イイ俳優セレクション

シルベスター・スタローン

  • follow us in feedly
  • RSS
映画『ランボー ラスト・ブラッド』シルベスター・スタローン

1946年7月6日アメリカ、ニューヨーク市生まれ。フィラデルフィア郊外の学校で学び、そこで演技を始めると共にフットボールのスター選手になった。マイアミ大学ではドラマを専攻し、脚本を書き始める。演技キャリアを積むために大学を去り、ニューヨークに戻りオーディションを受け続けるもほとんど成功しなかった。この時期に執筆活動も盛んに行い、演技でのブレイクを街ながら、数多くの脚本を書いた。そして1974年、『ブルックリンの青春』の主人公の1人にキャスティングされ、さらに本作で追加のセリフを書き、脚本家としても初めてクレジットされた。その報酬を基にニューヨークからハリウッドへと移り、再びキャスティング事務所を回り、その傍らで脚本も書いていた。その時期に『ロッキー』のキャラクターが誕生し、数名のプロデューサーがこの脚本を買い、名のあるスターを主演にしたいとオファーされたが、自分で演じることにこだわり断った。そしてついに自分の意見が貫き通されて成功する時がやってくる。1976年、自らの脚本を書き、主演した『ロッキー』がアカデミー賞最優秀作品賞を受賞。それ以降、俳優、脚本家、監督としてその名を世に轟かせている。『ロッキー』の続編は5本製作され、さらにスピンオフの“クリード”シリーズにも、ロッキー役として出演している。さらに1984年から“ランボー”シリーズでは、脚本と主演を兼任し、『ランボー 最後の戦場』では監督も務めた。2010年には『エクスペンダブルズ』が公開。本作では、脚本、監督、主演を務め、ジェイソン・ステイサム、ジェット・リー、ドルフ・ラングレン、ミッキー・ローク、ブルース・ウィリス、アーノルド・シュワルツェネッガーらとの豪華競演を果たした。そのほかの主演、脚本、監督として携わった作品に『パラダイス・アレイ』など、出演と共同脚本に『フィスト』『クラブ・ラインストーン/今夜は最高!』など、主演作に『デモリションマン』『スペシャリスト』『暗殺者』『デイライト』『バレット』『大脱出』などがある。

イイ男セレクション/出演作

『ブルックリンの青春』『ロッキー』『フィスト』『パラダイス・アレイ』『ナイトホークス』『ロッキー2』『勝利への脱出』『ロッキー3』『ランボー』『ロッキー4』『クラブ・ラインストーン/今夜は最高!』『ランボー/怒りの脱出』『コブラ』『オーバー・ザ・トップ』『ランボー3/怒りのアフガン』『ロックアップ』『デッドフォール』『ロッキー5/最後のドラマ』『オスカー』『刑事ジョー ママにお手上げ』『クリフハンガー』『スペシャリスト』『ジャッジ・ドレッド』『暗殺者』『デイライト』『コップランド』『追撃者』『ドリヴン』『D-TOX』『シルベスター・スタローン ザ・ボディガード』『スパイキッズ3-D:ゲームオーバー』『シェイド』『ロッキー・ザ・ファイナル』『ランボー/最後の戦場』『エクスペンダブルズ』『エクスペンダブルズ2』『バレット』『大脱出』『リベンジ・マッチ』『バトルフロント』『エクスペンダブルズ3 ワールドミッション』『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:リミックス』『クリード チャンプを継ぐ男』『クリード 炎の宿敵』『ランボー ラスト・ブラッド』など

声の出演:『ザ・スーサイド・スクワッド “極“悪党、集結』など

イイ俳優セレクション/イイ俳優ポイント

俳優として素晴らしいのはもちろん、脚本家、監督としての才能も素晴らしく、経歴を振り返ると、改めてすごさを感じます。70代(2020年現在)となった今でも現役でアクションをバリバリこなす姿もカッコ良い!!今後も映画界を引っ張っていって欲しいと思います。

Recommended by Shamy

出演作を観てみよう!

『ザ・スーサイド・スクワッド “極“悪党、集結』
2021年8月13日より全国公開
R-15+
ワーナー・ブラザース映画
公式サイト

映画『ザ・スーサイド・スクワッド "極"悪党、集結』マーゴット・ロビー/イドリス・エルバ/ジョン・シナ/ジョエル・キナマン/ピーター・キャパルディ(ピーター・カパルディ)/シルベスター・スタローン/ヴィオラ・デイヴィス/デヴィッド・ダストマルチャン/マイケル・ルーカー/ジェイ・コートニー/タイカ・ワイティティ

『ランボー ラスト・ブラッド』
2020年6月26日より全国公開

映画『ランボー ラスト・ブラッド』シルベスター・スタローン

下記の作品は、ブルーレイ&DVDレンタル・発売中、デジタル配信中です。
ジャケット写真をクリックすると、Amazonのデジタル配信もしくはパッケージ販売に飛びますので、ぜひご覧ください。
※一部、ブルーレイorDVDのレンタル、発売、デジタル配信がないものもございます。

『ロッキー』

『パラダイス・アレイ』

『ロッキー2』

『ロッキー3』

『ランボー』

『ロッキー4』

『ランボー/怒りの脱出』

『コブラ』

『オーバー・ザ・トップ』

『ランボー3/怒りのアフガン』

『ロックアップ』

『ロッキー5』

『クリフハンガー』

『ジャッジ・ドレッド』

『デイライト』

『コップランド』

『ロッキー・ザ・ファイナル』

『ランボー/最後の戦場』

『エクスペンダブルズ』

『エクスペンダブルズ2』

『バレット』

『大脱出』

『リベンジ・マッチ』

『バトルフロント』

『エクスペンダブルズ3 ワールドミッション』

『クリード チャンプを継ぐ男』

『クリード 炎の宿敵』

©2018 METRO-GOLDWYN-MAYER PICTURES INC. AND WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC.
© 2019 RAMBO V PRODUCTIONS, INC.
© 2021 Warner Bros. Ent. All Rights Reserved TM & © DC Comics

from 2018/12/26

  • follow us in feedly
  • RSS

新着記事

映画『陰陽師0』山﨑賢人 陰陽師0【レビュー】

陰陽師、安倍晴明の映画は以前にも作られていたのでそのイメージは強く残りながら観たものの、本作はまったく新しい…

映画『ザ・タワー』 ザ・タワー【レビュー】

これまでも建物内を舞台に、孤立無援となり生存が困難になった世界を描いた作品は…

中国ドラマ『消せない初恋』ヤン・ヤン/ワン・チューラン 中国ドラマ『消せない初恋』オリジナルQUOカード(500円分) 3名様プレゼント

中国ドラマ『消せない初恋』オリジナルQUOカード(500円分) 3名様プレゼント

海外ドラマ『三体』リーアム・カニンガム/ジェス・ホン 三体【レビュー】

“三体”ってどういうことなのか、タイトルだけ見ても想像がつきませんね。でも…

映画『52ヘルツのクジラたち』余貴美子 余貴美子【プロフィールと出演作一覧】

1956年5月12日生まれ。神奈川県出身。『あ、春』(1998)と『学校Ⅲ』(1998)で、日本ア…

映画『東京リベンジャーズ』吉沢亮/山田裕貴 ポッドキャスト【だからワタシ達は映画が好き】6〜ヤンキー映画の話

“東京リベンジャーズ”“今日から俺は!!”“ROOKIES”など、ヤンキー映画の魅力って何だろねって話から、中学生時代の映画鑑賞について話しています。

映画『ゴジラ-1.0』 傾向が似ている映画は?2023年の邦画人気作の相関分析をやってみた!【映画研究】映画人心解剖17

今回は、2023年邦画ベストの投票で得たデータをもとに、映画鑑賞頻度と作品の相関分析、作品同士の相関分析を行いました。

映画『不死身ラヴァーズ』見上愛 『不死身ラヴァーズ』監督登壇!トークイベント付き一般試写会 10組20名様ご招待

映画『不死身ラヴァーズ』監督登壇!トークイベント付き一般試写会 10組20名様ご招待

映画『プリシラ』ケイリー・スピーニー/ジェイコブ・エロルディ プリシラ【レビュー】

REVIEWソフィア・コッポラ監督は、1985年に出版されたプリシラ・プレスリー著「私のエ…

映画『毒親<ドクチン>』チャン・ソヒ/カン・アンナ 絆を生むのか、壊すのか【家族のヒミツ】特集

強いインパクトを放つ家族の物語を描いた作品が続々と公開されるのにちなんで、今回は家族の秘密が鍵となる作品をご紹介します。

部活・イベント

  1. 【ARUARU海ドラDiner】サムライデザート(カップデザート)
  2. 【ARUARU海ドラDiner】トーキョー女子映画部 × Mixalive TOKYO × SHIDAX
  3. 【ARUARU海ドラDiner】サポーター集会:パンチボール(パーティサイズ)
  4. 【ARUARU海ドラDiner】プレオープン
  5. 「ARUARU海ドラDiner」202303トークゲスト集合

本サイト内の広告について

本サイトにはアフィリエイト広告バナーやリンクが含まれます。

おすすめ記事

映画『ウォンカとチョコレート工場のはじまり』ティモシー・シャラメ 映画好きが選んだ2023洋画ベスト

正式部員の皆さんに2023年の洋画ベストを選んでいただきました。どの作品が2023年の洋画ベストに輝いたのでしょうか?

映画『テルマ&ルイーズ 4K』スーザン・サランドン/ジーナ・デイヴィス あの名作をリメイクするとしたら、誰をキャスティングする?『テルマ&ルイーズ』

今回は『テルマ&ルイーズ』のリメイクを作るとしたら…ということで、テルマ役のジーナ・デイヴィスとルイーズ役のスーザン・サランドンをそれぞれ誰が演じるのが良いか、正式部員の皆さんに聞いてみました。

映画『ミステリと言う勿れ』菅田将暉 映画好きが選んだ2023邦画ベスト

正式部員の皆さんに2023年の邦画ベストを選んでいただきました。どの作品が2023年の邦画ベストに輝いたのか、ランキングを発表!

REVIEW

  1. 映画『陰陽師0』山﨑賢人
  2. 映画『ザ・タワー』
  3. 海外ドラマ『三体』リーアム・カニンガム/ジェス・ホン
  4. 映画『プリシラ』ケイリー・スピーニー/ジェイコブ・エロルディ
  5. 映画『オーメン:ザ・ファースト』ネル・タイガー・フリー

PRESENT

  1. 中国ドラマ『消せない初恋』ヤン・ヤン/ワン・チューラン
  2. 映画『不死身ラヴァーズ』見上愛
  3. ドラマ特区『ゴーストヤンキー』
PAGE TOP