』で…

映画『Merry Christmas! ~ロンドンに奇跡を起こした男~』ダン・スティーヴンス 小説家で観る映画特集Vol.1

この特集では実在の小説家自身の物語や、その小説家に影響を受けた人物が主人公の作品、またはその作家の小説の映画化作品にフォーカスを当ててご紹介します。一度ではご紹介しきれないので、最初からシリーズ化し、今回は第1弾としてお届けします。

映画『さんかく窓の外側は夜』岡田将生/志尊淳 さんかく窓の外側は夜

霊が見える男と、霊を祓える男が主人公ということで、ホラーだなとは予測…

映画『野球少女』イ・ジュヨン 『野球少女』10名様 日本最速オンライン試写会ご招待

映画『野球少女』10名様 日本最速オンライン試写会ご招待

映画『トルーマン・カポーティ 真実のテープ』トルーマン・カポーティ トルーマン・カポーティ

1924年9月30日アメリカ、ルイジアナ州ニューオーリンズ生まれ。19歳のときに執筆した…

映画『Swallow/スワロウ』ヘイリー・ベネット 心理学から観る映画26:異食症はなぜ起こる?

幼児に多く見られると言われる異食症ですが、大人にもその症状がある場合、どんなことが起こっているのでしょうか?今回は映画『Swallow/スワロウ』を題材に考えてみます。

部活・イベント

  1. 映画『映画 えんとつ町のプペル』原作:西野亮廣
  2. 映画『パピチャ 未来へのランウェイ』リナ・クードリ/シリン・ブティラほか
  3. トーキョー女子映画部主宰:マイソン アバターイラスト10周年
  4. 映画『スキャンダル』シャーリーズ・セロン/ニコール・キッドマン/マーゴット・ロビー
  5. 海外ドラマ『SUITS︓ジェシカ・ピアソン』ジーナ・トーレス/モーガン・スペクター/シャンテル・ライリー/ベサニー・ジョイ・レンツ/サイモン・カシアニデス/ウェイン・デュヴァル

おすすめ記事

映画『美女と野獣』エマ・ワトソン 女子も惚れてしまう恋愛ヒロイン女優:海外編

映画には数々の恋愛ヒロインが登場しますが、中には同性目線でも惚れてしまうほど素敵なヒロインがたくさんいます。今回は、編集部独断で恋愛ヒロインを演じてきたハリウッド女優30名を選抜し、正式部員の皆さんに投票いただきました。

映画『WAR ウォー!!』リティク・ローシャン/タイガー・シュロフ 過小評価されていると思う映画特集:アクション&コメディ編

今回は皆さんが過小評価されていると感じる映画アクション&コメディ編をご紹介!

映画『2分の1の魔法』 トーキョー女子映画部が選ぶ 2020年ベスト5

年末恒例、編集部マイソンとシャミが独断で選ぶ【2020年ベスト5】を発表!

映画『映画 えんとつ町のプペル』原作:西野亮廣 映画好き女子のオススメ度はいかに?『映画 えんとつ町のプペル』部活リポート

映画好きの女子は本作をどう評価したのでしょうか?

映画『去年の冬、きみと別れ』岩田剛典、斎藤工 過小評価されていると思う映画特集:サスペンス&スリラー編

今回は、皆さんが過小評価されていると感じる映画サスペンス&スリラー編をご紹介します。前回のヒューマンドラマ編でもたくさんの作品についてコメントが寄せられましたが、今回はどんな作品が挙がっているのか、コメントにも注目です!

映画『ソング・トゥ・ソング』ルーニー・マーラ テンションが上がる!音楽映画特集

映画には音楽をテーマにした作品が多くありますが、音楽を楽しむだけでなく、感動したり、元気をもらえた経験がある方も多いのではないでしょうか。そこで今回は、編集部独断で音楽映画の代表作を選抜し、テンションが上がる作品を伺い、ランキングを出しました!

映画『だれもが愛しいチャンピオン』ハビエル・グティエレス 過小評価されていると思う映画特集:ヒューマンドラマ編

今回は、皆さんが過小評価されていると感じる映画について聞いてみました。たくさんコメントいただいた中からまずはヒューマンドラマ編をご紹介。

映画『パピチャ 未来へのランウェイ』リナ・クードリ/シリン・ブティラほか 女子として、夢を追う者として共感!『パピチャ 未来へのランウェイ』座談会リポート

今回本作にちなんで、ネジュマと同世代の女性に集まって頂き、オンライン座談会を行いました…

映画『ディープ・ブルー3』 怖い?笑える?映画好き女子的サメ映画の魅力特集

サメ映画の魅力を再発見するべく、編集部独断でサメ映画の代表作を選抜し、各作品の魅力やオススメポイントについて部員の皆さんに聞いてみました!

映画『プラダを着た悪魔』アン・ハサウェイ/メリル・ストリープ あの名作をリメイクするとしたら、誰をキャスティングする?『プラダを着た悪魔』

「勝手にキャスティング企画!」第4回は『プラダを着た悪魔』。リメイクするとしたら、アン・ハサウェイが演じたアンドレア・サックス(=アンディ)、メリル・ストリープが演じたミランダ・プリーストリーを、誰が演じるのが良いか、考えて頂きました!

REVIEW

  1. 映画『どん底作家の人生に幸あれ!』デヴ・パテル
  2. 映画『天空の結婚式』サルヴァトーレ・エスポジト/クリスティアーノ・カッカモ
    天空の結婚式

  3. 映画『さんかく窓の外側は夜』岡田将生/志尊淳
  4. Netflix映画『ボーイズ・イン・ザ・バンド』ジム・パーソンズ/ザカリー・クイント(ザッカリー・クイント)/マット・ボマー/アンドリュー・ラネルズ/チャーリー・カーヴァー/ロビン・デ・ヘスス/ブライアン・ハッチソン/マイケル・ベンジャミン・ワシントン/タック・ワトキンス
  5. 映画『パリの調香師 しあわせの香りを探して』エマニュエル・ドゥヴォス
  6. 映画『キング・オブ・シーヴズ』マイケル・ケイン/ジム・ブロードベント/トム・コートネイ/チャーリー・コックス/ポール・ホワイトハウス/レイ・ウィンストン/マイケル・ガンボン
  7. 映画『聖なる犯罪者』バルトシュ・ビィエレニア
    聖なる犯罪者

  8. 映画『エマの秘密に恋したら』アレクサンドラ・ダダリオ/タイラー・ホークリン
  9. Netflixドラマ『ザ・ポリティシャン シーズン1』ベン・プラット
  10. 映画『スタントウーマン ハリウッドの知られざるヒーローたち』ミシェル・ロドリゲス
PAGE TOP